« ドラマ箸休め 相棒、孤独のグルメなど | トップページ | 青春探偵ハルヤ 第1話 感想 »

2015年10月19日 (月)

無痛 第2話 感想

あらすじ 10月14日放送分(第2話)

 和枝(浅田美代子)の退院当日、白神(伊藤英明)が為頼(西島秀俊)に院内を案内するという。一方、アパートで住人の山田(有薗芳記)が刺殺され、早瀬(伊藤淳史)が臨場。間もなく、知人の工藤(ジジ・ぶぅ)が犯行を自供し、凶器からも指紋が検出されるが、早瀬は引っ掛かりを覚える。為頼は早瀬から、犯行後の‘犯因症’について聞かれ、数日は残ることが多いと答えた。すると、早瀬が工藤に会ってほしいと言い出す。

【Yahoo!ドラマより】

***************************

どうも刑事モノと思わせて、扱うテーマは医療の深刻な問題のような。

・・・これは軽いドラマではないかも。

.

今回、登場した人物はほとんどが健康保険料が払えなくて、つらい思いをしている人々。

病気になっても病院にいけず、苦しむ子供を我慢させ続ける母。

病気が悪化し、痛みがつらくて自殺を図る高齢者。

そして、治療を受けたくて罪を犯したと偽って刑務所に入ろうとする男。

.

健康保険証は命綱だけれど、保険料が高くて払えない。

誰だって歯車が狂うと、そうなってしまう。

ズシンと来るテーマでした。

.

.

もうひとつのテーマは無痛。

大病院の院長である白神(伊藤英明)が為頼に近づいてきます。

白神は自分も為頼と同じ能力、病状が視診しただけでわかることを告白。

自分の病院を訪れた初診の患者はすべて診て、部下の医師に適切な治療を指示。

無駄な治療をしないように心掛けていると説明します。

.

そして、新しく作る病院の院長を為頼に頼めないかとたずねます。

為頼は迷います。

.

加えて、白神は末期の患者の痛みを取り除く研究をしていると打ち明けます。

痛みで苦しむ患者を多く見てきた為頼はその話に興味を持ちます。

.

白神「…完全なる無痛治療が私の目標。

痛みは人間から生きる希望を奪ってしまう」

.

痛みをコントロールできれば、余生をもっと有意義に過ごせる・・・。

白神の言葉に、為頼の心は揺れているようです。

.

.

●無痛

※過去の記事

第1話

.

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆最後まで読んでくださったんですね。ありがとうございます◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 
テレビドラマ
へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

ポチッとよろしく!

|

« ドラマ箸休め 相棒、孤独のグルメなど | トップページ | 青春探偵ハルヤ 第1話 感想 »

2015年秋ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無痛 第2話 感想:

« ドラマ箸休め 相棒、孤独のグルメなど | トップページ | 青春探偵ハルヤ 第1話 感想 »