2022年4月 9日 (土)

ミステリと言う勿れ 第11、12話

最終回のラストは拍子抜けした。

通常10話で終わりなのに、このドラマは12話まであったので、もしかして13話もあるのかと、公式HPへいって確かめたくらい。

 

 

ただ、愛珠の行動の謎も大体、解き明かされたので、このことで続編を熱望するまでには至ってない。

愛珠は別の殺人者に殺されているし。

彼女の思いを探求する旅は我路の心を鎮めるためのものだしね。

 

でも、整くんはもっと見たいので、ぜひシーズン2をやってほしい。

 

 

ところで、このドラマ。

時系列でいうと、10話のレイカとの話が最後。

11,12話はドラマ中盤の頃のお話になる。

だから、後半のドラマは、我路&愛珠の話が解決した後ということなのね。

それをふまえて、もう一度見直した方がいいかもしれない。

 

それにしても、う~ん。モヤモヤする。。。

 

12話の最終回で、新幹線でのお話を長々とやっているので、ラストをちゃんと描けるのか、ハラハラしたんだけど。

中途半端で終わるなんて。

2話分、延長してるのに。。。

きちんとしてほしかったな。。。

 

このドラマでは、普通に見える人が人を殺してる。

大事な人を殺されたから、大事な人を守るため、ひどい虐待に耐えかねて。

 

大阪での美術展を観た帰り、新幹線で出会った女性が、心の深層に触れてきた整に突然告白したりする。

能面のような殺人者の顔を整に見せる。

 

殺人者と話すのが日常になってる整。。。。

我路やレイカに惹かれる整。

「深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを覗いているのだ」

 

合わせ鏡のようになっていかなければいいけれど。。。などと薄っすら思う。

 

風呂光の存在がポイントなのかもしれないね。。。

 

 

 

ところで、主題歌、カメレオンがいいところで流れるの。

 

歌を聞いて、てっきり宇多田ヒカルさんの曲だと思ってた。

3か月、疑いもしないで、新曲いいなあ~って思ってた。

 

この記事を書くにあたり、YouTubeであらためて聞いたら、King Gnu(キング ヌー)というグループで、宇多田ヒカルさんとはまったく関係ナシ。

 

心底、驚いた。プチパニックだったわ。

 

いま、大人気のグループらしい。

歌番組もまったく見ないから、ドラマの主題歌しか曲を知らないの。

 

King Gnu って、読み方もわからず、コピペして読み方検索したわ。(泣)

 

King GnuのYouTube公式チャンネルをみたら、PVもすごくて、なんて才能にあふれた人が集まってるんだとこれまた驚いた。

150万人も登録者数がいて、若者にはかなり浸透してるんだね。

 

ミステリと言う勿れは、雰囲気的に続編作られそうなんで、のんびり待ちたいと思う。

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2022年4月 7日 (木)

ミステリと言う勿れ 第10 話感想

なんて思いのあふれたお話だったんだろう。

 

今年はじめてドラマを見てたくさん泣いた。

 

整もレイカも饒舌なのに、本当の思いは語らない。

映像と表情で見せてくれる。

 

その語らない思いが画面にあふれて、こちらの胸がいっぱいになる。

涙があふれて止まらない。

 

 

恋人じゃない、友達だって言いながら、ふたりでいると楽しくて仕方ない。

たこ焼きを食べ、焼き肉を食べ、素直においしいと微笑む。

 

待ち合わせをして会い、クリスマスにプレゼントの交換をし、足湯に一緒につかり、初詣に行こうと約束する。

 

 

人と関わらないと決めてしまうと、心は動かない。

悲しさも辛さもない代わりに、楽しさも切なさも恋しさもない。

 

整もレイカもそうやって決めて生きてきたのに、自分の気持ちの変化に戸惑う。

その戸惑いの先には整がいて、レイカがいる。

 

いつしか、彼が彼女がやってくるのを待ってしまう。

 

 

けれど、自分たちの思いはひとりの女の子、チヤコのためにそっと封印する。

整とレイカが虐待の記憶を引き受けて、虐待の記憶を無くしているチヤコが普通に幸せに生きていくために。

 

 

春になり。。。

整はレイカとよく待ち合わせをした場所にやってくる。

 

桜の花を一緒に見たい、そうお互いに思っていたはずだった。

 

その満開の桜の花がそこにある。

 

 

「僕は常々思っているんですが、

日本のソメイヨシノってすべて1本の木からはじまっていて、

挿し木や接ぎ木をして増やして全国に広がっていったんです。

 

つまり、すべてクローンなんです。

ということは、僕が昔よく見ていた桜も、今見てるこの桜も、

同じ遺伝子をもっているってことで。

 

時間も場所も超えて、同じものをみてるのが、なんか不思議だなあって」

 

 

レイカは消えてなくなってしまったけれど、整の記憶の中に刻まれている。

変わりなく、いつも覚えている。

 

たとえ、一緒に見られなくても、時間も場所も違っても、同じものを見てる。

レイカがいつか見たであろう、この桜の花をいま、自分が見てる。。。。

 

キレイだよ。。。

 

そう心の中で語りかけているようなシーンだった。

 

 

 

昔の人が見ていた桜の美しさと、今見てる桜の美しさが同じものって、そんな発想なかったわ。。

全く同じ桜を見てる。ほんとうに不思議な感覚になる。。。

ソメイヨシノ。

そう思うととてもロマンチック。。。

 

 

 

整を幼いときから見てきた天達教授は彼の心の変化を聞いて。。。

「人に会い、人を知りなさい。

それは自分を知る旅だよ」

 

整をずっと優しく見守ってる。

風呂光もそうだね。

 

 

深く考えすぎてボーダーラインにいるようなふわふわしてる整を、こちらに留めておくために見守っている人たち。

 

 

良いお話でした。

ひとしきり泣いて、落ち着きました。(笑)

 

 

続編あったら見たい。

スペシャルでもいいので。

 

 

8、9話もめちゃめちゃ良かった。

10話も最高。

ほんとに良いドラマだと思う。

 

 

次回は最終章。

我路の回だねえ。

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

 

| | コメント (0)

2022年4月 1日 (金)

ミステリと言う勿れ 第8、9話感想

これはぜひ見てほしい!!!

いままでにない展開。

この2話分だけで、お正月2時間スペシャルドラマになるよ。

 

 

整は昔お世話になった女性、喜和の命日に、彼女の夫、天達から別荘でミステリー会をやるので参加してほしいと頼まれる。

別荘には天達の友人らも招待されている。

 

喜和はストーカーに殺されたのだけれど、その別荘が現場だったらしい。

整も初めて聞いた事実だった。

 

整は集まった人々を観察し、ちょっとした違和感から喜和の死の真相を解き明かしていく。

 

 

そして、そして。

お話はそれだけでは終わらない。

 

 

「もうひとつ。現在進行形の事件があります」

 

 

そう…。

 

喜和の死に深く関わったその人物は、真相を告白した後、別荘にいた全員を殺す計画を立てていた。。

 

彼は別荘に招待されたことで、喜和の夫、天達は自分の罪に気づいている、復讐される、そういう妄想にかられ、皆殺し計画を立てていたのだった。

 

整は2つの事件の真相を暴いたのね。

ミステリーの会がつくった謎解きをいれると、3つも。

 

 

この現在進行形の皆殺し計画をたてるなんてものすごい斬新。

私はこういう話、はじめてかもしれない。

 

 

うおおおおおおって叫びそうになったわ。

鳥肌たった。

おもしろかったわ。

 

 

ただ、犯人。かなり怖い人だよね。

ストーカーから逃げている被害者の住所を、そのストーカーに教えて回ったり。

 

今回の皆殺し計画を実行するために、別の場所で先に4人を同じ方法で殺害して予行演習してたり。

 

さらっと、説明されてたけど、ものすごい悪質。

 

しかし、最初から全員を殺すつもりで自分の痕跡は徹底的に残らないように細工してた。

徹底的に。

 

自分はこの別荘に元々いなかった。

警察にも気づかれないように。。。

 

 

途中から、その人物が存在を消しているという違和感に気づき、怯える整。

とてつもない悪意を感じて、震える。


「まだ、何も起こってない…大丈夫…」

眠れずに毛布の中で丸くなって、自分を励ます整。

 

 

整があの集まりに参加していなかったら。。。

そう考えるとかなり怖い展開だわ。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2022年3月 5日 (土)

ミステリと言う勿れ 第6、7話感想

やっぱり好きだわ。このドラマ。

今回のお話は、なんだか泣きそうになった。。。

 

 

ラスト、風呂光、渡せえ~~~っと叫んだわ。

せっかくクリスマスプレゼントを買ったのにね。

渡せなかったね。。。

 

 

小日向さんがゲストだった回から、ずっとオカルトちっくな雰囲気が続いてたのね。

病室から、生と死のボーダーライン上にいるような、危うい感じが。。。

ライカも生きている人なのか、もう亡くなっている人なのか…。

 

整の前にふらっと現れて、ふらっと消えていく…。

 

 

冒頭でね。

「(娘を)愛したこともないのに、もうすぐ死ぬから愛してほしいなんてね」

介護されてた老婦人がさらっと使った言葉にドキッとした。

愛したことはなかったとはっきりと言い切るんだ。。。自分の子供のことをと。

 

 

今回はそんな愛されなかった子供たちが描かれてた。

 

 

愛されず虐待まで受けていた子供が、こんな親いらないと決断しても。

将来、そのずっと罪の意識にさいなまれる。

 

ただ、自らもそんな子供だったライカは、虐待から抜け出させてくれたおかげで、今は喜びに満ちていると。。。

そう受け止めている子もいる。

 

子供たちの苦しさが浮き彫りになった回だった気がする。

 

 

そんな中で、整は将来、先生になりたいと言う。

ものすごく意外だった。

人と距離を置いて生活するのが信条なんだろうと思ってた。

 

なのに、自分なら子供たちの苦しい状況に気づいていたはずだと断言してた。

人と積極的に関わっていく覚悟をもっていたのね。

素敵な人だね。

 

先生って大変な仕事だよね。

私は先生になりたいなんて思ってことなかったなあ。

子供に与える影響が大きいから。

先生の態度、言葉を子供はずっと覚えてる。

それで深く傷ついたりするんだよね。

簡単には目指せない職業だとずっと思ってきた。

 

 

「その先生はみんなと一緒にあなたのことを「カエル」とあだ名で呼んだ時点でダメです」

整にはちゃんとした先生の理想があるんだな。

 

 

子供の頃、整も家に帰るのがイヤで、図書館の庭でぼんやりしていたそう。

そのとき、話しかけてくれた女性がいたそう。

「当たり前にそこにあるもの、ある言葉、なぜそうなのか、だれが決めたのか。

いっぱい考えてみるといいよ。そして、それを誰かに話そう」

 

 

整はその女性に出会って、こんなに博識になったみたいね。

女性は何も聞かずに、整に寄り添ってくれた。

親や先生ではなくとも、良い影響を与えてくれる大人がいたんだね。

そんな大人が多くいればいいなあ。

 

ドラマを見ながら、そんなことをいろいろ考えてた。。。

 

 

ところで。。。

 

クリスマスだから、プレゼント交換しようとライカに言われて、「えっ???」とうろたえる整。

「そ、それは世に言うプレゼント交換というもので、物心ついた頃からしたことないです!」

 

「メリークリスマス!」と突然、風呂光に言われて、「ええっ~?」とたじろぐ整。

「(おずおずと)メリークリスマス~~」

 

整、いい味出してるわあ。(笑)

好きだあ~~。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

 

| | コメント (0)

2022年2月17日 (木)

ミステリと言う勿れ 第4、5話感想

4話は、動きがなくて、整と爆弾を仕掛けた男性(柄本佑)との会話劇になっていて。

しかも、怒涛のような推理。

ついていけなった。

東京の地理がわからないせいもあるかも。

 

男性と母親の関係とか、会話だけで切なさを醸し出したのはすごいなと思ったけど。

 

 

今回も前半は病院のベッドでの会話劇。

やはり主人公は動いてほしいと思いつつ見ていたけど。。。。

 

 

後半では、牛田が幽霊だった、、、とか、メッセージを受け取り、深夜の温室に出かけていくなど、おもしろ展開に。

風呂光が出てくると、うれしい私。

 

 

風呂光が視聴者である私と同じ目線で、ホッとする。

 

 

土手から落ちて、病院に運び込まれた整。

精密検査のために入院することに。

 

大部屋を独占していたはずなのに、なぜか隣のベッドには年老いた男性、牛田が。

昼間には、見かけなかったのに。。。

 

 

男性は元刑事で、昔、自分が担当した殺人事件の内容を話し出す。

そんな気分ではなくて、頭を抱えて困る整。

だがいつしか、昔話に引き込まれていく。

 

 

「さて、そこで問題です」

牛田はにわかに、整に問題を突きつける。

  

 

どうも、刑事だったころ、相棒だった男の犯罪を話したかったらしい。。。

牛田は相棒の犯罪を墓まで持っていこうと思っていたけれど、心変わりした。

 

 

あの話はなんとなくわかる気がした。

相棒から援助を受けると言うことは、いわゆる「共犯」状態に引き込まれる可能性がある。

そんな相棒だったのかと牛田は愕然としたのかもしれない。

刑事の誇りがある牛田は、自分の立ち位置を自覚して最後まで正しくあろうとしたのかもしれない。

 

あと、闘病での整の考え方にとても共感したわ。

 

 

それにしても、整にお見舞いの花を届けるなんて、我路は近くにいるのね。

 

「下手の横好きレベルより」

 

これ、我路が整にあてた伝言なんだけど、やっぱり整にこう言われたこと、傷ついてたのね。

 

部屋中、自分の絵で飾っていて、その絵を下手だと言われたんだから、そりゃあ、傷つくよね。

猛烈に傷つく。

根にもってたんだな。(笑)

 

 

さて、次回は金髪少女の登場かな。

整が動いてくれるかな。。。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2022年2月11日 (金)

ドクターホワイト 第1~3話感想(不定期投稿)

ミステリと言う勿れの後、10時から放送されてるドラマ。

 

狩岡(柄本佑)が朝、ジョギングをしていると白衣を着て倒れている女性を発見する。

狩岡は知り合いの病院、高森総合病院へ女性を連れていく。

女性は白夜と名乗るが、それ以外の記憶、感情をすべて無くしてる。

なのに、優れた医療知識と診断能力を備えていて、病院での治療に興味を示す。。。

 

 

この白夜(浜辺美波)のかわいいこと。目の保養だわあ。

彼女は自分は医者ではないというの。

 

けれど、治療方法や画像診断をするの。

画像をみて診断できるって、しかもかなりの数をこなしてそうなのって、お医者じゃないのかな。

医師しか考えられないわ。

患者から普段の生活を聞き取り、それを考慮して診断したり。

まるでアメドラのドクターハウスみたいなノリがあっておもしろい。

 

記憶を失う前はどんな生活をしてたのか、気になるわあ。

 

 

白夜が入院した高森総合病院は、狩岡の幼馴染、真里亜(滝本美織)の父親が経営しているの。

両親が幼い頃に事故死した狩岡兄妹もこの父親の世話になっていたこともあるとか。

 

大きな病院なんだけれど、医療ミスもあり患者が減り、経営不振に陥っている。

 

白夜の優れた能力を知った真里亜は、総合診断協議チームを立ち上げ、患者の信頼を取り戻そうとする。

 

白夜はチームの一員となって、やる気満々。

 

 

ところがそんな白夜を連れ去ろうとする者たちが!

狩岡は警察官の友達の力を借りて、白夜の素性と連れ去ろうと人物を探ろうとする。

 

 

この白夜、どうやら、失踪中の真里亜の兄と関係してるみたい。

兄が狩岡に託したみたいよ。

 

そして、狩岡に兄は電話で警告するの。

「俺が逃げている間は、白夜に危険は及ばない。

だから、おまえは動くな」と。

 

どういうこと?

 

白夜を連れ去ろうとした者の中には、本物の刑事もいたの。

本物の刑事を悪事に使おうとする人物って。

大きな闇を感じさせるわ。

 

 

白夜の謎が深まってきたよ。

 

次回からは、その謎関連のお話も出てきそう。

 

今からでも遅くない。

このドラマを楽しんでね。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2022年2月10日 (木)

ゴシップ 第1~4話感想(不定期投稿)

1話から見始めて4話まで。

やっと追いつけた。

このドラマも視聴継続決定。

 

おもしろいわあ。

 

凛々子(黒木華)はなかなか内面を見せない。

というか、いろいろな人の心の機微を理解できずに、すぐに辞書を出して言葉を調べる。

 

あんな分厚い辞書を持ち歩かずにスマホで調べたらいいのに。。。と思うのだけれど。

 

その彼女が編集長になって、ネットニュースサイトを立て直そうと奮闘するのね。

PVを伸ばして、サイトの閉鎖を阻止する任務を課せられてる。

 

でも、単にゴシップ記事を書き連ねるんではなくて、徹底的に本人に取材して真実を追求していくのね。

 

 

ネットに踊らされる人が多いというけれど。

ネットもそうだけれど、大きな新聞社やテレビ局だって間違った情報を拡散する。

被害を招いたりする。

そして、間違いに気づいて、あわてて謝罪するという現状があるよ。

 

都構想の住民投票時もそうだった。

メディアも他社の正確でない記事を鵜呑みにして報道した。

多くの人が信じ、惑わされた。

わざと拡散したのなら信頼は失墜するし。

わざとでないなら…。

自分たちで取材してない、裏どりもしてない情報を気軽に拡散しているんだってこと。

だから、私はテレビニュースも新聞もまったく信用しなくなった。

 

 

それを思うと、凛々子はとにかく当事者に徹底的に話を聞く。その姿勢はすばらしい。

ネットニュースなのに、ネットの中だけで終わらせてない。

 

地道に足で調べる。やってることは立派な記者。

閉鎖寸前の「3流ニュースサイト」と言われ、くすぶっていた編集者たちも次第に、凛々子のやり方を信頼し独自に動き始める。

 

 

お話では、3話が良かったなあ。

 

一発屋のシンガーソングライター。

一曲だけ大ヒットしたものの、その後は鳴かず飛ばず…。

中年になったいまでも曲を作ってレコード会社に持ち込む日々。

けれど、一切相手にされない。

 

いまウケるのは若くて外見の良い歌手。。。

良い曲でもおじさんではダメなんだな…。

彼は、若い女の子のフリをして、声を加工しネットで歌いはじめる。。。。

 

 

凛々子に同行した椛谷(野間口徹)が、彼の「転職すればいいと思うだろうが、中年になるとなかなか動けないんだ」という言葉にどっぷりと共感するところが妙におかしかった。

 

「ジョギングをしていて信号で止まると、もう足が重くて、次走ろうと思っても走れなくなるんだよ…」

「…よくわかるよ」 

おじさんふたりでしみじみ。

 

若い凛々子が、場違いで完全に浮いてしまってた。

 

結局、いま話題の女子高生歌手は、おじさんだったと「激白」してネット民をガッカリさせるんだけど。

 

若くて魅力的な外見に囚われた。

けれど、曲で心を動かされたのは事実だろう。いいものはいいのだ。

という椛谷の記事で終わる。。。

 

いろんな意味で、好きな回だ。。。

 

 

いまのところ、凛々子の取材を受けて、本心を書いてもらった人は、みんな次のステップに進めてる。

 

入り乱れてこじれてしまった感情を、丁寧に取材してもらって、文字によって説明してもらう。

すると、その記事は誰かには読んでもらえ、理解してくれる人も出てくる。

そうなると、ゴシップで盛り上がっていたネットは落ち着いてくる。

 

 

PVを稼ぐのが目的とはいうけれど、ニュースサイトとしての信頼も得る必要があると初回で言ってたもんね。

 

 

新聞とネット、舞台は違っても記者のすることは同じ。

それに気づかされるドラマだわ。

 

 

5話からは、凛々子の過去が描かれるみたい。

わかりにくい人だけれど、どんな人なのか知りたいわ。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村maで

| | コメント (0)

2022年1月29日 (土)

ミステリと言う勿れ 第3話感想

解決編だよ。

一週間待ったのよ。

なのに、録画をし忘れてたわ。

仕方ないので、フジテレビの見逃し配信で見たよ。

はあ~。。。ありがたい。。

 

 

このドラマ、三分の二あたりで解決して、次の事件の前振りか、引き続き疑惑が浮かびあがって次回に続くってカンジになるのね。

このやり方、次回が気になって仕方ない。

 

 

ショウ(我路)がどういう立ち位置にいる人なのか、わからなかったけれどこうなるのね。

運転手は最初から怪しいと思っていたよ。

事件が解決して、意外にも穏やかに終わった。

我路たちは、犯人の運転手、煙草森(たばこもり)を警察に託した。。。

 

 

なのに、

いつもの日常に戻った整(ととのう)のもとに、手首が送られてくるなんて!!

ご機嫌でカレーを作ってたのに、我路からの宅配便でカニかと思って開けたのに。

手首って!!!

 

いきなりの生々しい展開に、怖さが倍増したわ。

 

我路。やっぱり怖い人だったんだ。。。

 

 

「遊びに来てくれる?」と整。

「不起訴になったらね」と我路。

そう約束してたのに。

 

家に人を呼んだことがない!と豪語していた整。

我路とは気があうんだろう。

でも、約束してる場合じゃなかったね。。。。

 

 

青砥によると、裁判で精神鑑定に持ち込まれそうになって、我路たちは一線を越えてしまったんだろうと。

煙草森を自らの手で裁き、自分たちは警察に追われる身となってしまった。

 

 

そんな我路に、まだこっそり遊びに来てほしいと思っている整。

整の心にも同じような闇があるんだろうか…。

 

 

煙草森を殺して、妹、愛珠(あんじゅ)の敵を討ったはずだった我路たち。

けれど、愛珠は煙草森に殺される前から、病弱な自分に絶望して自殺を考えていたことが判明。

愛珠のはがきには、自殺をほのめかす文言と、「できなかったらジュートに頼もう」という添え書きが。

 

愛珠は煙草森にたまたま殺されたけれど、それ以前から死のうとしていた。

彼女は「ジュート」に会うために、普段は乗らないバスに乗ってしまったんだろう。

我路は「ジュート」を探し始める。

 

この我路たちの登場はドラマの後半あたりになりそう。

 

 

我路、とても冷静沈着でいいキャラだったので、整の友達としてこれからドラマに登場するんだろうなあ~と思っていたら。

殺人を犯して逃亡とは。

残念だわ。後半で再び登場するらしい。

 

 

我路と愛珠ってどういう関係なんだろう。

妹の死の真相はわかったのに。妹の心情を知りたいのね。

「真実はひとつじゃない。人の数だけある」って整は言ってるじゃない?

誰の真実を探してるんだろう。自分の欲しい真実を探しているみたい。

 

 

その我路が整に忠告してた。

「君、人の癖をまねるところがあるよね。

相手を怒らせるかもしれないから気をつけた方がいい。

そういうの、子供が構ってほしい時にする。

小さな整君は誰の気を引きたかったんだろうね?」

そういわれた時の、整の泣きそうな顔が印象的だったわ。

人の癖をまねる行為、整はわざとやってると思ってたんだけど、気づいてなかったのね。

 

いつか誰かに殴られるんだろうか……。

 

 

ところで、香川県の島に船で上陸する我路たち。

 

その島には人が住んでる気配はあるのに、人っ子ひとりいない。

妙に寂しさがつのる光景だったわ。

 

地方の田舎はいつかほんとにこうなる。。。

誰もいなくなる。がらんどうの田舎。

1年間の東京圏への流入人口は15万人だそう。2019年の数字。

20代30代が大半。

例えば、私の住んでいる市は人口10万人。

地方の市、ひとつ分を超える人口が東京圏に移動する。

 

毎年、市ひとつ分の人口が東京圏に吸い上げられていく。

市から人が消えていく。

東京圏は若い人たちで賑やかになり、地方では人が住んでいない町が増えていく。

寒々しい現実だ。

そのことを象徴するようなシーンだった。

 

 

さて、次回は新たな事件が勃発。

 

風呂光の冴える推理が見られるかな。

なんといっても、整の居場所を探し当てた推理力はすばらしかったから。

活躍をもっと見たいわ。

整の推理ともども、たのしみにしてる。

 

しかし、整、やっぱり部屋でマフラーしてるな。。。。

カレーばっかり作ってるし。

そして、ヘアアイロンには大笑いしたよ。。。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

 

| | コメント (0)

2022年1月25日 (火)

お正月番組&年忘れにっぽんの歌

いまさらだけど、アップし忘れてた記事を。

 

🎀

 

今年はほとんどお正月番組を見てない。

毎年、バラエティの総集編みたいなのがあって、それを見てるんだけれど。

 

バス旅とか、一軒家とか、バイク旅とか。

 

そういうのはもう今年はないのかな?と思っていたら、こんなところにポツンと一軒家の総集編が3日にあった。

 

この番組は母も好きで、普段も見てるそう。

 

 

ものすごく長時間やっていて、その間、ほぼ5分おきにCMが流れた。

まだスポンサーのCMならわかるけど、夜に放送する新作の番宣多し。

 

もう鬼のように流すのね。新作の番宣。

 

 

私はぼんやりとしか見てなかったけど。

 

番組が好きな母は、CMばかりでシンドイ……と言い出した。

 

 

あれだけ流して、じゃあ、新作を見たのかといえば、私も母も見てない。

 

録画して後でみるにしても、CMスキップするためにリモコンを手から離せない状態になるよ。(笑)

 

母はいつの間にかテレビを切って、YouTubeへ。

大好きな和牛の漫才を見て笑ってた。

お気に入りは「旅館の仲居さん」。めちゃめちゃおもしろい。

 

漫才では、やすきよが一番好きなんだって。

 

 

今年は、紅白もまったく見てない。

というより、CSのドラマ一挙放送とYouTubeを見てた。

こんな年末年始は始めてだったな。。。

 

 

母は、テレビ大阪(テレビ東京)の年忘れにっぽんの歌をずっと見ていたらしい。

 

元日はずっとその話ばかりしてた。ずぅ~~っと。

あの人も出てた、この人も出てたって。歌が良かったわあ~と。

名前が出てこなくて、朝からずっと連想ゲームに付き合った。

 

「あの、ほら、あの人よ? ああ、違う、違う、あの人よ。ほらあ~~」

「だから誰なのよ~~」

連想ゲームは多岐におよび、私の生まれる前の歌手のことまで出されて。

「絶対に知らん!!!知るわけない!!」とお正月から盛り上がる。。。(笑)

 

 

話を聞いていると、現在、元気でおられる有名歌手がほとんど全員が出演されてたみたい。

紅白を卒業した有名演歌歌手もいっぱい。

 

こっちの方が超・超・超豪華!!!!

なつかしの大ヒット曲のオンパレード!!!

 

 

年配の人たちはもうこっちを見るのが、年末恒例イベントになってるんじゃないかな。

 

 

知らないうちに、年忘れにっぽんの歌が異常に勢力を伸ばしていたのね。

そのことに驚いた新年だった。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2022年1月18日 (火)

ミステリと言う勿れ 第2話感想

うそ~~、まじか!!!

来週に続く、だって。

続きが早く見たいわあ~~。

 

 

今回は風呂光が大活躍だったね。

 

彼女がひとりで、連続殺人の捜査。

その過程で久能が拉致されていることに気づき。。

拉致されている場所まで突き止めるという流れが、スパ~~ッと一直線で鳥肌がたったわ。

 

 

よく、捜査中の連続殺人と、久能らの拉致事件をつなげたなと。

キレイにつながったなと。

 

しかも、男社会で委縮してしまっている風呂光が。

 

ビックリするくらい刑事の素質があるじゃない。。。。

たくさんの刑事が捜査してるのに。

 

で、青砥は風呂光の能力を引き出したのね。

 

 

いやあ~~、風呂光がんばれ!!!

 

 

毎回、いろんな持論を展開する久能だけれど、今回、一番心に残ったのはイジメの話。

 

どうしてイジメられてる方が逃げないといけないんでしょう?

どうして被害者側に逃げさせるんだろう?

病んでて恥ずかしくて問題があるのは加害者の方なのに。

 

あいつにいじめられたよ。

あいつ、病んでるかも知れないから、カウンセリング受けさせてやってよって、みんなが簡単に言えるようになればいいのに。

そういう考え方にみんながなればいいと思う。

 

ほんとにそのとおり。

言われてみれば、そのとおりなんだな。

なぜ、加害者を放置する方向でみんなが考えていたんだろう。。。

 

 

それと、元カレが大陸へ行った話。

 

これ、すごくおもしろい。

私とおなじ考えだわ。

社会のどんなことにも、コツコツと仕事をする人がいるから、みんなが安全に便利に過ごせてる。

 

山奥で完全自給自足をやってる人だってそうだと思うよ。

 

そこで暮らしていられるのは、みんなが秩序を守っているから。

平和に生活できるようにみんなひとりひとりが平和を守っているから。

 

日本が日本じゃなくなったら、自給自足ができない世の中になるよ。

山奥で完全自給自足なんてしてられなくなる。

誰かが日本を守ってくれてるから、自給自足もしていられる。

 

だから、自給自足でも秩序を守って、秩序を守るみんなとつながってる。

 

常々そう思ってる。

 

 

久能は初回で首元に傷があったよね。

「苦しいことを薄めるために、より悪いことを望むのはまずいです。

それがどうなっていくのか僕は知ってるので」

 

なにか過去があるんだろうなあ。

 

 

「どう怒っていいのかわからない人は、何が正しいかもわからない。

だから俺はせいぜい怒ろうと思います。

どうぞ、あなたも」

 

これは熊田の言葉。

ここは久能と熊田の連係プレー。

 

あなたはもっと怒っていいんだよ。

追い込まれて耐えすぎてる、もっと怒れっていうエール。

 

 

熊田って何物なんだろう…。

 

はじめ永山瑛太さんだって気づかなかったわ。

髪型でものすごく印象が変わる。

久能のあこがれの髪型。。。

 

 

初回の池本の妻とか、今回の柏めぐみとか、現状に虐げられてる女性が登場するなあ。

耐えている女性にエールを送ってるのかな。

風呂光はそこを抜けていきそうだね。

 

とにかく、大活躍。

青砥にも認められたから、刑事として捜査に参加できそう。

 

 

さて、連続殺人の犯人は誰なんだろう。

ああ、来週が楽しみだわ。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

2008年冬ドラマ 2008年夏ドラマ 2008年春ドラマ 2008年秋ドラマ 2009年冬ドラマ 2009年夏ドラマ 2009年春ドラマ 2009年秋ドラマ 2010年冬ドラマ 2010年夏ドラマ 2010年春ドラマ 2010年秋ドラマ 2011年冬ドラマ 2011年夏ドラマ 2011年春ドラマ 2011年秋ドラマ 2012年冬ドラマ 2012年夏ドラマ 2012年春ドラマ 2012年秋ドラマ 2013年冬ドラマ 2013年夏ドラマ 2013年春ドラマ 2013年秋ドラマ 2014年冬ドラマ 2014年夏ドラマ 2014年春ドラマ 2014年秋ドラマ 2015年冬ドラマ 2015年夏ドラマ 2015年春ドラマ 2015年秋ドラマ 2016年冬ドラマ 2016年夏ドラマ 2016年春ドラマ 2016年秋ドラマ 2017年冬ドラマ 2017年夏ドラマ 2017年春ドラマ 2017年秋ドラマ 2018年冬ドラマ 2018年夏ドラマ 2018年春ドラマ 2018年秋ドラマ 2019年冬ドラマ 2019年夏ドラマ 2019年春ドラマ 2019年秋ドラマ 2020年12月コロナ総括 2020年冬ドラマ 2020年春ドラマ 2021年冬ドラマ 2021年夏ドラマ 2021年春ドラマ 2021年秋ドラマ 2022年冬ドラマ&テレビのこと 2022年夏ドラマ&テレビのこと 2022年春ドラマ&テレビのこと 2022年秋ドラマ OSAKAの一大事 おいしいプロポーズ おすすめ映画 おせん きなこ庵テレビ通信 きなこ庵ドラマ通信 きなこ庵日記 どらま(2007年秋以降) ぴんとこな【2013・夏】 アンフェア ガリレオ グルメ・クッキング ゴンゾウ~伝説の刑事~ スシ王子 セクシーボイスアンドロボ チェイス~国税査察官~ ドラマ三昧(アメリカ、韓国など) ハゲタカ ブラッディ・マンデイ ホタルノヒカリ メイちゃんの執事 モップガール ライアーゲーム 一人で行ってみよう!2007 健康&グルメ 凡庸な私が日々思うこと 山田太郎ものがたり 心と体 拝啓、父上様 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 時効警察 書籍・雑誌 歌姫 気になるCM 漫画・映画・小説・エンタメなど 真田丸 花ざかりの君たちへ 花より男子 華麗なる一族 関西のテレビ 関西の場所 音楽 魔王 鹿男あをによし 龍馬伝 2時間&スペシャルドラマ