« 週刊きなこ庵4月編12-18日&ほんとにちょっとの矢部謙三 | トップページ | 新参者・第1話「煎餅屋の娘」 »

2010年4月18日 (日)

龍馬伝・第16話「勝麟太郎」

今夜の龍馬伝も良かったです。

ラスト10分の龍馬と勝のやりとりは、胸がいっぱいになって泣きそうに。

おふたりとも思いがこもっていて、感動しました。

.

.

京を発った龍馬は江戸へ。

千葉道場に顔を出した龍馬に、佐那(貫地谷しほり)と重太郎(渡辺いっけい)は大喜びしますが・・・。

.

もう、佐那と重太郎はお笑い担当になってますね・・・。

4年ぶりの龍馬に佐那はドキドキしますが・・・、重太郎は佐那と一緒になってほしいと龍馬に思いぶつけますが・・・。

龍馬の用事は・・・。

重太郎のツテで松平春嶽(夏八木勲)に軍艦奉行並の勝麟太郎(武田鉄矢)に会えるように紹介状を書いてもらうことでした。

千葉のおうちでは、二人の親である千葉定吉(里見浩太朗)までが快く龍馬の願いに尽力してくれます。

.

いよいよ紹介状を携えた龍馬が勝の屋敷を訪れます。

勝の矢継ぎ早の質問に、ついていけず必死の形相の龍馬。

勝の手元の帳面には、龍馬の人となりを採点したと思われる×が並んでしまいます・・・。

×がどんどん増えていき、うろたえ舞い上がる龍馬・・・。

.

初対面の勝は冷たく、龍馬は落胆してしまいます。

.

その勝の屋敷で再会したのは土佐のまんじゅう屋の長次郎(大泉洋)。

江戸へやってきて勉強しているうちに、日本が危ないと聞き、勝の弟子になったのだと告げられます。

日本は広いようで狭いのか・・・。このあと、武市らもやってきて龍馬の幼なじみが勝のところへ集結します・・・。

.

勝は勝で、龍馬の器を測りかねているよう・・・。

けれど、その勝のもとに武市(大森南朋)が平井(宮迫博之)や岡田以蔵(佐藤健)を連れて訪ねてきます。

武市は開国派の勝が気にいらなければ、以蔵に斬らせようとでも思っていたんでしょうか・・・。

けれど、うまくなだめられて帰っていきます。

その攘夷派の殺気だった土佐の連中から、龍馬は自分たちとは違う変わった考えをもっていると聞かされます。

それで、勝はもう一度、龍馬と会う気になります。

.

その同じ頃、イギリス公使館が焼かれるという出来事が・・・。

長州藩士を中心とする過激な攘夷派の仕業。

武市もそうですが、どんどん攘夷の機運が激しく盛り上がってきているようです。

.

勝に呼ばれて屋敷にやってくる龍馬。

勝は龍馬になんでも聞いてくれと言います。

龍馬は驚きつつも、

「勝さまは日本が戦になったら勝てると思われますか?」

「思わない!」 勝は即座に答えます。

「異国の属国になっても仕方ないと?」

「そんな勝手なことはさせない!」

「じゃあ、どうしたらいいと?」

勝はその質問をそのまま龍馬に返します。

「お前さん、どう思うね?」

「わかりませんき・・・」

「俺の弟子になろうとするくらい思いつめていたんだから、なんか考えがあるはずだ」

.

椅子に座って落ち着いて考えろと勝に言われ、龍馬は話しながら自分の考えをまとめていきます。

「・・・勝さまは軍艦操練所のおかしらだと。

そこは軍艦を操る訓練をするところ・・・。

日本にそんなところがあるとは夢にも思いませんでした。

日本は島国ですろう?

偉人らは海からくる。だから強い海軍が必要ですろう。

わしは千葉道場で剣術を習いました。

けんどわしは人を斬ろうとはおもわんですき。

剣術ができるというだけで、なめられることはないですき。

強い海軍があれば、戦にはならんぜよ!

異国に張り合えるほどの文明を学んだら、日本は安泰じゃ。

戦をせんでも攘夷を成し遂げることができるはずじゃ!」

.

龍馬の導き出した答えに、にんまりと笑う勝。

「おもしろいぜ、気に入った!!

おいらのために働いてもらうぜ!」

拍子抜けする龍馬。

.

勝も龍馬と同じ思いを抱いているのだという。

若い頃、アメリカに渡って学んできた勝の口からは開国への熱い思いがあふれ出します。

そして、幕府や藩という小さな塊ではなくて、日本人として異国から日本を守りたいと。

.

龍馬はようやく師と仰げる人と出会いました。

.

勝は軍艦が好きだという龍馬に、アメリカに乗っていった咸臨丸を見せます。

「黒船じゃ、軍艦じゃ」と仰天する龍馬は、さらに咸臨丸に乗り込んで・・・はしゃぎまくります。

目を細めて楽しそうにその様子を見ていた勝は、咸臨丸にいたジョン万次郎(トータス松本)を龍馬に紹介してくれるのでした。

.

.

勝と会うことで一気に道がひらける龍馬でした。

勝や龍馬の考えは天につきぬけるような大きな考えで、日本も大きく成長できるもの。

まっすぐで気持ちよく、ワクワクさせてもらいました。

昔の人はこんなに熱い思いを抱いて生きていたんだな~と、しみじみと感動しました。

.

幕府とか藩にこだわり、暗殺もアリの武市らがますます窮屈な存在に見えてしまいました。

.

.

来週も楽しみです。。。

.

録画失敗しましたので記憶のみで記事を作りました。

土佐弁やセリフがそうとう怪しいですがごめんなさい! 

.

.

※「龍馬伝」カテゴリーで過去ログも読めます。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

.

|

« 週刊きなこ庵4月編12-18日&ほんとにちょっとの矢部謙三 | トップページ | 新参者・第1話「煎餅屋の娘」 »

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝・第16話「勝麟太郎」:

» 福山雅治『龍馬伝』第16回★3年B組「勝麟太郎」〜武田鉄矢 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第16回「勝麟太郎」 【 4年ぶり、千葉道場に 】  千葉道場に突然現れる龍馬(福山雅治)  妙にあわてふためいてる千葉重太郎(渡辺いっけい)が「お前に会いに来たんだよ、4年も待った甲斐があったな佐那」  重太郎と佐那、二人で勝手に感極まってる。  ところが龍馬は脱藩して来たことを説明し、千葉定吉(里見浩太朗)に、「勝麟太郎に何とかして会えないか」と尋ねてる。  定吉、あきれて「お前は攘夷派の脱藩浪士だ。幕府の方も一番用心をす... [続きを読む]

受信: 2010年4月19日 (月) 12時49分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第16回『勝麟太郎』... [徒然”腐”日記]
ネタバレ記事を含みますので未視聴の方はご注意ください。個人の感想レポですのでご了承下さい。江戸に到着した龍馬は千葉道場に寄宿佐那と兄・重太郎が舞い上がっているんだけれど... [続きを読む]

受信: 2010年4月19日 (月) 15時59分

« 週刊きなこ庵4月編12-18日&ほんとにちょっとの矢部謙三 | トップページ | 新参者・第1話「煎餅屋の娘」 »