« 99.9 - 刑事専門弁護士 - 第1話感想 | トップページ | 重版出来!第1話 感想 »

2016年5月 2日 (月)

99.9 - 刑事専門弁護士 -第2話感想

4月24日放送分のあらすじ(第2話)

 深山(松本潤)たちは殺人で起訴された山下(風間俊介)と面会。山下はダイニングバーで騒いでいた木内(岡山天音)という男を注意して恨みを買い、もみ合いの末に相手のナイフを奪って刺殺してしまったという。佐田(香川照之)は山下の主張する「正当防衛」の立証に挑むが、深山は彼の証言に不審な点を感じ、彩乃(榮倉奈々)らと独自に捜査を進める。そんな中、事務所には、佐田が担当していた大口のクライアントが現れる。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

初回より断然おもしろかったです。

こなれてきたというか、おもしろさが確立されてきました。(ちょっとえらそう)

キャラもたってきたし。

.

深山ですが、かなりエキセントリックな人みたい。

わりと得体の知れない人になってきました。(笑)

正当防衛を説明するために、佐田の目の前で壁に頭をぶつけて出血させたり、その血を見て気絶したり。

佐田は目の前で起こったことにドン引きで、何をやるかわからないから、彩乃に深山のそばにいろと指示していました。

長年の相棒、明石から見たら、普通のことのようですが、私もかなりビックリしましたよお。

.

あと、料理へのこだわりも異常。

手間をかけて、丁寧に作った料理は最高~♪と、自分の腕にも相当自信があるようです。

.

時折のおやじギャグは絶望的に笑えない。

ただ、ひとりだけウケているのが佐田なんですよね。

思わず吹き出して、まわりを見回したら、誰も笑ってない。

とっさに自分の笑顔をもみ消す…そんなことが何度も。

その仕草がなんともチャーミング。(笑)

明石の趣味にも魅かれているようで、深山&明石コンビとかなり親和性があるみたい。

.

所長の斑目は、かなりのタヌキおやじです。

今回の事件を持ち込んだのは、契約している会社のライバル社からの依頼を受けたくて、その会社の関連の事件を佐田や深山に担当させたようです。

何かボロが出てくれば、それをつついて、ライバル社に乗り換えようという魂胆。

.

佐田や深山なら、必ず真相にたどりついて、自分の想い通りの結論を持って来てくれると、信頼していたんでしょう。

.

トップにたつには、これくらいのタヌキおやじでないとダメなのかなと思ってみてました。

.

「後ろにパスを出しても、ボールは誰かが前にすすめていくんだ」

.

ラグビー好きの斑目の言葉。

今回のように事務所に不利に働くような案件でも、終わってみたら、新しい顧客をつかんでいてプラスになってる、この言葉のとおりです。

あんな横暴な会社とは契約を解消して、別の会社と組んだ方がいいですもんね。

.

かなりの名言だったと思うんですが・・・。(* ̄ー ̄*)

.

.

● 99.9 - 刑事専門弁護士 -

※過去の記事

第1話

.

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*

◆また、来てくださいね。ありがとうございました◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 
テレビドラマ
へ

新ドラマQ   ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング ポチッとよろしく!

|

« 99.9 - 刑事専門弁護士 - 第1話感想 | トップページ | 重版出来!第1話 感想 »

2016年春ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/63559629

この記事へのトラックバック一覧です: 99.9 - 刑事専門弁護士 -第2話感想:

« 99.9 - 刑事専門弁護士 - 第1話感想 | トップページ | 重版出来!第1話 感想 »