« リッチマン、プアウーマン 第3話 そんなにガッツリ会っていたなんて・・・。 | トップページ | 週刊きなこ庵・7月編 ロンドンオリンピック »

2012年7月27日 (金)

息もできない夏 第3話 おうちに鍵をかけよう

なんだか、玲がウチに鍵をかけないのが気になって、気になって。

.

それから、私、勘違いしてました。

夏目(北大路欣也)は葉子(木村佳乃)の父親でした。

鮎川(要潤)の父親かと思ってました。

葉子が駆け落ちした相手が鮎川なんで、

かつての義理の父につきまとって引っ越し先までやってきて、

お金をせびっているということですよね。鮎川。

18年も経ってるのに。かなり怖い人です。

葉子が怯える気持ちもわかる気が。。。。

.

.

母、葉子が姿を消して、再び失望する玲(武井咲)。

それを聞いた祖母、香緒里(浅田美代子)は「あの人はまた逃げたんだ・・・」とため息。

玲の父、啓介(神尾佑)は玲に戸籍を作ってやりたいと言い出し、そのことでケンカして家を飛び出した葉子の後を追いかけ、交通事故に遭って亡くなったそう。

香緒里からそれをはじめて聞かされた玲はショックを受けます。

また、妹、麻央(小芝風花)は母が帰ってこない理由を姉から教えてもらえず、「いつもお姉ちゃんばかり大事にされる。私は何も教えてもらえない」と泣いて祖母の家に行ってしまいます。

.

どうして妹の説明してあげないんでしょうね。

言いにくいのはわかるけれど、理解はできる年だと思うんだけれど・・・。

.

マンションに一人残された玲は、家にあるいろんな証明書をかき集め、区役所の樹山(江口洋介)のもとへ。

しきりと自分の状況を嘆く玲を樹山は励まします。

「人生は思いがけないことが起るもんなんだ。

でもどんなことがあってもいままでの自分を否定してはならないよ」

樹山のアドバイスに従い、玲は今、自分のできることをしようと、産婦人科を訪れ出生証明書を再発行してもらいます。

.

そんな折、樹山のところに葉子から連絡が入ります。

樹山は、玲に連絡してあげてほしいと頼みますが、

葉子は自分のできることをしてからでないと会えないと言い、、、。

それならばと樹山は親が申請しないといけない申述書を書いてあげてほしいと説得します。

そして、その申述書の用紙を自らの手で葉子のもとに届けます。

.

数日後、玲のもとに葉子の手紙が届きます。

そこには、前夫が自分たちの住む町にいたこと、そして、自分がいなければ、玲たちの存在を知られることはないと思い、姿を消したと書かれてあります。

玲は母の愛情あふれる手紙に、再び落ち着きを取り戻すのでした。

.

.

樹山の存在がいいですよね~。

玲と葉子、そして祖母、妹と、みんな軽くパニックを起こしていて、樹山が冷静に動いて

くれていることがありがたいですね~。

.

玲は少しでも手掛かりがあればと、葉子宛に来たはがきを見て、その差出人である夏目の北海道にある会社へ。

そこでのやりとりから、夏目は葉子の父親で、玲の祖父。祖母は2ヶ月前に亡くなったこと。

それから、葉子の前夫、鮎川は小樽でガラス細工の仕事をしていることなどがわかります。

.

鮎川が玲たちの住む町にやってきたには、夏目を追っかけてなんでしょうね。

う~~ん。夏目が引っ越ししなければ・・・良かったのか・・・。

.

.

と思っていたら、おっと、玲と鮎川が出会ってしまいました。

うむむむ。心配!

.

.

.

.

※過去の記事

第1話 第2話

★ぽちっとよろしくです。励みになります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

 ブログランキング

.

|

« リッチマン、プアウーマン 第3話 そんなにガッツリ会っていたなんて・・・。 | トップページ | 週刊きなこ庵・7月編 ロンドンオリンピック »

2012年夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息もできない夏 第3話 おうちに鍵をかけよう:

« リッチマン、プアウーマン 第3話 そんなにガッツリ会っていたなんて・・・。 | トップページ | 週刊きなこ庵・7月編 ロンドンオリンピック »