« 重版出来! 第3話 感想 | トップページ | 重版出来! 第5話 感想 »

2016年5月22日 (日)

重版出来! 第4話 感想

5月3日放送分のあらすじ(第4話)

 漫画家を目指す新人が編集部に原稿を 持参し、編集者に見てもらう「持ち込み」。五百旗頭(オダギリジョー) の下で持ち込みへの対応を学んだ心(黒木華)は、独り立ちを許され、新 人発掘に意気込む。そんな折、バイブスは「漫画同人誌即売会」会場で‘ 出張マンガ編集部’を開催。心はそこで、絵は下手だが個性的で引き込ま れる作品の中田(永山絢斗)と、完成度の高い画力を誇る就職活動中の女 子大生・絹(高月彩良)と出会う。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

今回は新人発掘!が描かれました。

.

お話が頭に浮かんできて、それを絵にしていくのだけれど、次々と浮かびすぎて絵がおいつかないという中田。

お話作りで悩むなんてありえないというタイプ。

.

漫画の見せ方、カット割は最初から身についているそうなので、中田みたいなタイプは画力をあげていけばいいみたい。

中田は自分の漫画を認めてくれたのは心だけ。

だから、心ととことん取り組むようです。

彼がどうなるのか、ほんとに楽しみ。

.

一方、線が美しくて、女性なら飛びついてします画力の持ち主だけれど、お話作りがうまくいかない絹。

絹はネームの書き直しに苦戦して、次第に心を信じられなくなり、安井の別件でのデビュー話に飛び乗ってしまいます。

.

熱心に取り組んできただけに、絹の決断に失恋したような気分になる心。

けれど、安井は新人をつぶす編集者という異名をもっているそう・・・。

絹もつぶされてしまうのか・・・。

.

安井の仕事はベストセラー小説の漫画化。

お話はすでにできているので、必要なのは漫画化した時のネームと画力。

.

自分の作品に行き詰っているのなら、安井の話もいいと思うんですよね。

自分の絵を広く知ってもらえるチャンスだから。

.

絹と心って1、2才しか年が離れていないはず。

アシスタントの先輩からは、心は編集者として新人で、新人漫画家を育てるノウ ハウなんてまだもってないと言われてしまってましたもんね。

そういうことを聞くと、絹が不安な気持ちになるのは仕方ないです。

親から就職しろというプレッシャーもあるし、はやく答えがほしいだろうし。

安井は見るからにベテラン編集者で、そっちに頼ろうと思うでしょうね。

.

ただ、どこにいても、自分でがんばるしかないのかも。

楽な道なんてないのかもしれない。。。。

絹の今後も気になります。

.

こういうお話、ワクワクして好きです。(*^-^)

.

.

●重版出来!

※過去の記事

第1話 第2話 第3話

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 
テレビドラマ
へ

新ドラマQ   ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング ポチッとよろしく!

|

« 重版出来! 第3話 感想 | トップページ | 重版出来! 第5話 感想 »

2016年春ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/63670067

この記事へのトラックバック一覧です: 重版出来! 第4話 感想:

« 重版出来! 第3話 感想 | トップページ | 重版出来! 第5話 感想 »