« サイレーン 第9話最終回 感想 | トップページ | イヴの夜ですね~。。。 »

2015年12月23日 (水)

無痛 第10話最終回 感想

あらすじ 12月16日放送分(第10話)【最終回】

早瀬(伊藤淳史)が為頼(西島秀俊)の目の前で、イバラ(中村蒼)を撃った。川に落ちて生死不明のイバラの行方を警察は追う。為頼は早瀬を非難する一方、早瀬にイバラを殺すよう仕向けたのは白神(伊藤英明)だと断言。そして、白神がイバラに投薬して凶暴性を増大させ、一連の犯行に至るよう操っていたと説明する。驚く早瀬は、殺された石川一家と白神の接点を探ることに。そんな中、姿を消していた白神が為頼を呼び出す。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

.

最終回、見ました。ちょっと混乱ぎみです・・・。

このドラマは、肉体的苦痛と精神的苦痛の両方が描かれてきて、最後は肉体的苦痛の方が放り出された感じ。

無痛研究はどうなったんだろう?と気になりました。

いくら痛みも自分のものだからと思ったとしても、病気での肉体的苦痛の緩和は大切なことで、もう少し何か欲しかった。。。

.

結局、最後の最後で、残された人たちの精神的な痛みに焦点をあてたドラマだったのかなと、気づく私・・・。

前半の為頼や石神の「診える眼」は、後半あまり登場せず、「診える眼」ではのぞくことができない人の心の問題がテーマだったような。

でも、この設定はもっと見たいと思ったし、為頼がサトミの喉を診断したシーンはとても感動しました。

.

.

石神は心臓の病を抱えていたけれど、同じ医師であった弟が海外の山で遭難し、心肺停止状態になったことから、心臓移植を実行。

けれどそのことで、自分が生き延びるために弟の命を奪ってしまったという思いに苦しむことに。

.

そんな時、弟が遭難するきっかけとなった元恋人の新聞記事を発見。

弟は彼女にふられたショックからやけになって登山に参加し遭難した。

その彼女が普通に結婚をして「完璧な家庭」を築いたと自慢している。

「人の心をふみにじって、完璧な幸せを自慢する、そんな人間に報復したかった・・・」

石神は彼女に報復しようと、イバラに狂暴性のある薬を大量投与。彼女とその家族、石川一家を殺害させてしまいました。

.

イバラをうらやましかったという石神。

心の痛みも感じない人間になりたくて、無痛研究に取り組んでいたんですね。

けれど、イバラにもちゃんと感じる心はあって、自分の犯した殺人に苦しみ、石神を道連れにして病院の窓から飛び降りてしまいます。

.

.

石神は、野心家でもっと大きな理想を抱いていると思っていたのに、フタを開けると、過去の報復に囚われ、自滅の道を選んでしまった。

心の中に真逆の人間が存在するみたい。体の中にある弟の心臓を意識して、石神と弟の性格が共存するようになってしまったのかな、なんて妄想してます。

.

.

一方、為頼は、イバラが石神に襲い掛かる瞬間、イバラの顔に犯因症が浮かぶのを見たことから、妻の最期に見た犯因症のワケを察します。

人を殺したいなどと思うはずのない優しい妻の顔に浮かんだ犯因症。

妻は、為頼に殺意を向けるほどの痛みを耐えていたということ。

また、愛する夫を道連れに心中したいと願ったこと。

.

為頼は「俺は妻を失った苦しみを一生抱えて生きていく。

痛みは私だ。それが生きていくってことだ」と決意します。

.

.

事件が解決した後、為頼は義姉との同居を解消して旅立ちます。

これはよく理解できました。

.

大事な人を亡くしたもの同士、その喪失感を埋めるために、癒しの時間が必要で、義姉と家族のように暮らしてきた。

けれど、その段階を終えたということでしょう。

.

為頼がどこか田舎の電車に乗っていて、じっと目を閉じて赤ちゃんの泣き声を聞いているというラストは、すべてを受け入れ前進していくことの象徴のようでした。

.

素敵なラストでした。

義姉との生活はあったかくて、まるで本当の姉弟のような関係。

そして何があっても、とにかく普段と変わらない穏やかな毎日を続けること。

ふたりの食事シーンが繰り返し描かれていたのもそうだと思います。

それで、憔悴した心と体を快復させていっていたんだと思います。

ふたりにとってはそういう時期でした。

.

だから、もう義姉の元に戻って一緒に暮らすことはないかもしれない。

それを十分にわかっていて、普段と変わりなく送り出してあげる義姉の心遣いが泣かせますよね。

あの食卓の風景、大好きでしたけどね。

.

ところで、早瀬。

早瀬は警官は辞めた方がいい。あんなに拳銃振り回してたらダメでしょ。

拳銃やナイフすら持っていない相手に拳銃むけてるって・・・。

いつか人を殺すか、自殺するか・・・そういう結論を選ぶことになると為頼も早瀬もわかっている、そんな別れ方でした。

.

おもしろかったです。

でも最終回はちょっと混乱したので、原作本を読むことにしました。

この年末年始で読んでみたいと思ってます。

.

.

●無痛

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆最後まで読んでくださったんですね。ありがとうございます◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 
テレビドラマ
へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

ポチッとよろしく!

|

« サイレーン 第9話最終回 感想 | トップページ | イヴの夜ですね~。。。 »

2015年秋ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無痛 第10話最終回 感想:

« サイレーン 第9話最終回 感想 | トップページ | イヴの夜ですね~。。。 »