« SPEC・第1話感想 | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女・第1話感想  »

2010年10月11日 (月)

龍馬伝・第41話「さらば高杉晋作」

龍馬(福山雅治)は亀山社中を元にあらたに脱藩浪士を集め、海援隊を組織します。

土佐藩と組んで船を使ってビジネスをする一方で、大政奉還を目指すのが目標。

.

さっそく、土佐商会の弥太郎(香川照之)がやってきます。

お金の管理はすべて自分がすると請け負う弥太郎に、龍馬はニンマリ。

亀山社中のころから貯まったツケを払ってくれと請求書の束を渡し、その上、蒸気船を用立ててくれと頼みます。

思わず唸り声をあげる弥太郎ですが、本来の押しの強さで龍馬の願いをかなえていきます。

.

龍馬が土佐に協力しているとなれば、長崎の商人たちも気持ちよく取引をしてくれます。

弥太郎は水を得た魚のようにてきぱきと部下に指示していきます。

.

また、後藤(青木崇高)は長崎奉行に呼ばれ、龍馬のことをたずねられますが、彼は土佐藩士であり、これ以上の詮議は無用と逆に圧力をかけます。

土佐を後ろ盾とし、龍馬は海援隊として活動していけそうですが・・・。

龍馬は長崎に残されるお龍を気遣って、長州の三吉慎蔵(筧利夫)のもとにいれば幕府も手を出せないと下関へと連れて行きます。

手厚くもてなされる龍馬とお龍(真木よう子)。

.

そこで高杉(伊勢谷友介)の容態が相当悪いと知らされます。

見舞いに出かけていくと、そこには木戸(谷原章介)の姿が。

龍馬は土佐藩と組み海援隊を作ったことを報告。土佐藩が大政奉還論に乗っていると伝えます。

けれど、木戸は藩主山内容堂が承諾していないことを指摘して、聞き入れようとはしません。

病床の高杉は、木戸にあらためて遺言と思って聞いてくれと頼みます。

「坂本さんは奇跡を起こしてくれた。

土佐藩が大政奉還を目指しているとすると、それは奇跡のこと。

坂本さんの起こす奇跡に我ら長州もかけてみては。

いや、賭けて欲しい」

.

龍馬は高杉と一緒に浜辺を歩きます。

「高杉さんが作った長州の奇兵隊には身分の差がなかったがじゃ。

侍も、商人も、百姓も一緒になって自分の国を守ろうとしちょった。

これこそが新しい日本の形じゃとわしは確信したぜよ」

「うれしいのう。

日本をたのんます。坂本さん。

ぼくの出番はもう終わりです。

あとは、酒を飲んで三味線をひいて、おもしろおかしく暮らしたい。

あの世でね。

高杉晋作はそういう男ですけ」

.

 ここのシーンがすごくいいです。
高杉の横顔と龍馬の泣き顔が素晴らしかったです。

.

お龍のところに戻った龍馬はお酒を飲みながら、物思いにふけっています。

「人はどうして死んでしまうんじゃろ。

おまんの役目はもう終わったと・・・思われちゅうんじゃろうか」

「そうかもしれませんね。

せやかて、人の死というものは終わりだけじゃないと思います。

その人の役目を・・・志を受け継ぐものにとっては始まりどすさかい・・・」

「そうじゃのう。どんな時も前に向かわんといかんがじゃき」

龍馬は大きく息を吐きます。。。

.

 人の死についての龍馬の思い。

私も教えてほしい。きっと答えなんて出ないんでしょうけれど。

誰かに聞いてみたいです。。。

.

龍馬のところに中岡慎太郎(上川隆也)が訪れます。

久しぶりの再会を喜ぶ二人。

中岡は龍馬が海援隊を作ったと聞き、自分は陸援隊を作り、武力による倒幕を目指すと伝えます。

大政奉還をすすめる龍馬に、先に進むには戦しかないと主張する中岡。

二人はやり方は違うけれど、お互いにがんばろうと杯を交わすのでした。

.

海援隊の初仕事。いろは丸が大坂に向かって出航。

高杉は龍馬に奇兵隊の旗を贈ります。

龍馬はその旗を胸に抱いて、高杉の志を継いでいくことを誓います。

.

高杉は誰もいない浜辺をよろよろと歩いています。

やがて、崩れるようにその場に膝をつき・・・。

波音の合い間に、高杉の絞り出すような激しい慟哭が聞こえてきます。

.

外国を渡り歩いて学びたい、日本が変わっていく様を見届けたい。

なによりこれからの日本の難局に全力を尽くして取り組みたい。

.

「ぼくの出番は終わり・・・」

何度、自分を言い聞かせても、聞分けの悪い子供が自分の中にいる・・・。

体の奥底から突上げてくる嗚咽をとめることができない。

.

まさにこの世は、去りがたい・・・。

あきらめられない悔しさを抱え込んで、高杉は途方にくれて天を仰ぎ見ます。

.

.

高杉の泣き声は胸に突き刺さりました。

キレイな最期じゃなく、悔しさをにじませて終わったのには納得しました。

そうでないと。

病に未来や希望をもぎ取られ、この世から去らないといけないんですもの。

悔しくて当たり前。

うん、うんと頷いて涙があふれました。

.

伊勢谷さんの高杉はとても存在感がありました。

高杉晋作といえば、当分は伊勢谷さんを思い出しそうです。

.

龍馬とお龍が長崎にやってきたシーンで流れていた曲。

泣かせる曲でしたね。サウンドトラックに入ってるかな。

.

弥太郎もようやく本領発揮。

腕をふるえる場所を与えられて、これからが勝負の時ですね。

偉そうにしてる弥太郎がちょっとかわいく見えました。

後藤も。

龍馬の敵にいるときは憎々しくて思えたのに、龍馬の味方になった途端、なんて頼もしいんだろうと。(笑)

それだけ後藤にもまだ使っていないパワーがあるってことなんでしょうね。

.

ところで、龍馬は木戸には大政奉還をめざそうと必死に説得してましたが、中岡にはあまりそういうこともしないんですね。

この違いはなぜ?

龍馬は中岡を当てにはしていないってこと??

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ブログランキング

.

|

« SPEC・第1話感想 | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女・第1話感想  »

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/49710803

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝・第41話「さらば高杉晋作」:

» 龍馬伝〜第41回 感想「さらば高杉晋作」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)たち亀山社中は土佐藩と手を組むことになります。名称も海援隊に改名しますが、隊の旗や規律なども作られます。海援隊の財政面は土佐商会の主任・岩崎弥太郎(香川照之)が担当しますが、亀山社中時代からの債務や蒸気船の手配まで一切の雑用を引き受け、弥太郎マーチも荘厳なクラシックのように響き渡ります。 土佐藩参政にして権勢並ぶべきもない後藤象二郎(青木崇高)ですが、長崎奉行・朝比奈昌広(石橋凌)に呼びつけられても堂々としたものです。もてなしのカステーラだけでなく長崎奉行の指すら... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 16時09分

» 龍馬伝(第四部) さらば高杉晋作 [*Refreshing-wind blows*]
    【予約】NHK大河ドラマ・ストーリー大河ドラマ 龍馬伝第41回「さらば高杉晋作」【あらすじ】(↑のHPから拝借)土佐藩と手を結び海援隊として龍馬(福山雅治)たちは再出発... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 16時25分

» 「龍馬伝」第四十一話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
海援隊誕生と病に消えた命。 第四十一話『さらば高杉晋作』 [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 20時13分

» ≪竜馬伝≫☆41 [まぁ、お茶でも]
亀山社中は、脱藩浪人がたくさん集まっていた。 自由になんでも出来ると龍馬は言った。運輸、射利 投棄 開拓。つまりエゲレス語で言うところの ビジネスだ。 これからは土佐藩の後ろ盾があるから亀山社中の時以上に 大商いをし、自分らの食い扶持は自分らで稼いでいくのだと惣之丞は言った。 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 20時24分

» 『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
長崎・小曾根邸の離れ。脱藩した者が集まってきた。脱藩者=自由な者。土佐藩の後ろ盾を得た亀山社中。→海援隊。薩長と土佐を結び付ける。海から日本を守る海援隊。海援隊約規。足... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 22時05分

» 龍馬伝 第41回「さらば高杉晋作」 [あしたまにあーな]
前半は大政奉還に向けた龍馬たちの熱い思いを中心に描かれていて、新しくできた海援隊でも声高に自分たちのこれからの活躍を誓い、勢いを感じます。その中でやはり忘れてはいけないのが弥太郎の存在でしょう。比較的固い内容の中でもユーモアを提供してくれるイメージが完全に付いてしまった彼が、海援隊の面々の前に登場し、自分が勘定すべてを取り仕切ると宣言します。 普通はここで、弥太郎に権限が集中するような雰囲気になるのですが、そうならないのが弥太郎なのです。早速龍馬からこれまでのツケと新しい蒸気船の購入を申しつけられ、... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 23時49分

» 『龍馬伝』第41回★人はどうして死ぬんじゃろうか [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON4) 第41回「さらば高杉晋作」  特に文句はないのだけど、かといって面白いかというと微妙な感じ。  高杉とカステラ以外は、物足りない、何かが足りない・・・。 【 カステラむしゃむしゃ 】  長崎奉行・朝比奈(石橋凌)と後藤象二郎(青木崇高)が奉行所で会談  朝比奈は脱藩浪士・龍馬(福山雅治)の件を問いただすが、後藤は龍馬について「れっきとした我が土佐藩士」「坂本の詮議は無用」  龍馬と後藤の間に構築された相互関係がこのセリフによく... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 10時39分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第41回『さらば高杉... [徒然”腐”日記]
遅ればせながらの感想ですリアルタイムで視聴していたのですがねダンナにパソコンを使われてしまってたので書けなかったんです~基本録画して何度も見返すという事をしないので既に... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 15時46分

» 龍馬伝、呆れた男です?? [函館 Glass Life]
今週は高杉晋作最後の出演でしたね{/sayonara/} 僕が思っていた高杉晋作像とは少しかけ離れた人物像 だったようですが、ドラマなので仕方ありません{/kuri_5/} 日本を託す人が出来たと晋作は言っていましたが、託 された龍馬も1年も経たずこの世から居なくなってしま うとは晋作にとっても大誤算だったでしょうね{/cat_6/} いくらドラマとはいえ末期の肺結核の患者が海の中で 足を浸かるシーンはいくらなんでも痛々し過ぎます。 演出とはいえかなり作り過ぎですよね{/cat_7/} 「おもし... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 16時00分

» 龍馬伝41話(さらば高杉晋作)の感想 [テレビとDVDと本が大好き日記]
 慮間伝41話(さらば高杉晋作)を観ました。龍馬たちは土佐藩と手を組み海援隊を立ち上げます。  中岡慎太郎は、龍馬の海援隊に対し、武力で倒幕をするために陸援隊を結成します。  弥太郎は海援隊のために大州藩からいろは丸を借り入れることに成功します。弥太郎はいよいよ商才を発揮し出しますね。  一方、長州では高杉晋作の様態が最後を迎えようとしており、龍馬は高杉と話をし、身分に関係ない新しい国の形を作ろうと話し合い、高杉の意思を受け継ごうとします。  歴史にもしもはありえないけれど、... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 10時17分

« SPEC・第1話感想 | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女・第1話感想  »