« 絶対零度~特殊犯罪潜入捜査・第6話 | トップページ | チームバチスタ・アリアドネの弾丸・第6話 »

2011年8月18日 (木)

全開ガール・第6話

今回、一番良かったなあ~。

ちょっとウルッときたし。。。さて、どこで私はウルッとしたでしょう。(笑)

草太の良さもよくわかりました。

今回のを2話あたりにいれてくれれば、私はもっと早くから草太に親しみをもつことができたのになあ~・・・。

.

.

そよ子(蓮佛美沙子)が寝ている草太(錦戸亮)にキスしているところを見た若葉(新垣結衣)はショックを受け、急いでその場から立ち去ります。

家に戻っても、ポロポロ・・・泣けて仕方がありません。

ああ、私はいつの間にダンゴ虫をこんなに好きになってたの~。。。

.

一方、草太は若葉にこれ以上誤解されないためにも、そよ子に他に好きな人がいるとはっきり伝えます。

.

翌日の弁護士事務所では、大物クライアントと新堂がこっそり会っていたことが発覚。

桜川は新堂が大物クライアントを連れて独立するんではと警戒しはじめます。

その状況を見た若葉は自分のゴージャスな夢を突然思い出し、

「独立するときは、私を真のパートナーとしてほしい」と新堂に頼み込みます。

夢を思い出すと、草太への思いも抑えてしまえるようです。

.

若葉がシッターを務める日向(谷花音)の保育園では、お遊戯会の準備が始まります。

日向はビー太郎(高木星来)と彼の好きな子が王子様とお姫様を演じられるように、気をきかせて自分は魔女役に立候補します。

けれど、母親の桜川(薬師丸ひろ子)にはお姫様役をやるとウソの報告を・・・。

あとで若葉がそれを指摘すると、日向は忙しくてどうせお遊戯会には来られないんだからどうでもいいの~と投げやりな発言を。。。

.

若葉は日向の衣装を縫い始めます。

それは草太の料理屋「佐藤」でも。

裁縫は上手なのに、どうして料理はダメなのかと草太に問われ・・・。

「お裁縫は服の修繕に必要だったから。

でも、料理は・・・。うちには作るほどの食材はなかったんです。

マヨネーズなんて贅沢!ご飯にしょうゆだけとかそういう家庭もあるんです」

若葉の言葉に驚く草太。

「俺も両親はいなかったけれど、祖母に育てられたから。

質素だけどうまいもん食わせてもらってました」

お互いのことを少し知るふたり。。。

草太の声をあらためて聞いて、ふと保育園で爆睡していた時に聞いた声を思い出す若葉。

『若葉さんのことを知りたいな』

若葉は草太に慌ててたずねます。

「あのう、爆睡していたとき、誰かに声をかけられた気がするんですけど、

なんだかほっとする気持ち。やさしい気持ちになるような。

それが誰だかわかりますか?」

「さあ、園長じゃないですか?」

寝ている間にこっそりした告白がまさか聞こえていたなんて・・・!

草太はドキマギしてとっさに言い繕います。

.

桜川はトラブル発生のため、大阪へ。

そのため、日向はビー太郎のところで泊ると言ってきかず、若葉も仕方なくつきあうことに。

草太、ビー太郎、日向、若葉。川の字になって眠る4人。

ずっと一人で寝ていた日向にはそれが新鮮でおもしろくて仕方がない様子。

草太はそんな日向を落ち着かせるために、背中をトントンとさすってあげています。

「家族の寝息が聞こえて、体温が感じられて、幸せがじわ~っとくるんだよね」

やがて、日向は眠りに落ちます。

草太は若葉に話しかけます。

「お母さんが忙しくて、寂しくて仕方ないから若葉さんに当たり散らしてるんですよ」

「わかってます。

でも、あれだけ母親からの愛情を受けていて、寂しいなんて贅沢です。

私には人形も自分の部屋もありませんでした。

あったのは父親と二人で醤油めしを食べた小さなちゃぶ台と薄っぺらい布団ひとつ」

「でもそれってずっとお父さんが一緒にいたってことですよね。

どっちが贅沢なんでしょうね」

「・・・・・・」

.

日向のお遊戯会を見に行くためにずっとスケジュールの調整をしていた桜川。

けれど、どうしても都合がつかず、日向に電話でそのことを告げます。

母親が見に来てくれることをひそかに期待していた日向は、泣いて暴れだし、若葉がつくった衣装を切り刻んでしまいます。

草太はそんな日向からそっと鋏を取り上げ、泣きやむまで抱きしめてあげています。

そばで見ていた若葉はそれを見守っているだけ・・・。

桜川がトラブルに全力で対処しているのを知っているため、若葉は日向のために無理を言うこともできません。

.

そんな中、草太はこっそり桜川のもとを訪れます。

そして、お遊戯会に来てくれるようにと頼みます。

「日向ちゃんが寂しがってることを気づいているのに、あなたは向き合おうとしていない。

日向ちゃんに必要なのは、家族そろって川の字で眠ったり…、そういう温もりなんです。

お遊戯会は2時からです」

.

桜川は午後2時からの会議を新堂に任せ、お遊戯会にやってきます。

草太と若葉は、彼女をみつけ、さっそく日向に伝えますが・・・。

日向は、お姫様役をするとウソをついてしまったため、母親に会えないとダダをこねます。

「日向ちゃんはそんなに意気地なしなのか。

嘘をついたのは謝ればいい。わかってくれる。

イジメ役でもなんでも精いっぱいやってるところを見せるのが大事なんだよ」

草太は日向の目を見て、そう言います。

「・・・でも、魔女の衣装やぶいちゃったから~・・・」

しょげ返る日向の前に若葉は衣装を差し出します。

切り刻まれた衣装はちゃんと修繕されています。

若葉が自分のジャージのひざ下を使って、当て布にしたとか。

日向はそれを着て、見事に魔女役をやり通します。

「お姫様じゃないの?」とつぶやく桜川には、

「誰もやりたがらない役だったから日向ちゃんが買って出たんです」と若葉がフォロー。

ステージ上の日向は桜川にうれしそうに笑いかけ、桜川も満面の笑みで手を振って見せるのでした。

.

>母親の顔をみつめて笑ってる日向。

ここで、ウルッと。桜川は忙しいけれど、愛情たっぷり。いいお母さんです。

.

お遊戯会が終了すると、日向は若葉に耳打ちします。

若葉が爆睡していた時にそばで見守っていたのはビー太郎のお父さんだったと。

そばにいたのが誰だったのかをどうしても知りたかった若葉はあちこちで聞いて回っていたのでした。

.

それを聞いた若葉は、

自分も「ちゃんと逃げずに向き合うことが大事だ」と草太に告白しようと料理屋「佐藤」に向かいます。

が!!!

草太はリリカと会っていて・・・!

草太の元妻の姿を見て、若葉の決意はふっとびます。

そして、偶然かかってきた新堂の電話に、

「はい。私は新堂先生と結婚します!!」と言い放ってしまいます。

.

.

おもしろかったです~♪

やっと!やっと!!草太の良さが見えてきました。

私が鈍いんでしょうかね。。。

優しい草太の本質がよくわかりました。

でも、もっと草太のいいところはアピールしてほしいです。

若葉がツンデレだけれど、とても優しいってことは充分わかっているので。

.

今回は日向の気持ちがちゃんと描かれていて、かわいかったです。

桜川は思っていたよりずっと愛情深いお母さん。

良かった~。良かった~。

.

.

ところで、出ましたね。

若葉んちのアナログテレビのその後。

あのアナログテレビはチューナーを購入したんですね~。

テレビのその後がわかってスッキリしました。(笑)

しか~し、チューナーは箱に入ったまんま。

早く取り付けようね~。

でないとテレビいらないってことを表明してることになるよ~ 

.

.

※過去の記事

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

ブログランキング

.

|

« 絶対零度~特殊犯罪潜入捜査・第6話 | トップページ | チームバチスタ・アリアドネの弾丸・第6話 »

2011年夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

テレビとエアコンの調子はいかがですか?
絶好調だといいですね。

実は、ショッキングなことがありまして、仕事で出張が出来たので、全開ガールとチームバチスタの録画を家族に頼んでいたのですが、うっかり忘れてしまったとのこと。

ちょうど、面白くなってきたところなので年甲斐もなく落胆してます。(笑)

NHKのオンデマンドでは観られませんので、とわさんの記事が頼りです。

投稿: 素朴な日々 | 2011年8月18日 (木) 21時29分

今回は草太の良さもはっきりしたし、桜川の愛情も垣間見えたし、納得のいく回でしたね。
確かにもう少し早い回で草太の魅力を描いて欲しかった。。
こっちの若葉と『それでも生きていく』の双葉とで、名前がゴッチャになるのが情けないですが、、、

前回に砂嵐の映ったテレビが見えた気がしたら、今回でチューナーを見せてましたね。
地デジ化してないことをアピールしてていいのかなぁ。

僕は『チクチク~♪』の繕いものと醤油ご飯のシーンも、しんみりしましたねぇ。

投稿: 閑人 | 2011年8月19日 (金) 19時38分

こんばんわ~!

>テレビとエアコンの調子はいかがですか?

絶好調です。良かった~~。。。

>ちょうど、面白くなってきたところなので年甲斐もなく落胆してます。(笑)

私がUPした記事で参考になればいいんですが。

全開ガールもバチスタもおもしろくなってきましたね。
私も以前より楽しみになってきてます。。。

投稿: とわ→素朴な日々さん | 2011年8月20日 (土) 19時12分

こんばんわ~~。

>確かにもう少し早い回で草太の魅力を描いて欲しかった。。

そう思いますよね?
ちょっと足らなかったですよね~。

>こっちの若葉と『それでも生きていく』の双葉とで、名前がゴッチャになるのが情けないですが、、、

そうそう!!おんなじです。(笑)
双葉と若葉、ややこしいですよね。

あと、薬師丸ひろ子さんの役の桜川と、絶対零度の上戸彩ちゃんの役の桜木。
なんで~~!って思います。。。
全部、フジテレビなんですよお~。かぶりすぎ!

>地デジ化してないことをアピールしてていいのかなぁ。

でしょ?でしょ??
ここはチューナー取り付けて見てないと。(笑)

>僕は『チクチク~♪』の繕いものと醤油ご飯のシーンも、しんみりしましたねぇ。

ああ…。ほんとに。
チクチクの歌もかわいかったですよね。
若葉が子供のころみたいに、ヨッシャ!ってポーズしてて。
ジャージのひざ下がなくなってるところも彼女の温かさが出てて好きでした。
今回はほんとに良い回でした。

投稿: とわ→閑人さん | 2011年8月20日 (土) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全開ガール・第6話:

« 絶対零度~特殊犯罪潜入捜査・第6話 | トップページ | チームバチスタ・アリアドネの弾丸・第6話 »