2020年9月14日 (月)

MIU404 第10、最終回11話の感想 

菅田将暉さんがこんなにガッツリ登場するなんて、予想外だったわ。

 

得体のしれない久住という人物を怪演してたね。

 

テロが仕掛けられたと大騒ぎした10話の最後が一番盛り上がったね。

 

 

最初の方は、伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)の活躍がメインだと思っていたけど。

 

見終わってみると、桔梗(麻生久美子)のキャリアウーマンとしての覚悟とか、底力とか、悲哀とか、しっかり描かれていたし。

叩き上げの刑事、陣馬(橋本じゅん)とキャリアの新米刑事、九重(岡田健史)が打ち解けていく様子も丁寧に描かれていて良かった。

 

九重が成長して人間味あふれる刑事になっていくところも良かったわ。

 

そして、最後は。

 

九重は出世して別部署へ。

桔梗はネットで顔を知られてしまったということで機動捜査隊から異動して、所轄の署長に。

 

伊吹と志摩は、なぜかMIU404のまま。

相変わらずバディを組んでた。

 

これは、続編があるかもしれないね。

アンナチュラルも続編つくってほしいし、こちらも。

 

たのしみが増えたなあ。

 

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第7,8,9話感想

8話。

 


伊吹(綾野剛)の恩人である元蒲郡刑事(小日向文世)が捜査線上に浮かんできて。

 

志摩(星野源)は伊吹の自宅を訪ねて、説得するのね。

 

直感の鋭いお前はもうとっくに気づいてるんだろう?って。

 

他愛のない話から、次第に蒲郡の疑惑へと話が移っていくところ。

 

どんどん伊吹の表情がこわばっていくのね。

 

ここ、すごかったよ。

 

惹きつけられた。

 

最後は感情爆発。

 

 

「腐っていた高校生だった自分を引き上げて、希望を持たせてくれたんだよ!


刑事へと導いてくれた恩人なんだよ!!」と。

 

 

その人の犯罪は絶望しかないよね。

 

自分がいながら、止められなかった。

 

それが最大の後悔。

 

「お前は機動捜査隊に異動してきたばかりで、忙しくて気にかけてる余裕なんてなかっただろ」

 

志摩はそう言ってくれるけど。。。

 

どの時だったら、防げた?という伊吹は後悔の沼に沈んでいく。。。

 

 

ちなみに刈谷役の酒向芳さん。


ケイゾクの続編サーガに出演してたよん。

 

 

9話は、麦(黒川智花)のお話。

 


エトリに命を狙われていた麦。

 

居場所をつきとめたら、賞金1千万。

 

高校生成川(鈴鹿央士)は「麦は詐欺師だ」と聞かされたため、罪悪感もあまりなく、麦を罠にかけ、エトリに引き渡してしまう。

 

 

伊吹と志摩は、絶対に救う!!

最悪の結果になる前に防ぐっ!と、麦の行方を必死に探す。。。

 

 

エトリの車を、警察車両で連携して追跡して、

「(エトリの車はもう)目の前だよっっ!!!」と発破をかける桔梗(麻生久美子)。

 

めっちゃカッコ良かったわ。

 

 

ふたたび、登場の久住(菅田将暉)、エトリの配下にいるのかと思ったら、エトリを爆死させてた。

 

ドローンで。

これからはこんな殺害方法もあるんだなとおもったわ。

 

 

久住、次回は本格的に絡んできそう。

 

そして、そして。

 

アンナチュラルの舞台であるUDIラボが出てきたよ。

松重さんと飯尾さんが登場。

 

こういうコラボ、好きだわ~。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

コンフィデンスマンJP

【 2020年7月放送 】

 

ウィキで調べると、連続ドラマは全10話。

2018年春ドラマ、フジテレビ月9。

その1年後、2019年5月にスペシャルドラマ運勢編。

同時期に映画ロマンス編が公開。

現在、2020年7月、映画第2弾プリンス編が公開中。

 

そして、関西地方では連ドラをこの間、再放送。平日午後4時放送。

映画ロマンス編も放送されたので、ここんところ、コンフェデンスマンJP祭り!

 

続いて運勢編も放送。

でもこれが、関西では深夜2時すぎ!!!

お昼に放送すればいいじゃない?

なぜ、深夜2時すぎなのよ???

 

丑三つ時じゃない!

 

 

連ドラ、放送していた時はノーチェックだった。

それで、再放送の今、2,3本をまとめて見ていってるんだけど。

結構、ギッチリ詰まった騙しあいのドラマなので、気が抜けない。

 

さらに、長澤まさみさんのグー子のテンションが高くて、疲れてしまう。(笑)

 

まあ、徐々に慣れてきて、4話あたりからあのテンションでないと、盛り上がらないようになってしまった。(笑)

 

中でも、5話、6話あたりから、とてもシックリ味わいのあるお話になってきて、大好きになった。

 

ちょっとした固定観念をひっくり返すことって、快感につながるのね。

 

 

脚本は古沢良太さん。

リーガルハイの脚本家さんなんだと知り、いろいろと合点がいったよ。

堺雅人さんは長澤まさみさんなんだね。

 

 

そして、映画ロマンス編。

こちらはもう壮大な騙しあい。

ほんとおもしろかった。

 

それにしても、長澤まさみさんは美しいわ。

 

これから、深夜に放送された運勢編をおいおいに見ていくよ。

 

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

MIU404 第5、6話感想

【 2020年7月放送 】

 

 

5話は外国人留学生のお話。

日本の人口が減少していることも考えると、すごく閉塞感があって、途方にくれてしまう。

 

新しい制度がはじまり、そこに活路を見出すベトナム人女性。

前向きな感じで終わって良かったわ。

 

このお話でも闇に落とされた男性が暴走してた。

このドラマの特徴なのかもしれないね。

 

 

 

6話は志摩の過去話だった。

 

人も自分も信用できなくなった出来事が明かされる。

 

伊吹(綾野剛)は、志摩(星野源)の過去を知りたいと九重(岡田健史)と一緒に、陣馬(橋本じゅん)や桔梗(麻生久美子)から聞き出すのね。

 

志摩は、元相棒、香坂(村上虹郎)の不審死に関して責任を感じてた。

自分の冷たい態度に、香坂が絶望して自殺したのではないかと…。

 

「あの時、声をかけていたら。

もっと前に俺があいつの異変に気付いていたら。

何度も何度も何度も後悔した。

 

スイッチはいつでもあった。

でも、現実の俺はそれを無視した。全部見ないふりをした」

 

1話から後悔して苦しむ人たちを描いてきてたのは、このためだったのかな。

 

事件と対峙したとき、志摩は彼らの苦しみが、ブーメランみたいに自分に刺さってきたと言ってたね。

 

 

志摩の苦しみは、伊吹が一区切りつけてくれた。

伊吹は志摩の過去にこだわり続け、その熱意を聞いて桔梗が打ち明けてくれた。

 

「(いろんな縁が重なって志摩の相棒になることになった)

一個、一個、一個。

全部がスイッチで、全部が人生。

一個、一個あきらめたくないの。

志摩と全力で走るのに必要なんですよ」

 

そのこだわりのおかげで、香坂の死の真相がわかった志摩。

 

「おまえの相棒が伊吹みたいなやつだったら…。

生きてやり直せたのになあ」

 

香坂の遺体が発見された場所に座り込んで、語りかける志摩。

 

 

今回は、泣けた。

警察官として最後まで動いた香坂。

その死に志摩は関係なかった。

でも、後悔は一生、、、。

 

だから、志摩はもうどんな時でも相棒の電話を無視しない。

スイッチを見逃さないようにしてるんだね。

 

泣けたよ。

 

それにしても、香坂を陥れた女性。

怖かったね。ちょっとホラーちっくだった。

 

そして、ここで九重と陣馬にも絆が生まれるのよ。


これも、良かった。

 

九重「……俺なら志摩さんに(自分のミスを)言えたかな…。

自分が使えないやつだって、認めるのは怖いですよ」

 

そういう新人刑事の九重に、ベテラン班長の陣場は彼の胸倉をつかんで言い聞かせる。

 

「間違いも、失敗も、言えるようになれ!

バーンって、あけっぴろげによ!

最初から裸だったら、なんだってできるよ!!」

 

めちゃめちゃいい言葉だったので、思わずメモったよ。

 

チームみんな、味わい出てきた。

もう後半に突入だけれど、とてもいいドラマだと思う。

 

それで、それで。

この6話では、香坂の解剖を担当したのが、アンナチュラルのミコトだったみたい。

「検体者記録」という極秘資料に、「執刀医 三澄ミコト」って書いてあったらしい。

全然、気づかなかったわ。

みんな、チラッと映った資料の内容まできっちりチェックしてるのね。

 

このドラマのスタッフはアンナチュラルの人たち。

まさかのコラボ、もっとあればいいなあ。

 

アンナチュラルの続編も待っているよお~。

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

MIU404 第3、4話感想

【 2020年7月放送 】

 

 

ドラマ、おもしろいんだけど、読み方が。

見ていない人は、なかなかとっつきにくいと思うの。

みゅう、よんまるよん。

 

 

3話は、イタズラの110番で、警察を振り回した高校生たちの話。

ほんと、警察を舐めるんじゃないよって思ってしまったわ。

でも、見事なしっぺ返しに遭って。

高校生のひとりが無茶苦茶泣いて謝っていたわね。

あれがなかったら、納得できなかったわ。

 

 

この回、ゲストが岡崎体育さんと菅田将暉さん。

なんとも豪華な。。。

 

岡崎さんは「僕はどこから」以来の犯罪者の役。

一度、普通の役をしてるところを見たい。

 

菅田さんは、これはこの先の回でもう一度、登場しそうなカンジだったんだけど。。。

あんな無邪気な顔して、若者を闇の世界に誘い込むなんて怖いね。

 

 

4話のゲストは、ミムラさん。

いえ、2年前に改名されて、美村里江(みむらりえ)さんになったのね。

全然知らなかった。

 

彼女も闇の世界に引きずり込まれてた。

3話からのこの流れ、この先、なにかあるのかな。。。

 

 

ラスト。

犯人逮捕の時、犯人の持つ銃口を自分の額につけて、撃ってみろと煽る志摩。

伊吹は咄嗟に拳銃を蹴り上げ、犯人を逮捕するけど…。

 

伊吹は志摩の行動に本気で腹をたてる。

 

伊吹と志摩のやりとりに注目。

 

伊吹「お前の本性が死にたいヤツだったなんてなあ。

あんな真似、二度とするんじゃねえぞ!」

 

志摩「…合点承知の助」

 

伊吹「全然、響いてないんだけど!」

 

これ、逆じゃないのよ。

天真爛漫な伊吹が、しっかり者の志摩に注意してるの。

意外にも破滅型は志摩の方だったってことなのね。

 

 

次回は5,6話の感想を書くね!

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

MIU404 第1、2話感想

【 2020年7月放送 】

 

読み方はミュウ ヨンマルヨン。

舞台は警視庁刑事部第4機動捜査隊。

MIUは、機動捜査隊の頭文字。404はふたりを指すコールサインだそう。

本来はない4番目の機動捜査隊。

警視庁の働き方改革の一環で作られた架空の臨時部隊だそう。

初動捜査のプロで24時間のタイムリミットの中で事件解決を目指すらしい。

 

 

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がバディを組んで、捜査。

とにかく伊吹はカンが鋭いのね。

手懸りをつかむのが早い。

あと、運動神経も抜群。

野生児のような、天真爛漫さ。

 

志摩はルールを重んじるタイプなので、枠からはずれる伊吹を引き戻す役割。

でも、この野生のカンは最初から一目を置いていて、捜査に取り入れていくのね。

イライラして、最後なんて感情にまかせて、伊吹を殴ってたけど。。。

 

初回はカースタントがすごかった。

逃走する犯人の車の前に回り込んで車を止めるなんて…。

思わずカッコいい。。。と。

車は大破してて、もったいなかったけど。

 

捜査車両を一台ダメにしてしまったことで、2話は張り込み用に使っているメロンパン販売のかわいらしい車に乗ることになるのね。

イヤだ~イヤだ~と言いつつ、ふたりはまたしっかり犯人をみつけ、後をつけることに。

 

けどね。

かわいらしい車で、犯人の車を尾行するって。

しかもわけあって10メートル以内の距離を保って。

いくらなんでも犯人にバレるでしょ?

 

バレないわけがない。

ツッコミ満載の2話だった。

なぜ、仲間の連携で途中から車を変えたりしなかったんだろう。

ラストはまたメロンパン販売の車に戻って帰るって展開にしたらよかったのに。

 

 

でも、1話も2話も、本筋のお話はとても良かった。

志摩も伊吹の奔放さに慣れてきたし。

 

見ている視聴者も慣れてきたわ。(笑)

 

軽いのかなと思いきや、意外にも熱血で、やさしいしね。

認知症のおばあさんをずっと心配してたり、犯人の心情にも寄り添うし。。。

血の通ったあったかさがあるの。

 

 

問題は志摩の方かも。

「自分も他人も信用しない」と言い放って、距離を置いているから。

 

 

2話の話は、あの夫婦の後悔がとても伝わってきたわ。

その後悔のせいで、犯人を息子のように扱ってしまう。

切ないね。。。

 

伊吹も志摩もそういうところ、察する能力が高いみたい。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

未満警察 ミッドナイトランナー 

【 2020年7月放送 】

 

実は、放送を延期していたドラマがはじまり、録画をリアルタイムに近い形で見ているのはこのドラマだけ。

もうね。とても気楽に見られるので好き。

 

 

本間(中島健人)と一ノ瀬(平野紫耀)は、警察学校の学生。

警察学校を舞台なんだけど、事件に巻き込まれて、学校で学んだ知識を駆使し、捜査して事件解決に導くのね。

 

教官の目を盗んで、コソコソ捜査するんだけれど、結局は事件解決。

結果オーライで許される。

毎回そんなカンジ。

 

2話くらいだったか、拉致された女性を救うために、現場に乗り込んでいくんだけれど。

その前に、自分達は弱いからと、学校で教わった戦い方をしっかり身につけて活かそうとするのね。

 

こんなに身につく状況はないなあ~と思って見ていたわ。

 

この回はヒール役が加藤雅也さんだったの。

ほんと最強、極悪のヒール役を熱演してた。

 

徐々に、本間は推理得意。一ノ瀬は体力勝負っていう役割分担もはっきりしてきて、ほかの同期の仲間も出番が多くなってたのしくなってきたよ。

キャラもはっきりしてきたしね。

 

私としては、教官の片野(伊勢谷友介)と及川(吉瀬美智子)の存在に注目。

あと、柳田(原田泰造)の存在も。

若者もいいけど、大人もいなきゃあねえ。

若者と大人のバランスがいいわ。

 

片野はプロファイリング得意で、優秀な刑事だったらしいけど、現役をはなれ教官に。

同期の柳田はそれが不満で、現役復帰を願ってる。

 

本間や一ノ瀬と組んで本格的に捜査に加わってきたらおもしろいのに。

最終回にかけてそうなっていきそうね。

 

 

それにしても、中島健人さんも平野紫耀さんも演技の場数踏んできてる気がする。

ぎこちなさがまったくなくて、俳優としてできあがってる感じがビシバシ。

ドラマを見るたび、すごいなと思ってるのよね。。。

 

キンプリって最近デビューしたグループだと思ってたんだけど。

すでに10年くらいやってそうな落ち着き方だわ。

 

平野さんは平日毎朝、日テレのZIPのコーナーに出てるよね。

関西では、すまたんを放送してるけど、東京の放送のZIPに切り替わると、平野さんが出てくるの。

こちらの平野さんはとても初々しい。。。

 

ドラマに出ると、親しみがわいて顔もおぼえやすいわあ。。。

ZIPも見ようという気になったよ。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

特捜9 最終回感想

【 2020年7月22日放送 】

 

特捜9、終了。

国木田(中村梅雀)は過去の事件のことで、自分の捜査方法を悔いていたのね。

それで、捜査には参加せず、距離を置いて見守ってた。

 

最終回では、その過去の事件と向き合い、謝罪の気持ちを表せた。

 

その後、辞表を出すものの…。

以前の部下が、責任を取るには犯人を捕まえ続けること、みたいなことを言い残していて、思いとどまるのね。

 

それにしても、この以前の部下がとても優秀な人だった。

殺されてしまったけれど。。。

 

ラストは。。。

やはり遅ればせながら、歓迎会をしようという浅輪(井ノ原快彦)に、珍しくにこやかにその申し出を承諾する国木田。

 

え?そんな表情しちゃうの?

歓迎会に参加しちゃうの?

心境が変化しちゃったの?

 

なら、自分たちも行っちゃうよお~ってカンジで、つられて笑顔になるメンバー。

 

なんとも、さわやかで良かったわ。(笑)

気持ちよく終わった最終回だった。

 

 

国木田がどんな風に捜査に関わるのか。

笑顔がまったくない班長から、笑顔だらけの班長になるのか。

 

私としては、ニコニコ梅雀さんが好きなんだけど。(笑)

 

次のシーズンも楽しみ!

 

 

さて、次、この時間枠は、刑事7人。

あの独特の音楽がとっても好き。

刑事7人のテーマ曲。

 

また、はじまるね。

 

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

探偵・由利麟太郎 第4話&第5話最終回感想 

【 2020年7月14日放送 】

 

由利麟太郎、探偵モノとして、とてもおもしろかった。

クラシックな雰囲気を漂わせていて、京都にピッタリ。

これが、ゴシックホラーっていう分野なのかしら。

雰囲気を存分に楽しませてもらったわ。

 

5話で終わるのはもったいない。

 

ただ、4,5話は、登場人物が多すぎて、散漫な印象だった。

真相はどうなのか、迷路のような展開をたどっていくのが大変だった。

 

 

一番、大事なさくらの人物像が丁寧に描かれていなかったので、彼女の哀しさがよく伝わらない。

突然、精神が破綻しつつあったと言われても…。

 

千恵子もなぜ、あんなに変装して動き回っていたのか。その必要があったのか。

由利がやたらと、探偵の素養があると言ってたけど、最後まで???だったし。

さくらに変装するとか、男装するとか、必要だったのか。。。

 

若手舞台女優としての活躍が描かれていないので、最後に由利がファンだったと聞いても、ピンとこないし。

恋愛をにおわせているんなら、伏線がすこしは欲しかったし。。。

 

 

土屋と志賀。

雨宮と小野。

こちらは、役割がかぶっていて、ひとりに整理できたのでは?と思ったり。。。

 

私だけがこんな感想なのか、ほかの人も同じなのか、私がどこかいろいろ見落としているのか。。。

原作を読んでいないので、もやもやが募る…。

 

それでも、千恵子の件が片付いた後の全体の推理部分は、由利らしくて見入ってしまったわ。

三津木もどんどん観察眼が鋭くなっていって、育ってるわあ~ってカンジ。

 

 

吉川晃司さんの主演ドラマって初めて見たかも。

長いコートが似合っていて、アクションのキレもめちゃめちゃいいの。

とにかくカッコ良かった。

刑事モノやってほしい。

あの無表情をいかすならSPモノなんてピッタリかも。

 

 

吉川さんが辛口で、甘さの一切ないルックスなので、甘さあふれる志尊淳さんとのコンビはバッチリだった。

 

横溝正史原作なので、豪華版スペシャルで復活させてほしい。

スペシャルなら、お正月とかいいな。

 

 

最後にエピソードとして一番好きだったのは2話。

か弱いヒロインが昭和のドラマを思い起こさせてくれて。

懐かしい気分に浸れたわ。。。

しかも、ネットで連れて行かれた場所を特定するなんて今風。

昭和風と現代の合わせ技がたのしめた。

 

 

そうそう!!

9話では、大阪の中之島公会堂がロケ地となってたよ。

ちょっとだけだったけれど。

 

なかなか素敵な場所をチョイスしてくれて、うれしかった。

カンテレさんだからか。。。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

特捜9 最終回前の9話

【 2020年7月15日放送 】

 

今週、続々と延期になっていた新作ドラマの放送がはじまってる。。。

で、私。

続々と見逃してる。。。

石原さとみちゃんのドラマ、1話録画できてなかったし…。(泣)

 

 

ところで、特捜9が新展開。

 

新しく班長として加わった国木田(中村梅雀)が、やっとメンバーと絡み始めたの!

 

やっとだよ~。

 

3話あたりで、仲良くなるのかと思っていたのに、最終回までひっぱったよ。 

 

ここまで、メンバーは、新班長にどう接していいのかわからず、触らぬ神に祟りなし状態だったの。

 

浅輪などは、フレンドリーな性格だから、話しかけていこうとするんだけれど。

国木田が、徹底して、メンバーと距離を置いて、トゲトゲしてるのね。

仲良くなっちゃあ、いけないと言い聞かせているみたいな。

 

 

それが、9話で、真っ向から対立。

あの温和な浅輪までもが猛抗議するという…。

それも、大声で怒鳴ってたよ。

 

 

次回最終回は、国木田の過去がようやく明らかにされるみたい。

メンバーとしっくりいくようになるのか、それとも…。

 

注目の最終回。

 

その前の9話も要チェック。

いまなら、無料配信してるので、9話見て、最終回を見よう~!

 

 

そして、特捜9に続いては、「刑事7人」が放送開始。

こちらも、楽しみだわ。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、あなたの想像以上に励みになります(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

2008年冬ドラマ 2008年夏ドラマ 2008年春ドラマ 2008年秋ドラマ 2009年冬ドラマ 2009年夏ドラマ 2009年春ドラマ 2009年秋ドラマ 2010年冬ドラマ 2010年夏ドラマ 2010年春ドラマ 2010年秋ドラマ 2011年冬ドラマ 2011年夏ドラマ 2011年春ドラマ 2011年秋ドラマ 2012年冬ドラマ 2012年夏ドラマ 2012年春ドラマ 2012年秋ドラマ 2013年冬ドラマ 2013年夏ドラマ 2013年春ドラマ 2013年秋ドラマ 2014年冬ドラマ 2014年夏ドラマ 2014年春ドラマ 2014年秋ドラマ 2015年冬ドラマ 2015年夏ドラマ 2015年春ドラマ 2015年秋ドラマ 2016年冬ドラマ 2016年夏ドラマ 2016年春ドラマ 2016年秋ドラマ 2017年冬ドラマ 2017年夏ドラマ 2017年春ドラマ 2017年秋ドラマ 2018年冬ドラマ 2018年夏ドラマ 2018年春ドラマ 2018年秋ドラマ 2019年冬ドラマ 2019年夏ドラマ 2019年春ドラマ 2019年秋ドラマ 2020年冬ドラマ 2020年春ドラマ OSAKAの一大事 おいしいプロポーズ おすすめ映画 おせん きなこ庵テレビ通信 きなこ庵ドラマ通信 きなこ庵日記 どらま(2007年秋以降) ぴんとこな【2013・夏】 アンフェア ガリレオ グルメ・クッキング ゴンゾウ~伝説の刑事~ スシ王子 セクシーボイスアンドロボ チェイス~国税査察官~ ドラマ三昧(アメリカ、韓国など) ハゲタカ ブラッディ・マンデイ ホタルノヒカリ メイちゃんの執事 モップガール ライアーゲーム 一人で行ってみよう!2007 健康&グルメ 凡庸な私が日々思うこと 山田太郎ものがたり 心と体 拝啓、父上様 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 時効警察 書籍・雑誌 歌姫 気になるCM 漫画・映画・小説・エンタメなど 真田丸 花ざかりの君たちへ 花より男子 華麗なる一族 関西のテレビ 関西の場所 音楽 魔王 鹿男あをによし 龍馬伝 2時間&スペシャルドラマ