« 隠蔽捜査・第8、9話 感想 | トップページ | 螺鈿迷宮・第10話 感想 »

2014年3月17日 (月)

Dr.DMAT・第9話 感想

地震はほんとに怖いです。。。

病院で精密な手術をしてる時に、ガタガタ揺れてるのを見てると、地震の凶暴さが特に感じられます。

.

今回は久しぶりに響と紅美の絡みが多い回でした。

ドラマの雰囲気も活気が出ていいです。

.

.

植物状態の春子(瀧本美織)が、もしかすると音が聞こえていて意識があるのではないかと言い出す紅美(市川実日子)。

.

響(大倉忠義)は、春子を実験台にしようとしてるだろうと反発しますが。

.

そんな中、事故が起こってDMAT出動。

響と紅美の患者への診断は食い違います。

結果は響の判断が正しくて、紅美は響のDMATの才能を痛烈に感じることに。

.

響の方も、紅美がいつも体力のギリギリまで患者を優先し、精いっぱいやっていることに気づきます。

.

長時間の手術をした後、

「今日もありがと」と、自分の手にお礼を言っている紅美に気づく響。

「・・・覚悟してるから。

組織っていうのは一部の能力のあるやつのところに、凡人の分まで負担がいくようにできてるの。

才能ある者にはそれを活かす責任があるの。

あんたも、もう覚悟したほうがいいんじゃないの?

才能あるものはそれを活かす責任があるんだから。

DMATの才能ってやつ?」

.

響は紅美を信頼するようになり、春子の脳の血流検査をしてほしいと頼みます。

けれど、結果は脳波に活動は見られず・・・。

.

.

残念な結果に終わるんですが・・・。

でも、ちょっと春子の脳が反応してたんですよね。

前に、ちらっと指が動いていたし。

.

.

病院長の伊勢崎(國村隼)は、響にDMATの統括責任者をしてほしいと言い出します。

紅美が自分の才能を活かそうとしているように、自分もDMATの才能を活かす道を選ぼうと響は覚悟を決めます。

.

「人の命を恐れない医者では、命を選ぶ力はない。

おまえは臆病だからこそ、患者に最新の注意を払う。

死を恐れるがゆえに、どんな手を使ってでも、患者を生かそうと這えずりまわる。

八雲響、がんばってくれ」

病院長は喜びます。

.

.

響がどんどん自信をつけて大きくなってきました。

.

この紅美の「組織っていうのは~」っていうセリフ。

前に本でも読んだことあります。

会社組織の話でしたけれど。

.

紅美はその責任を自ら進んで引き受けているわけで、潔さがカッコいいです。

そういう心境になるのに、何か下地があったのかな。

.

でもまあ、紅美って盛大なツンデレですよね。(笑)

.

.

◆Dr.DMAT

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話はパスしました 第8話

.

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆ 終わりまで読んでくださってありがとうございます ◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 

テレビドラマ

へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブ

ログランキング

ポチッとよろしく!

|

« 隠蔽捜査・第8、9話 感想 | トップページ | 螺鈿迷宮・第10話 感想 »

2014年冬ドラマ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/59233452

この記事へのトラックバック一覧です: Dr.DMAT・第9話 感想:

« 隠蔽捜査・第8、9話 感想 | トップページ | 螺鈿迷宮・第10話 感想 »