« CRISIS~公安機動捜査隊特捜班・第3話 不定期感想 | トップページ | ツバキ文具店・第2話 感想 »

2017年5月 2日 (火)

4号警備・第4話 感想

あらすじ 4月29日放送分(第4話)

 地方の市長選に立候補した典子(伊藤蘭)。無名の新人ながら懸命に選挙活動を行う彼女の陣営に現職側からと思われる嫌がらせが続いていた。朝比奈(窪田正孝)、石丸(北村一輝)、上野(阿部純子)は典子の警護につく。ある日、典子の選挙事務所にトラックが突っ込み、逃走。事務長の甲本(高橋光臣)は「卑劣な手に屈するな」とスタッフを励ます。そんな中、朝比奈はあることに気付く。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

今回のお話はもうちょっと時間が必要だったわ。

駆け足すぎて、典子のキャラや選挙戦という前提に慣れる前にお話が終わってしまった感じ。

もうちょっと前振りが欲しかった。

.

それにしても、典子の陣営にトラックを突っ込ませ、それをネットで拡散させて、現職市長陣営のしわざだと見せかける。

これを典子の側近がやってしまうなんて。。。

.

なぜそんなことをしたのかというと、典子を当選させ、自分の傾いている会社に公共事業をまわしてもらおうと思っていたそう。

.

すごいことをする。

この市長選、当選することは元々なかったのかもしれないけれど、志のある人が周りの失態で引きずりおろされる・・・むなしい話。

典子にとっては、前向きに孤独を乗り越えようとしていたのにツライね。

ただ、政治家には権力がついてくるから、利用しようと計算づくで近づく人も多そう。

脇が甘かったとも言えるのよね。

.

でも、典子は立派。

こんな状態になっても、夢の落とし前をつけると最後まで戦ったんだから。

今後も汚名をきせられたまま。厳しい状況は続きそうだけれど。

.

そんな中で、多くの人からしつこく非難され、食べ物をを投げつけられる典子を体を張って守った朝比奈と石丸と上野。

3人もいろんなものをぶつけられ、ドロドロに。

身辺警護の仕事は大変ですわ。

.

典子との契約が終了し・・・。

.

3人は銭湯へ行って、身綺麗に。

さっぱりしたところで、飲みにいって、泥酔した石丸をおんぶして、背中に吐かれる朝比奈。

これは、もうかわいそうで、かわいそうで。

2度目の銭湯だわ、と。ひとしきり同情した。

石丸ぅぅぅ。

今回、ななめ走りの末に転ぶ姿が愛嬌満点だったけど。

.

それと、上野の一喝はすごかった。

「あんたらみたいな弱い者にしか文句が言えないような人間に私は負けない!

さっさと帰りやがれ!このくそ野郎!」

この言葉もすごかったけど、最後のニラミが一番迫力あったわ。(笑)

嫌がらせにあったトラウマを、軽快に乗り越えていく上野。

朝比奈でなくても、微笑んでしまう。

.

その上野と、派手な女社長が、いい感じでドラマにまってきてる。

.

.

●4号警備

.※過去の記事

第1話 第2話 第3話

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

|

« CRISIS~公安機動捜査隊特捜班・第3話 不定期感想 | トップページ | ツバキ文具店・第2話 感想 »

2017年春ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/65222604

この記事へのトラックバック一覧です: 4号警備・第4話 感想:

« CRISIS~公安機動捜査隊特捜班・第3話 不定期感想 | トップページ | ツバキ文具店・第2話 感想 »