« ST 赤と白の捜査ファイル・第8話 | トップページ | ペテロの葬列・第10話 感想 »

2014年9月13日 (土)

ゼロの真実・第8話最終回

どのドラマより早く最終回を迎えました。

8話で終わりですよ。なんと。

驚くような真実が隠されていたというわけではなかったけれど、結末には納得できました。

.

小杉(橋爪功)の話で当時の母親の行動を描きつつ、検死した印田(真矢みき)が心に秘めている真実を最後に披露。

結果的に印田に救われていた真央(武井咲)。

印田は良い先輩だったと。すっきりしました。

.

ただ、真央と印田がすでに8年前、母親の遺体を前にして会っていたことは、伏せられてましたね。

この因縁は初回で明かしていても良かったんじゃないかな。

というか、後だしじゃんけんになるので、最初に提示しておかないといけないのではないかと・・・。

.

.

真央の母親の検案書に、死因がはっきりしない不詳の転落死と記した印田。

印田はご丁寧に遺体検案書を削除して真央が見られないようにしています。

.

真央は屋敷(佐々木蔵之介)に頼んで、警察に保管されてある写真を見せてもらいます。

それで、母親が転落した時の傷から、死因が自殺であったことを突き止めます。

.

8年前、16才で初めて母親と会うために日本へ戻った真央。

その母親は警察の遺体安置所で横たわっている。

遺体を前にしても、本人かどうか確認もできず、ただ泣くばかり。

.

ロビーでポツンとひとり途方にくれている真央を見て、印田はとても自殺したと言えずに死因をごまかしてしまったそう。

.

生まれて初めて母親と会う瞬間を楽しみにしていた16才の娘に、お母さんは自殺したとは、とても言えなかったと。

.

母親は、ずっと一貫して、娘より男性を取ってきたんですね。

真央との待ち合わせ場所に行かず、交際男性にフラれたことに絶望して自殺した。

.

印田は真央が成長して監察医務院で働きはじめたのを見て、自分が正しかったと思ったそう。

.

こういう育て方もあるんですね。

.

.

でもまあ、初回から7話くらいまでは、真央の徹底した真相究明のやり方に印田がうろたえてましたもんね。

印田の想像以上に、真央が成長したようです。(笑)

.

最後の結末を知った後には、印田の印象が包容力のある女性上司へと変化。

人の見方って変わるもんですね。

.

.

それと、小杉は頭脳明晰で美しい真央の母親にのめりこんで、真央の実の父親と母親を捨てた男性たちの計3人を殺したそう。

.

印田と小杉は何かあると、関係を匂わせてましたが、なんにもなかったんですね。

.

.

●ゼロの真実

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

.

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆ 終わりまで読んでくださってありがとうございます ◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 

テレビドラマ

へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

ポチッとよろしく!

|

« ST 赤と白の捜査ファイル・第8話 | トップページ | ペテロの葬列・第10話 感想 »

2014年夏ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロの真実・第8話最終回:

« ST 赤と白の捜査ファイル・第8話 | トップページ | ペテロの葬列・第10話 感想 »