« 視覚探偵 日暮旅人・第4話 感想 | トップページ | 赤の章~警視庁庶務係ヒトミの事件簿・第1話 不定期感想 »

2017年2月26日 (日)

視覚探偵 日暮旅人・第5話 感想

2月19日放送分のあらすじ(第5話) 

榎木(北大路欣也)から、旧友の娘・静香(三吉彩花)が大ファンだというミュージシャン・犬飼(吉田栄作)の捜索依頼が舞い込む。旅人(松坂桃李)は耳が不自由な静香と手話で会話。そして雪路(濱田岳)と亀吉(上田竜也)は、麻薬売買の元締め・リッチー(北村有起哉)と遭遇し、犬飼がその配下の売人だと知る。一方、増子(シシド・カフカ)は、リッチーの配下の別の売人・川村(三浦貴大)の体内から検出されたあるドラッグに注目して…。

【Yahoo!ドラマより】
***************************

.

前回の終わり、旅人は自分を監禁した男が刑事の白石だと気付きましたが、今回は白石が旅人の素性を知ることに。

.

リッチーは警察に麻薬売買の実態を知られるのを恐れ、犬飼の命を狙いますが、増子らに阻止されます。

犬飼は静香の思いに打たれて、やり直すことを決意。

警察にも協力すると言って、逮捕されます。

.

これで、リッチーの組織は一網打尽?

けれど、リッチーの命令で川村がわざと警察に捕まっていることを思い出すと・・・警察の中で犬飼が殺されるってこともある?

川村の伏線が気になりますね。

.

一方、川村の体内から珍しいドラッグ「ロスト」が検出されます。

増子らは20年前にもロストが捜査線上にあがってことを知り、旅人の事件との関りを疑いだします。

この事件に参加した白石はロストの検出に慄然とします。

.

どうやら、過去に自分が関わったドラッグだったようで。。。

白石は増子の捜査資料を盗み見て、大人になった旅人の存在を知ります。

.

「あのガキ、生きてやがったのか」

.

どうやら、白石は20前の事件にかかわりがありそうで、旅人の存在を警戒しはじめます。

.

そんな折、白石の警察署に白石と20年前の事件について指摘する文書が送られてきます。

白石が20年前に暴力団と政治家と組んで誘拐や殺害に関わったとされる内容。

署長は白石を呼び、さっさと自分で処理しろ。公になれば君を処分するゾと突き放します。

.

「山田手帳、ロスト、旅人。

これが表ざたになれば、僕は破滅する。

どの順番で片付けようか」

.

白石は鬼のような形相に。

.

.

この文書、旅人が出してますよね。

復讐が目的なんでしょうけど、白石にプレッシャーをかけてどうしたいのかな。

白石がメインじゃないってこと?

もっと黒幕を引きずり出したいのか・・・。

.

それと、灯衣は前回、陽子に来るなと旅人に接近するのを嫌がっていたのに、静香のことは大歓迎。

ニコニコして、一緒に手巻きずしを食べたりして。

陽子に対する態度とかな~り違いすぎて・・・。

この変わりようはどうなの?って思っちゃいますね。

.

.

●視覚探偵 日暮旅人

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

|

« 視覚探偵 日暮旅人・第4話 感想 | トップページ | 赤の章~警視庁庶務係ヒトミの事件簿・第1話 不定期感想 »

2017年冬ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/64915291

この記事へのトラックバック一覧です: 視覚探偵 日暮旅人・第5話 感想:

« 視覚探偵 日暮旅人・第4話 感想 | トップページ | 赤の章~警視庁庶務係ヒトミの事件簿・第1話 不定期感想 »