« 週刊きなこ庵5月編24-30日 | トップページ | 警視庁失踪人捜査課・第7話 »

2010年5月31日 (月)

龍馬伝・第22話「龍という女」

西洋諸国は鹿児島と下関にも港を開け、外国人の居住権利を認めろと幕府に要求します。

西洋諸国の経済的侵略を幕府はもう止めることはできなくなっています・・・。

.

勝塾にいる龍馬(福山雅治)らは、土佐へ帰れという容堂(近藤正臣)の命令に背いたため、再び脱藩浪士にされてしまいます。

土佐の乙女(寺島しのぶ)からは、決して戻るなという手紙と5両が届きます。

.

土佐では、容堂の勤王党の弾圧は続き・・・。

武市(大森南朋)は投獄されます。

そのそばでは、島村衛吉(山崎雄介)に対して、東洋暗殺犯を探す拷問が後藤象二郎(青木崇高)の手で行われています。

島村の悲鳴を聞きながら、武市は苦悩の表情・・・。

.

新撰組に追われる以蔵(佐藤健)を匿っていたなつは、次第に怯え始め・・・以蔵はそこを出て行かざるを得なくなります。

以蔵は京の町を彷徨うことに。

.

なつに以蔵を助けてと頼まれた龍馬は京に出向き、以蔵を探しはじめます。

そこで泊まった宿で、お龍(真木よう子)と出会います。

宿で客に出す食事を作って妹たちを養っていたお龍。

借金のかわりに妹たちをならず者に連れて行かれたと知り、助けに行くと大騒動に。

宿の主人が必死に止めるのを見た龍馬は、お金がないと助けにいっても無駄だろうと乙女から送られた5両を貸してくれます。

「私を買うつもりか?」と憤慨するお龍。

龍馬はそのお金の出所を説明して、「生き金にしておくれ」と渡します。

.

なんだか子供の頃の龍馬を思い出しました。友達に自分のお菓子とかあげてましたよね。変わってないんだな~この人は。。。

.

翌日、龍馬はとうとう以蔵を発見。

新撰組に追われていた以蔵を一度は助け、逃がしますが・・・。

ついに・・・捕らえられてしまいます。

.

龍馬のお金で妹たちを無事引き取ってきたお龍は、心をこめた夕餉を出しますが。

「のどを通りそうもない」とお膳を下げてほしいと言う龍馬。

背を向け座っている龍馬の声がふいに涙に震え、お龍は驚きます。

.

大事な友達がまた捕まった・・・と気落ちして泣き出す龍馬の背中を、お龍は立ち去ることもできず、じっとみつめ続けるのでした。

.

.

以蔵がとうとう捕まってしまいました。

以蔵の最期を見るのがちょっと怖いです・・・。

逃亡の末、追い詰められた以蔵は、助けにやってきた龍馬の顔も判別できないほど怯え切ってましたね。

人を殺せば武市さんに誉めてもえた・・・武市さんのもとに戻りたいと叫ぶ以蔵はかわいそうで・・・。

そうよね・・・以蔵はその一心でやってきたのよね、としんみりしてしまいました。

.

頼りのその武市も今は土佐で投獄の身・・・。

こちらもつらい展開です・・・。

.

龍馬と対峙する新撰組の近藤勇。すごい迫力でしたね。

近藤を演じた原田泰造さんの目が怖いくらい迫力がありました。。。

.

そして、お龍。

良かったです。しっかりした声もいいですね。

京都弁のセリフを標準語のアクセントで言い切ってる箇所がありましたが、全然気にならず・・・。

真木さんの気迫が勝ってたせいかな。(笑)

.

龍馬伝での龍馬とお龍との出会い。しっかり見届けました。

こっからどんな風にロマンチックになってくるのかな。

加尾とのシーンがものすごく素敵だったので、これから期待してます!

.

今回、役人に怯えて以蔵を守れなくなるなつと、妹たちを守るために包丁持って飛び出そうとするお龍。

志士と付き合うには、気の強さが必要なんだろうなあ~~~とチラと思いました。

でも龍馬のまわりには加尾、佐那、お龍と気の強い女性が揃ってますね。

恵まれてるわあ~龍馬は。

長次郎と徳はどうなんでしょうね。。。

地味に好きなカップルなんですよね。。。(笑)

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

.

|

« 週刊きなこ庵5月編24-30日 | トップページ | 警視庁失踪人捜査課・第7話 »

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝・第22話「龍という女」:

» 【龍馬伝】第二十二回 [見取り八段・実0段]
知りません。土佐勤王党は、ただただ土佐藩のため、大殿様、山内容堂さまをお支えするために尽くしてきたがです。投獄されて、後藤象二郎から吉田東洋殺しについて尋問された武市は... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 21時25分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第22回 「龍という女」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
ドラマの中で脚本の福田靖くんは 後藤象二郎に 「土佐藩では上士には拷問出来ない決まりになっている  そのかわり下士には何をしても良い」 と言わせていたが、 先日も書いた通りこれは正確ではない 「土佐藩では」なく江戸時代日本国中の藩で このような慣例であった... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 01時02分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第22回『龍という女』 [徒然”腐”日記]
いつもながらの個人的感想です。ネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。なお、内容について色々突っ込んでいる個所もありますのでご了承ください。え~~~~タイトル... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 07時31分

» 『龍馬伝』第22回★きりりっ! お龍(真木よう子)登場 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第22回「龍という女」  「龍という女」というサブタイトルの割に、お龍(真木よう子)の出番は少なめ・・・。  それでも、真木よう子の発散するエネルギーはさすがです。  キリッとした感じが凄くいい!!  すこし停滞気味の『龍馬伝』に、スパイスを効かせてくれそうな予感を抱かせる登場でした。 【 金に不自由したことはない 】  乙女(寺島しのぶ)からは、龍馬に金5両・・・。  そして、お龍(真木よう子)が、妹を助けるために入り用の... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 11時42分

» ≪竜馬伝≫☆22 [まぁ、お茶でも]
竜馬のもとに、武市半平太が投獄されたという知らせが届いたのは、文久3年(1863年)9月の終わりのことだった。8月18日の政変を境に土佐藩は、藩の内外におる勤王党員の弾圧を始め、京の都では、幕府による攘夷派の残党狩りも始まっていた。 竜馬は、半平太や、以蔵を思う気持ちを抑えつけて一心不乱に学ぶことしかできなかった。(弥太郎... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 07時50分

» 龍馬伝「龍という女」 無情のヒーロー [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
社民党の離脱で、昨年9月以来続いてきた民主、社民、国民新三党の連立政権は約八ヶ月余りで幕を下ろすことになりました。あっけないものですね。 さて、「龍馬伝」です。捕えられた武市半平太、文久三年九月のことです。 今回、山内容堂のぼやきが聞かれます。 「侍!?」... [続きを読む]

受信: 2010年6月 3日 (木) 13時00分

« 週刊きなこ庵5月編24-30日 | トップページ | 警視庁失踪人捜査課・第7話 »