« 龍馬伝・第31話「西郷はまだか」 | トップページ | 週刊きなこ庵7-8月編26-15日 »

2010年8月14日 (土)

龍馬伝・第32話「狙われた龍馬」

龍馬(福山雅治)と中岡(上川隆也)は京の薩摩藩邸に西郷(高橋克実)を訪ねます。

なぜ、長州と手を結ぶという約束を反故にしたのか、聞きたいことはそれだけでしたが、西郷は会ってくれません。

.

京では幕府から命を狙われている二人。

龍馬はひとまず中岡と別れ、寺田屋へとやってきます。

寺田屋ではちょうど、新撰組の近藤(原田泰造)がお龍(真木よう子)に酒の相手をさせているところ。

近藤がお龍目当てにやってきているのを知った龍馬は部屋へ乱入。薩摩の西郷の遠縁を名乗り油断させ泥酔させてしまいます。

亀弥太を殺した相手だけに仇を取りたい龍馬の気持ちは乱れますが・・・。

.

長州には、銃を手に入れることができないままの高杉が戻ります。

幕府は長州を討つ準備を着々と進行中。

.

寺田屋では龍馬と重太郎(渡辺いっけい)が再会します。

重太郎は開口一番、「江戸へ戻ってほしい。佐那のもとに戻って欲しい」と頼みますが・・・。

龍馬は「やらないといけないことがある」ときっぱり断ります。

その様子を陰から見ていたお龍はホッと胸をなでおろすのでした。

.

その夜、目を覚ました近藤が、重太郎と共に寝入っている龍馬に襲い掛かります。

龍馬のかわりに受けて立つ重太郎。

龍馬の身を案じて部屋に飛び込んでくるお龍。

二人に守られた龍馬を前にして、近藤は退散していきます。

「わしのようなもんは、いつ誰に狙われているのかわからんきに」とぽつりと言う龍馬。

重太郎は、日本のために奔走し幕府から命を狙われている龍馬の現状を知り、何も告げず江戸へと帰って行きます。

「断られるのはわかっていた。妹ではなく、僕があきらめきれんかっただけだから」と女将らに言い残して。

.

重太郎・・・どうしてまた登場?

お龍に自分の気持ちを自覚させるために佐那というライバルをちらつかせたの?

でも、ほんとにいい兄ですよね。

妹の想いを叶えさせてやりたいと、何度も何度も龍馬に頼んで。

兄妹だからここまでしてくれるんでしょうね。

佐那はほんとにいいお兄さんを持ってますね。うらやましい。

.

龍馬と中岡は西郷から使いが来て、会いに出かけていきます。

西郷は深く頭をさげ謝罪し、船に幕府の隠密が忍び込んでいたことを話します。

長州の信頼を失ってしまい、もう手を組むことはできないという西郷に、龍馬は奇策を思いつきます。

「手土産を持っていくっていうがはどうぜよ」

龍馬は武器が不足している長州に軍艦と銃を贈れと提案するのでした。

「幕府には薩摩の長州攻めに欠かせん武器だというたらええ。

長州にこっそり武器を運ぶのは亀山社中がやりますき。

もう言葉だけじゃ、長州は信用してくれん。

薩摩の覚悟をしめさんといかんぜよ」

「・・・それをやってしもうたら、幕府に戦を仕掛けているのと同じこと」

西郷はその後戻りのできない申し出にのってくれるのでした。

.

.

おもしろいですね。

盛りだくさんの45分でした。

薩摩は長州と手を組もうとしていますが、どちらの選択もできるわけで、先を見る力があるからこその英断なんですよね。

西郷さんってすごい人です。

龍馬に「おまんはなんの後ろ盾もない脱藩藩士じゃないか~」と2部で2度も言っているのに、結局は龍馬の考えで大きな決断をしてくれるんですから。

今回の手土産もびっくりの提案なはずなのに、ニヘラ~と笑いながら承知してましたからね。(笑)

懐が深い人です。。。

.

それと、龍馬とお龍の仲が一歩前進。

重太郎が帰った後のほのぼのとした二人。(笑)

ただ、見ているこちらがお龍を好きになれる何かが欲しいなぁ~。

個性があんまり描かれてない気がして。

今回だとお元の方が魅力的だし・・・。

まあ、いいや。

次回も楽しみしています。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

.

|

« 龍馬伝・第31話「西郷はまだか」 | トップページ | 週刊きなこ庵7-8月編26-15日 »

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/49146376

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝・第32話「狙われた龍馬」:

» 「龍馬伝」第三十二話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
1865年、京都。 第三十二話『狙われた龍馬』 [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 17時16分

« 龍馬伝・第31話「西郷はまだか」 | トップページ | 週刊きなこ庵7-8月編26-15日 »