« 週刊きなこ庵・4月編19日ー25日&ほんとにちょっとの矢部謙三 | トップページ | チェイス・第2話「イミテーション・ゴールド」 »

2010年4月26日 (月)

龍馬伝・第17話「怪物、容堂」

勝(武田鉄矢)は日本に海軍を作るため、諸藩をまわり人材を出して欲しいと頼んでまわります。

諸藩を説得してまわる勝に大きな地球儀を担いで同行する龍馬(福山雅治)は毎日が楽しくて仕方ない様子。

そんなある日。

勝は龍馬を連れて土佐藩へと向かいます。

海軍は、各藩の藩士でないと入れないということになるかもしれず、その時のために龍馬の脱藩の罪を免じておいてもらおうと思ってくれたのでした。

容堂(近藤正臣)と面会する勝と龍馬。

勝は同行している龍馬がその脱藩者だとは言わずにいてくれますが・・・。

容堂は勘付いている様子。

初めて容堂と向かい合った龍馬はなんとも言えない表情をします。

下士である龍馬が容堂に会うことなど許されていなかった時のことですから。

.

勝の申し出を容堂はまったく聞き入れてくれません。

どろりとした怪物・・・、容堂です。

勝も龍馬の身を案じたのか、説得は無駄とすぐに悟ったのか、話を引き上げてしまいます。

その時、容堂は武市半平太(大森南朋)の話もします。

「土佐ではのう。下士など犬猫同然ながじゃ!

下士の分際で藩を動かそうなど、虫唾が走る!

わしのためと言いながら、武市はわしの支えじゃった吉田東洋を闇討ちにしたがじゃ!」

武市の容堂に対する忠義を話す龍馬ですが。。。

容堂は武市に対して激しい怒りをもち続けていました。

.

江戸での人材集めがひと段落し、いよいよ神戸にある海軍操練所に旅立つ龍馬。

世話になった千葉道場に別れの挨拶に向かいます。

龍馬は最後に佐那(貫地谷しほり)に立ち合わせて欲しいと頼みます。

.

道場に二人のタンタンタンタン、激しい竹刀の音が響きます。

佐那の勢いもまったく変わらず・・・。タンタンタンタン!

出会った時のシーンが思い出されました。

強い、まっすぐな剣。

「ほんとに強くなられましたね」

ハラハラと涙をこぼしながら言う佐那。

泣けました。

「坂本さんの選んだ道は日本を守ることなんですから」

佐那はそう自分を納得させ龍馬を送り出しました。

.

龍馬が去った後、佐那は重太郎(渡辺いっけい)や父の定吉(里見浩太郎)に言います。

「この9年、坂本さんをずっと待っていました。

私はやはり坂本さんが好きだったんです。

私はもう誰の嫁にもなりません。これからも剣一筋で生きて参ります。

だって坂本さんはこの道場にいるんですから」

.

佐那は一生独身だったらしいですね。

破格の良い男に出会って惚れてしまったから。

剣さばきと同じで、一途です。

実際は佐那と龍馬とどういう関係だったんでしょう。。。

龍馬伝で知った方が佐那のお墓にお参りされているとか。

私も近くに行く機会があればぜひ行ってみたいです。

.

京に戻った半平太は慶喜が上洛した際、会えるように身分を引き上げて欲しいと三条実美に頼みます。

しばらくして、土佐藩から上士に引き立てられ・・・。

江戸の容堂も了承していると聞かされ、大感激する半平太ですが・・・。

それは容堂の企みのようで・・・。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

.

|

« 週刊きなこ庵・4月編19日ー25日&ほんとにちょっとの矢部謙三 | トップページ | チェイス・第2話「イミテーション・ゴールド」 »

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝・第17話「怪物、容堂」:

» 大河ドラマ「龍馬伝」第17回『怪物、容堂』 [徒然”腐”日記]
ネタバレを含む記事です。未視聴の方はご注意ください。なお、個人的感想を中心に書いてますのでご了承を~。苦手な方はスルーしてやって下さい。タイトルは「怪物、容堂」だったん... [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 15時49分

» 福山雅治『龍馬伝』第17回★さほど怖くない「怪物、容堂」 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第17回「怪物、容堂」  あれれ?  なんか面白く無くなってきたような・・・。  気のせいか?  武田鉄矢を苦手としているので、小生の目が濁ってきたか?  小生が、このドラマに飽きてきたのかなぁ? 【 今回の以蔵〜その1 】  先斗町で酒を飲んでる収二郎(宮迫博之)ら土佐勤王党の面々。  「もはや先生は国を動かしてる」「鼻が高い」「土佐藩士は一目おかれてる」と武市主導の攘夷運動の高まりに満足してグダを上げてる。  しかし... [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 21時21分

» 『コレデオシマイ』!! [函館 Glass Life]
勝鱗太郎を演じている武田鉄矢、どうも金八先生とだぶって 見えて仕方がありません{/cat_6/} 僕だけでしょうか?? 写真で見る勝よりかなり老けているのも気になります{/kuri_3/} 勝海舟、れっきとした旗本ですが小普請組41石とかなり下級 の旗本だったようです。 龍馬と同じ様に若い時は剣術修行に明け暮れていたといいま す{/kaminari/}{/kaminari/} 直心影流の免許皆伝といいますからかなりの腕前だったので しょうね{/good/} この点でも龍馬と似たものを感じます{/k... [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 15時47分

» 「龍馬伝」第十七話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
前へ、前へ。 そんな姿を見守る家族の思い。 第十七話『怪物、容堂』 [続きを読む]

受信: 2010年4月27日 (火) 19時15分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第17回 「怪物、容堂」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
最近、甲府市の千葉佐那のお墓参りするのが流行っているらしい。 でそのお墓の裏に刻まれている文字が 「坂本龍馬室」 つまり、龍馬の奥さんだったという事で 維新後、佐那自らも「自分は龍馬の奥さんだった」と言っていたらしい。 でも、この別れ方ではどう考えても「... [続きを読む]

受信: 2010年4月28日 (水) 00時37分

» 龍馬伝17話(怪物 容堂)の感想 [テレビとDVDと本が大好き日記]
 龍馬伝17話(怪物容堂)を見ました。龍馬は勝麟太郎の弟子になり、日本の海軍を作ることに動き出しますね。  そんな時、龍馬は勝とともに各藩に周り、人材を出してくれるように頼みに回ります。  そして、とうとう、土佐藩の容堂に面会することになりますが、容堂は人材を出すことには快く快諾してくれますけれど、脱藩の罪は許そうとはしませんでした。  それどころか、いよいよ、武市を追い落とす算段をし始めたようですね。なんか、不気味ですね。  龍馬は、佐那と別れを告げ、大阪に向かいますが、佐... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 12時15分

« 週刊きなこ庵・4月編19日ー25日&ほんとにちょっとの矢部謙三 | トップページ | チェイス・第2話「イミテーション・ゴールド」 »