2010年6月13日 (日)

週刊きなこ庵・6月編7-13日

昔、ほんとにおいしそうにご飯を食べるね~と言われたことがある、とわです。(笑)

.

一瞬、恥ずかしさもあって、ムッとしたんですが、あとで人に話したらそれは誉め言葉なのよ~と言われ、ちょっとうれしくなった覚えが。

でもやっぱり面と向かって言われると、食欲旺盛だと指摘されたようで恥ずかしかったなあ~。(笑)

映画でそういうシーンがあって、ふと思い出したので書いてみました。

(ちなみに下の2本の映画ではありません)

.

母の入院でバタバタしましたが、かなり落ち着きました。

家事もバッチリやってますよお。。。

ひとりだと料理はしないんじゃないかと思っていたんですが、かなりマメにいろいろと作ってます。

お味噌汁は毎日だし、ハンバーグとか、あじのフライとか、ポテトサラダ、タコときゅうりの酢の物、果てはぬか漬を漬けたり・・・。(笑)

なんだか自分でもビックリ。

元々、料理が好きなんだな~と再認識。

まあ、魚だって自分でさばきますから。(笑)

料理してると無心になれるし、栄養補給して元気をつけたいのかもしれないです・・・。

.

「かもめ食堂」の小林聡美さん演じるサチエさんみたいに美しく料理することを目指してます。

.

.

今週見た邦画は、「人が死んで号泣させられる」悲しい映画だと思って長い間、避けてきた2本。

なぜか見てみようと勇気が出て、DVDを借りました。

.

「今、会いにゆきます」

竹内結子さん、中村獅童さん主演。土井裕泰監督作品。

これは・・・すごい・・・!大感動。後半は泣きっぱなしでした。

素晴らしい作品!

.

1年前に亡くなった妻が夫と子供のところに帰ってくる・・・。約束した雨の季節の間だけ・・・。

.

映像も美しいし、脚本もすばらしいです。

竹内結子さんも素敵。

透明感があって、白いワンピースの似合う清楚な女性を好演しています。

映画と同じ、梅雨のこの季節に見られて良かったです。

私の中では名作の一本です。

.

「黄泉がえり」

草彅剛さん、竹内結子さん主演。塩田明彦監督作品。

これも脚本が良かった。凝ってます。

こちらも死んだ人がある期間帰ってくるというお話です。

.

でも上のもそうですが、単なる悲恋モノにはしてないです。

竹内結子さんは草彅剛さんとの方が俳優としては相性がいいように思いました。

草彅さんって、映画の中ではとっても色気があるんですよね。バラエティーではまったくないのが不思議・・・。(笑)

映画の中でRUI(柴咲コウさん)が歌っている曲がどれも良くて、映画を盛り上げてました。

.

.

何年も前の映画ですが、もっと早く見れば良かった。

竹内結子さんというと、「ランチの女王」のイメージが強くて、気が強そうだな~と思ってたんですが。

映画の中では、すごく儚くて、繊細な雰囲気を漂わせる女性になってしまうんですね。

すごく魅力的で、しばらく竹内さんの出演作をチェックしようと思ってます。

草彅さんの映画もチェック継続中です。

.

.

ワールドカップが始まりました。

日本戦じゃない外国同士の試合もゴールデンタイムにやってたりしますよね。

4年前もこんなんでしたっけ?

今回、サッカーの中継が多い気が・・・。

しかし・・・、あのブ~ブ~音、うるさすぎ・・・。(笑)

中継の音声を調整してほしいです・・・。

明日はいよいよ日本戦です。

.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

週刊きなこ庵5-6月編31-6日

チェイスが終わったので、ちょっとまったり。

これらの邦画は先週のも入ってます。

.

「日本沈没」 草彅剛さん、柴咲コウさん主演。樋口真嗣監督作品。

結構良かったな~と思ったんですが、アマゾンのレビューを見たら酷評されてて、しかもみんな怒ってるし・・・。(笑) ビックリ。

私は原作を読んでないし、前作も見ていないから、これはこれなりで感動しました。

草彅さんっていい俳優ですね。ちょっと他の作品も見てみます。

.

「県庁の星」織田さん主演。西谷弘監督作品。

民間のスーパーのやり方と行政のやり方の違いが対比されていて、おもしろかったです。

織田さん演じる公務員がマニュアルがないと動けないという人で、そこらへんを強調したはじめの部分が私としては結構ツボにはまりました。

スーパーの人たちとのズレが楽しかったですわ。。。

.

「ぐるりのこと」 木村多江さん、リリーフランキーさん主演。

これは夫婦の10年を描いた作品。淡々と描きながらも・・・重かったです。。。

なんだかんだあっても、この夫はいい人ですね。ちょっと羨ましかったです。

中で、「描くことも技術なら、生きるのも技術よ」っていうセリフがあって、なるほど~と。

ただ、生まれながらにして生きる技術を備えてる人っていますよね。

気楽に生きてるなあ~と感心する人、いますもん。(笑)

.

「ジェネラルルージュの凱旋」 中村義洋監督作品。

これはおもしろかったです。いろんな人に広くおすすめできます。

シナリオがいいんですかね。最後まで全部楽しめました。

堺雅人さんは役に似合ってたし、竹内結子さんと阿部寛さんのコンビも絶好調。

竹内さんの田口はかなりおもしろいですね。前作より断然いいです。

.

「下妻物語」 深田恭子さん主演。

嫌われ松子に続いて、中島哲也監督の作品を見ました。

これだけ映像で遊んできっちりまとめあげるなんてすごいなあ~・・・と。

色彩もキレイ。

友達なんて意識して作るもんじゃないですね。

ひとりでマイペースで暮らしていたら、自然と波長の合う人と出会うんだろうなと思いました。

出会わなければひとりでいいや。それでいいんでしょうね。。。

.

.

今週は母が入院したりしてバタバタ。

普段、元気な母なんですけど、入院となると途端にシュンとなって気弱になるんですよね。

それがちょっと心配です・・・。

.

そんなこんなで、警視庁失踪人捜査課は録画したまま見られてません・・・。

来週で最終回とか。

残り2話を残してレビューをストップさせたくないので、感想のみUPさせようと思ってます。。。

.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

週刊きなこ庵5月編24-30日

今週はこういう映画を見ました。

「嫌われ松子の一生」

中谷美紀さん主演、中島哲也監督。

とても悲惨な映画かと避けていたんですが、そんなことはなかったです。

じっくり見られる映画でした。深く鮮やかな色彩が独特で美しいです。。。

.

「アマルフィ」

織田裕二さん主演、西谷監督。

織田裕二さんって、見てる映画に引き込む人ですね。おもしろかったです。

特に前半が。後半はよくある話になったのが残念。

でも、俳優さんたちのパワーはにじみ出てましたね。映画に出ている外国の俳優さんたちも熱演。演技のしっかりできる人たちでよかったですわ。

.

こんな感じ。。。ですね。

.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

週刊きなこ庵・5月編17-23日

昨日、「チェイス」の最終回を見てから、ずっと~~・・・。

今日も朝から一日、「3億はどうなったの?」「署長はどうなったのよ?」と、ひとりブツブツつぶやいてました。

つい考えにのめり込んで周りが見えなくなってしまって、普通に声に出して言ってしまってヒヤヒヤすることが何度も。。。

「どういうことよ~~~~」

レビューは明日か明後日にUPします・・・。(笑)

.

.

今週、見た邦画は。

「グーグ-だって猫である」犬童一心監督作品。小泉今日子さん主演。

「アルゼンチンババア」長尾直樹監督作品。堀北真希ちゃん主演。

この2本はどちらも自分に合ってるというか・・・すんなり入ってきた作品でした。

好きな映画です。

.

「キサラギ」佐藤祐市監督作品。小栗旬さん主演。

「アフタースクール」内田けんじ監督作品。堺雅人さん主演。

こちらは、サスペンスたっちで楽しめる作品でした。推理が二転三転して見応え十分。おすすめです。

.

「20世紀少年・最終章」堤幸彦監督作品。唐沢寿明さん主演。

とうとう見ました!やっと借りれた~~。。。。

これぞエンターテイメント作品ですね。2時間ちょっとを3本も。時期をあけてよく公開しましたよね。楽しめました。

ともだちの正体なんて明かさなくていいよと思ってしまいました。

あのマスクの目のマークとハットリ君お面に馴染んでしまって・・・終わりが結構寂しかったです・・・。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

週刊きなこ庵・5月編10-16日&ほんとにちょっとの矢部謙三

GWにやっと暖かくなってきたので、種まきをしたんですが、今週はかなり寒くて・・・。

発芽温度に達しそうもないですね。せっかく植えたのに芽が出るかどうか・・・。

.

さて、今週の映画は、

新作の「空気人形」を借りて見ました。

是枝監督作品。キレイで切ないお話でした。

いろいろあってみんなにおすすめとは言えないのがツライんですが。

私は見てよかったです。。。

ペ・ドゥナさんも、ARATAさんも素敵でした。心に残る映画です。

.

あと、「クワイエットルームヘようこそ」

松尾スズキさんの脚本・監督。この映画の宮藤官九郎さんはめちゃめちゃおもしろい!

一番のハマリ役ですわ。お腹がよじれるくらい笑わせてもらいました。

.

昨夜は、「トリックSP」をリアルタイムで見て、「チェイス」を録画しました。

野球中継にヤキモキ。bearing

でも、「チェイス」の方は再放送があるようで・・・。

それを知っていたら、「トリックSP」の方を録画したのになあ~。。。

ちょっと悔しいです。。。

.

.

矢部謙三・第6話

なんと先週のは5話だったようで・・・。

ラストを見てやっと今回が最終回だと気付きました。

いつから話数を間違っていたのか・・・。

まあ、いいか。catface

.

最終回を迎えた。矢部謙三。

.

いい加減な矢部ですが。。。(私と一緒・・・)

.

初恋の人にはとことん優しい。信じたらどんな真相でも気にしない。

マドンナはどうなってもマドンナ。

想われて、幸せなのか・・・。

いや、幸せなんでしょうね。(笑)

「しっかり罪をつぐのうて、やり直したらええねん。

わし、ずっと待ってるから。やりなおされへん人生なんかあるかいな。

わしを信じたらええねん。

わしを誰やと思うねん。警視庁一優秀な刑事、警部補矢部謙三やぁ!!」

大見得を切って、スッキリ終わりました。

.

最終回は山田の母、野際陽子さんも登場。

トリックでの矢部の2代目の部下も登場しましたよお~。

.

DVD化、ノベライズ発売決定。そして続編あるらしいですよ~。。。

ほんとかな。(笑)

.

でも、おもしろかったです。連ドラにむいてますよね。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

週刊きなこ庵・5月編3-9日&ほんとにちょっとの矢部謙三

今週、見た映画は、、、

メゾン・ド・ヒミコ。

ジョゼと虎と魚たち。

どちらもすごく良かったです。また別に映画感想を書きます。

しかし、この映画の犬童一心監督って「ゼロの焦点」も撮ってるんですよね。

ゼロの焦点は劇場で見たんですけど、いろいろボヤキたい部分が多い作品だったんですよね。

監督さんでも違うもんです。。。

ゼロの焦点で印象にすごく残ってるのは、殺人シーン。

これがホラーちっくで怖かった!

突然起こって、ドキドキドキーー!って心拍数が一気に上がる怖さ。

映像は犬神家風味でした。

犬童監督のホラーを見てみたいです。。。

.

他に、間宮兄弟 百万円と苦虫女。

どちらもおもしろかったです。

.

ARATAさん出演の映画も探して見ています。

作品によって顔が違いますね~。。。恐るべしお人です。

.

レビューは書いてませんが、初回から見ている、

「ヤンキー君とめがねちゃん」(笑)

成宮くんが高校生役でも違和感がほとんどないです。。。

品川と花の周りに人が集まり出して、いい感じになってきてます。

そのまんまの自分を受け入れてくれる、その人のそばが自分の居場所。

良いこと言うわあ~~。。。

今回は、ちょっとしみじみ。

花ちゃん、すごくいいです。

仲 里依紗さんは「ハチワンダイバー」で見たぐらい。

でも、すっごくかわいいなあ~と注目してたんです。この花役は魅力爆発してると思います。

.

.

矢部謙三・第4話

.

さて、4話からは最終章ということですが。

悪徳敏腕弁護士が亡くなり、所縁の者たちが田舎に集まり・・・。

お前たちを処刑するというメッセージと共にひとりずつ・・・殺されていく。

人数分の人形が、一人亡くなるごとにひとつずつ倒されていったりなんかして、うふふ~・・・。

.

大好きなパターンですわ。(笑)

今回、矢部(生瀬勝久)は本来招待されていた警視総監のかわりにその集まりに参加。

事件に巻き込まれます。。。秋葉(池田鉄洋)も当然ついていきうれしそう。

.

特別ゲストとして、山田(仲間由紀恵)登場♪

あのオンボロ車のドアが取れて、上田は探しに行ってるので不在。

美晴(貫地谷しほり)と桜木(鈴木浩介)がそのドアを抱えて通りかかり、車で寝ている山田から事情を聴くという。

そういう展開でした。出番は2分ほど。

他に、時々のチラッと出演もアリました。

.

ドラマの中で使われるトリックの音楽もいいです。。。。

映画を観に行くぞ!と思わせますね。(笑)

.

4,5,6話続きの話です。長い分、おもしろいかも。。。

多分、大勢が殺されていくんでしょうねえ。。。

次回がとっても楽しみです!

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

かもめ食堂 & めがね 【日本映画】

【 かもめ食堂 】

.

場所はフィンランドのヘルシンキ。

ある通りに日本食堂をオープンしたサチエ(小林聡美)。

お客さんは来なくて、一日中ぼんやり。。。

時折、通りに立って中をのぞいていくフィンランドの人たち。

お客第1号にはなかなかなってくれません・・・。

.

フィンランドの地でも日本食を楽しんでもらいたい・・・。

そのサチエの静かでひたむきな思いと穏やかな土地柄がとっても合っていて。

どど~~~っと癒されます。

.

心のこもった料理はどこへ行っても、人に受け入れられる。

作った人と食べた人の間に優しい信頼が生まれてく。。。

そんな映画でした。

.

なんといっても、

そのサチエの料理する姿がなんとも素敵。。。

料理を丁寧に作る、茶道のように美しい所作で。

作り出したものは、神聖で「おいしい」魔法がかかったよう・・・。

料理することが、また楽しくなりました。

.

パスコのCMでサンドイッチを作る小林聡美さんを見るたび、

これはきっと「かもめ食堂」風味のCMなんだろうな~と想像してたんですが、

今回映画を見て、まさにそうだったことにちょっと感激。

パスコのCM、好きなんですよね~。

カツサンドとたまごサンド、作りました。(笑)

.

日本映画ですが、オールフィンランドロケ。現地スタッフと俳優も参加してのコラボ作品。

出演は小林聡美さんのほかに、 片桐はいりさん、もたいまさこさん

3人揃うと、いるだけで「そこはかとなくおかしい~」と楽しい気分になるから不思議です。

監督は荻上直子さん。

しばらく、この監督さんの映画を漁ろうと思います。(笑)

.

.

そして、探してみつけたのが【 めがね 】

.

春になるとやってくる・・・「おばさん」が、ひとり。

南の島にやってくる。

島の民宿の主らは空を見上げて、そのおばさんの訪れに気付く・・・。

「あっ・・・(来た!)」

けれど、その年の春は、おばさんの他にも旅人がやってきて。。。

民宿の主人の書いたいい加減な地図を見て、迷いもせずに・・・。

海しかないその場所に。

.

かもめ食堂に続いて、正統な癒し系映画。

こちらはひたすらリラックスします。

「ただ、たそがれる・・・」という時間を味わう映画です。

旅人は南の島にバカンスに来たのに、何かをしていないといけないと思い込んでいて、なかなかこれができずに四苦八苦。

心を自由にすることって難しいんですよね~。。。

.

メルシー体操も・・・映画を見ながら思わずやってしまいました。

.

出演は小林聡美さん、もたいまさこさん、市川実日子さん、光石研さん、加瀬亮さん

監督・脚本、:荻上直子さん

.

.

いい作品に出会えてほんとに嬉しい限り。。。

心に残る名作のひとつとなりました。

萩上監督の他の作品も探して見たいと思います。。。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

週刊きなこ庵・4-5月編26-2日&ほんとにちょっとの矢部謙三

今週も連ドラの合い間に日本映画を見ています。

「かもめ食堂」に続いて、「めがね」。

癒し系。お気に入り映画になりました。

.

ほかに、20世紀少年・第1章と第2章。

2本とも2時間以上あるんですが、まったく長さを感じさせないですね~。

荒唐無稽な展開なんだけれど、普通に受け入れられてじっくりと見せてくれるのがすごいですわ。

あと、昭和の雰囲気がなんとも懐かしい~~。

小学時代の子役と大人になってからの俳優さんが似てるので混乱しないし。わかりやすくオーバーラップさせてくれてるし。。。

実は顔が覚えられない私にはこれがとっても大事。(笑)

子供の頃の友達は、大人になって会ってもすぐにその頃に戻って話せるとか言いますよね。この映画ってそんな感覚を映像にしたかったのかなと思いました。

ああ、はやく最終章を見たい~~~。。。

最終章は全巻、貸し出し中でした。残念。

監督は堤幸彦さんなんですね~。ビックリ。

全然、知らなかったよお~・・・。

.

.

矢部謙三・第3話

今回の矢部(生瀬勝久)は、アリバイ作りに利用されてました。

でも、ビールや熱燗を催促したり、さらりと厚かましいのは矢部ならでは~です。

.

この矢部を大好きで、他の人といると嫉妬する秋葉(池田鉄洋)。

おもしろい。。。

強烈なストーカーになってました。

盗聴器なんかもつけたりして・・・。

そのつけた場所がなんとカツラなんですけど。

それを見た途端、なるほど~、そこなら感覚がないから気付かないわね~と感心しました。

矢部に放っておかれて、庶務係に混ぜてもらおうとする秋葉、ちょっとかわいい。(笑)

隣りの係の人も個性的でいい味だしてましたわ。

.

それと今更気付いたんですが、ドラマの中で時折、トリックの音楽が使われてるんですね。

それを聞くだけでトリックの世界にず~んと入ってしまいます。

なんだかすごいですわ~。

.

来週は仲間さんが登場するらしい・・・多分。

楽しみです。。。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

週刊きなこ庵・4月編19日ー25日&ほんとにちょっとの矢部謙三

先週に続いて邦画をみています。

「おろち」「ゆれる」「かもめ食堂」など。

どれもすごくいい映画でした。

評判は聞いていても公開時に逃し、つい過去に埋もれていってしまって見ないまま・・・。

名作がいっぱいありそうです。

自分が久しく邦画を見ていなかったことが悔しくて情けなくて猛省中です。

.

それと、今期、連ドラはどれも見応えがありますね~。パワーを感じます。

レビューを書きたいドラマが多くなってしまって・・・。

うれしい悲鳴です。(笑)

.

で、今週の絶対零度・第2話「時効7日前の魔物」

.

初回より断然良かったです。

過去と現在のバランスも良くて、すごく楽しく見られました。

中でも、鑑識の活躍がすごい。

カルテの上で書いた幾枚ものメモの内容を筆圧の強弱で何枚目に書かれたメモか見分けることができるとか、なんかすごい技術ですよね。。。

以前はわからなかったことでも鑑識技術の進歩によってみつけることができるようになってるんですね。

未解決事件の捜査ではこれが一番役立っているようです。

調書を丁寧に洗いなおして、そして最新の鑑識技術で手がかりを掴んでいく。

この2本立てはやはりおもしろいです。。。

.

それと、時効前に犯人を逮捕するのではなくて、起訴すればいいというのも、ほお~っと驚きました。

「腕が良くて多くの命を救ってきた医師であっても、二人も殺してる殺人犯です」と迷いなく医師に手錠をかける泉も良かったです。。。

できたら、もうちょっと過去シーンと現在のシーンの違いをわかりやすくして欲しいです。過去シーンは薄いセピア色に染めてくれるとか・・・。

同じ俳優さんが過去、現在とあまり容姿の変化なく登場するので、注意深くない私は、小さな混乱を繰り返してしまうんですよね・・・。(笑)

でも、今後も楽しみに見ていきたいと思っています。

.

.

矢部謙三・第3話「神経ガス強奪事件」

.

こうやって矢部&秋葉は犯人にふりまわされる役割で、美晴&桜木は気づいたら犯人に一番近い位置にいた・・・なんていうのがとってもおもしろいです。

秋葉原のシーンもおかしかったです。。。

.

桜木のことを美晴は刑事くんっていうんですね。

「怪物くん」のパロディ?

桜木が捜査をしようとしないので腹を立てた美晴は、仁王立ちでダンダンと四股を踏んで地団太を踏んでみせてました。

おもしろい!

「指の匂いを嗅ぐなぁ~~~!」と桜木の手を叩き落としたのもおもしろかったです。

美晴と桜木は相当いいコンビだと思うんですよね~。。。

.

ブラフって、ポーカー用語で「はったり」とかいう意味なんですね~。知らなかった。これからブログでも使ってみます。

.

エンディングでこんなセリフが。

事件が起こったという秋葉の知らせに・・・。

「そんなもん、高城に任しといたらええやないか?」

「高城さんは・・・失踪人捜査課じゃないですか!」

「始まったみたいやな~。がんばってもらわんとな~」

ものすごくエール送ってます。矢部。(笑)

.

そして、矢部謙三のスタッフの方達は「続編熱望」らしいです。(笑)

.

矢部&秋葉コンビと美晴&桜木コンビのバランスがとってもいいと思うんですよね。

前者は完全におちゃらけで遊んでいて、後者は地味に楽しく捜査するっていう。

私も続編希望です~~。(笑)

6話で終わるなんて、びっくりですよお~~!!!

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくお願いしま~す。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

【映画感想】私の頭の中の消しゴム(韓国)

スジン(ソン・イェジン)は不倫相手と駆け落ちするため駅で彼を待っていた。

けれど、約束の時間に彼は現れない。

泣きながら、コンビニでコーラを買うけれど、物忘れの激しい彼女はそれをレジに置き忘れてしまう。

慌てて、コーラを取りにコンビニに戻ると、同じコーラを手にした男チョルス(チョン・ウソン)と鉢合わせ。

スジンは自分の買ったコーラを彼が横取りしたと思い込み、彼の手からコーラを奪うと、中身を一気に飲み干してしまう。

呆気にとられるチョルスに空の缶を返すと、不敵に笑って立ち去るスジン。

チョルスはそんなスジンを、おもしろい女だな~と微笑みながら見送るのだった・・・。

.

時が流れ、失恋の痛手が癒えたころ、チョルスと再会するスジン。

彼は彼女の父親の会社で働いていた。

印象的な出会いをした二人は急速に恋に落ちる。

・・・。

(敬称略)

.

これは冒頭のみなんですけど。。。

あらすじを書くならそこじゃないだろ~と言われそうなんですけど・・・。

まあ、超有名なこの「タイトル」で、大体の内容はわかると思います。

でも、描かれているのは大半が甘いラブストーリー。

.

めちゃめちゃいい作品です。

このブログのカテゴリーの「おすすめ映画」で紹介している韓国映画の中でも1、2番にくるいい映画です。

完成度がとても高い。

.

無骨で野性的なチョルスにお嬢様育ちのスジン。

スジンが惚れこんでチョルスと結婚。

粗野な感じに見えるチョルスは結婚したら、ものすごく包容力のある優しい夫に。

二人のラブラブはもう甘くて素敵。

心から望んだ人と一緒になって幸せそ~にしてる様子に、こちらまでうれしくなっちゃいます。

タイトルから悲劇だと想像できますけど、それよりこの幸せ感がなんともいいんです。

.

そして、最後の方のワンシーンには猛烈に泣かされます。

ただ、シーンを見ただけで・・・。

この演出はうますぎます。

.

この作品はよみうりテレビのドラマ「Pure Soul~君が僕を忘れても~」のリメイクだそうですが、私はドラマの方は見ていないんですが、多分全然違うんじゃないでしょうか。

俳優さんのタイプも全然違うので、こちらもぜひ見て欲しいなと思います。

.

なんといっても、チョルス役のチョン・ウソンさんがいいです。

きっと、彼の得意分野の役柄なんでしょうね。

調べてみたら、私は先に彼の出ている「デイジー」も見てるんですよね。

でも、あまり印象に残ってない・・・。

もし、こっちを先に見ていたら、デイジーの印象ももうちょっと良くなったと思うんですけど。

.

ほんと、めちゃめちゃいい映画でした。

.

おすすめ度:★★★★★

.

☆ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2008年冬ドラマ | 2008年夏ドラマ | 2008年春ドラマ | 2008年秋ドラマ | 2009年冬ドラマ | 2009年夏ドラマ | 2009年春ドラマ | 2009年秋ドラマ | 2010年冬ドラマ | 2010年夏ドラマ | 2010年春ドラマ | 2010年秋ドラマ | 2011年冬ドラマ | 2011年夏ドラマ | 2011年春ドラマ | 2011年秋ドラマ | 2012年冬ドラマ | 2012年夏ドラマ | 2012年春ドラマ | 2012年秋ドラマ | 2013年冬ドラマ | 2013年夏ドラマ | 2013年春ドラマ | 2013年秋ドラマ | 2014年冬ドラマ | 2014年夏ドラマ | 2014年春ドラマ | 2014年秋ドラマ | おいしいプロポーズ | おすすめ映画 | おせん | きなこ庵ドラマ通信 | きなこ庵日記 | どらま(2007年秋以降) | ぴんとこな【2013・夏】 | アンフェア | ガリレオ | ゴンゾウ~伝説の刑事~ | スシ王子 | セクシーボイスアンドロボ | チェイス~国税査察官~ | ドラマ三昧(アメリカ、韓国など) | ハゲタカ | ブラッディ・マンデイ | ホタルノヒカリ | メイちゃんの執事 | モップガール | ライアーゲーム | 健康&グルメ | 山田太郎ものがたり | 拝啓、父上様 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時効警察 | 書籍・雑誌 | 歌姫 | 気になるCM | 漫画・映画・小説・エンタメなど | 花ざかりの君たちへ | 花より男子 | 華麗なる一族 | 関西のテレビ | 関西の場所 | 魔王 | 鹿男あをによし | 龍馬伝 | 2時間&スペシャルドラマ