« 冬ドラマ通信 大体4話までの感想 その2 | トップページ | 絶対零度 第6話 感想 »

2020年2月 9日 (日)

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第4話 パンケーキ王子!!

森島直輝=メンタリストN=飼育員さん=パンケーキ王子!!!

 

出たよ~~。

パンケーキ王子!!!

メンタリストNに飼育員さん、そしてパンケーキ王子!!

どれだけ呼び名があるの?森島。(笑)

 

4話はねえ。

周囲のひとたちに、どんどんふたりの正体がバレていったよ。

ハラハラするわ。。。もう少し、飼育員さんとミスパンダの活躍を見ていたいのに。

 

ではそれを書いていくね。

ちょっと時系列が前後してて、わからないところもあるんだけど。。。

 

3話で森島(横浜流星)は門田(山崎樹範)にレン(清野菜名)は本当のレンじゃないですよね?って聞きに行ったよね。

門田は優秀な森島を相手にして、ごまかしきれず、事情を説明するの。

 

元々門田のところにカウンセラーに通っていたのはレンとリコの母親、川田麻衣子(山口紗弥加)だったのね。

麻衣子は双子の姉妹を連れてきていたけれど、途中からレンのみを連れてくるようになったそう。

リコが第三者と接することを嫌がったのかしらね。麻衣子。

リコは非行に走ってどう扱ってわからないと門田の前では嘆いていたらしい。

でも、レンもリコもまだ13才。非行って…。

 

10年前のある日、旅先で放火され、レンが亡くなってしまう。

けれど、母親は、かわいがっていたレンの死を受け止められずリコをレンと勘違い。

生き残ったリコは門田に自分をレンにしてほしいと懇願する。

 

母親に嫌われていたリコは、レンになれば愛してもらえると思ったのね。

それに母親はレンが生きてると思い込んでいて、リコの居場所はない状況。

 

母親はその1年後に療養施設に入ってる。

生きてるのがリコの方だと気づいて精神のバランスを崩したんだと思う。

 

リコに催眠術でレンの性格や記憶をすりこんだと認めた門田に、森島は、

「精神科医として絶対にしてはいけないことをあなたはした。本当にあの親子のためにしたことなんですか?」と責めるの。

 

「じゃあ、おまえこそ彼女になにをしてるんだ?」と言い返す門田…。

 

なぜそれを知ってるのよ???とツッコミをいれた私…。

 

この後、門田は、大学の構内で取材していた神代から森島とミスパンダが一緒にいたことを聞くのね。

 

門田はミスパンダがレンだと確信したんだろうね。ここで。

門田は、レンに会いに行き、

「森島は君のことなんてなんとも思ってない。利用されているだけだ。もう会ってはいけない」と忠告するけれど…。

 

レンは、「それでもかまわない。役にたててうれしい。好きになってもらえるように努力する」と門田を振り切って、森島のところへ行くのね。

 

すごく前向きでうれしくなった。

初回あたりのレンなら、ここまで前向きじゃないもんね。

 

レンに忠告を聞いてもらえなかった門田は、今度は親代わりの加賀春男(升毅)に「レンがミスパンダだ」と打ち明けてしまう。

 

加賀と一緒にレンと森島を引き離そうと思ってるのかしら?やだわ。門田。

 

加賀佳恵(椿鬼奴)の方は、麻衣子のお見舞いに出かけて、最近レンが明るくなったと報告するの。

「ちょっとリコちゃんを思い出しちゃったわ~」

佳恵は喜んで報告しているんだけれど、麻衣子の表情が凍り付いてた。

母親はやはりリコだと気づいていて、でもレンでいることを暗に強いてるのね。

レンを見殺しにしたリコへの罰だとでも思ってそう。

 

恋は人を強くするね。

レンは森島に対してはすごく素直で前向き。本来の性格が出てきてるみたい。

囲碁喫茶にきてる常連さんたちの前でも「好きになってもらいたい人がいる」と堂々と宣言するし。

囲碁を極めて自信をつけて、告白するつもりかしら。

佳恵が言ってた、そのままで十分愛される子なのにね。

囲碁喫茶では、森島は「パンケーキ王子!」と呼ばれることに。

森島の名前を出すわけにはいかないので佳恵が名づけたの!

 

レンの大事なパンケーキ王子。。。

 

それにしても、あの消極的思考が影をひそめてるのはうれしい。

囲碁の大事な対戦で、相手をおもんばかってわざと負けるなんて、おかしいもんね。

当初、こういう性格をどうにかしたくて、カウンセリングに通ってるカンジだった。

だったら、門田はレンの心境の変化を喜ばないといけないのにね。なにかあるのかしら?

 

そしてそして、あずさのスマホには、「コアラ男」から画像が送られてくる。

3話の森島とレンがハグしてる画像。。。

動揺するわね。過呼吸になってうずくまってたね。

しかも、送り主は、かつて自分を誘拐したコアラ男…かもしれないなんて。

コアラ男という名前で送られてくるということは、あずさの過去の事件を知っている人。

森島らのハグ画像をあずさに送って、なにを企てているのやら。

コアラ男の登場か、佐島パパか。

佐島パパって大臣なのに、大学で着ぐるみ着てるのも、おかしな話だけどね。

 

今回、よかったなあ~と思ったセリフ。

「助けたのはお前のためじゃない。自分のためだ。

人は自分のために他人を助ける。

君も強くなって、今度はおまえが人を助けろ」

 

森島なんだけど、いいなあ~と思ってメモしたよ。

 

今回のお人形を使った腹話術みたいな種明かしシーン。

これは…、やはり読売テレビだけにコナン君にあやかったのかな。(笑)

 

神代(要潤)はとうとう森島をみつけ出し、「飼育員さん」と声をかけたよ。

認めるか、ごまかすか、どうするの?

私としては認めないでしらばっくれてほしいんだけど…。

 

それにしても、飼育員さんはめちゃめちゃカッコ良かったねえ。

飼育員さん、髪をあげてる方が素敵だね。

 

ミスパンダは今回アクションがまったくなかった。

しかも、あの大好きな変身シーンもなかったし。

 

「ぱあ~~んだあ~~~」

笹の葉もって夜空に叫ぶあのシーン、忘れないでほしいわ。

 

次回がほんとに待ち遠しいわ!!

 

 

*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへにほんブログ村

 

 

 

|

« 冬ドラマ通信 大体4話までの感想 その2 | トップページ | 絶対零度 第6話 感想 »

2020年冬ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬ドラマ通信 大体4話までの感想 その2 | トップページ | 絶対零度 第6話 感想 »