« コピーフェイス・第1話 感想 | トップページ | ドラマ箸休め:お気に入りCM(アマゾン、タウンワーク、創味、東芝、専科) »

2016年11月22日 (火)

スニッファー嗅覚捜査官・第5話 感想

あらすじ 11月19日放送分(第5話)

 

ニュースキャスター・鹿島(原田泰造)の隠し子・洋一(寺田心)が誘拐される。犯人は身代金1億円を要求。さらに、ニュース番組の放送中に隠し子のことを公表しろと告げる。調査を始めた華岡(阿部寛)は現場に残されたにおいから、犯人は肝臓病を患っていると推測する。小向(香川照之)は捜査協力を求めるが、鹿島は隠し子の存在を認めようとはしない。ニュースの開始時間が迫る中、テレビ局に新たな脅迫状が送られてくる。

 

【Yahoo!ドラマより】

 

***************************

犯人は、洋一のベビーシッターとその親戚夫婦でした。

鹿島にテレビで隠し子がいることを告白させたかったのと、親戚の夫婦の病気治療のため、お金が必要になったことが動機。

.

ドラマでは鹿島が洋一を自分の子供だと認めるかどうかに焦点があてられていて、誘拐話はかなり薄い味付けになってました。

.

ニュース番組のキャスターという仕事を得た矢先に、隠し子発覚というスキャンダルを認めるかどうかで葛藤する鹿島。

鹿島は、洋一が自分の子でないと疑ってもいました。

それで、テレビでは隠し子の存在を否定。

.

華岡が飛び入り出演して、洋一と鹿島は同じにおいがする、親子だと断定。

その後は描かれていなかったけれど、多分、隠し子の存在を認めたんでしょうね。

.

無事保護された洋一は、鹿島が自分の存在を否定したことをテレビで見ていて、「お父さんなんていない」と泣き出します。

それを見た鹿島は思わず、抱き寄せ号泣。

.

あの泣いてる姿のかわいいこと。

洋一の涙には、グッときてウルウルしました。

洋一役の寺田心くん、名演技でした。

今回は、寺田心くんにすべてもっていかれた回だったかも。(笑)

.

誘拐についても、鹿島についても、どうも投げっぱなしっていう印象が・・・。

.

ちょっと気になったのは、洋一の母親のこと。

まったく登場しなかったんですが。

鹿島は別の女優と結婚していて、洋一の母親も有名女優らしい。

現在、子供を置いて海外旅行中のその有名女優。

空港には芸能リポーターが大勢詰めかけて質問責めにされるんでしょうね。

ちょっと想像してしまいました。

というか、その有名女優も子供の存在を隠してたのかしら・・・。

.

ところで、華岡の娘、美里が殺人の容疑で警察に逮捕されたました。

次回は華岡が美里の無実を証明するそんなお話になりそう。

彼女・・・高校生なのかな。

大人っぽいから、大学生かな・・・。

.

.

●スニッファー嗅覚捜査官

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 
テレビドラマ
へ

新ドラマQ   ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング ポチッとよろしく!

|

« コピーフェイス・第1話 感想 | トップページ | ドラマ箸休め:お気に入りCM(アマゾン、タウンワーク、創味、東芝、専科) »

2016年秋ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/64529041

この記事へのトラックバック一覧です: スニッファー嗅覚捜査官・第5話 感想:

« コピーフェイス・第1話 感想 | トップページ | ドラマ箸休め:お気に入りCM(アマゾン、タウンワーク、創味、東芝、専科) »