2010年12月22日 (水)

相棒9・第9話「予兆」

警察庁の女性職員、絵利子が殺され、右京と神戸が調べると警視庁の職員、藤崎が浮かび上がります。

絵利子は藤崎に警察庁の機密情報を流していた・・・。

警察庁長官はこれを材料に警視庁を揺さぶろうと思い立ち、捜査の行方を興味津々で見守りますが・・・。

実際は絵利子と藤崎の関係に嫉妬した藤崎の妻の犯行だったと・・・。

.

まあ、かねてからあった警察庁と警視庁の対立が表面化しそうな事件が起こったのかと思いきや、それにはちょっとかすっただけでした。

.

でも、警視庁は警察庁から情報を得ようとしていたわけで、相変わらず胡散臭いことには変わりないですね。

.

.

そして、事件は解決。

右京さんが一緒に花の里に行こうと神戸が戻るのを待っていると・・・。

.

その後が、映画へとつながるんですね~。

.

同じ警視庁内では、捜一トリオがお寿司を作って仲間とお祝いをしているし。

米沢さんと陣川クンが銀行のATM前にいるし。警視庁内にあるのかな?

神戸は右京さんを待たせて、おつきあいで大河内と剣道の練習中。

.

何かが起こってしまうんですね!!!

.

こういう演出されると、ワクワクします~。

やっぱ観に行かないとって思わされますね。(笑)

.

今回のお話では、神戸が女性のメイクにかなり詳しいことが判明。

化粧に違和感がある気付いたり、あなたの化粧品では彼女の顔をここまで派手にはできないと言ったり。

鋭いわあ~。

でも、詳しすぎ。

つい、それは自分自身もメイクしたことがある人のセリフでは?な~んて思っちゃいました。(笑)

.

来週の相棒はお休みです。

そのかわり、恒例の元旦SPがあります。

予告を見ましたが、これもおもしろそうですね~。楽しみ。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年12月20日 (月)

SPEC・最終回

SPECは、7、8話を録画失敗で見逃してしまいました。

でも、9、10話はバッチリ。

ちょっと情報が足りてない部分があるんで、感想を書くのもおこがましいんですが。

.

SPEC、大変おもしろかったです。

なんといっても、このテイストって文句なしでいいです。

もっと見たい~。

.

あれは、当麻にもにのまえの能力が覚醒したってことですよね。

姉弟なので有り得そう。

しかし、あの津田。

よ~わからん・・・。

ケイゾクもそうだったので、別に気にはならないけれど。(笑)

.

最後に餃子で作った「終」の文字に大笑い。

ラスト3話分くらいはシリアスだけで押し通して欲しかった気もしないでもない・・・。

.

当麻の飄々としたところも良かったし、瀬文の命がけの戦いも良かった。

あの美鈴が能力でバッチリ二人をサポートしたのには意外性がありました。

地居の変貌ぶりも、こうきたか~って感じでしたね。

能力なしの当麻がにのまえに知恵を絞って挑むところは特に好きでした。

.

でも、こういう能力者モノって、すごく作るのが難しいそうですね。

能力者の裏をかく能力者って。

繰り返していくと、しまいには際限がなくなって、ついていけなくなり面白味が消えてしまいそう。

SPECは、その手前でとまっていておもしろかったですよ~。

.

で、映画版はありますか?

なら観に行かせてもらいます~。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年12月19日 (日)

土曜ワイド「終着駅の牛尾刑事VS事件記者冴子」

牛尾刑事と事件記者冴子の合体作。

たまにあるスペシャル企画です。

こういうスペシャル企画は絶対に見なきゃ!ですわ。

.

時間も延長で、じっくり見せてもらいました。

おもしろかったですね。

いろんな色彩を見せる女の友情が見所だったかな。

.

冴子サイドの水野真紀さんと船越英一郎さんの出番が少なかったなあ。

鶴太郎さんの枯れた感じが相変わらず良かった。

家に帰ると奥さんの岡江久美子さんがいて、いつもの晩酌。

小鉢が2つくらいをアテにしてチビチビ。

静かにお酒を飲んでいる姿が結構好きなんですよね。

.

今回ちょっとおもしろいなと思ったのが、鶴太郎さんが聞き込みにいった先の八百屋の奥さん。

鶴太郎さんに長々と昔話をするんですけど。

その間、おんぶしてる赤ちゃんをしきりに揺すってあやしているんです。

もうずっと赤ちゃんが背中で激しく揺れて、首があっちへいったりこっちへいったり。

体も浮いてしまう勢い。

その上、手を後ろに持っていって、赤ちゃんのおしりをポンポン何度も叩いて・・・。

.

でも、この赤ちゃん、爆睡中なんですよね。

女優さんの背中にぺったり張り付くようにして寝っぱなし。

女優さんの背中が相当心地良いのか、どんなに揺すられても起きる気配まったくなし。

あんまり起きないので、セリフを聞くのを忘れて笑ってしまいました。

.

寝てるんだから・・・。

あのあやすような演技はいらないでしょうに・・・と思いましたわ。(笑)

.

あと、エンディングで流れた森山直太郎さんの「花鳥風月」が素敵でした。

牛尾刑事のイメージにピッタリ!

.

「花鳥風月」ってタイトルの曲はどれもいいですね~。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

相棒9・第8話「ボーダーライン」

今回はまさに負のスパイラルに入ってしまった男の人のお話でした。

就職口がみつかないところから始まり、婚約者に逃げられたとこで雪崩を打ってボーダーラインを超えてしまう。

.

何かひとつ良い事があれば、救われたかもしれないのに。

柴田のかかわった人みんなが、少しだけいたずらな悪意を持っていて、彼を絶望させてしまったのかな。

.

弱みにつけこんで安く働かそうとする業者がいたり・・・。

いい資格を持っていても就職にはつながらなかったし。

ドラマの中で就職にいい資格を持っていても経験がないから雇ってもらえない、年をとってる者に今から経験を積ませくれる会社なんてない、と言ってましたが、これはあるんでしょうね。

資格さえ持っていたらなんとかなると思いがちだけれど。。。

経験を積むには時間がかかるから。

.

今回の柴田が陥った負のスパイラルはとてもリアリティがありましたね。

ちょっと、柴田の身になって見てしまって、ヘコんでしまいました。

私もしっかりせねば・・・。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年12月 2日 (木)

相棒9・第6話「暴走」

今日のはすごかった!!!

後半、真相に迫るシーンでは久しぶりにゾクゾクしました。

警察内部のイザコザってやはりおもしろい。

右京さんはもとより、イタミンと神戸がカッコよかったな~。

.

角田課長、伊丹、三浦、芹沢などなど、とにかくたくさん登場。

それも、みんなの性格がバッチリわかる言動付き。

たくさん登場しても散漫にならずにまとまるなんてすごいです。

.

それに、なんといっても神戸が右京の一本気な考え方に反旗を翻したのに注目。

これから、右京と神戸の違いを表面化させるお話もたくさん出てきそうですね。

右京についていくっていうキャラとはまた違っておもしろいです。

.

特命係内でも一枚岩ではなく、そして意外にもイタミンが右京に近い考え方をしてるんですね。

そのイタミンも結局は右京の考えとは違う結論を下したけれど。

.

もう一つ、おもしろかったのは、麻薬取締官(マトリ)の実態が披露されたこと。

マトリは薬剤師の資格を持ったものが多く、潜入捜査をするのは身寄りのない者が任命されるとか。

こういう裏話的なのは好奇心がムクムクします。

(ほんとうのことですよね?笑)

踊る大捜査線も裏話がおもしろかったけれど、こちらはダーティーな部分のもの。

こういう好奇心もどんどん刺激してほしいです。

.

事件の真相がわかった後、潜入捜査官の悲壮な決意に自殺するしかなかったのかしらと思い・・・。

捜査協力者がきわどい立場に立たされているんだなと心配になったり・・・。

いろいろ思いを巡らせてしまいました。

真相のままだと自殺幇助で協力していたことが世間にバレてしまうし、捜査官の思いだって組んでやれないことになるんですよね。

でも、右京さんは根本的な問題を解決しない限り、同じことがまた起きると思っているわけで・・・。

右京さんとそれ以外の人々。どちらの考えにも一理あって考えさせられるお話でした。

スッキリする終わり方ではなかったけれど、こういう苦味のある終わり方は相棒らしくて最高です。

.

神戸とこの先、いろいろもめる作品もあって欲しいですね~。

それから、そんな右京さんを結果的に神戸が取引で守るような作品も見てみたいな~。

いろいろお話の幅が広くなった良い回でした。

.

組織犯罪対策5課の面々もたくさん登場しましたね。

相棒ファンとしては、クローズアップされてうれしい・・・。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

.

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2010年11月28日 (日)

2夜連続・松本清張SP「球形の荒野」

ストロベリーナイトでは駆け足でついていけなかったなんてことを書いたので、今回のをスローテンポで間延びしたと文句をいうのは自分勝手かもしれないんですが。。。(笑)

でも、2夜連続で見られるこういうドラマは大好きです。

まったりと見ることができました。

前半はあまり田村正和さんが登場しなかったですね~。

.

.

たった一度、奈良のお寺の芳名帖に書き記した名前。

その筆跡は独特で、誰が書いたものであるかを如実に証明していた。

・・・たとえ書かれた名前が別人のものであっても。

.

その筆跡は大昔に亡くなったとされた男のもの。

身元を偽り恋焦がれた日本の地におりたった男がつい記してしまった。

それが・・・関係者の目にとまることになるとは・・・。

.

.

捜査にあたり、添田刑事(生田斗真)があまりに一人で久美子(比嘉愛未)につきまとっていくので、ちょっとストーカーちっくで怖いものがありました。

まだ何もわからないあの段階で久美子が招待されていった歌舞伎座?にまで追いかけていくなんて・・・なんで?ってカンジです。

恋心?刑事のカン?ふたつのあわせ技でもちょっと・・・。

他の刑事は取り残されているし。

先輩刑事の鈴木(江口洋介)は始終、存在感がまるでなかったですね。残念。

戦争体験者としてのセリフも未体験の添田との年齢差が感じられず真実味がなかったし。

.

後半、殺人事件の全貌が明らかになりはじめると俄然おもしろくなりました。

.

野上(田村正和)と久美子の再会がクライマックス。

娘がかわいくてかわいくて・・・っていう心情がにじみ出ていてもらい泣きしました。

.

終わり良ければすべて良しですね。(o^-^o)

.

それと、とにかく比嘉愛未さんのキレイ。

黄色の洋服がよく似合いますね。

レモン色じゃなくて、あたたかみのある卵の黄身の色。

いくつも着用されてましたが、ほんとによく似合う。

.

野上の秘書的存在?のフランス人女性のジュリー・ドレフュスさん。

彼女は赤などの原色を多く着ていたけれど、こちらも素敵。

浮いた存在になりそうキャラだったのに、優しさに満ちていて和みました。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月25日 (木)

相棒9・第5話「運命の女性」

※第4話「過渡期」は感想をパスしました。

.

.

久しぶりに陣川くん登場。

今回も陣川くんは・・・叶わぬ恋に泣きました。

「運命の女性」っていうタイトル、今までなかったんですね。

ちょっと意外でした。

.

冒頭のシーンは不思議。

友人の結婚式に参加したあと、ホテルの柱に隠れるようにして、男性にシャツをあげさせて胸をさわってる陣川くん・・・。(汗)

なぜかブーケを受け取って周りの女性にあげもせず、持って帰ってきてるし・・・。(笑)

神戸とのやりとりも随所にあって、くすりと笑えるシーンが多かったですね。

.

今回、彼が出会ったのは、しっかり者の篠原奈緒。

右京&神戸が調べてみると、一流ホテル専門のスリとわかり・・・。

彼女は前科を職場にバラすぞと脅され、スリの腕を利用されていたんですが・・・。

.

陣川くんはいつもどおり彼女の事を信じたくて。

いつも想いは通じるのに、相手が犯罪に手を染めていて引き離される展開で。

不憫・・・。

.

しかし、あの陣川くんの部屋。

部屋中が指名手配犯の写真だらけ。(笑)

寝ても冷めても写真を眺めて、人ごみに隠れる逃亡犯を捕まえようと日々努力してるよう・・・。

奈緒はよくあの部屋に入りましたよね。

出会ったばかりで・・・。

玄関先でチラッと中を見て、あの異様な気配に驚いて一歩として中へ進めないのが普通だと思うけれど・・・。

.

あと、友達全員から「警視庁」と呼ばれてるなんて。(笑)

右京さんのいう風変わりで純朴な青年って感じのとおり。

警察の仕事に没頭してることは友達にも知れ渡ってるんですね。(笑)

.

奈緒は最後は陣川くんの仕事を気遣って、精一杯の優しさを見せて退場しました。

「もし、あなたがあのままやり直していたら、陣川くんとのうまくいっていたのでは?」

という右京さんの言葉に納得。

.

陣川くんには、ああいうしっかり者の豪快な女性が似合んじゃないかな。

なんてったって、指名手配犯の写真だらけの部屋を見ても驚きもしなかった女性ですもの。

一緒にいても何も変わらず、陣川くんを警察の仕事にまい進させてくれそう。

.

.

※ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年11月21日 (日)

ドラマスペシャル「ストロベリーナイト」

2009年に話題になった誉田哲也さん原作の「ストロベリーナイト」をフジテレビがドラマ化。

主演は竹内結子さん。脚本は龍居由佳里さん。期待しちゃいます。

.

ところで、私はこの原作を全然知りませんでした。

推理小説ファンなのに。。。

新刊をあまり開拓してないってことがバレてしまったか・・・。(笑)

また図書館で借りてこなくっちゃ!

.

.

公園でブルーシートに包まれた死体が発見されます。

被害者は男性。凶器はカミソリなどの刃の薄いもの。

遺体にはガラスの破片が刺さっており、何十回と殴られている。

そして、腹部を切開されています。

警視庁捜査一課警部補、姫川玲子(竹内結子)は班を率いてその事件の捜査にあたります。

彼女はノンキャリ。けれどズバ抜けた推理力と努力で男性刑事を押しのけてこのポジションを勝ち取っています。

彼女がそうなったのには、過去の事件で被害者となり、その際に親身になってくれた女性刑事の存在のせい。

彼女のように戦ってやる。それが今の原動力でした。

アクの強い刑事たちにイヤミを言われながらも、彼女は現場の検証を繰り返すうち、捜査は別の方向へと向かい、やがてすべての辻褄が合いだします・・・。

.

.

おもしろかったですね~。

ただ、すごく駆け足だった気がするんですよね。

原作ではもっと丁寧にひとつずつ段階を踏まえて書かれていたのでは?なんて思ってしまいました。

展開がはやくてついていけない部分が多かったです。

もったいない・・・。

特に第一の殺人のあと、姫川が真相を突き止めて、ネットに結びつくまでがよくわからなかった・・・。

私が土曜の夜にホケ~と見てるせいか・・・。

.

姫川の天敵となるガンテツこと勝俣(武田鉄矢)刑事。

昔風の刑事で、一匹狼。

警察内で情報を独り占めしてる様子に、なんとも手強そうな刑事でどうなることやらと思いましたが・・・。

なぜか、すんなり菊田と組んでいるのにビックリ。

まあ、最後にはちょっといいデカに見えるようになって良かった。

私の中では武田鉄矢さんは勝先生だし。(笑)

龍馬伝ではもう出番はないのかしら。

出て欲しい・・・。

それと、生瀬さんの演じた刑事。骨がなさすぎ。(笑)

.

あと、手錠でつながれた後ろにある手首を、お尻と足を通して前にもってくるなんて・・・できます?

あのシーンで見ながら即座にやってみたけれど、私にはできなかった。

お尻が邪魔になって。(笑)

体のとっても柔らかい人ならできるものなのか。

気になります。

※母と話していて試してもらったら、なんとできそうでした。

めちゃめちゃ細いとできるみたいですね。。。

.

主演の竹内結子さんの他、西島秀俊さん、生瀬勝久さん、高島政宏さん、遠藤憲一さんなどなど、隅々まで豪華キャスト。

これはきっと、キャストで犯人バレがないように注意を払われたせいでしょうね。

今回のがパイロット版として作られたのなら、ぜひ、連続ドラマで見てみた~~い。

.

こういうスペシャルドラマはうれしい限り。

ぜひぜひ、もっと放送してほしいです。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

相棒9・第3話「最後のアトリエ」

夭折した天才画家、有吉。けれど世の中にあまり知られてはいない。

22歳で亡くなった彼は、病に侵され失意のうちに最後に描いていた絵を切り裂いたという。

それが彼の唯一の逸話として伝わっていた。

その有吉の初めての個展が開かれ、その開催にあわせて本が出版されます。

夭折の天才画家が一部のマニアだけでなく、多くの人に知られようとしていました。

そんな時、個展から出版までをすべて取り仕切っていたイベント会社の社長が殺害されます。

.

右京(水谷豊)と神戸(及川光博)の捜査線上に浮かびあがってくるのは、一人の年老いた画家、榊(米倉斉加年)。

彼は有吉のふるい友人で、今回の本を作るために有吉から受け取った手紙を多く提供した人物でした。

やがて、行方不明だったその絵がみつかります。

けれど切り裂かれていると思われていた絵は無傷の状態で・・・。

右京たちは混乱するばかり・・・。

.

実は切り裂かれたという話は榊の提供した有吉の手紙に書かれてあるだけで。

それは榊に心配してほしいという気まぐれから有吉が書いたものでした。

けれど、手紙どおり切り裂かれていた方がよりセンセーショナルでいいと思った社長が絵を切り裂こうとし・・・。

.

友人の遺作の絵を守りたい一心の榊は社長に抗議、衝動的に社長を殺したのでした。。。

「ただ、絵を見にくる人間なんていない。その背景にある物語を見にくるんだ」

社長のこの言葉は・・・よくわかりますが。

そのためには絵を切り裂こうなんて驚きの発想。

友人の遺作の絵を守りたかったという榊の気持ちはなんだかとてもよくわかりました。

同じ画家ならなおさらですよね。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年11月 2日 (火)

SPEC・第4話感想

ミショウに捜査一課2係の近藤が自殺者遺族ネットワーク委員長古戸久子を連れてやってきます。

古戸は1年前に自殺した娘、美智花から「3時に殺される。助けて」というメールが届いたと混乱しています。

美智花は1年前、入会していた自殺サークルの自殺志願者6名と共に自殺したという。

学校でのイジメが原因だったとか。

すぐに遺書と遺品が送られてきたけれど、今もその死体はみつかってはいない。

.

自殺サイトの掟によれば、7人がグラスに入った毒入りの飲料を飲み自殺する。その中に1つだけ毒ではなく睡眠薬が入っており、それを飲んだ者が後のすべての処理をする。もちろん次の会の主催し幹事をするという。

娘は自殺を思いなおして逃げたのでは?そして、幹事から命を狙われているのでは?と古戸は悲嘆にくれて訴えます。

.

ミショウはその依頼を引き受けることに。

さっそく自殺サイトをみつけ、1年前に会に参加した者をみつけます。

当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)は競うように聞き込みを開始します。

.

古戸も一緒に参加者の一人であった植松のところに聞き込みに。

彼の父親がいうには、何度も遺書と遺品を送ってきては金をせびって困っていると。

どうやら、植松は居残り続けているらしい・・・。

.

 蔵が開かなくて、苦労する瀬文を見て、イヒヒ笑いをする当麻がおもしろかった。

なんだか、当麻って毎回、心を奪われるリアクションが1つある・・・。(笑)

.

他のメンバーが自宅に送ってきたという遺品を集めてみると、ブレスレット、時計、万年筆がどこかみな壊れています。

けれど、植松のだけは無傷。

植松はコンピューターに詳しく、海外で傭兵だったことも発覚。

植松がメンバーを殺しているのでは?などと推理するミショウメンバー。

.

当麻は自殺サークルに登録します。

古戸も自分で登録したという。

瀬文と近藤は当麻に勝手に登録されてしまいます。(笑)

.

まもなく自殺サークルから誘いのメールが。

当麻、瀬文、古戸、近藤が指定された場所にいくと、他に二人のライダーが。

黒装束で顔も隠した幹事がみんなを迎えます。

.

みんなの前にグラスが出された途端、古戸は幹事に疑問をぶつけます。

「1年前もこうだったんですか?ほんとはあなたがみんなを殺したのでは?」

驚いた幹事はバイクで逃走しますが、後を追いかけてきた当麻らの前で転落死してしまいます。

.

当麻は筆で手がかりになる文字を書いて、頭を働かせ犯人を探り当てます。

「古戸さん、あなたには念動力がありますね。

念動力でバイクのレバーをぶち壊し幹事を殺したのもあなた。

遺品に傷をつけ、植松さんが疑われるように仕向けたのもあなた。

娘さんの会は本当に自殺希望者だけで行われた。でも自殺と思いたくなかったあなたはすべてを植松の仕業に仕組んだんです。

幹事は私たちを殺す気はなく、ただ追い払いたかっただけ」

そして・・・、古戸が殺した幹事は娘、美智花でした。

.

娘を殺したと知った古戸は混乱して、部屋中の物を破壊していきます。

「自殺サイトなんて野放しにしている警察が悪いのよ!」と叫ぶ古戸。

念力で破壊された物の破片が絶え間なく瀬文と当麻に降りかかかります。

なんとか電気ショックで古戸を鎮める瀬文。

その瞬間、津田の部下たちが部屋になだれこみ、古戸を連れ去ってしまいます。

津田に気絶させられた当麻と瀬文は床に伸びたまま・・・。

.

.

いつも、ハードに打ちのめされる当麻と瀬文です・・・。

ちょっと気の毒。(笑)

.

津田は能力者を集めてどうしようとするんでしょうね。

毎回、能力者が本性を現すシーンはおもしろいですね。

今回の古戸もカッコ良かったです。。。

.

「にのまえ」君(神木隆之介)は一 十一(にのまえ じゅういち)という名前らしい。

今回、彼は医師のところへ。

医師は触れることで病気を探るような能力があるみたい。

にのまえ君は何を企んでいるのか・・・。

.

当麻の元彼、地居(城田優)の予備校にやってくる志村の妹(福田沙紀)。

こちらもつながりが出てきそう・・・。

ああ、こうつながるのかあ~って感じですね。

.

あと、大阪王将がこのドラマとコラボしてると教えてもらったんですが。

大阪王将って、餃子の王将の大阪支部なんだろうって勝手に思ったんですけど。

そうじゃないんですね~。ビックリ。

餃子の王将に行ってコラボ餃子を探してみるところでした。(笑)

ちなみに、ドラマ放送中は販売しているらしいです。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

.

.

| | コメント (2) | トラックバック (3)

その他のカテゴリー

2008年冬ドラマ 2008年夏ドラマ 2008年春ドラマ 2008年秋ドラマ 2009年冬ドラマ 2009年夏ドラマ 2009年春ドラマ 2009年秋ドラマ 2010年冬ドラマ 2010年夏ドラマ 2010年春ドラマ 2010年秋ドラマ 2011年冬ドラマ 2011年夏ドラマ 2011年春ドラマ 2011年秋ドラマ 2012年冬ドラマ 2012年夏ドラマ 2012年春ドラマ 2012年秋ドラマ 2013年冬ドラマ 2013年夏ドラマ 2013年春ドラマ 2013年秋ドラマ 2014年冬ドラマ 2014年夏ドラマ 2014年春ドラマ 2014年秋ドラマ 2015年冬ドラマ 2015年夏ドラマ 2015年春ドラマ 2015年秋ドラマ 2016年冬ドラマ 2016年夏ドラマ 2016年春ドラマ 2016年秋ドラマ 2017年冬ドラマ 2017年夏ドラマ 2017年春ドラマ 2017年秋ドラマ 2018年冬ドラマ 2018年夏ドラマ 2018年春ドラマ 2018年秋ドラマ 2019年冬ドラマ 2019年夏ドラマ 2019年春ドラマ OSAKAの一大事 おいしいプロポーズ おすすめ映画 おせん きなこ庵テレビ通信 きなこ庵ドラマ通信 きなこ庵日記 どらま(2007年秋以降) ぴんとこな【2013・夏】 アンフェア ガリレオ グルメ・クッキング ゴンゾウ~伝説の刑事~ スシ王子 セクシーボイスアンドロボ チェイス~国税査察官~ ドラマ三昧(アメリカ、韓国など) ハゲタカ ブラッディ・マンデイ ホタルノヒカリ メイちゃんの執事 モップガール ライアーゲーム 一人で行ってみよう!2007 健康&グルメ 凡庸な私が日々思うこと 山田太郎ものがたり 心と体 拝啓、父上様 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 時効警察 書籍・雑誌 歌姫 気になるCM 漫画・映画・小説・エンタメなど 真田丸 花ざかりの君たちへ 花より男子 華麗なる一族 関西のテレビ 関西の場所 音楽 魔王 鹿男あをによし 龍馬伝 2時間&スペシャルドラマ