« アリスの棘・第7話 感想 | トップページ | SMOKING GUN・第9話 感想 »

2014年6月 1日 (日)

MOZU・第8話 感想

前半、あまり話が進まなかったのに、ここにきてついていけないくらい早い展開。(笑)

もう何がどうなってるのか…。困ったゾと。

.

まず、東(長谷川博己)のバックには公安がいることがわかりました。

それが室井(生瀬勝久)。

.

というかこの室井、この事件の首謀者だったんですよ。

.

室井は国のためにテロを起こしたかったんです。

それで、サルドニア共和国の大統領の暗殺計画を企んでいた筧にICチップを送りつけたそう。

それが重要なものだと思いこまされた筧は公安にICチップと警備計画書と爆弾の交換を要求。

室井は元部下で元恋人だった千尋(石田ゆり子)を呼び出し、その受け渡しを頼んだのでした。

.

倉木(西島秀俊)はグラークアルファー作戦の責任者が室井だったと本人から聞いて以来、爆弾事件も室井が首謀者だと気づいていたようです。

.

なぜ、千尋を巻き込んだのかという倉木に、室井は優秀なお前を冷静でいられなくさせておきたかったからだと言います。

倉木、これで激怒。

.

そして、もう一方の新谷(池松壮亮)の方は。

室井の策略を知らなかった若松が勝手に東に命じて、新谷を雇ったそう。

若松は公安を脅迫している筧からICチップを取り返し、筧を殺すようにと命じていました。

.

兄の和彦を東らに殺されたひろみは仇を撃つために、東の命を狙いますが、あっさり倒されてしまいます。

.

その後、警察署に乗り込んで多くの刑事の前で、若松を刺殺し逮捕されます。

.

.

この婦人警官に扮したひろみが、警察署の会議室の扉の前で突っ立ってる姿がかなり怖かった。

MOZUってホラー的な映像がうまいと思います。

.

ひろみは貞子的に怖い時があるんですよ。。

心の中で、ぎゃああああああ~~~って叫んでます。

.

しかし、新谷はこれまたあっさり掴まってしまいました。

怒りで行き当たりばったりで行動してるのか。

もっと活躍してほしいので、計画的に動いてほしいな。。。

.

.

時折出てくるダルマですが、やはりグラークアルファー作戦に関係あるようです。

公安は80年代に携帯などの通信すべてを自動で傍受する国民監視システムを試作していたそう。

8年前、そのシステムが何者かにのっとれてしまい、それを奪還もしくは殲滅しようとしたのが、グラークアルファー作戦。

.

6人がそのシステムがある場所へ潜入捜査を命じられ、相手に見破られ5人が処刑。

1人、千尋だけが生きて戻ったらしいです。

.

このころ、すでに倉木と結婚していた千尋。

作戦の後、娘を出産。公安を辞めたみたいですね。

その娘の父親が誰なのか、作戦と関係があるのかしら。

.

室井がテロを起こしたがった理由を津城(小日向文世)は知ってるようですね。

でも、倉木、大杉(香川照之)、美希(真木よう子)たちには、「君たちは知る立場にない」と距離を置いて教えてもらえません。

津城も十分怪しいんです。

ダルマの絵にそっくりだし。

多くの人が見ているダルマの夢ってなんの意味があるんでしょう。

.

.

●MOZU

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

.

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆ 終わりまで読んでくださってありがとうございます ◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 

テレビドラマ

へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブログラ

ンキング

ポチッとよろしく!

|

« アリスの棘・第7話 感想 | トップページ | SMOKING GUN・第9話 感想 »

2014年春ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MOZU・第8話 感想:

« アリスの棘・第7話 感想 | トップページ | SMOKING GUN・第9話 感想 »