« 掟上今日子の備忘録 第9話 感想 | トップページ | 12月18日橋下市長が退任されました »

2015年12月11日 (金)

無痛 第9話 感想

あらすじ 12月9日放送分(第9話)

 サトミ(浜辺美波)を連れて、イバラ(中村蒼)が病院から逃走。「石川一家殺害事件」がイバラの犯行だったと断定した警察は、2人の行方を追う。一方、白神(伊藤英明)が無痛治療のための薬「ドロール」をイバラに投与していた目的が気になる為頼(西島秀俊)は、白神が無痛治療にのめり込んだ理由を探るべく、その過去を調べ始める。そんな中、早瀬(伊藤淳史)を呼び出した白神が、イバラに対する自身の考えを伝える。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

早瀬。

犯因症が出ると自分でかなりナーバスになっていたのに、どうしてこうもすんなりと白神に操られるのか・・・。

もしかして、ドロールを飲まされた???

.

イバラは薬で狂暴性が増した。

早瀬の方は何も飲まずに操られていたら、ちょっと困った状況じゃない?

無抵抗のイバラを射殺しようとするんだから、やっぱ警察官でいるのは難しいわ。

イバラは多分、生きてると思うけど。

.

.

石川一家殺害事件はイバラの犯行でした。

イバラは白神の研究記録をもちだし、為頼に渡します。

内容を見た為頼は、イバラに大量のドロールを投与して、石川一家を殺害するように仕向けていたのが白神だと気づきます。

警察に行って、このことを説明しようとイバラを説得しますが、イバラは絶望感で打ちひしがれてしまい・・・。

そこへ、イバラを追ってきた早瀬が飛び込んできて、彼を撃ってしまいます。

.

・・・早瀬、まったくためらうことなく撃ってるんですよね。

.

白神がどうしてこんな風にイバラに殺人をさせようとするのか。

根本的にわからないです。。。。

.

それと白神がの秘密があきらかになりました。

白神には2つ下の弟がいて、同じ医師だったんですが、10年前に登山で遭難したそう。

拡張型心筋症を患っていた白神は、その時に弟の心臓を自分に移植したそう。

ただ、それでなぜ無痛の研究をしてるのかがわからない。

弟が熱心に研究していたから、それを引き継いだのかと思ったのだけれど、ちょっとそこを見落としているのかも。

.

ああ、それと前回、どうして無痛症のイバラに無痛治療薬を飲ませるのか、わからないと書きましたが、今回冒頭の会話で疑問解決。

イバラに投与することで、純粋な副作用だけが知ることができるらしい・・・です。

.

.

最後に宮根さん。

宮根さんがゲスト出演。

あれはやめてほしい。

出てきた途端、え?っと頭が混乱して現実に引き戻されてしまった。

それになんだか見てるこちらが恥ずかしいし。思いきり浮いてたせいかな。

なんのつながりで出たのかな?なんて余計なことを考えてしまって、セリフが頭に入らないし・・・。

ドラマもクライマックスにきているので、ほんとやめてほしい。(笑)

.

.

●無痛

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆最後まで読んでくださったんですね。ありがとうございます◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 
テレビドラマ
へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

ポチッとよろしく!

|

« 掟上今日子の備忘録 第9話 感想 | トップページ | 12月18日橋下市長が退任されました »

2015年秋ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無痛 第9話 感想:

« 掟上今日子の備忘録 第9話 感想 | トップページ | 12月18日橋下市長が退任されました »