« ブラッディ・マンデイ・第4話 | トップページ | まっすぐな男・第6話 »

2010年2月16日 (火)

特上カバチ!!・第5話「娘へ!!亡き母からの贈り物」

詰め込みすぎなんじゃないのかな・・・。

展開がはやくて2回見ないと、ちゃんと理解できないです・・・。とほほ。

.

大野(中村雅俊)は一人娘の杏(菊里ひかり)に彼氏がいると知り、田村(櫻井翔)や美寿々(堀北真希)に調べて欲しいと頼む。

名前は甲斐洸(太賀)。

杏の一つ上。もんじゃ焼き屋の一人息子。

高卒のフリーターで税理士の専門学校に通っている。

小さな頃からの友達だった二人は洸が税理士の試験に受かったら結婚しようと約束していた。

二人の真剣な様子を見て、感動する田村、美寿々、栄田(高橋克実)だったが・・・。

.

なんと洸には吸血金融に200万円の借金があった。

調べるとそれは父親が洸に内緒で洸の名義で借りたお金だった。

.

父親はギャンブルにはまり、洸のバイトの給料も横取りする始末・・・。

.

大野はその報告を聞き、なんとしても娘と別れさせたいと田村や美寿々に指令を出す。

.

しかし、田村はバイト料がもらえなくて困り果てている洸に同情してしまう。

そして、バイト先の運送会社の社長に掛け合ってくれる。

「洸くんの給料を勝手に父親に渡してもらっては困ります!

労働基準法で未成年でも、給料は本人に直接払う義務があるんです」

そんな田村に社長はタジタジ。

再度、洸に給料を払うか、父親から給料を取り返すかしてほしいと田村が伝えると社長は途方にくれてしまう。

.

仕方なく、洸の父親に取り立てにいく田村。

でも、父親は未成年の法的弱みを知り尽くしており・・・。

洸がバイトしていることについても、未成年は保護者の同意がないと仕事ができないんだからバイトなんてやめればいいと言い・・・。

さらに、田村への取立ての依頼も、未成年は保護者の許可がないとあんたと契約できないはずだと言い放つ。

田村は誰にも頼まれていない(依頼人不在)のに、父親にねじこんできたということになり・・・。

すごすごと退散するしかなくなってしまう・・・。

.

田村はなんとか会社と交渉して給料の半分を振り込んでもらえるように話をつけてくる。

.

今度は美寿々が、父親が洸名義で借金をした吸血金融に出かけていく。

「あなたたちはこう思っているんでしょう。

親権者は法定代理人として子供にかわって契約をしてもいい。

だから、本人である洸くんの了承がなくても、洸くんの名義で借金できる。

だから、その借用証書が有効だ、と。

でもそれは大きな間違いです!!」

美寿々が借用書を見ると、そこには父親の名前だけで母親の名前がない。

「親権というものは父母が共同で行使しないといけないんです。

片方だけでは子供を代理する権利はない。

それは無権代理といって法的には無効。

これ以上、もめたいのなら、お互い弁護士に頼みましょう!!」

法律のプロを連れてくると言われて、吸血金融は引き下がるかに見えたが・・・。

.

美寿々はさっそく、父親をこのまま親権者にしておくと、もっと借金が増えるかもしれないと、洸と父親の養子縁組の解消させようとする。

洸は再婚時の母の連れ子で、父親との血のつながりはなかった。

養子縁組解消で、父親は子供にかわって何かをすることはできなくなるという。

が、洸はそれを拒絶する。

「育ててもらった恩があるのに、縁を切るなんて男としてできません!

これは俺の意地なんです。成人まであと2年、なんとかなりませんか?」

田村は洸の心意気に感動するが、美寿々は冷静。

「場合によっては、気持ちを添えない場合もあります。

借金というのはそれほど恐ろしいものなんです!!」

.

吸血金融はもっと悪徳の強奪金融へ駆け込む。

洸の父親もそこで軟禁状態になる。

吸血金融は父親の証文を半額で強奪金融に債権譲渡する。

強奪金融は父親を脅し始める。

「うちがお前の息子に1千万円を貸した、という契約書に代理人としてハンコをつけ。

ただし、その契約書には嫁の実印もつけて。

法律家に乗り込まれても大丈夫なようにな。

そうすれば、あんたに50万、吸血金融にも100万のお金を渡そう。

息子を働かせばいい。

この際、息子を捨てたらどうだ?」

強奪金融が美寿々と吸血金融のやりとりをふまえ、反撃に出てきたのだった。

.

父親はもんじゃ焼き屋にもどり、妻に土下座する。

「一緒に逃げてくれ。そうしないと俺は殺されてしまう。

見殺しにしないでくれ~~」

洸の母親は洸を捨て、父親と姿を消してしまう。

.

洸のもとへ強奪金融がやってくる。

田村はそこへ駆けつけるが、強奪金融の契約書に印鑑証明もつけてあるのを見て絶句してしまう。

「親父を見殺しには出来ません」

洸は強奪金融に連れていかれてしまう。

.

さらに強奪金融は洸の彼女である杏を呼び出す。

強奪金融は杏に洸の借金の返済のために風俗で働かないかとすすめる。

驚いた洸は杏との関係を絶とうとする。

そんな場に乗り込んでくる田村、美寿々、栄田の3人。

3人は洸や杏と話し合う時間が欲しいと頼む。

そして、3人は洸の父母が実印と通帳を持って姿を消したことを知らされる。

このままではこれからも同じ手をつかってくる可能性が・・・。今、このときでも借金が増えてるかも。

3人は頭を抱えるが・・・。

田村が突然、ひらめく。

栄田は一人部屋を出て行く。

そして、その日のうちに洸と杏の婚姻届を提出。入籍を完了させてしまう。

連絡を受けた田村は、もう一度、契約書を確認させて欲しいと頼み込む。

午前0時をまわり、日付が変わったことを確認すると、田村は契約書の日付が空欄であることを告げ、それに日付をいれさせる。

「これで、契約書を無効になりました」

ニコッと笑う田村。

「未成年は入籍すると、成年扱いとなり、親などの法廷代理人による契約は無効となるんです」

驚いて、不満タラタラの強奪金融に田村は、

「どうせ、でっちあげの証文!

出るところに出て困るのはそっちだろ!!」とすごんでみせるのだった。

そこへ栄田が刑事を連れて戻ってくる。

「刑事さん、私たち、監禁されていて怖かったんですぅ~」

美寿々は泣きまねをして訴えるのだった。

.

杏の入籍をあとで聞かされた大野は大暴れ。

「もうこれしか方法がなかったんです!!」

田村や美寿々の必死の説明も聞こえないよう・・・。

洸は小学校からずっと一緒にいてくれた大事な人、長い間見てきたんだから人柄に間違いはないと大野を説得するが・・・。

入籍にあたって自分にひとことの断りもなかったことに納得ができない模様。

なにより娘に対する繊細な父親心を木っ端微塵に踏みにじられて、怒りをむける場がない・・・。

別れさせてくれって頼んだのにくっつけやがって~!自然と田村に攻撃的になる大野。

.

杏の助っ人にやってきた検備沢弁護士(浅野ゆう子)も大野をなだめる。。。

「父母の同意を得ない未成年の婚姻でも一端、役所に受理されれば有効。

でもそれを撤回させるとなると、有印私文書偽造罪、同行使罪5年の懲役。

あなたの大事な杏ちゃんは前科者になるわよ。いいの?

そろそろ理解してあげて。

あなたが知らない間に、杏ちゃんは、

自分で自分の人生を決断できる立派な大人になったのよ。。。」

大野は、しぶしぶ二人の結婚を認めるのだった。

.

ただし、結婚式は税理士試験に受かってから~。

洸は大野と約束するのでした。。。

.

.

母は洸くんに1千万の借金を背負わせて、父と逃げてしまいましたよ。

二人して息子を捨てたのね。。。

その結果を洸くんはしっかり受け止めるのかな。

育ててもらった恩があるからと父親の借金を返そうとした洸くんだから、数年後、再び父母が現れたらまたお金を貸したりしちゃいそう。

彼はとてもいいヤツだって思うけど、先が心配。

やさしさだけでなく、運命と戦うことだって必要だよ。

結婚して成年になったんだしね。

.

杏は幼なじみと結婚、初志貫徹できて大満足って感じです。

でも、父親に対してはずっとケンカ腰で、反抗期なんじゃないのかな~と始終思って見てました。

剣備沢が「自分で自分の人生を決断できる立派な大人~」って言ってたけど、あれは大野に言ったように見えて、実は杏や洸くんに釘を刺してたんだと思いますわ。

だって、大野は、親なら、いや大人なら誰でも言うことを言っただけですものね~。

.

田村って、洸くんと似たタイプなのかな~ちょっと気になりました。

ああ、田村と美寿々のツンデレが見たいなあ~。

.

.

 第1話

 第2話

 第3話なし

 第4話

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

|

« ブラッディ・マンデイ・第4話 | トップページ | まっすぐな男・第6話 »

2010年冬ドラマ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
TBありがとうございます。

本当に、こうくんって、いい奴すぎて、まだこれからも心配な感じありますよね。

>剣備沢が「自分で自分の人生を決断できる立派な大人~」って言ってたけど、あれは大野に言ったように見えて、実は杏や洸くんに釘を刺してたんだと思いますわ。

これは、そうかもしれないって思いました。
自覚して大人になってもらわないと困りますよね。

私も田村と美寿々のツンデレもっとみたいです。

投稿: タルタル | 2010年2月16日 (火) 23時26分

はじめまして。タルタルさん。
コメントをつけてくださったんですね。
ありがとうございます。

>本当に、こうくんって、いい奴すぎて、まだこれからも心配な感じありますよね。

一言言いたくなっちゃいますよね。いい奴すぎて。(笑)
まあ、杏は気が強いのでフォローしてうまくやっていくんでしょうね。


>私も田村と美寿々のツンデレもっとみたいです。

見たいですよね!
3話まで見て、レビューはやめようかと思ったんですが、4話のツンデレぶりを見て復活させたんですよお。(笑)
これはおもしろくなってきそう~なんて思って。
なのに今回は田村と美寿々のやりとりはあまりなくてちょっとがっかり。
美寿々、おとなしかったし。
いいコンビなのでツンデレ見たいです。

これからよろしくお願いします。

投稿: とわ@きなこ庵 | 2010年2月17日 (水) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特上カバチ!!・第5話「娘へ!!亡き母からの贈り物」:

» 特上カバチ 第5話 [タル★タル ソース♪♪]
特上カバチ第5話です。今回は、大先生と娘の杏ちゃんのお話。 [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 23時18分

» 特上カバチ!! 第5話:娘へ!!亡き母からの贈り物 [あるがまま・・・]
ドレス作っただけか…ε-(´▽`) ホッ ん?だけどもう籍は入っちゃってるんですよね{/face_gaan/} 父子家庭で娘を溺愛してる大先生。だけど、もし自分の娘がって考えたら、やっぱ複雑ですわぁ。 確かに洸@大賀くんは好青年だけど、まだ未成年だしあんな親がいるんじゃ いつ又厄介な事に巻き込まれるか心配だ〜〜〜{/hiyo_shock2/} そんな両親なのに、洸くんたら・・・出来過ぎた息子や〜{/face_naki/} おまけに正太郎は母の再婚相手だっていうじゃないですかっ{/ee_2/} て... [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 00時05分

» ホリキッター拉致監禁事件w(特上カバチ#5) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
チーム・ホリキッター・・・それは、ごく一部で流行っているらしい女優・堀北真希さんの愛称【ホリキッター】を、メジャーな「ホマキ」「まきまき」と並んで、wikipediaに載るくらいまで普及させることを目的として活動。単に語呂が好きなだけなので、そこまで堀北ファンとい...... [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 00時07分

» 特上カバチ第5話感想 [NelsonTouchBlog]
今回は、というより今回もヤクザですね(笑)ヤクザ系も法律わかってて悪いことする時はするんだろうから、法的知識を使ってギャフンといわせた部分はいつもながらスカッとしました。。 大野 (中村雅俊) の親バカぶりにはちょっとイラッときたけど。。娘の子も可愛かったし、その娘が心に決めた彼氏もすごくいい奴だった、あんなしっかりした奴はなかなかいないぞ。あれだけいい彼氏なのに、あんなに文句たれてる親バカ大野は逆に子供じゃろ(笑)... [続きを読む]

受信: 2010年2月19日 (金) 21時58分

« ブラッディ・マンデイ・第4話 | トップページ | まっすぐな男・第6話 »