« 週刊きなこ庵・5月編10-16日&ほんとにちょっとの矢部謙三 | トップページ | チェイス・第5話「史上最大のスキーム」 »

2010年5月17日 (月)

龍馬伝・第20話「収二郎、無念」

大坂、専称寺の勝塾で勉強していた龍馬(福山雅治)は、平井収二郎(宮迫博之)が投獄されたことを知り、京の勝(武田鉄也)に相談しに出かけて行きます。

.

その龍馬と入れ違いに兄の権平(杉本哲太)が専称寺にやってきます。

長次郎(大泉洋)らは、兄が龍馬を連れ戻しに来たのだろうと察し、龍馬の帰りを待つ間、勝塾に参加しては?と誘います。

権平は塾生たちと共に夢中になって学びはじめます。。。

.

勝のところには龍馬が。

長州が異国にやられて、幕府は喜んでいる。バラバラで世も末だと嘆く勝と龍馬。

けれど・・・と勝。

国がバラバラだというのは良いこともある。だから異国の属国にならなくてすんでいるのかもしれぬ。

ひとつにまとまってる国なら天辺がやられたら終わり。

日本には幕府、朝廷、各藩と、天辺がいっぱいあり、それぞれが勝手なことをやっている。

異国にとってはやりづらい国なのだと。

物事と言うのはこっちから見るのと、あっちから見るのとでは、まるで違うように見えるものだと龍馬に語りかけます。。。

.

なるほどと膝を叩く龍馬。

勝が好きでたまらない様子の龍馬。私も龍馬と勝のシーンは大好き!

.

龍馬は平井のことを勝に相談します。

ですが、平井は吉田東洋殺しに関わっているのだから仕方ない。

悪いのは武市たちだと言います。

龍馬から見た武市たちと、容堂から見た武市たちは違うのだと。

勝は龍馬と同じようには憤ってくれません・・・。

.

そして、今度は勝が龍馬に相談します。

幕府が勝塾には金は出さないと言ってきたと。

「このままでは勝塾が危ない・・・」と困り顔で龍馬を驚かせます。

勝塾を運営するのに千両いるという勝。

「すまねえけど、ちょっと行ってきてくんねえ!」

越前の松平春嶽(夏八木勲)のところへいって、千両をぶん取って来いと言われ・・・。

「えっ?わしがぁ~?」

龍馬は驚きながらも松平春嶽のところへ向かいます。

.

春嶽は、江戸で勝を紹介して欲しいと頼みにきた龍馬のことをおぼえていました。

龍馬は「春嶽先生のおかげで、わしは勝の弟子になれました」とお礼を言います。

そして、勝塾に千両出してほしいと頭を下げます。

「きっと、生き金にしてみせます!

死に金はモノと引き換えに支払うだけの金。

生き金は使うた以上のもんが何十倍にもなって返って来る金」

春嶽は千両出すことを約束してくれます。

.

そこでも、ついグチってしまうのは土佐藩の武市たちへのひどい扱い。

春嶽の横で龍馬の話を黙って聞いていた熊本藩士、横井小楠(山崎一)が口をはさみます。

彼は優秀さゆえに春嶽に引き立てられたそう。

小楠は西洋のデモクラシーの話から・・・。

時代が変われば、人の考えも、ものの値打ちも当然変わる。

おまえは物事には違う見え方があるとわかっていて、平井の投獄に納得できないというのはおかしいという小楠。

今まで値打ちのあったものが古びて用無しになっただけのこと。

世の中の流れから見れば、ひとりの人間の命など芥子粒のようなもの。

平井も武市もそうなのだと。

小楠も春嶽も勝と同じ反応です。

小楠にそういわれて、返す言葉もない龍馬でした。。。

.

一方、土佐藩では・・・。

容堂が戻ったおかげで、吉田東洋の甥、後藤象二郎(青木宗高)が復権しています。

後藤は連日、投獄された平井に、東洋殺しの首謀者は武市(大森南朋)だと言わせようと拷問を繰り返しますが・・・。

平井は武市の名前を決して出しません。

.

武市も平井の命乞いをしますが、後藤も容堂(近藤正臣)も聞いてはくれず。

やがて、容堂は朝廷に取り入った罪で収二郎に切腹を命じます。

.

勝塾に戻った龍馬は権平と喜びの再会をします。

龍馬の顔を見たいという家族の意向で連れ戻しに来た権平でしたが、勝塾での様子を見て考えが変わった言います。

「おまんは自分の決めた道を進んで行きや」

長次郎の計らいがうまくいきました。

権平は気持ちよく帰っていきます。

.

権平が帰って少し経った頃、龍馬は加尾(広末涼子)からの手紙で収二郎の切腹を知らされます。

.

龍馬は平井の理不尽な死に様に慟哭するのでした。

.

.

勝も春嶽も小楠も、時代の変わり目に犠牲者は当然と。

行く先が見えているから、達観してるのか・・・。

龍馬以外は長生きしたのかと調べてみると、

小楠は1868年、龍馬は1867年。暗殺されてるんですね。

武市は1865年。3年ほどの間にバタバタと・・・。

龍馬、まだ何もしてないですね・・・。

.

喜勢がどうして弥太郎の嫁になったのか。

その謎が解けましたね。

占い師に「お前を幸せにする男は、糞まみれの男じゃ」と言われて、肥溜めにはまっていた弥太郎を選んだと・・・。

相手をほとんど見ずに選んだっていうことですね。これは。(笑)

弥太郎。。。コントが素晴らしいですね。ほんとに大笑いします。。。

でも正直、こういうコントくらいの出番でいいかな・・・と。

ちょっと苦手なので。。。

.

地味に長次郎が好きです。人の心をやんわり懐柔していくのは商売人のせい?

.

次週も楽しみにしています。.

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

|

« 週刊きなこ庵・5月編10-16日&ほんとにちょっとの矢部謙三 | トップページ | チェイス・第5話「史上最大のスキーム」 »

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝・第20話「収二郎、無念」:

» 大河ドラマ「龍馬伝」第20回『収二郎、無... [徒然”腐”日記]
感想のみですがネタバレを含みます。未視聴の方はご注意下さい。今回で20回・・・・・・もう半分近く消化してるんですよね・・・。しかし龍馬が龍になるには程遠い・・・・・・・... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 18時40分

» 「龍馬伝」第二十話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
物の価値と芥子粒の命。 第二十話『収二郎、無念』 [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 20時18分

» 『龍馬伝』第20回★喜勢、占いで結婚を決めた〜そういえば幸夫人も・・・。 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第20回「収二郎、無念」 【 トコロテンをつるつる 】  山内容堂(近藤正臣)は、トコロテンをつるつる・・・。  クワガタに相撲とらせてる。  復権した後藤象二郎(青木宗高)に武市半平太(大森南朋)の相手をさせ、自身はひたすらトコロテンをつるつる・・・。  武市をいたぶってると言うか、弄んでいると言うか、容堂は首筋にクワガタをはわせて楽しげです。  怪物と呼ぶほどじゃないとは思うけど、上司にしたくないタイプです。  こんな奴に人... [続きを読む]

受信: 2010年5月18日 (火) 11時47分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第20回 「収二郎、無念」 [くまっこの部屋]
土佐では平井収二郎が収監されてしまい、武市は収二郎の助命を大殿様に願い出るが・・ [続きを読む]

受信: 2010年5月18日 (火) 21時34分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第20回 「収二郎、無念」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
江戸時代の拷問は幕府も藩も 士分の者に対しては行わなかったらしいですな。 土佐藩であれば、上士に対するお取調べでは拷問は行わないが 郷士や足軽に対しては手ひどい拷問を行った。 故に未だ郷士の収二郎はあのように遠慮なく拷問されているが、 この後、検挙される東... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 15時41分

« 週刊きなこ庵・5月編10-16日&ほんとにちょっとの矢部謙三 | トップページ | チェイス・第5話「史上最大のスキーム」 »