« 龍馬伝・第36回「寺田屋騒動」 | トップページ | 龍馬伝・第38話「霧島の誓い」 »

2010年9月13日 (月)

龍馬伝・第37話「龍馬の妻」

龍馬(福山雅治)が薩摩藩邸に匿われたと聞き、捕り方がやってきます。

引き渡せという要求に、西郷(高橋克実)は知らないという一点張り。

.

薩摩藩邸内では、お龍(真木よう子)が瀕死の重傷を負った龍馬の看病が始まります。

痛みに暴れる龍馬を押さえつけ、人目もはばからずお龍は口移しで薬を飲ませます。

意識を取り戻した龍馬を、昼夜を問わず甲斐甲斐しく世話を焼くお龍。

ご飯を食べさせたり、髭を剃ったり・・・。

.

やがて、木戸(谷原章介)から薩長が結んだ盟約文が届きます。

這いつくばるようにして裏書をする龍馬をここでもお龍は横から支えています。

.

西郷は龍馬に体を休めるために薩摩に来てはどうかと提案します。

龍馬の横でそれを聞いていたお龍は、

「坂本さんはもう、うちがお守りするようなお方やおへん」と、以前借りたお金の一部を返し、自分は寺田屋に戻ると言い出だします。

龍馬はそんなお龍に優しく言います。

「お龍、おまんも一緒に薩摩に行くがじゃ。

このまま別れてしもうたら、わしらはもう一生会えんがかもしれん。

それでもええがか?」

意外な言葉に胸がいっぱいになるお龍。うつむいたまま頬が染まります。

「いやや、うちも坂本さんと一緒にいたい」

「お龍、わしらは夫婦になるがじゃ」

「ほんまに。うちでええんどすか?」

「おまんじゃないと、いかんじゃがき」

泣きながらうなづくお龍を龍馬はしっかり自分の胸元に抱き寄せるのでした。

「ありがとう・・・。お龍」

.

長州では。

木戸が藩主毛利敬親に薩長の盟約成立を伝えています。

また一橋慶喜のいる大坂では。

長州攻めを止めるため薩長が手を組んだという噂が広がります。

一橋慶喜ら幕府は愕然とします。

その噂は長崎や土佐にまで瞬く間に広がります。

情報のリークは薩摩と長州の作戦だそうで・・・。

.

一段落した後、龍馬とお龍は薩摩藩士に守られながら薩摩へと向かいます。

その道中、龍馬たち一行は長崎に立ち寄ります。

龍馬はお龍を亀山社中に案内します。

龍馬は仲間に薩摩と長州が手を組んだことと、薩摩から船を手に入れたという報告をしてみんなを喜ばせます。

その後、グラバー邸を訪れ、匿われている高杉(伊勢谷友介)と会います。

龍馬のおかげで長州攻めがなくなったので藩から千両もらい、これから世界中を旅するという高杉。

「帰国したらおもしろいことをやりましょう」

意気揚々と話す高杉。

けれど、その体はすでに病魔に蝕まれているようで・・・。

.

その夜、引田屋では龍馬の結婚の祝いが行われます。

お座敷に呼ばれたお元(蒼井優)は龍馬の妻を紹介され、途端に沈んだ表情に。

心が乱れて、チクリと嫌みを言ってしまうお元。

.

龍馬を挟んでお元とお龍・・・火花が散ります。

.

部屋に引き上げると、お龍はつい「お元さんって龍馬さんに惚れてはるわ」とヤキモチを妬いてみせます。

龍馬はまるで取り合いません。

「うちはほんまに龍馬さんの役に立ってるんやろうか」

重ねてたずねるお龍に向き合うとはっきり言います。

「わしは気が急いちゅうがじゃ。

寺田屋で死にかけた時、わしは思うたがや。

時がない、急がんといかんと。

おまんがおってくれるだけでどんだけ心強いか」

そして、「希(のぞみ)」と書かれたお守りを懐から出してお龍に見せます。

「母がくれき。

どんなときでものぞみがある、のぞみがわしを生かしてくれちゅう。

おまんも一緒に戦おうてほしい。

この世の中を変えるっちゅう、坂本龍馬ののぞみを叶えるために」

お守りをお龍の首にかけようとする龍馬。

お龍は母親の形見の品なのにとためらいます。

そんなことはお構いなしに龍馬はお守りをお龍の首にかけてしまいます。

.

「お龍、わしらはひとつぜよ」

.

悲痛な表情を浮かべた高杉はグラバーに千両で軍艦を買いたいと申し出ます。

それで長州へ帰るのだと。

外へ飛び出した途端、口から大量の血が飛び散り、胸元や地面を染めあげます。

高杉はその場に崩れ落ち、希望が打ち砕かれた悔しさに顔を歪ませます。

.

龍馬と高杉。

時がもうないと気付き始めた二人です。。。

.

.

結構、バタバタと過ぎてしまった45分でしたね。

短いシーンでしたが、高杉晋作の悔しさが伝わってきました。

悲痛な表情が胸に迫ってきて・・・。

.

あと、今回の目玉は龍馬のプロポーズですね。

もっとラブラブでハートが飛び交ってる感じが良かったかな。。。

.

それとなんと!口移しで薬を飲ませてましたね。

オープニングにちらっと映るだけなんてもったいないですよね。

ロマンチックさはあれが一番だったと思います。

お守りのところなんてもうちょっと艶っぽくしてくれても良かった気が。(笑)

.

でも、お龍の看病する姿は龍馬を愛しく想っている気持ちが全身からあふれていました。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

.

|

« 龍馬伝・第36回「寺田屋騒動」 | トップページ | 龍馬伝・第38話「霧島の誓い」 »

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/49438624

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝・第37話「龍馬の妻」:

» 「龍馬伝」第三十七話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
時がない。 第三十七話『龍馬の妻』 [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 21時52分

« 龍馬伝・第36回「寺田屋騒動」 | トップページ | 龍馬伝・第38話「霧島の誓い」 »