« 真田丸 第15話「秀吉」 感想 | トップページ | 99.9刑事専門弁護士 第3話 感想 »

2016年5月 6日 (金)

真田丸 第16話「裏表」 感想 

4月24日放送分のあらすじ(第16話)

 秀吉(小日向文世)が景勝(遠藤憲一)に真田への支援を禁じたと知った信繁(堺雅人)は衝撃を受ける。秀吉は信繁を自らの護衛役である馬回衆に加える。信繁は秀吉と行動を共にするうち、秀吉が熱を上げる茶々(竹内結子)に気に入られる。一方、家康(内野聖陽)は、真田攻めの準備を終えようとしていた。昌幸(草刈正雄)は上杉に援軍を求めるが、断られる。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

上杉が先に越後に帰ってしまったことを、信繁は秀吉から聞きます。

さらに、家康の真田攻めに援軍を出さないことを約束したと。

信繁は仰天し、説明を求めますが、秀吉は信繁に大坂で自分の家来になるように命じます。

.

このことを信繁は真田にしらせようとしますが、手紙は石田三成によって握りつぶされてしまいます。

.

秀吉は勝手な戦を禁じていたことから、家康は秀吉に戦をしたい旨の手紙をよこします。

それを知った信繁は、真田攻めを許可しないでほしいと秀吉に頼みますが、秀吉は戦の許可を出してしまいます。

.

.

秀吉も石田三成も、信繁の言葉に沿うように見せかけて、裏で家康に真田攻めの許可を与えてるんですよね。

なんという根性悪。。。\(*`∧´)/

そんな気配はまったく見せず・・・真田を見殺しですか。

相手にされてないんですよね。信繁。

.

がんばれ!信繁。

秀吉相手に、若い信繁がどこまで知恵を絞れるか、です。

.

今のところ、秀吉も、石田三成も、いいところまったくナシですね。

特に秀吉は、女好きで、底知れないくらい腹黒いおじさんに見える。

茶々も今からもう息苦しさが出てきてます。

.

.

一方、信濃の真田一族も、秀吉、家康サイドの動きがほぼすべて把握できています。

情報を集めてきたのではなく、動きを読んでいるんですが。

上杉から援軍を断られ、真田だけで家康を迎え撃つんでしょうか。

.

今回印象に残ったのは、秀吉の弟、羽柴秀長のセリフ。

「我ら一族は、兄についてあっという間に、ここまで駆け上ってしまった。

生まれながらの大名はひとりもいない。

心がついてきていないのだ。

誰もが身の丈からはずれた地位と暮らしの中で溺れかけている。

それが今の大坂城だ。

すべてが身の丈に合っていない」

.

15話と今回で、大坂城の中の様子がわかりました。

新しい武将たちも出揃いました。.

.

.

●真田丸

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 
テレビドラマ
へ

新ドラマQ   ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング ポチッとよろしく!

|

« 真田丸 第15話「秀吉」 感想 | トップページ | 99.9刑事専門弁護士 第3話 感想 »

2016年春ドラマ」カテゴリの記事

真田丸」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/63590907

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第16話「裏表」 感想 :

« 真田丸 第15話「秀吉」 感想 | トップページ | 99.9刑事専門弁護士 第3話 感想 »