« 刑事110キロ・第1話 感想 | トップページ | MOZU・第2話 感想 »

2014年4月19日 (土)

TEAM・第1話 感想

隠蔽捜査っぽいんですが、とにかくいろんな部署の人がワラワラ出てきて戸惑いました。

.

この人は多分、特捜だったよな・・・とか。

この人は多分、所轄の刑事かな・・・とか。

推測しながら見てるから、話についていくのがやっと。(ノ_≦。)

メモしながら2度目を見て、ようやく全体を把握できました。

こんなにややこしくする必要があるのかな。

私には無理かも。。。

.

.

佐久(小澤征悦)はノンキャリながら、最年少で管理官になった人物。

警視庁刑事部長、谷中(西田敏行)の命令で、警視庁捜査一課と所轄との合同捜査で指揮をとります。

「あなたたちは駒です。

私はあなたたちの能力を信用していません。

私の指示に従ってもらえばいいだけです」

こんなこと、言い放つ人です。

.

佐久のワンマンな態度に所轄はそっぽを向き、捜査一課の数名と捜査開始。

.

そこへ、地検特捜部が絡んできて、縄張り争い勃発。

特捜部長と刑事部長は張り合って、狐と狸の化かし合い中。

所轄の署長は企業から天下り先を斡旋してもらう代わりに捜査に手心を加えようとして画策中。

.

まあ、佐久が事件を解決して、キレイに治めてしまうんですが、、、。

あれよあれよという間に、ドラマが終わったという。

.

もうちょっとメリハリがついたらなあ。。。

といっても、隠蔽捜査が好きだったので、それでもちょっと期待してしまいます。

.

.

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆ 終わりまで読んでくださってありがとうございます ◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 

テレビドラマ

へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

ポチッとよろしく!

|

« 刑事110キロ・第1話 感想 | トップページ | MOZU・第2話 感想 »

2014年春ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TEAM・第1話 感想:

« 刑事110キロ・第1話 感想 | トップページ | MOZU・第2話 感想 »