« ゼロの真実・第2話 感想 | トップページ | 東京スカーレット・第3話 »

2014年7月30日 (水)

ペテロの葬列・第4話 感想

ほんとに1時間、引き込まれてしまいます。

好きなドラマです。

宮部みゆきさんテイストがたまらなく心地よくて、小説を読んでいる気になります。

.

.

杉村(小泉孝太郎)は暮木(長塚京三)からのお金を警察に届けずに、探偵の真似事をしていることを義父、今多嘉親(平幹二朗)に伝えます。

.

嘉親はバスジャックの際の暮木と園田(室井滋)のやりとりを聞き、暮木が自己啓発のトレーナーだったんじゃないかと言い出します。

.

昔、今多コンツェルンでも、社員に人材開発研究所のセミナーを受けさせたことがあり、園田もその一人だったことを杉村に打ち明けます。

.

園田はトレーナーによって独房に入れられ、集中的に洗脳。とうとう自殺未遂するところまで追い込まれてしまったそう。

その後、園田は1年も出社ができない状況に陥ってしまった。

暮木と接して、その時の記憶がよみがえってしまったんではないかと嘉親。

.

嘉親は、その後、社員にセミナーを受けさせたことを後悔して、人材開発研究所を解散させるまで追い込んだという・・・。

.

嘉親は、暮木が関わっていたであろう自己啓発の団体がどうなったのか、行く末が気になると、杉村に本格的に調べるようにと依頼します。

.

.

嘉親はずっと園田を気にかけてきたんですね。

部屋に閉じこもっている園田が嘉親と会って、自分を取り戻すシーン。

泣きそうになりました。

「園田はそのままでいいんだよ」

その一言にポロポロ涙を流す園田。

.

翌日から、園田はケロッとして以前の調子で編集部に戻ってきました。

.

嘉親って、ものわかりのいい人。

妖怪だと称されていたんですが、どうなんでしょう。

.

大企業のカリスマで、要の人だという雰囲気がひしひしとします。

.

でも、自室は壁にいくつも能面がかけてあったり、仏像が飾ってあったり。

異様は異様なんだけれど。。。(笑)

.

ところで、井手(千葉哲也)が怪しさを振りまいてますね。

京子(長谷川京子)にはセクハラっぽいし。

イヤ~な雰囲気が醸し出してますわ。(笑)

.

.

●ペテロの葬列

※過去の記事

第1話 第2話 第3話

.

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆ 終わりまで読んでくださってありがとうございます ◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 

テレビドラマ

へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

ポチッとよろしく!

|

« ゼロの真実・第2話 感想 | トップページ | 東京スカーレット・第3話 »

2014年夏ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/60068594

この記事へのトラックバック一覧です: ペテロの葬列・第4話 感想:

« ゼロの真実・第2話 感想 | トップページ | 東京スカーレット・第3話 »