« 東京バンドワゴン・第10話最終回 | トップページ | ミス・パイロット・第9話 感想(長文) »

2013年12月15日 (日)

ハニー・トラップ・第9話 感想

おもしろくなってきましたね~。

.

最新技術を盗むのに必死。

最新技術を盗んだ会社が、盗まれた会社に乗り込んできて、自分たちと契約しろと迫るなんて。。。

なんて厚かましい。(;´Д`A ```

あまり厚かましい人には驚いてしまって、思考停止してしまいますね。(笑)

.

.

美山(AKIRA)となつみ(仲間由紀恵)はなつみの母親が病院にいることを突き止めます。

けれど、乗り込むのは止めて、警察に任せます。

その動きをすぐに察知したジミー・ウォン一派は、なつみの母親と小林の妻子を連れて逃走してしまいます。

.

小林は妻子を人質に取られ、天音(武田真治)のいいなりに。

総和物産に乗り込み、ジミー・ウォンにグラフェンデータを盗まれたのだから、特許はジミー・ウォンに譲渡し、総和物産は製品開発など、下請けの仕事を一手に扱う契約をしてはどうかと提案します。

総和物産の取締役たちは、すこしでも儲けになるのならとそれを了承しますが・・・。

.

それを聞かされた美山は急いで会社に戻り、ジミー・ウォンのライバルの中国新興企業ファグアンコープと取引することを提案します。

.

なつみが中国へ飛んで話をつけてくれたおかげで、ファグアンコープとの契約はあっさりまとまり、特許を総和物産が持ち、商品開発を共同でということに。

.

天音にはすぐにジミー・ウォンから電話が。

ジミー・ウォンは、ファグアンコープと総和物産の契約のことをすでに知っており、さらに、なつみが天音に渡したグラフェンデータは偽物だったことを伝えます。

.

もう一度、何か策を弄して、グラフェンデータを盗もうとする天音。

.

.

ジミー・ウォンは総和物産と契約したファグアンコープ全体を飲み込もうとします。

ファグアンコープの悪い噂を流し、株価を暴落させ、乗っ取りを企てるのでした。

.

.

これが、すごい。

この力技。

どんなことをしても、グラフェン技術を手に入れると、ファグアンコープを飲みこみにかかりました。

ジミー・ウォン。まさに、肉食系ですよね。。。

.

でも、グラフェンデータは総和物産にあるわけで、ファグアンコープを手に入れても商品開発ができるようになるだけなんですけどね。。。

ああ、そこで、天音が再び暗躍しようとしてるんですね。

.

.

さて、警察と小林の部下たちは情報を共有して、小林の妻子となつみの母親の監禁場所を突き止めました。

どうなるんでしょうか・・・。

.

ようやく太洋国際特許事務所が動き出しましたね。(*^m^)

次回は最終回。

.

美山たちがグラフェン技術を守れるか。

なつみはどうなっちゃうのか。

興味津々です。(≧∇≦)

.

.

●ハニー・トラップ

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆ 終わりまで読んでくださってありがとうございます ◆

★ぽちっとしていただけたら、励みになります。(*゚▽゚)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ 

テレビドラマ

へ

ブログ王ランキングに参加中!

ブ

ログランキング

ポチッとよろしく!

|

« 東京バンドワゴン・第10話最終回 | トップページ | ミス・パイロット・第9話 感想(長文) »

2013年秋ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/58756427

この記事へのトラックバック一覧です: ハニー・トラップ・第9話 感想:

« 東京バンドワゴン・第10話最終回 | トップページ | ミス・パイロット・第9話 感想(長文) »