« 無痛 第5話 感想 | トップページ | 青春探偵ハルヤ 第4話 感想 »

2015年11月 7日 (土)

掟上今日子の備忘録 第4話 感想

あらすじ 10月31日放送分(第4話) 

今日子(新垣結衣)と厄介(岡田将生)は、最後の大仕事に取り掛かるという額縁匠の和久井(山田明郷)から、工房の警備を頼まれる。所有するマンションに、37人の画家の卵を住まわせている和久井は、額縁に入れる絵は、既に住人に発注済みだと話した。警備初日、工房で血まみれになり虫の息の和久井を発見した今日子と厄介は、和久井が犯人をかばっているとにらみ、住人の加賀(入山法子)や陸(高木星来)から話を聞く。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

おおっ!厄介が今日子の相棒に?ワトソンに?

前回から飛躍的に今日子に近づけた厄介。

.

記憶が1日で消えてしまう今日子は1日で解決する事件しか引き受けません。

けれど、今回は前日に絵を破損させるという事件を起こした額縁職人からの依頼。

続いて、事情を知っている2人に自分の警護をしてほしいという。

.

何も覚えていない今日子は、厄介から前日の事件の成り行きなどを聞くことに。

.

そして、一緒に出向いたアトリエ荘では、見事に今日子の助手としての役目を果たします。

いろんな職を転々としてきたため、仕事の基礎的な知識だけは豊富な厄介。

今日子の指示にそってテキパキと動けるんですね。

その上、すこしのヒントで今日子の言いたいことが理解できるようだし。

.

探偵業に命をかける勢いで挑む今日子を、心配する気持ちもあって、厄介は自分を助手にしてほしいと懇願します。

.

「ワトソンは凡人。だから僕だって今日子さんのワトソンになれるはず!」と意を決して自分を売り込む厄介。

今日子はすんなり厄介のことを受け入れたようで、相棒にしてもいいと言ってくれます。

.

厄介にもいい風が吹いてきたようです。

.

確実に今日子に近づけている厄介。

今日子は喫茶店サンドグラスの上のアパルトマンに住んでいることも教えてくれました。

.

アパルトマンの大家もしている絆井は、きっと今日子の過去を知っているんでしょうね。

記憶を失くす前から知っているから、絆井のことは信用してる感じです。

.

1日で記憶がリセットされる人と、継続的につきあうにはどうすればいいのか。

謎でしたが。

前日の事件を持ち越して、同様に関わっていた厄介から情報を入手しないといけないという展開。

これで、昨日から今日へとつながりました。

.

1日ですべてがはじまり、すべてが終わっていたところから、翌日へとつながりができました。

なるほど~と膝ポン状態でした。

.

しかも、依頼人は犯人をかばって非協力的だし、他の人は容疑者に。

この状況では、今日子は厄介に頼らざるを得ないですもんね。

.

さて、相棒になりましたが、翌日、今日子がどんな反応を示すのか。

もうあと数時間で5話。楽しみです。

.

●掟上今日子の備忘録

※過去の記事

第1話 第2話 第3話

.

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆最後まで読んでくださったんですね。ありがとうございます◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 
テレビドラマ
へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

ポチッとよろしく!

|

« 無痛 第5話 感想 | トップページ | 青春探偵ハルヤ 第4話 感想 »

2015年秋ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掟上今日子の備忘録 第4話 感想:

« 無痛 第5話 感想 | トップページ | 青春探偵ハルヤ 第4話 感想 »