« コイケヤ ポテトチップスコイケ先生「卒業篇」 | トップページ | 左目探偵・最終回 »

2010年3月12日 (金)

特上カバチ!!・第8話「決断!!事務所を去る日」

小津(市川由衣)が美寿々(堀北真希)に相談しようと事務所を訪ねてきた。

検備沢弁護士(浅野ゆう子)たちと旅行に行っている美寿々のかわりに彼女の話を聞く田村(櫻井翔)。

社内恋愛をしていた元彼、江口(金子賢)にプライベートなことをペラペラと話された上、つきあっていた際にかかったデート費用50万円を返せと言われているという。

困って上司に相談したら会社からは内容証明が送られてきたという。

田村が確認すると、それにはセクハラの防止措置と慰謝料について会社の行政書士と会って話すようにと記されていた。

そしてこの後、その行政書士と小津は会うことになっているという。

.

小津と共にその行政書士と会う田村。

雨雲商会側の行政書士は田村の知り合い、村田(山崎樹範)だった。

これは社員同士のプライベートことだし、江口も悪気はなかったのだと説明する村田。

田村はすっかりその言葉を言いくるめられてしまう。

そして、村田の出した示談書にサインするように小津に促してしまうのだった。

.

翌日、検備沢弁護士との旅行から帰った美寿々は激怒する。

ろくな知識もないまま依頼人の気持ちにも気付かず・・・示談書にサインさせたことを責める美寿々。

田村はセクハラについて勉強不足だったことを自覚しひどく落ち込む。

.

さっそく美寿々と田村は雨雲商会を訪れるが、示談書を無効にするのは無理と鼻で笑う村田。

示談書を交わした時点で勝負はついてしまった・・・田村は愕然とする。

.

職場では江口がひどいセクハラ話を繰り広げている。

小津は発作的にカッターで自殺しようとする。

止めに入った江口ともみ合いになり、カッターで彼を傷つけてしまう小津。

結局、警察沙汰になり、小津の方が事件の謝罪をし慰謝料を払うハメに・・・。

.

「謝るのだけはイヤだ」という小津の気持ちを受けて、田村は、

「必ず向こうから頭を下げさせてみせます。

どんな手を使っても」と約束する。

.

田村は必死に頭を働かせる。

そして、示談書が江口の名前ではなく、雨雲商会との間で交わされていることに気付く。

田村は美寿々と戦略を練りはじめる。

.

翌日、雨雲商会へ向かう田村と美寿々。

そこで、二人は江口や村田、会社の上司に向かって伝える。

「こちらは江口さんを民事で提訴すると同時に刑事で告訴する予定です。

会社で噂になることを承知の上で、同僚たちに名誉を傷つけることを繰り返し話しました。

これは立派な名誉毀損罪です」

江口は、あれはただの男同士のワイ談だと言い、逆に小津を殺人罪で告訴するぞと息巻く。

だが、村田は江口を黙らせる。

田村は続ける。

「あなたが名誉毀損で告訴されたら、噂に関わったほかの社員が事情聴取されることになります。そうなれば会社の名誉が傷つくことになる」

それを受けて美寿々も。

「雨雲商会が江口さんをかばうのなら、そちらを提訴する用意もあります。

こちらの再三の申し出に関わらず、江口さんのセクハラを見過ごし、なんの対策も講じず被害が拡大されました。

使用者責任を問われ、損害賠償の対象になります。

そうなると会社名も公表されますよ」

村田は江口に言う。

「江口さん、あなたの負けです。クビになりたくなければ示談をまとめることです」

不服を言う江口に村田は説明する。

「私の依頼人は雨雲商会さんで。あなた個人ではありません。

私が守るのは会社の利益と名誉です」

そばで聞いていた上司が口を開く。

「君が告訴された時点で、懲戒解雇だ。自業自得だ。

示談か懲戒解雇か。好きな方を選びなさい」

「・・・示談でお願いします」

.

美寿々はまた村田の持っている以前交わした示談書を取り返す。

「あなたにはのちほど賠償金を請求します!

無力な女性を傷つけた賠償は大きいですよ!」

.

意気揚々と小津に結果を報告に行く美寿々と田村だったが・・・。

小津は傷ついたまま・・・名誉を回復しても会社に戻る気はないと言い出す・・・。

.

一応の結論が出たところで、美寿々と田村は大野に報告する。

だが、大野は断固として言い放つ。

「ここにくる依頼人たちは藁にもすがる思いで相談にきてるんだ。

そんな依頼人をのうのうと敵側に差し出すなんて法律家として人間として失格だ。

そんなヤツ、うちにはいてほしくない!」

.

田村は辞表を提出する。

.

.

田村のお父さんが謎のまま。

田村は大野事務所を辞める?みたいだし、どうなるんでしょう。

私はこのタイトル、てっきり美寿々が事務所を去るんだと思ってました。

しかし、江口のセクハラは気分が悪くなるようなものでしたね。

でもあんな下劣な人っているのかしら?

あんな話をしていては、同僚からも口が軽いと警戒されるでしょうし、人として信用されないでしょうに。

田村と美寿々のがんばりを見てるだけに、小津には会社を辞めないで復帰してほしいんですけど・・・。

あ~あ、田村は辞表提出?

せっかく美寿々と良い感じで仕事し出したのになあ~。。。

今回はなんだかしょんぼりしてまま終わりました。。。

.

 第7話

※第1話~の感想もあります。よかったら読んでみてくださいね。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

|

« コイケヤ ポテトチップスコイケ先生「卒業篇」 | トップページ | 左目探偵・最終回 »

2010年冬ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特上カバチ!!・第8話「決断!!事務所を去る日」:

« コイケヤ ポテトチップスコイケ先生「卒業篇」 | トップページ | 左目探偵・最終回 »