« シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第6話 | トップページ | シロでもないクロでもない世界で、パンダは笑う。第7話 鬼畜だな…。 »

2020年2月27日 (木)

ハムラアキラ 第5話 黒いうさぎX

 

今回から最終回まで、3話連続のお話。

楽しみだったの!

 

大手ホテルチェーン、タキザワリゾートの会長の娘、美和(田中珠理)が行方不明になる。

父の滝沢喜代志(大鶴義丹)は村木(池田成志)を通して、葉村晶(シシド・カフカ)に捜索を依頼する。

喜代志は3代目。51歳で会長になっており、すでにリタイヤしている様子。

晶が話を聞くと、警察沙汰にはしない、美和の幼馴染である平みちる(井頭愛海)から美和の居場所を聞いて来いと一方的に命令される。

 

どうやら、女性の探偵ならみちるも話すのではないかと考えたみたいね。

あまりの横柄な態度に驚きつつ、晶は依頼を引き受ける。

 

晶はみちると会って話を聞こうとするが、みちるは頑なに拒否。

10年前に離婚して家を出ている母親、辻亜寿美(筒井真理子)はアスミックジュエリーというブランドを立ち上げ、ビジネスに熱中してる。

娘に気が回らない状況。しかも親密なビジネスパートナーがいる。

 

両親、友達の誰もがなにかを隠していて、自分はその周りを堂々巡りさせられている......。

晶は、なかなか美和の実情に迫れず辟易する。

 

そんな折、美和のもう一人の友人、柳瀬アヤ(小野花梨)が殺される。

警察は、近くにいたみちるから事情を聞こうとするが、みちるは晶に助けを求める。

晶が間に入る形で、事情聴取に応じるみちる。

 

質問には答えるが、学校には知らせないというのが条件よとみちる。

それを晶を通して念押しさせるなんて、とてもしっかりした子だわ。

 

 

晶は美和の自宅の部屋でみつけたカードから、美和にはみちる、アヤのほかに、カナという友人もいることに気づく。

 

さらに、家政婦の話では、自分の前にいた明石カヨという女性と美和はとても親しかったらしい。

カヨは小さな子供がいたのに、嫁ぎ先を追い出されたそうで、年の近い美和をとてもかわいがっていたそう。

 

みちる、アヤ、カナ、カヨ。。。。

う~ん、ややこしい。。。

これから、登場してくる人たちも結構いそうね。

 

 

柳瀬アヤ殺人事件で、小島ゆうじが逮捕される。

美和たちが遊びに行くダーツバーをなわばりにしているドラックディーラー。

アヤとゆうじは以前つきあっていたそう。

ふたりが別れ話でもめているとき、美和が間に入って強引に話をつけたそうで…。

美和がゆうじに恨まれている可能性は十分にある。

そのため、ミチルはアヤだけでなく、美和もゆうじに殺されているんじゃないかと心配する……。

でも、晶はそれには否定的。

 

 

その同じとき、警察の事情聴取で、ゆうじは突然、アヤだけでなく美和も殺したと認め、暴れた挙句、自殺してしまう。

「あの女にはめられた」と言い残して。

 

あの女って誰だろうね。。。

 

以後は次回。

 

ところで、晶が女子高生の自宅の部屋で手がかりを探している時、背後にある大きな窓に、美和らしい人影が近づいてきてたね。

まるで、、、貞子のようで……。

 

ええええ~~、今回はホラー?

ホラーなの???

ぶるぶるぶるぶるした私。。。

 

めっちゃ!怖かった~!!

晶もその背後の気配を察知して、ものすごい眉間に皺を寄せて身構えてたし。

 

でも、振り返った時には人気はなし。

あのう、もしや霊感強いのかな?晶って…。

もしそっち系のお話なら、ちょっと覚悟して見なければ。(笑)

 

 

あと、みちる。

なかなかおもしろい子だわ。

パトカーで保護されているとき、ミニトートバッグを頭からかぶって顔を隠してる姿がかわいかった。

「顔、動画で配信されたら、私の人生が終わっちゃうじゃん!」

で、ずっとトートバッグ。また絵柄がおもしろいバッグでねえ~。ふふふ。

 

そして、岡田警視正(間宮祥太朗)。

お坊ちゃまで、超エリートだと晶によって説明されていたけれど。

本人によると、誤解を訂正しなかっただけで、裕福な家庭で育ったわけではないらしい。

 

自分のところに訪ねてくるのは、推理好きで探偵の自分のことをおもしろがっているだけと晶は思ってたんだろうけど。。。

そういう気楽なカンジが私も好きなんだけれど。

実際のところ、岡田の心境はどうなんだろうね。

 

岡田、料亭に行って、お金持ちらしい人と会ってたけど、なんだか不穏な空気だった。

あのお金持ちそうな男性、義理の兄とかじゃないかな。

 

なんだか無理難題でも言われたのか、岡田は珍しく酔っぱらって、晶のところへ。

探偵社の階段のところで、夜風にあたりながら晶の帰りを待ってる。

「酔っぱらってんの?」

岡田をみつけて、妙にやさしく声をかけたなと思っていたら、本屋でミネラルウォーターを1000円で売りつけてた。

 

岡田、なんの疑問もなく、文句も言わず、はいっと素直に千円札を差し出してたね。(笑)

ぼったくってるとそこは文句を言うべきだよね。

しかもすぐに寂しそうに帰っていった。

晶は甘くないわね。全然。(笑)

 

なんか嫌なことがあって、やけ酒飲んで、晶の顔が見たくなったんだろうね。

 

次は第6話「黒いうさぎY」

Xの次はY。

 

たのしみだわ。

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

|

« シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第6話 | トップページ | シロでもないクロでもない世界で、パンダは笑う。第7話 鬼畜だな…。 »

2020年冬ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第6話 | トップページ | シロでもないクロでもない世界で、パンダは笑う。第7話 鬼畜だな…。 »