« 増山超能力師事務所・1・2・3話 感想 | トップページ | ドラマ箸休め・明日イッテQ!スペシャル »

2017年1月28日 (土)

視覚探偵 日暮旅人・第1話 感想

1月22日放送分のあらすじ(第1話)

 

 五感のうち唯一残った視覚を駆使して探偵業を営む旅人(松坂桃李)は、相棒・雪路(濱田岳)、血のつながらない娘・灯衣(住田萌乃)と暮らしている。ある日、ヤクザの組長・村山(桐山漣)から金庫破りの犯人捜しを頼まれた旅人に、続いて保育園の園長(木野花)から現在地に移転前の園庭に埋めた「タイムカプセル」を掘り出してほしいと依頼が入る。それは保育士・陽子(多部未華子)らが園児だった20年前に埋めたもので…。

 

【Yahoo!ドラマより】

 

***************************

見ました。

昨年の2時間のパイロット版の続編として始まりました。

でも、1話ではあまりちゃんとスペシャルの時の説明をしてなくて、旅人の状況とかわからないんじゃないかと・・・。

もしかして、1話放送前に、スペシャルを再放送したのかしら?

一応、私はスペシャルの内容を織り込んで、感想を書きます。

.

連続ドラマのみを視聴の方は、そこのところ、ご注意を。

.

.

陽子が保育園に通っていたころ、その園で誘拐事件があったそう。

その被害者が旅人。

.

幼い陽子には、その事情は伏せられ、仲良しだった旅人が突然、いなくなり、そのまま姿を消してしまったという記憶があるだけ・・・。

.

当時、旅人のことを先生や大人たちに聞いても答えてもらえず、保育園から旅人の痕跡はすべて消えてしまったそう。

.

陽子にとっては旅人は初恋の人。

陽子は旅人が大事にしていたガラスのキーホルダーを盗ってしまい、謝って返そうと思っていたところで、旅人と二度とあえなくなってしまったそう。

そのガラスのキーホルダーをいまだに大事に肌身離さず持ち歩いています。

.

灯衣(てい)を介して旅人と再会したものの、名前が違うため、彼がその初恋の人だとは気付かない陽子・・・。

.

.

一方、旅人は陽子だと気づいているものの、名乗らず。

それ以上に、自分の正体が陽子に知られないように画策してます。

タイムカプセルにあった陽子のカセットテープの内容を消したり、当時の園児名簿から自分の部分を破り取ったり。

.

どうやら、旅人はある計画を立てていて、まだ自分のことがわからないままにしておきたいようです

旅人・・・誘拐した犯人を捜して復讐したいのか・・・。

.

.

でも、陽子の歌う昔の歌を模様として感じて、「懐かしいな」と涙をこぼす旅人には、なんともいえず、ほっこりしました。

陽子のところへ吸い寄せられるようにたどり着くんですよね。

昔、保育園で陽子と旅人が一緒に歌っていた歌。

.

旅人は誘拐事件でひどい状態で監禁されていたらしく、そのせいで五感のうち視覚のみを残して、すべて機能を停止してしまったそう。

そうなる前の楽しい記憶なんですね。陽子のことも。

.

旅人は視覚の能力が異常に発達して、感情まで模様で見えるということかな・・・。

感情が見えるということでは、旅人に自分の心情はどう映っているのかと、陽子や雪路は落ち込むことも・・・。(笑)

.

それから、灯位は、雪路がお金のために勝手に預かったらしい。

いつか本当の親のところへ行ってしまうのかしら。

.

.

そして、連ドラには新キャラ登場。

あらたに助手となる亀吉(上田竜也)。

日暮と雪路を怪しむ刑事、益子すみれ(シシド・カフカ)と土井潤一(和田聰宏)。

3人とも結構な奇天烈キャラ。

特にすみれがすごい。サイボーグみたいな身体能力。

この3人がうまく馴染んできたら、ドラマは一層おもしろくなりそうです。

.

.

さて、さて、2話がたのしみですね~。

.

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

|

« 増山超能力師事務所・1・2・3話 感想 | トップページ | ドラマ箸休め・明日イッテQ!スペシャル »

2017年冬ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/64820971

この記事へのトラックバック一覧です: 視覚探偵 日暮旅人・第1話 感想:

« 増山超能力師事務所・1・2・3話 感想 | トップページ | ドラマ箸休め・明日イッテQ!スペシャル »