« 2015年秋ドラマ、何をみます? | トップページ | 掟上今日子の備忘録 第1話 感想 »

2015年10月 9日 (金)

無痛~診える眼~ 第1話感想

10月7日放送分のあらすじ(第1話) 

町医者の為頼(西島秀俊)は視診しただけで病状や予後が分かるばかりか、犯罪者特有の兆候‘犯因症’を見抜く能力を持つ。ある日、擦れ違った男の顔に犯因症を認めた為頼は、110番通報しながら追跡。男は商店街で人々に切りつけ、為頼の義姉・和枝(浅田美代子)も負傷し、白神(伊藤英明)が院長を務める病院に搬送された。一方、所轄の早瀬(伊藤淳史)は、男が犯行に及ぶ前に為頼が通報してきたことに疑問を抱く。

【Yahoo!ドラマより】

.
***************************

.

初回。おもしろかったです。

.

為頼の能力に気付いた早瀬は、遺体で発見された女性の死因を探ってほしいと、警察署の遺体安置所に連れていきます。

そこで女性の死因が神経ガスによるものだと断定する為頼。

そして、隣りの部屋に住む男がその女性を実験台に使ったことが判明。

今度がその神経ガスで大量殺人を計画している可能性が出てきます。

為頼は、ライブ会場で大勢の客の中から犯人をみつけるため、早瀬の捜査に積極的に協力することに・・・。

.

.

為頼の素朴な感じのキャラに親しみがわきます。

なので、つい早瀬の捜査に巻き込まれていくのを見て心配に・・・。

.

一方、早瀬は人一倍正義感が強くて、犯罪者を憎んでいます。

殺したいくらい。

いえ、犯罪者は殺してもいいと思ってるくらいに。

.

今回、捜査に協力して、為頼はその早瀬の犯因症にも気づいてしまいます。

.

1話ラストで、犯人の顔面に浮かぶ犯因症が、実は刑事の早瀬の顔にも出ていた・・・というオチを見た途端、グッとドラマに惹きつけられました。

.

次が見たい~!!

今後、捜査に巻き込まれつつ、早瀬の犯因症が顔面に浮かび上がるのを警戒するようになっていきそう。

.

ただ、無痛というタイトルとなかなか結びつかない内容でしたよ。

白神の研究が無痛についてらしいですけど、1話ではそれだけ。

.

今後はどうなっていくのかわからないけれど、今のところは刑事モノみたいで私の好きなジャンルです。

.

それと、あの早瀬の所属する課の課長?

あの課長はちょっと。

どうしてあんなに怒鳴ってばかり、机をバンバン叩く、アクの強いキャラなのか・・・。

.

それと、このドラマの中で、唯一のイヤミな役回りの上司がなぜ大阪弁なのか。

大阪弁が悪目立ちしていて、気になりました。

他の人が全員、標準語なので、かなり浮いてましたね。

.

大阪の人もこういう演出を良しとしてるワケじゃないんです。

ちょっと気分悪いなと思いつつ、仕方ないと許容してるだけ。

視聴者の中で快く思ってない人もいるということを、演出の人は少し知っておいてほしいです。

.

ではでは~。

.

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆最後まで読んでくださったんですね。ありがとうございます◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 
テレビドラマ
へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

ポチッとよろしく!

|

« 2015年秋ドラマ、何をみます? | トップページ | 掟上今日子の備忘録 第1話 感想 »

2015年秋ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無痛~診える眼~ 第1話感想:

« 2015年秋ドラマ、何をみます? | トップページ | 掟上今日子の備忘録 第1話 感想 »