« 嘘の戦争・第3話 感想 | トップページ | 嘘の戦争・第5話 感想 »

2017年2月19日 (日)

嘘の戦争・第4話 感想

あらすじ 1月31日放送分(第4話)

  浩一(草なぎ剛)は30年前のOL殺人事件の犯人が国会議員・綾子(ジュディ・オング)の息子・司(森岡豊)らだと突き止める。綾子が二科(市村正親)に事件のもみ消しを依頼したため、浩一の家族が皆殺しにされたのだ。浩一はハルカ(水原希子)を占い師に仕立て、綾子に接近させる。同じ頃、30年前の事件関係者の周辺に「千葉陽一」が出没していると気付いた隆(藤木直人)は、彼の行方を追い、守(大杉漣)の児童養護施設にたどり着く。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

.

綾子は長年、頼ってきた占い師を亡くしていました。

浩一はさっそくそれに目をつけ、ハルカをその占い師の弟子と偽らせ、接近させます。

元々、占いが好きなんでしょうね。

.

綾子は簡単にハルカを信じ、いろいろな相談をしはじめます。

そうするうち、家に国税局の人間が来たことから、隠し財産をどこに隠せばいいかという相談までする綾子。

もちろん国税局職員は浩一の仲間。

綾子はハルカの占いを信じ、いくつかある別荘のひとつにそれを移動。

浩一はそのお金5億円を奪い、すべて寄付していしまいます。

.

一方、息子の司には彼の事業に出資すると見せかけ、事業を拡大させたうえで、他の出資者に悪い噂を流して破たんさせてしまいます。

司は出資法違反で逮捕。

綾子はそのことで議員辞職へと追い込まれます。

.

30年前のことで復讐されたことを知っているので、黙り込むしかない綾子と司・・・。

浩一の復讐が成功しました。

.

.

しかし、数々の事業を失敗させてきたので、浩一の復讐がなくても、こんなことなっていたかもしれない・・・。

ものすごく息子に甘い綾子。

.

.

ところで仁科が、この動きを知り、復讐をしてる関係者全員を殺すと言い出しました。

隆が必至で止める展開に。

1週間の猶予をもらったけれど、頭を抱える隆。

「千葉浩一の復讐であったとしても、彼は誰も殺してはいないんですよ!」

父親の仁科に言っていて、ちょっと隆が気の毒になってしまいました。

.

本来こんな話をする場所にいる人ではないんでしょうに。

.

でもこの父親の仁科は、かなりの武闘派なんですね。

なにもハプニングで仕方なく千葉一家を殺してしまったわけじゃない。

元々、そういう案件を請け負う仕事をしていたんじゃないかな。

そんな気がする。

.

.

●嘘の戦争

※過去の記事

第1話 第2話 第3話

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;; ;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

   

にほんブログ村 テレ

ビブログ テレビドラマへ 

|

« 嘘の戦争・第3話 感想 | トップページ | 嘘の戦争・第5話 感想 »

2017年冬ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/64906000

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘の戦争・第4話 感想:

« 嘘の戦争・第3話 感想 | トップページ | 嘘の戦争・第5話 感想 »