2024年4月25日 (木)

ゴキブリホイホイの季節になってきた~。

ゴキブリが怖いの。。。

生きてるのを見かけたら、もう夜も眠れない。

 

なので、毎年、5月のGWに、ゴキキャップとゴキブリホイホイを家中に設置する。

 

毎年恒例。

 

しかし。

 

ゴキキャップはいいけど、ゴキブリホイホイは、設置した途端、ゴキブリが入る前にいつも私が踏んづけてしまう。

 

なぜか。

 

なぜか、踏んづけてしまう。

 

踏んづけて、ホイホイの粘着物がスリッパや靴下に張り付いて、私がホイホイの捕獲物の第一号になってしまう。

 

ダアアアア~~~~~!!!!と唸っただけで、言葉も出ない。

 

設置してすぐなので、足から引きはがすだけで終わるけれど。。。

 

 

これが梅雨くらいになると、

 

ギャアアアア~~~~~!!!!と悲鳴に変わり…。

 

中にゴキブリがいるんじゃないの?踏んでるんじゃないの???

 

慌てて、その場から逃げようとするけれど、どこに逃げても足にホイホイがついてくるぅ~~~。

 

という風になってしまう。

 

踏んづけたゴキブリを想像しそうになるのを打ち消して、泣きながら、ホイホイからスリッパや靴下を引きはがす。

 

幸い、今まで一度もゴキブリが入っていたことはない。。。。

でも踏んづけた直後はそんなの説得力もない。。。

 

 

ホイホイは使わない方がいいのかもしれない…。

でも、ずいぶん前に買いだめしたものがあるし。。。

あの組み立てて、設置するのが地味にたのしい。

レトロでなんか好きだし。

 

 

ゴキブリが入っていても、遠くから確認して、マジックハンドでつまんで捨てればいいので、意外にも手間いらずだし。

いや、まだ入っていたことはないけど。

 

ゴキキャップはとても効果があるけれど、うちの家の場合はほぼ即死で巣まで帰って仲間まで全滅してくれない。

 

この即死されるのも怖い。

なんか黒いのがある、アレじゃない?

なんで、巣まで帰ってくれないの?なんで即死してるの?となる。

 

見たくないし、回収できないし。

マジックハンドでもアレそのものを挟むのは死んでても怖いし。

 

今は母が寝込んでいても、これだけは回収してくれるんで助かってる。

毎年、ほとんど見かけないので、ゴキキャップもホイホイも保険的な意味で設置してるんだけど。

 

 

しかし、ホイホイ。

 

去年5月に設置したホイホイを昨日また踏んづけてしまった。

これで5回目。

 

すでにホイホイの形をしておらず、板のようにひしゃげてしまっている。。。

ホイホイには窓があって、そこから粘着シートが露出してるのね。

粘着力はまだまだ健在で。

 

泣きながら、引きはがしたわ。。。

 

大掃除とか、掃除してる時によく廊下の真ん中に飛び出していて事件が起こる。

 

 

 

それにしても。

ホイホイ。

踏まれ続けて、ちょっと気の毒になる。

 

私ばっかり捕まえて、ホイホイだって本領発揮できずに文句を言いたいところだろう。。。

 

 

| | コメント (0)

2024年4月16日 (火)

ミニマリストにはなれないみたい。

ミニマリスト…意味はちゃんと知らないけど。

断捨離して家もメンタルもスッキリさせてシンプルに生きようとする人って感じかな。

勝手な解釈…。

 

 

この1月から家の整理に精を出してた。

大体、例年、春めいてきた3月ごろから私の活動期に入ってくるんだけれど。

今年は転倒でろっ骨を痛めて年末に大掃除ができなかった分、年明けから掃除、整理整頓モードになった。

 

 

しかも、母の1週間の入院で、拍車がかかり、主に母が管理していた場所を整理整頓、この機会に何があるのかを把握した。

 

それと、私の管理している場所の断捨離。

といっても、バンバン捨てるわけではなく、あらたな収納スペースを確保するために使っていないものを整理したくらい。

 

 

なので、この4か月、これは捨てようか、いや置いておこうかと悩むことが多かった。

 

せっかく購入したのに、捨てる必要なんてないよね。

でも、使わないまま10年経ってるよなあ~と。

 

モヤモヤ。。。。

 

この悩むことが意外にストレスになる。(笑)

 

 

なぜ、もう使わないのに置いておきたいんだろう…。

 

ずっと考えていたんだけれど、多分、こうなんだ。

 

たとえ見えない押し入れの奥にあっても、長い時間を重ねて、家に馴染んでしまってる。

それを捨てることは、家を構成してるものをその場所からもぎとってしまうような喪失感を感じてしまうから。

 

だから、置いておいてもいいじゃないかと思ってしまう。

 

たくさんのものと一緒に年を重ねていて、その景色の中で自分の心のバランスを取っているような気もする。

ものがあることも、自分の心にとって大事なことなのかもしれない。

 

 

そして、さらにこう思う。

 

 

どうせ、私が死んだら、この家も古いので取り壊され、家の中のものも根こそぎ廃棄される。

あれも、これもすべて廃棄。

 

今、捨てようが、先になって廃棄されようが同じことじゃないか、と。

 

 

自分がそういう喪失感を抱きつつ、馴染みのものや家具をゴミとして出す必要はないのかもしれないと。

捨てるという行為には罪悪感もついてまわる。

 

 

そういうのは自分の死後に放り投げてしまってもいいんじゃないかと。

 

自分には馴染みのものであって、自分以外の他者にはそんな馴染みはない。

大事なものも他者にとってはゴミにしか見えない、そんなもの。

 

終活してキレイにしようが、ゴッチャにしてようが、業者さんにとってはゴミが多いか少ないかの違いだけだしね。

 

それで、もうストレスを貯めるようなことは考えず、このままでいいやとなった。

 

2か月ほど、考えて断捨離の徹底は断念。

その後は、新しいものを入れるスペースを確保するために、使わない古いものをチョコチョコと捨てる、を繰り返してる。

 

 

当初、YouTubeでミニマリストさんたちの動画をよく見ていて、シンプルに生きようとバンバン捨てている姿を見て、自分でもやってみようとしたけど、私には向いてないという結論に達した。

 

 

そういえば、ミニマリストさんが実家に出向き、親のものを断捨離する動画が結構あるけれど。

親の終活を手伝うというコンセプトで。

 

娘にバンバン物を捨てられて泣きだす親御さんがいて。

 

私もどちらかというとこの親御さんのタイプだなと思った次第。(笑)

 

 

ミニマリスト、ちょっとあこがれもあったけど、私なんて凡庸なんでこんなもん。。。

 

家も私もゆっくり古くなっていく……それでいい。

 

 

それにしても、整理整頓が長引いてる。

もう今年は一年、ずっとこんな調子で過ごしてしまうのかもしれない。

 

| | コメント (0)

2024年4月14日 (日)

クリスマスローズチャレンジ第13弾 プラカップに植えたクリロー

クリロー栽培3年目。

ずっと根腐れでダメにしているので、小さいサイズのクリローを透明プラカップに入れて、横から根の様子をみようと実験中。

 

しかし、透明なんだけれど、藻が発生してちょっと中身が見えにくい。

葉はワシワシ育ってる。

なので、成長のいいものをちょっとひっくり返して、根鉢の様子を見てみた。

 

すると。。。

まったく根がまわってなくて、ごっそり土が下に落ちた。

しかも、白い根の中に、腐って黒くなった根もあり…。

 

根腐れも起こしてた!!!

それで、黒くなった根を取り除き、ひと回り小さな鉢に植え替えた。

 

なんてこった。

 

プラカップだって、3号深鉢くらいなのに、2号くらいの深鉢に植えるなんて。

それから、しばらく軒に入れて、乾かし気味に水管理。

ワシワシの葉にはあまりダメージなく、元気にしてる。

 

 

今年に入って、隔日くらいで雨が降ってるから、ちょっといくらなんでも雨が多かったかな。

しかし、5号鉢くらいのクリローはそのまま、雨ざらし。

 

過去ないくらい、とっても、元気。

めっちゃくちゃ大きく育ってる。

 

雨風にあてるっていうのは、大きく育てるポイントではあるみたい。

 

 

プラカップのクリロー。

これがね、根鉢を見たら、根腐れがあったのよねえ。

わからないもんだよね。

1712031803946287764320645581394

 

| | コメント (0)

2024年4月13日 (土)

オステオスペルマム

今年はオステオスペルマムを爆買い。

気づいたら10品種くらいになってた。

 

 

園芸ユーチューバーさんたちによると、夏越し冬越しできて、しかも春と秋にお花を見られるらしい。

そう聞いては買わない手はないと次々と購入。

 

最近は花の色も多くて、選ぶのも楽しい。

 

一部だけれど紹介。

17116002043889169489370689091136

↑一番のお気に入り

 

↓赤と深い赤、同色のバーベナと寄植え予定

1711600249215511269662569861478

 

↓人気の薄紫系

1711600273037306406037517624089317116002890902607094084823875122

 

↓マスカレードという名前で咲き進むと色変わりするらしい

1711600307288819115761168906564817116003397005227156491959393276

 

もうかわいいなぁ。

 

植え替えしたので株への負担を減らすため、お花を少し落とした。

ちょっとまだ寂しい感じ。

 

去年は猛暑のため、ペチュニアの梅雨越し&夏越しが難しかったので、ペチュニアは減らして、オステオスペルマムに期待してる。

 

 

ペチュニアってお花が薄いので、雨に弱い。

だからって軒に入れていると、ハダニがついたり病気になってしまう。

水枯れにも弱いし。

私にとっては、栽培がちょっと難しい。

 

その点、オステオスペルマムはそこまで気をつかわずにすむみたいだし。

昨年、一鉢あったオステオが知らないうちに元気に冬越ししてたんで我が家の環境にも合うんだろう。(笑)

 

 

もちろん、ペチュニアも数株は購入するけれど、高温多湿に強い品種を厳選するつもり。

 

そろそろ、春ですなぁ。

庭のパンジー・ビオラは今、満開。

癒やされる。。。

 

 

| | コメント (0)

2024年4月12日 (金)

プチ介護 帯状疱疹後神経痛について

母が帯状疱疹になって、2か月半。

肌にできた炎症は2週間ほどで治り、カサブタも取れ順調に回復。

 

でも、帯状疱疹って、肌表面の炎症がなくなっても、ずっと神経痛が残ることがあるらしい。

 

調べてみると、3割の人が3か月くらい痛みが続くらしく、それを超えて長引く人もいるらしい。

日々飲んでいる鎮痛剤などの薬の多さにちょっとドン引きする。

 

 

脊椎圧迫骨折の痛みはもうないそうなので、いまは帯状疱疹後神経痛の痛みだけ。

日々、痛みが薄れていくのを待ってるんだけれど、母に言わせるとなかなか薄れないらしい。

鎮痛剤は効かず、夜も眠れないそう。

 

 

起きると薬のせいで、足下がふらつくらしく、寝てることが多い生活になってる。

ただ、寝てると体力は衰えていくし、ずっと痛みを気にして暗い気分になるし、あまり良いことはないのも事実。

 

それで思い切って、地元の病院に、痛み外来がある大きな病院を紹介してもらいブロック注射をした。

 

そこまで痛みの軽減には至ってないみたいだけれど。

痛みの治療はこれで終わり。

あとは、痛みを飼いならして、つきあっていくことになる。

 

 

それにしても、大きな病院にやってくる患者さんの多さに驚く。

地元の病院も待合に患者さんがビッチリ座っていてるけれど、こちらもすごい。

 

各診療科の前にも人がいっぱいで、その後の会計待ちの人たちがいるロビーでも人で埋め尽くされている。

毎回、圧倒されて帰ってくる。。。。

 

診察に時間がかかるのは仕方ないけれど、会計やお薬はもうちょっと時間がかからないようにならないかな。

ノーストレスになるといいなあ。

 

 

そんなこんなの4月。

| | コメント (0)

2024年3月29日 (金)

プチ介護、今度は入院…。

昨年7月から、母が2度続けて、転倒。

治ってきて畑仕事まで復帰できていたのに、再びの脊椎圧迫骨折に、母も私も落胆。。。

 

その私も12月に転倒してろっ骨に棒が刺さってプチ療養。

これは結構、怖かった。

ろっ骨が動いて、中の臓器に痛みが走ったから…。

でも、そこまでひどいものではなかったので、運動を控える程度で様子見。

 

 

1月には復活して、年末にできなかった大掃除と整理整頓をやってた。

ああ、でも整理整頓はまだまだ続く……。

 

 

母も徐々に日常生活に復帰していたんだけれど……。

 

1月に入って突然、帯状疱疹に。

 

それで緊急に1週間入院。

帰宅して再び療養生活に。

 

帯状疱疹自体は治ったけれど、その後、神経痛が残ってしまって相当痛いらしい。

 

日常生活は普通にしてください、でないと筋肉が衰えていくからとお医者さんから言われているんだけれど、痛みがひどくて、一日中寝込んでる。

 

足腰を使わないと、どんどん筋肉が落ちて、足がふらつく、また転倒するといけないから動かない、足腰が衰える。。。

という悪循環。

 

できるだけ、動いた方がいいと思いつつ。。。

怪我や骨折だったら治り具合がわかるけれど、こういう神経痛って本人にしかわからないので、痛みを察するのは難しいもんだなと感じる毎日。

 

 

なので、私のプチ介護生活は昨年の7月からずっと続いてる。

母が入院中は、家中をひっくり返しての整理整頓をやってた。

 

埃がたっても、音が大きくても気にしなくていいので、ガタガタと。。。

 

プチ介護生活はもうすぐ1年。。。

結構、シンドイ。

| | コメント (0)

2024年3月15日 (金)

初春に気になり出すのは観葉植物

年のはじめにもう植物を増やさないぞと決めたのに、やっぱり気になりだす。

 

それは春の訪れをビンビン感じてしまうから。

 

1月、2月と、低血圧で体温があがらなくて、気分も低空飛行していたけれど、、、。

さすがに、気温がふわっと緩く上がってくると、ふわふわと気分も軽くなってくる。。。

 

そうすると、例年観葉植物から欲しくなる。。。

今年はサンセベリア。

 

ふと、自分のコレクションを見まわしてみると、2年続けて冬越しできてるサンセベリアをみつけたの。

 

あれ?意外と寒さに強いのかな。。。。

そう思うと、種類を増やしたくなったの。

 

私のコレクションのサンセベリア達はすべて100均のもの。

冬には、冬越しのため完全に水を切っているので、シワシワ。

 

それでも、生気を保っていて、暖かくなってきて水やりを開始したら、ふっくらとしてきそう。

 

最近の住宅は気密性が高いので、水切りをする必要はないそうだけれど、我が家は昭和の家。

隙間風が結構、入ってきて、しかもあちらこちらでそよそよと吹いてる。

 

 

一度、どこから吹いているのか探したんだけれど、ありすぎてどうにもならない状況だった。

部屋で座っていて、風が吹いてるってねえ~。

 

しかも、あまり暖房をつけないので、寒いまま。

 

そんな環境でも生きているんだから、サンセベリアは増やしたくなるというもの。

他にもフィカス系やモンステラも強かった。

モンステラなんて、1年目なのに、冬なのに、葉っぱを出して暴れてる。

 

今年は暖冬のせいか、結構うまく冬越しできてるので、うれしい限り。

寒さに弱そうなものは、我が家で一番暖かいリビングに移動させるという安全策もとってこれが大正解だった。

 

サンセベリア、ローレンティだけでなく、背の低いやつやら、お箸のようなのやら、手の平のようなのやら、ちょっと各種我が家にお迎えした。

 

寒い季節なのにねえ。

水を切って、春を待ってる。。。。

| | コメント (0)

クリスマスローズチャレンジ第12弾。実験中のクリローの様子

10月ころから始めた実験。

 

クリローの小さな苗をプラカップに植えて、根の様子を観察するというもの。

 

それから、4か月。

 

 

どうなったかというと。。。

 

 

 

プラカップに植えたのは、ほどんど成長なし。

透明の側面にも、ほどんど根が見えない。

 

ガ~ン こんなことってあるの????

根が展開してないなんて。。。

 

 

秋から冬にかけてだけれど、あまりに成長しなさすぎじゃない???

 

 

水はけがいいので、始終土は乾いてる。

根腐れが怖いので、すべて軒に入れて、水具合はコントロールしてる。

 

4か月たったのに、こんなに根が張らないものなのか…。

 

 

このまま、夏をむかえたら、そりゃあ、体力がなくて夏越しできずに枯れる…よねえ。

 

 

どうしたもんか…。

 

それで以前から思っていた疑問が本格的にちらつきだした。。。。

 

水はけが良い土にすると肥料などの栄養が根回りに留まらないのでは?と。

 

液肥はあっという間に鉢底から抜けてしまうし。。。

 

粒状の肥料は特に問題で。

粒から溶け出した肥料分も液肥同様、あっという間に鉢底から抜けてしまう。

しかも、根腐れを警戒して、水やりの回数が少ないので、水に溶けだす回数も少ない。。。

私の場合は、週に1度くらい、水をやる感じ。

 

余談だけれど、IB化成などは1か月で粒を交換しなさいと袋に書いてあるのね。

でも私のように月4回くらいの水やりですべての肥料分が溶け出してるとは思えなくて、これも疑問だったのね。

 

 

話はもどって、要するに、

肥料がまったく効いてないのでは???????という疑惑が持ち上がった。

 

そう言えば…。

 

 

クリローの生産者さんたちも、クリローを育てているガーデナーさんたちも、誰もずっと軒で育てろとは言ってないのね。。。

鉢植えも。花が咲いてきたら、軒にいれて鑑賞しているだろうけれど。。。

 

生産者さんがハウスで育てているのを見て、勝手に軒管理をしなきゃあと思い込んでいたのかもしれない。

普通に育てる分には外に出してるんじゃないかと。

元々、地植えOKのお花だし。。。。

 

 

 

私は根腐れが怖いので、なんの疑問も感じずに、すべて軒で管理してた。

私の作り出した環境が、クリローにとっては結構過酷なものだったのかもしれない。

水は少ないわ、肥料も少ないわと。

 

 

それで1月半ばから、プラカップのクリローをすべて庭の方へ出して、雨に当てるようにしてみた。

1か月経過した今のところ、根腐れなし、病気なし。

 

少し葉数が多くなってきた。

 

根は……これがあまり見えない。

 

プラカップの側面を根がグルグルに巻いてるのを想像してるんだけれど、根はない状態。

 

しかも、このプラカップ。

透明で横から根の様子が見えると思いきや、緑のコケ?藻?がついてしまって、中身が見えにくい。。。。

 

 

透明容器にもこんな欠点があったのね…。

う~~ん。

 

続いて観察していく。

プラカップの小さなクリローは今年は株を大きくする段階なので、これで大きくなってくれるといいなあ~と見守ってる。

 

 

| | コメント (0)

クリスマスローズチャレンジ第11弾 3年目開始!ちょっと実験も

現在3月なので、大幅に更新が遅れました。

 

10月が植え替え適期ということで、夏越しできた苗を植え替え。

根をチェックして、根腐れしてる部分を取り除いて新しい用土に植え替えた。

 

 

そして、新しく購入した苗も。根をほぐして用土を落とし、新しい用土に植え替え。

花付きのものでないので、容赦なく、ザクザクと根をほぐした。

 

 

それでちょっと。

小さな苗はちょっと実験してみることにした。

 

 

なぜかというと、今年も夏越しにいくつも失敗したのね。

根を見てみると、黒く腐ってボロボロ状態。

 

 

でも、正直、水やりは相当気にしていたの。

もう相当。

 

カラカラになって萎れる寸前でお水をあげるという感じ。

しかも、花や茎にはかからないようと気をつかっていたし。

用土だって、これ以上はないくらい水はけの良いものにしてる。

 

 

これで、根腐れという結果になったことに納得がいってないのね。(笑)

なので、自分の水管理の状態を把握するために実験をすることにしたの。

 

 

それは。。。

100均の大きい透明カップに穴を多めにあけて、そこにクリローを植えるというもの。

これだと、土の乾き具合も横から丸見えだし、根の状態もわかる。

 

対象は3号ポット以下に入っていた小さい苗。

成長が早くてカップ内で根が張りすぎて夏までもたないことになってしまうかもしれないけど、まあ、やってみる。

 

 

それで、水やりのタイミングなどを掴めればいいなと考えてる。

自分の住んでいる地域の梅雨の多湿と真夏の高温が、植物の根にどんな影響を与えるのかも見てみたい。。。

 

そして、今年も5号鉢クラスのクリローを5株ほど購入。

 

それから、1月から咲くレンテンローズ、オリエンタリス系というのかな。それも複数。

実験にも使用。

メリクロン苗と実生苗も。

 

 

今年は地植えもと思っていたけれど、今のところはまだ鉢植えのまま。

 

さあ、3年目のチャレンジ。

 

はじまってまあ~す。。。

 

 

| | コメント (0)

2024年3月 3日 (日)

静電気の日

今日は一日、ずっと静電気に悩まされた。

髪が逆だって、直しても直しても、髪が顔に張り付いて、大変だった。

これなに?

何が起こってるの?

前髪を切っても、さらに上の髪や横の髪が顔に張り付くし。

なんなの?

髪先が刺激して、顔がかゆいし、目もかゆいし、髪で前が見えないし。

ずっと、あ〜う〜が〜って呻いてたよ。

お風呂に入ってやっと落ち着いた。


なんという一日。

残ったのは短い芝生のような前髪。

静電気の日の名残り。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2008年冬ドラマ 2008年夏ドラマ 2008年春ドラマ 2008年秋ドラマ 2009年冬ドラマ 2009年夏ドラマ 2009年春ドラマ 2009年秋ドラマ 2010年冬ドラマ 2010年夏ドラマ 2010年春ドラマ 2010年秋ドラマ 2011年冬ドラマ 2011年夏ドラマ 2011年春ドラマ 2011年秋ドラマ 2012年冬ドラマ 2012年夏ドラマ 2012年春ドラマ 2012年秋ドラマ 2013年冬ドラマ 2013年夏ドラマ 2013年春ドラマ 2013年秋ドラマ 2014年冬ドラマ 2014年夏ドラマ 2014年春ドラマ 2014年秋ドラマ 2015年冬ドラマ 2015年夏ドラマ 2015年春ドラマ 2015年秋ドラマ 2016年冬ドラマ 2016年夏ドラマ 2016年春ドラマ 2016年秋ドラマ 2017年冬ドラマ 2017年夏ドラマ 2017年春ドラマ 2017年秋ドラマ 2018年冬ドラマ 2018年夏ドラマ 2018年春ドラマ 2018年秋ドラマ 2019年冬ドラマ 2019年夏ドラマ 2019年春ドラマ 2019年秋ドラマ 2020年12月コロナ総括 2020年冬ドラマ 2020年春ドラマ 2021年冬ドラマ 2021年夏ドラマ 2021年春ドラマ 2021年秋ドラマ 2022年冬ドラマ&テレビのこと 2022年夏ドラマ&テレビのこと 2022年春ドラマ&テレビのこと 2022年秋ドラマ 2023年冬ドラマ 2023年春夏秋冬ドラマ 2024年春ドラマ OSAKAの一大事 おいしいプロポーズ おすすめ映画 おせん きなこ庵テレビ通信 きなこ庵ドラマ通信 きなこ庵日記 どらま(2007年秋以降) ぴんとこな【2013・夏】 アンフェア ガリレオ グルメ・クッキング ゴンゾウ~伝説の刑事~ スシ王子 セクシーボイスアンドロボ チェイス~国税査察官~ ドラマ三昧(アメリカ、韓国など) ハゲタカ ブラッディ・マンデイ ホタルノヒカリ メイちゃんの執事 モップガール ライアーゲーム 一人で行ってみよう!2007 健康&グルメ 凡庸な私が日々思うこと 山田太郎ものがたり 庭と畑 心と体 拝啓、父上様 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 時効警察 書籍・雑誌 歌姫 気になるCM 漫画・映画・小説・エンタメなど 真田丸 花ざかりの君たちへ 花より男子 華麗なる一族 関西のテレビ 関西の場所 音楽 魔王 鹿男あをによし 龍馬伝 2時間&スペシャルドラマ