« Answer・第1話「美人すぎる管理官^^」 | トップページ | 春ドラマ一巡して »

2012年4月22日 (日)

リーガル・ハイ・第1話「ガニ股なおせ~!」

とってもおもしろかったです!

とくに最後の「あ~の場で~言えてたらなあ~~」が最高。

憎々しげにいうこと!(笑)

絶対に次回も見る!って思いましたよお~。



駆け出しの黛真知子(新垣結衣)は三木長一郎(生瀬勝久)の法律事務所で働いています。


殺人罪に問われた坪倉(中村蒼)の弁護を任されましたが、結果は敗訴。

控訴して、引き続き弁護させてほしいと三木に願い出ますが却下。

そのやりとりを聞いていた秘書の沢地君江(小池栄子)は、こっそり真知子に耳打ちします。

「彼なら引き受けてくれるかも・・・」

彼とは古美門研介(堺雅人)。

3年前まで三木の事務所におり、その後独立。

以後、業界から干されて訴訟から遠ざかっているけれど腕は抜群と君江は説明します。


さっそく古美門のところへ出かけていく真知子。

古美門は来客の対応に夢中で、真知子をゴミのように扱います。

抗議する真知子に、

「まず、お金を持ってこい!

着手金が1000万円。報酬金が2000万円だ。

正義は金で買える!!金さえ払えば私が無罪にしてやる!!」


金の亡者のような発言にびっくりする真知子ですが、事務所の君江に言うと、

「たしかに古美門は最低の人間。

毒を薬にできるかどうかは使い方次第よ。

刑事、民事、企業訴訟。

お金になりそうな案件をみつけてきては強引に訴訟に持ち込み、

違法寸前、時には違法そのもののやり方で連戦連勝。

無敗記録は破られていない。

やがて三木の手には負えなくなり、3年前にあることで決定的に対立。

業界から干されたの。三木は彼のことを憎くくて仕方ないのよ。

けれど財界には彼を寵愛する経営者がいて、

法外な顧問料をふんだくっては何不自由なく遊んで暮らしている」

真知子はそれを聞いて、古美門に興味を持ちます。

そして、父親の実家の畑を担保にして作ったという3000万円を古美門の目の前にばら撒きます。

うるさくしゃべりはじめる真知子を黙らせるために、真知子の口にチーズオムレツをねじこむ古美門。

古美門はその依頼を引き受けます。



まず、古美門は真知子に坪倉の美談を集め、担当刑事の悪評をマスコミにばらまき、人権団体を使って大騒ぎしろと指令を出します。

そこでさりげなく、登場して現場で都合のいいように煽る加賀蘭丸(田口淳之介)。

彼は古美門のなんでも屋のような存在。



さらに、古美門は殺人のあった日、公園のベンチにずっといたという坪倉のアリバイを証明するために、売店の男性をいいくるめ、コーヒーを買ったと証言させます。

その日、コーヒーを注文したのは一人だけだったことからアリバイが成立。

事件は一審からのやり直しが決まります。

第一回公判。

傍聴席には三木と君江の姿が・・・。

久々に会った古美門と三木は罵り合って牽制しあいます。


店長が証言台に立ち、坪倉がコーヒーを買ったという証言をします。

けれど、検察から予定にはなかったあらたな証人が。

その女性も同じ日に公園におり、売店でコーヒーを買ったと証言します。

そして、それをブログにも載せてあるといいます。

坪倉のアリバイはガラガラと崩れ果て・・・。

「僕、負けた??」

自宅に戻って発狂する古美門。

「なんで僕が杉浦なんかに負けたんだ~~~!!

お前のせいだ~~~!

でなければ、お前も騙されたんだ!

検事の杉浦はあの証人を隠しもっていたんだ。

法廷に僕を引っ張り出して恥をかかせるためにね。

お前も利用された。

三木は全部知っていてお前をうちに送り込んだんだ。

僕の無敗記録はこんなことで終わりだ!

出ていけ!出ていかないなら僕が出ていく~~~~!!」

古美門は自宅から猛烈な勢いで飛び出していってしまいます。

お酒を飲んでフラフラになって歩いている古美門。

君江の口車に乗せられ、すべては初めから仕組まれていたことと知って呆然としてる真知子。

けれど、二人はそれぞれに手掛かりをみつけます。。。

第4回公判。

真知子は女性のブログの日付に関して、必ずしもその日にあった出来事ではないことを証明。

信用性が低いことを指摘します。

また、古美門は担当刑事の白井や他の刑事たちの証言が真実でないことを証明します。

形勢は逆転。坪倉は無罪となります。

苦々しく古美門をみつめる三木。

二人はまたもやいがみ合い、

「お前を必ず地獄につき落としてやる!」と三木。

三木は相当な恨みを抱えている様子。。。

自由の身になった坪倉に白井は「次は逃がさないぞ」と・・・。

その白井の背に向かって「次はお前をぶっ殺すぞ!」とつぶやく坪倉。

それを聞いていた真知子は言葉をなくして立ち尽くします。

「自分が殺人犯を野に放ったんじゃないかと怖くなったか?」

いつの間にか後ろにやってきていた古美門が真知子に声をかけます。

「あいつが殺人をしたかどうかなんてどっちでもいい。

そんなのは関係ない。

検察の証拠は不十分だった。

だからかれは無罪になったそれだけのこと。我々は神じゃない。」

真知子は去っていこうとする古美門にたずねます。

「じゃあ、何を信じればいいんですか?」

「自分で探せ!」


ひとりその場に残されて、ため息をつく真知子・・・。

真知子は三木の事務所を辞めます。

その頃、古美門も最大の収入源であった会社の顧問契約を破棄されてしまいます。

古美門のところへ顔を出した真知子は、

「じゃあ、今後は小さな訴訟をコツコツこなし、地道な営業も必要となり・・・。

どうです?私、ここで働いてあげてもいいですよ!!

そのかわり、3000万円の借金を肩代わりしてください。

毎月のお給料から返済しますから 」

古美門は、真知子を鬱陶しがりながも雇うことを承諾します。

「今日から働いてもいいですよ!」

「いや、明日からでいい!」

「じゃあ、朝8時から」

「いや、9時でいい!さっさと帰れ!

ガニ股を直せよ!」

ムッとしながら帰っていく真知子でした。

おもしろかったですね~。

君江が三木の回し者で、古美門のところへ真知子を送り込んだなんて、

このヒネリ、想像してなかっただけにビックリ。

自分のウエストまでひねられたような気分になりました。

頭にもピリッと効きましたわ。

三木と君江も真知子を使い捨てにしようとしてたんですね。

ひどいもんです。。。



古美門と三木があることで対立したとありましたが、

それが何なんでしょうね~。今後もいがみ合いが続きそうです。

ほんとに、古美門が嫌味をいうと格別のおもしろさがあります。

あの何かを企んでいる時とか、真知子を嘲る時の表情は、

悪魔が取りついたようです。



法廷のシーンでは、

髪をふり乱した検事の「意義あり!」に、

青筋をたてた裁判長の「却下!」

この応酬がすごく楽しかったです。

あっ、それから、

古美門の家の事務員の服部(里見浩太朗)。

事務員といいつつ、料理の腕は抜群だし、達筆だし、事件解決のヒントまで与えたりと、どうも只者ではない感じ。

彼が古美門のところで働くようになった経緯とか、またおいおい説明されそうですね。。。

 

とにかくおもしろかったので、来週も期待です!

★ぽちっとよろしくです。励みになります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ブログランキング

|

« Answer・第1話「美人すぎる管理官^^」 | トップページ | 春ドラマ一巡して »

2012年春ドラマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
いや~このドラマは今季一番のドラマになりそうな予感です。
あの堺様の風体がちょっと心配だったんですが、全くの杞憂でした。
なんてキュートな変人ぶり・・・(笑
さすが堺様デスヨ・・(´m`)
私、ガッキーって、それほどアレなんですが(汗・・)このガッキーはいいですねぇ・・
1千万のお金を「ほら!ほら!」ってやるとこなんて最高でした。
そして、意外なキャスティング・・里見さん。
まわりでガチャガチャやりあってるから、あの静かで大人な佇まいが癒されますよね(笑
お料理もおいしそうだし、すごい安心感・・・
憎々しい生瀬さんと小池さんもナイスキャスティング。
敵役がここまでやってくれると見ごたえがあります。
法廷のシーンがとにかく楽しい。
1時間があっという間でした。早く続きがみたいですよね~

投稿: きこり | 2012年4月22日 (日) 20時12分

きこりさん!こんばんわ!

>なんてキュートな変人ぶり・・・(笑
さすが堺様デスヨ・・(´m`)

がはは。ほんと、キュートな変人です。
この調子でガンガンいってほしいです。

>私、ガッキーって、それほどアレなんですが(汗・・)このガッキーはいいですねぇ・・
1千万のお金を「ほら!ほら!」ってやるとこなんて最高でした。

あの「無罪」の練習もおもしろかったですよね。
本番ではコケてましたけど。

>そして、意外なキャスティング・・里見さん。

最近まで水戸黄門をしてたのに、これは意外でした。
きっとなんでもできるオールマイティーな人なんでしょうね。お料理がね~、ほんとにおいしそう。。。

>憎々しい生瀬さんと小池さんもナイスキャスティング。 敵役がここまでやってくれると見ごたえがあります。

私は二人が真知子を操ってるなんて全然気づかなかったです。ええ?ってビックリ。嫌ですよね~あの意地悪そうなところ。敵役としては最高ですけど(笑)

>法廷のシーンがとにかく楽しい。

法廷のシーン、裁判官と検事がとってもおもしろかったです。あのやりとり、またやってほしいです。happy01

投稿: とわ→きこりさん | 2012年4月25日 (水) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/54482273

この記事へのトラックバック一覧です: リーガル・ハイ・第1話「ガニ股なおせ~!」:

» 「リーガル・ハイ」 第一話 最高でもサイテーの弁護士 愛も法も嘘をつく !? [トリ猫家族]
「合格だ・・・ その場で言えていたらなあああああーーーー!!ガニ股!!」  いや〜おもしろかったわ〜!文句なしですョ。 テンポもいいし、キャラもできあがってる。 甘いだ ... [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 20時12分

» 「リーガル・ハイ」第1話 [三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ]
ガソリンスタンド所長の刺殺事件とその裁判。 第1話『最高だけどサイテーの弁護士…愛も法も嘘をつく!?』ネタバレです。 [続きを読む]

受信: 2012年4月23日 (月) 18時45分

« Answer・第1話「美人すぎる管理官^^」 | トップページ | 春ドラマ一巡して »