« 鍵のかかった部屋 第4話「黒い牙」 | トップページ | リーガル・ハイ 第4話 人権派弁護士にも勝ってみせます »

2012年5月10日 (木)

ATARU・第4話チョコザイ、舞子のもとにもどる

今回、チョコザイが自分から舞子や蛯名家に戻ってきました。

チョコザイにとっても居心地がいいのかな。

チョコザイと舞子と沢が出てると和みます。

蛯名家の雰囲気もとってもいいし。

ただ、やっぱり小ネタが少ない・・・。話がシンプルになってきてます。bearing

小ネタ好きとしてはさびしい限りです。。。

.

.

チョコザイ(中居正広)は病院に入院することになります。

舞子(栗山千明)は「知り合ったのも何かの縁だから、

面会に来てもいいでしょ?」とチョコザイに聞きます。

が、知らん顔で看護師さんについて行ってしまうチョコザイ。

ロビーでポツンと残された舞子は・・・。

「私、彼のこと、何も知らないんです」とションボリ。

.

事件が発生します。。。

飛行場でセスナがフェンスに衝突し、死亡者1名。

死亡したのは26才のパイロット、橋田透(永岡佑)。

機内であちこちに飛ばされ、頭を打ち付けた痕跡が。

現場検証では、事故か自殺・・・だろうとされますが・・・。

野崎(千原せいじ)はそれを受けていつものように「捨て山だ」と断定します。。。

.

それを聞いた橋田の婚約者だという鈴原理子(木村文乃)は、

結婚の約束をしたばかりなのに、自殺なんて有り得ないと訴えます。

.

病院にいるチョコザイの前にラリー(村上弘明)が。

チョコザイの行方をみつけて、後をつけてきたラリーは、彼がひとりになったところで声をかけます。

ラリーを見たチョコザイは無言で彼の車に乗り込みます。

.

車の違法無線でセスナの事故を知ったチョコザイは、

「捜査を開始します」とつぶやきます。

隣りに座っているラリーは、「日本でのトレーニングは終了した」を3度、繰り返します。

すると、「アップデートしました」とラリーの支持を受け入れるチョコザイ。

.

 ラリーはチョコザイをそういう風に教えてきたんですね。

ようやく、ラリーが正式に登場です。(笑)

.

セスナの事件を聞いた舞子は、さっそく飛行場へ。

.

アメリカ大使館FBI日本駐在室に連れて来られたチョコザイも、

テレビのニュースをみて、再び「捜査を開始します」と・・・。

どうも、ニュース映像で事故現場に駆け付け、長い髪を束ねて気合いをいれる舞子の姿を見たようです。

今度はラリーが3回言っても、チョコザイは聞こうとはせず、部屋から出て行ってしまいます。

「アタル・・・」

.

チョコザイはすぐに飛行場の舞子のところへ。

驚く舞子。

「良かったやん。また一緒に捜査できて~~」と、

舞子のさびしい気持ちを見透かしたかのようなニヤニヤ顔の沢。

.

再び、舞子の蛯名家に戻っているチョコザイ。

舞子はチョコザイが夕食として飲み込んでいるケチャップをこっそり食べてみたりしてます。

さっそく、チョコザイは「致命傷」「ヘッドセット」とつぶやきます。

翌日、鑑識の渥美(田中哲司)のところに行く舞子。

けれど、別におかしくはないと言われてしまいます。

.

そんなところへ、突然、事故鑑定係の公原卓郎(平岡祐太)が登場。

鈴原理子の依頼で、橋田の死の原因を鑑定すると言い出します。

敏腕と言われている民間の鑑定士に戸惑う舞子ら。

.

そんな公原を気にするそぶりもなく、「歩いてます。手が歩いてます」とチョコザイ。

セスナの機内で血のついた手が一方向へ続いています。

「・・・事故のあと、生きていたということか・・・」と沢。

.

でも、解剖の結果では・・・。

薬物ナシ。死因は衝突の衝撃による脳挫傷。不審な点はなし。

その結果をうけて、公原は自殺だと言い張ります。

「無許可のフライト。シートベルトもしなかった。

ローカルボイスもしなかった。操縦桿もひかなかった。

わざわざ障害物のある右の方向にそれて走った。

これは、事故というより自殺だ」

.

蛯名家の食卓。

捜査が進まず、チョコザイの手掛かり待ち。

チョコザイの言葉を固唾をのんで見守ってます。ご飯を食べながら・・・。

「ブレーキ・・・、ブレーキ踏んでます」

キタ~~と喜ぶ達夫(利重剛)と昇(玉森裕太)。

けれど、舞子のブレーキ話を公原は問題にしてくれません。。。

.

 チョコザイ、ちゃんと舞子らの話を聞いてますからね。いろいろ努力してくれます。

でも、今回はチョコザイが手掛かりを出しても、真相解明につながりません。。。

.

 休暇中の舞子が捜査本部にいるのを発見して、ドアからチロリと顔を出して声をかける中津川警部。

おちゃめ。。。

「休暇中に捨て山を掘り返して手柄たててるんって?」

「いえ、手柄は私ではなくて、・・・ちょうどいま見てます。

シンクロ・・・」

「ナイズドスイミング」補足する沢。

「デカ・・・」なぜか最後を補足する中津川警部。

またまた、おちゃめ。。。

で、蛯名家でドラマを見ているチョコザイです。。。(笑)

.

公原から、自殺の可能性が高いと聞いて愕然とする理子。

「結婚を前にして自殺したなんて、この先生きていけない!」

怒って車を発進させたところに、チョコザイが立ちふさがる形になって急ブレーキ。

キモを冷やす舞子。

.

チョコザイは衝突した機体の写真を舞子のもとへ持ってきたのでした。

その後、別の小型飛行機、スカイバードのことを口走るチョコザイ。

飛行場では公原も交えて検証が行われます。

そこで、滑走路を横切って飛び立ってる不審なタイヤ痕をみつけます。

.

「衝突機の離陸寸前で、左からスカイバードが急接近。

飛び立った途端に、接触。

そのため、おもわず右にそれて衝突・・・」

「ということは殺人。。。」と沢と舞子。

.

スカイバードを操縦していた人物が犯人。

犯人は同じ飛行場に勤める女性パイロット(安藤サクラ)でした。

「突然別れたいと言われた、結婚したい人がいるからって。

飛行許可したのも私、シートベルトに細工したのも私。

無線にも細工したの」

けれど、橋田は死なず、女性は機内で殴り殺したと言います。

「他の女にとられるくらいなら、彼を殺そうと思ったの」

.

公原は理子にすべてを話します。

「他に女がいたけれど、別れて君と結婚するはずだった。

きっと君の事を愛してたんだよ」

「・・・ありがとう」

公原は幼馴染の理子を想っているようで・・・。

.

 二人の会話の邪魔にならないように、沢は舞子ともども、後ろをむいて聞かないふりをしてあげます。

ひそかに公原を応援してるのか・・・。

はじめは偉そうに見えたのに、率先して捜査に協力。

チョコザイのいう手掛かりを専門の知識を持って説明。こんな強力な助っ人はいなかったですね~。。。

なんだこの人は、えらく優秀だなあ~と驚きました。

.

「捜査、終了します」

チョコザイはひと仕事を終えて眠りこけています。

「明日はチョコザイ君を病院に返すんやな?」

「はい」舞子は渋々うなづきます。

.

沢が調べてほしいと依頼していたアメリカ大使館の違法無線の捜査は、上司から止められてしまいます。

公安の外事が動いてるらしい。

ラリーは引き続き、FBIの部下に沢の調査を指示しています。。。

.

.

チョコザイが独自で動いて手掛かりをみつけようとしたのは今回がはじめてですね。

捜査している場にもどんどんやってきますし。

舞子と一緒に捜査がしたいみたい。

.

カレーうどんの汁を飲んでたり、レタス入りホットドッグを頬張っていたり、ケチャップとマスタードを吸っていたり。

チョコザイの食事シーンいろいろもありましたね。

本来はチョコザイの好きだったのはカレースープなんですよね。

多分、野菜のたっぷり入った。

うどんの汁だけではちょっと・・・。

といっても、蛯名家では・・・。昇に頼るしかないかな・・・。

.

私は一度、どん兵衛のカレーうどんを食べてみたい。。。(笑)

.

せめてこのユリが枯れるまで、一緒にいたいと舞子が言ってますね。

これから、チョコザイのいろんな背景が明かされそうです。

.

.

.

※過去の記事

第1話 第2話 第3話

.

.

★ぽちっとよろしくです。励みになります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

 ブログランキング

.

|

« 鍵のかかった部屋 第4話「黒い牙」 | トップページ | リーガル・ハイ 第4話 人権派弁護士にも勝ってみせます »

2012年春ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/54651491

この記事へのトラックバック一覧です: ATARU・第4話チョコザイ、舞子のもとにもどる:

« 鍵のかかった部屋 第4話「黒い牙」 | トップページ | リーガル・ハイ 第4話 人権派弁護士にも勝ってみせます »