« SMOKIG GUN・第3話 感想 | トップページ | MOZU・第3話 感想 »

2014年4月26日 (土)

刑事110キロ・第2話 感想

やはりコロンボ形式が花沢には合ってます。

それと、狙ってるのかどうかはわからないですけど、犯人は脇が甘い。

初回も拍子抜けしたですけど、今回も。

.

でも、おもしろかったんですよ。発想が。

.

税理士事務所の所長である三隅(秋野太作)が自宅で撃ち殺されるんですが、撃ったのは妻の和代(松原智恵子)。

日頃、横暴な夫の言いなりだった和代は、10年の間いつか殺害しようと思い続け、思いを遂げました。

犯人が外から侵入したように細工し、凶器の拳銃を隠して警察に通報。

.

けれど、やってきた花沢(石塚英彦)が一番にたずねたのは、テーブルの上の大量の食器について。

夫の部下たちが3人来ていたので、食事を出していたのだという和代。

大量の食器は洗ってあり、花沢はいつ洗ったのかたずねます。

.

和代は通報してから、警察の方が来るまでに洗ってしまいましたと。

花沢はお風呂場で洗濯機が音をたてて稼働中であることにも気づきます。。

和代は夫が銃殺されたと気づき通報した後、食器を洗い、洗濯をしていた。

花沢は驚きつつ、疑いを深めていきます。

.

.

・・・当然ですよね。

夫が胸から血を流して絶命してるのを見た後、お皿洗いって。

この奥さん、犯行を隠そうとあれこれしていたのに、なぜまたお皿洗い…ってあまりのバレバレな行動に驚きました。

.

でもね、一見バレバレな行動でも、このお皿洗いが深かったんですよ。

なんかいろいろ。

奥さんは宴会の後の大量の皿洗いが大変だったわけです。

それも大皿ばかり。何十枚とある。

でも、ずっと家にいて楽だろと食洗機を買ってもらえず、鬱憤がたまっていた。

.

なので、夫がいなくなってすぐに買ったのは食洗機。

ひとり暮らしになって、もう家では宴会をする人もいないのに。

しかも質素な食事が好みの奥さんがかなり大きな食洗機。

.

積年の恨みが解き放たれて、とりあえず欲しかったものを手にいれたという感じで、ちょっと自分をコントロールできてないような感じでした。

それだけ追い詰められていたんでしょう。

.

糠漬け、花沢がもらってましたけど、ほんとに毎日手で混ぜ混ぜするんでしょうかね。

頻繁に木内(中村俊介)宅にお邪魔してご馳走になってる身なのに、できるのかなあ~。

うむむむ、お母さんのところへ送ってるのかも。(笑)

.

初回では、アリバイが瞬時に崩され、オロオロするデザイナー達。

今回はあきらかに不可思議な行動をとる奥さん。

.

いい調子ですわ。

異色の刑事ドラマ、どんどんやっちゃってください!

楽しみでたまりません!!

.

.

.

●刑事110キロ

※過去の記事

第1話

.

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆ 終わりまで読んでくださってありがとうございます ◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 

テレビドラマ

へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブログランキング

ポチッとよろしく!

|

« SMOKIG GUN・第3話 感想 | トップページ | MOZU・第3話 感想 »

2014年春ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刑事110キロ・第2話 感想:

« SMOKIG GUN・第3話 感想 | トップページ | MOZU・第3話 感想 »