« リーガル・ハイ 第3話 裁判官も泣かせてみせます | トップページ | 鍵のかかった部屋 第4話「黒い牙」 »

2012年5月 5日 (土)

もう一度君に、プロポーズ 第3話 若キャラにハラハラ

今回もゆったりとお話は進んでいったんですが、

どう~~も、桂と裕樹がなんか引き起こしそうで、危なっかしい。。。

若いキャラが登場すると、画面がざわめきますわ~。

.

.

図書館で再び働きだした可南子(和久井映見)ですが、

新しいシステムに戸惑うばかり。

そんな彼女をまわりは気遣ってくれますが・・・。

「優しくしてくれるのはありがたいけれど、

やさしくされればされるほど重く感じて申し訳ない気持ちになります」

と、診療内科では、本音をポロリ。

.

でも、そんなこと、お互い様ですもんね。。。

可南子くらい熱心ならあっという間にブランクを補ってしまうだろうし。

.

心療内科から自宅に戻ると、波留(竹野内豊)がやってきて彼の実家につばめを見にいくことに。

.

なぜか、ふたりはおそろいの色違いのチェックのシャツ。

そりゃあ~、太助(小野寺昭)も記憶がもどったのかと特上寿司をたのんじゃいますよね~。

記憶が戻ってないと知って、取り消そうか~と言い出して、

ええ~~?取り消すのかいと、なぜか私が慌てました。(笑)

とっても気さくなお父さんです。

.

太助は波留がアンテナを修理している間に可南子に言います。

「可南子さん、ムリしてない?愛想笑いはかえって傷つきますよ。

波留はね、ずっと気をつかわれて生きてきたんです。

血がつながってないから。

生まれてすぐにうちで引き取ったんです。

当の本人は全然気にしてない。

でも、気をつかわれる苦しさをずっと感じて生きてきたんですよ」

だから、気をつかわなくていい。

太助は可南子ににこやかに笑いかけます。

.

アンテナの次は太助の自転車を修理している波留。

可南子は波留のそばに行って話しかけます。

「なんとなく似てますね。あなたとお父さん。

・・・(血がつながってないことは)聞きました。

でも似てると思います。」

「まあ、俺も親父も男前だからな~」

「そうですね」

照れ笑いの波留に真顔の可南子。

.

可南子も波留がハンサムだってことは認識してるんですね~。

始終、冷たい態度なので認識してないのかと思ってましたよお~。(笑)

.

「なんとなくわかった気がします。

お父さんと話してみて、どうして私があなたと一緒にいたのか。

想像できるというか、理解ができるというか」

「ああ、、、でも気持ちはまだってことね。前向きに受け取っておくよ」

その後、ふたりは太助に別れを告げ、バイクで自宅を目指しますが。

可南子は高校の友達との飲み会に参加すると言い出し、駅前でバイクからおろしてもらいます。

.

映画に誘ってもらっているのに、その返事は保留のまま、友達との飲み会に出かけていく可南子。

「うん、行っておいで」と少しの戸惑いもなく言える波留。

可南子に対しては特に声がやさしくなるんですよね。

でも、顔には絶対に出さないけれど、傷ついてはいるようで・・・。

可南子の日記を読んでバランスをとってます。

日記にはふたりで暮らし始めた時のうれしさとかズラズラと書き綴られているんですよ~。

.

ひさしぶりに会った高校時代からの友達は、可南子の今の状況にとても同情してくれます。

波留との関係が微妙なのも仕方ないと。

けれど、その反面、波留もよく我慢してくれてる~としきりに感心。

そこに来てようやく、波留の立場になって考えられるようになる可南子・・・。

.

飲み会の後、可南子は思い詰めた表情で波留のマンションへ。

「・・・あの、もう会わない方がいいんじゃないかと思います。

気持ちが戻るあてもないのに、ずっとこのままでいるのは・・・」

.

可南子の言葉で、一気に沈む波留。

追いつめられたような表情をしていて、怒り出すんじゃないかと思ったんですが。

波留の言葉はとても穏やかでした。。。

.

「待つよ。おれはいくらでも待ってるから。ゆっくりでいいって言っただろ」

.

その優しさに可南子の気持ちが乱れます。。。

.

「なんでそんなこと言うんですか?もっと文句とか言ってください。

イヤなんです。そういうのが。

そうやって優しくされることとか。

そういう優しさに気付いてもいなかったこととか、

気づいても、何もできないこととか。

あなたに甘えてる自分、

気持ちにこたえられないことも。

のんきに友達と飲みにいったことも。

こうやって、今もあなたを困らせていることも、何もかも・・・」

うっすらと目に涙を浮かべて、可南子の話を聞いていた波留ですが、

つい可南子を抱き寄せてしまいます。

驚いた可南子は波留の胸を突き飛ばして、体を離すのでした。。。。

.

.

双方、にらみ合いの状態で終わりました。

3話はここまで。

.

まあ、なんにしても、可南子が波留に本音をぶちまけたので、一歩前進かな~~と。

気をつかわないのが一番ってことですね。

次は波留の番かしら。。。

でも本当に、波留はよく耐えてます。

文句を言ったら、可南子との結婚生活は速攻でおしまいになりますもんね。

しんどいところです。。。

.

ところで、波留の職場の桂(倉科カナ)。

どんどん波留が好きになっていくのを押しとどめようとするように、ネットで知り合った年下の男の子とデート。

なんかね~~~、今後、ひと波乱ありそう・・・ですよね。

.

可南子の弟の裕樹(山本裕典)。

裕樹にベッタリの恋人(市川由衣)がいるんですが、彼女もなんかしでかしそう。

.

お決まりの展開にはなって欲しくないなあ~~。

ここはひとつ、ひねりをいれて欲しいなと願っています。

.

.

.

※過去の記事

第1話 第2話

★ぽちっとよろしくです。励みになります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

 ブログランキング

|

« リーガル・ハイ 第3話 裁判官も泣かせてみせます | トップページ | 鍵のかかった部屋 第4話「黒い牙」 »

2012年春ドラマ」カテゴリの記事

コメント

波留さん、カッコイイ
波留さん、可愛そう
どのような経過でハッピーエンドになるのか、楽しみ!!!

投稿: 可南子 | 2012年5月 5日 (土) 23時11分

30代の僕にすごく興味を持たせてくれたドラマです。
今後の展開が楽しみ!

投稿: トモヒデ | 2012年5月 5日 (土) 23時20分

とわ様、こんばんは。

ここまで見事な展開でございますので
かなり安心してきたのですが
まあ・・・いたるところに
地雷が埋め込まれているのは確かですからな。

ただのつまらないドラマになるか・・・
大傑作になるか・・・
常にギリギリの緊張感が漂っていて
そこがまたいいのですな。

桂と・・・裕樹には・・・
そのまま・・・そのまま・・・
それぞれに「人生」を感じさせてください~
と祈っております。

とにかく・・・穏やかだけど
あっという間に時間がすぎていく・・・
これは素晴らしいドラマだと・・・
心の底から思う今日この頃でございます~。

投稿: キッド | 2012年5月 5日 (土) 23時33分

こんばんわ~。

>どのような経過でハッピーエンドになるのか、楽しみ!!!

ハッピーエンドなんでしょうね~。
今は波留がちょっとかわいそうですが。

投稿: とわ→可南子さん | 2012年5月 8日 (火) 23時10分

>30代の僕にすごく興味を持たせてくれたドラマです。
今後の展開が楽しみ!

落ち着いた内容で、まったり感がいいですね。

投稿: とわ→トモヒデさん | 2012年5月 8日 (火) 23時11分

コメントのお返しありがとうございます。
こんばんわ~~。

>まあ・・・いたるところに
地雷が埋め込まれているのは確かですからな。

ありますね~。地雷。
ちょっと心配です。。。

>ただのつまらないドラマになるか・・・
大傑作になるか・・・
常にギリギリの緊張感が漂っていて
そこがまたいいのですな。

わりと王道をいってるドラマではあるんですけど、
だからこそ、新しさも求められていて。
ちょっと普通とは違うところを見たいんですよね。

>桂と・・・裕樹には・・・
そのまま・・・そのまま・・・

ほんとに。私も願っています。
ここらへんに波風がたつと、一気に普通の展開になってしまいますものね。。。

>あっという間に時間がすぎていく・・・
これは素晴らしいドラマだと・・・
心の底から思う今日この頃でございます~。

なんといっても波留と可南子のふたりのシーンがいいです。時間がゆったり流れていて。
以前、夫婦だった時もこんな風にふたりで過ごしていたのかなとちょっとうらやましいです。

投稿: とわ→キッドさん | 2012年5月 8日 (火) 23時18分

始めましての挨拶もなく、書き込ませて頂いております。
とわさんのおっしゃるように波留と可南子のラブストーリーで貫いて欲しいです。
「もう一度君に、プロポーズ」ですものね。
焦点がボケるとつまらなくなると思います。
脇が面白いのは歓迎です。

投稿: 可南子 | 2012年5月 9日 (水) 17時07分

>とわさんのおっしゃるように波留と可南子のラブストーリーで貫いて欲しいです。

4話では可南子の昔の彼氏が登場。
ひと波乱ありそうですね~。

>焦点がボケるとつまらなくなると思います。
脇が面白いのは歓迎です。

そうですよね~。
ボケないでほのぼの路線でやってほしいなあ~。

投稿: とわ→可南子さん | 2012年5月13日 (日) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう一度君に、プロポーズ 第3話 若キャラにハラハラ:

» 《もう一度君に、プロポーズ》#03 [まぁ、お茶でも]
波留は、思い出の自動車を、修理すると決めた。社長にもそう宣言。 仲間たちも温かく見守ってくれていた。 だが、今までの可南子がカバーしてくれていた、支払いの督促が沢山来てしまった。 傍目からだと、銀行振り込みにしてしまえば、楽なのにと、思いますね、 管理人には、可南子が実家に帰っているということを言えないでいたし、ゴミの山と格闘。 マンションならゴミ集積場があるから、そんなに溜めないうちに、運んでおけばいいのに。 そんな突っ込みをしながら滑り出しを見ていました。 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 23時29分

» もう一度君に、プロポーズ (第3話・5/4) [ディレクターの目線blog@Seesaa]
4/20からTBSで始まったドラマ『もう一度君に、プロポーズ』(公式)の第3話『優しさの痛み』の感想。 「何となく、わかった気がします。お父さんと話してみて」 ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3577/ ★See…... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 08時14分

» もう一度君に、プロポーズ 第3話:優しさの痛み [あるがまま・・・]
何でそうゆう発想に…(´;ω;`)ウウッ… 可南子が気を使われる事を負担に感じてるのはわかるし、記憶を無くした可南子の 辛さや焦りは本人にしかわかんないとは思うけど、波留にあんな言葉を・・・ 波留だって、突然愛する妻から知らない人扱い受けるだけでも辛いのに そこは...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 14時40分

« リーガル・ハイ 第3話 裁判官も泣かせてみせます | トップページ | 鍵のかかった部屋 第4話「黒い牙」 »