« 左目探偵・第5話 | トップページ | ブラッディ・マンデイ2・第5話 »

2010年2月21日 (日)

週刊きなこ庵2月編15-21日&ちょっと龍馬伝

突然、身内にいろいろありまして、レビューするドラマを減らすことにしました。

.

「ブラマン」「特上カバチ」「週刊きなこ庵」は続けますが、

そのほかはパスするか、書いても感想のみにします。

このブログは心の支えなので一緒にがんばっていきたいと思います。

.

今週のちょっと感想は、

相棒8・第16話「隠されていた顔」

.

サブリミナル効果を利用したお話でした。

今回、大学の食堂で二人して推理し合う姿がありました。

神戸がそれまでの出来事から自分の推理を披露し、

補足する形で右京さんが続ける・・・。

また、「ひとつ気になることがあります」という右京さんの疑問に、

神戸が考え込んだり。相談、相談、相談です。(笑)

つまり・・・。二人はかなり仲良しになってきてるんです!

うれしい・・・。(笑)

ラストなんて、右京さんに「お昼行きませんか?」と誘われて、

「・・・じゃあ、ナポリタン」と初めてのことに驚きながら答える神戸。

「へえ~~、君はナポリタンが好きでしたか?」と右京さん。

言葉が優しいんですよ~。右京さん。

なんかうれしい・・・。(笑)

神戸を相棒として認めはじめたってことですか?これは。

.

.

龍馬伝・第8話 「弥太郎の涙」

.

治水のことでもめて庄屋らに袋叩きの目に遭った弥次郎(蟹江敬三)。

江戸へいって1年の弥太郎(香川照之)は、父の体を心配して土佐まで30日かかるところを16日で帰ってきました。

帰ってきて父の惨憺たる状況にいろいろなところに抗議に出かけますが、行く先々ですでに龍馬(福山雅治)が抗議してくれてます。

ひねくれてる弥太郎は素直に礼も言えず・・・。

.

やはり坂本家は女性が強いですね~。

理不尽なことを抗議してなにが悪いとみんな龍馬の味方。

穏便にすませようとする兄、権平(杉本哲太)は小さい男よのう~と叱られてしまいます。

.

弥太郎は龍馬と一緒に直訴した吉田東洋にも相手にされず・・・。

腹いせに庄屋からワイロをもらっているため動いてくれない奉行所の扉に落書き。

牢屋に入れられてしまいました。

龍馬はそんな弥太郎をおいて再び江戸へ。

.

攘夷派の武市(大森南朋)、平井(宮迫博之)、以蔵(佐藤健)もすでに江戸へ・・・。

.

龍馬、加尾に帰ってきたら一緒になろうと約束。

佐那も江戸で待ってそうだし・・・。

二股になってるじゃないの。

モテモテなのは、わかるけど。

福山龍馬はほんとにカッコいいです~♪

.

理不尽な目に遭って、あふれる悔しさをお腹の中で発酵させているような弥太郎。

大きく飛び出すためのエネルギーをためているような時期なんでしょうね。

どこまでも人間臭い弥太郎。

人のせいにして当り散らして、無理矢理、自分を押し通そうとする。

それでも憎めない人です。

.

ただ、龍馬がなぜ弥太郎と友達でいるのかは、わかりません。

かなり異質な二人だと思うから。

.

それと今回、はっきりわかったのは、

弥太郎はお風呂に入れないから汚いというだけじゃなく、

お風呂に入れる状況でも入らないんですね~。

あの汚さは本人の習慣にも原因があったのか・・・。(笑)

.

吉田東洋・・・わしが天才だからじゃ!

あれは、すごかった!

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

|

« 左目探偵・第5話 | トップページ | ブラッディ・マンデイ2・第5話 »

きなこ庵日記」カテゴリの記事

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

トラックバックもコメントも頂いております。
何度もご面倒をお掛けしてお手間を取らせて、
何てお詫びすればいいのか(;o; )( ;o;)

でナポリタンですが(苦笑)、
随分と庶民的なものがお好きなのねぇと妙に感心してしまいました。
そう言えば前は右京さんと官房長と良くお食事していましたよねぇ(シミジミ)。

龍馬と弥太郎は史実ではこの頃接点が無いらしいんですが、
>かなり異質な二人だと思うから。
龍馬はともかく弥太郎は敵意むき出しですしね。

>弥太郎はお風呂に入れないから汚いというだけじゃなく、
>お風呂に入れる状況でも入らないんですね~。
>あの汚さは本人の習慣にも原因があったのか・・・。(笑)
でもあの家ではそういう習慣はないのかも。
だってお父さんも負けず劣らず・・・(苦笑)。

>突然、身内にいろいろありまして、
そういう時はどうしても自分のことが後回しに、
疎かになりがちです。
何かと大変でしょうけれどとわさんも無理をなさいませんように。

投稿: sannkeneko | 2010年2月21日 (日) 23時09分

こんばんわ~!

>トラックバックもコメントも頂いております。
何度もご面倒をお掛けしてお手間を取らせて、
何てお詫びすればいいのか(;o; )( ;o;)

とんでもないです。こういう時はこちらから問い合わせた方がラピュタさんも調べやすいみたいですよ。
もっとはやく問い合わせればよかったです。私も勉強になりました。親切丁寧な応対をしていただいて楽しかったです。

>でナポリタンですが(苦笑)、
随分と庶民的なものがお好きなのねぇと妙に感心してしまいました。

そうですよね。
ナポリタンと聞いて、庶民的な洋食屋さんで右京さんと二人で食事してる姿がパ~と浮かんでしまいました。う~ん、いい感じのコンビです。(笑)


>そう言えば前は右京さんと官房長と良くお食事していましたよねぇ(シミジミ)。

おしゃれなカフェみたいなところとか、居酒屋もありましたね。回転寿司で食べた後のお皿をもどす官房長をたしなめる右京さんとか。
焼き鳥屋さんでは神戸が後ろでこっそり聞き耳をたてていたことも。(笑)


>龍馬と弥太郎は史実ではこの頃接点が無いらしいんですが、

そうなんですよね。それを聞いてビックリ。

>龍馬はともかく弥太郎は敵意むき出しですしね。


龍馬が裕福なんで仕方ないんですけど。
龍馬は弥太郎のしぶとさに惹かれてるのかもしれないですね。わからないですけど。


>でもあの家ではそういう習慣はないのかも。
だってお父さんも負けず劣らず・・・(苦笑)。

武士の階級のせいかと思ってたんですが・・・。
弥太郎一家以外はみんな小奇麗にしてますもんね。


>そういう時はどうしても自分のことが後回しに、
疎かになりがちです。
何かと大変でしょうけれどとわさんも無理をなさいませんように。

ありがとうございます。
sannkenekoさんのブログにもまたお邪魔できるのでそれも楽しみにさせてもらいます。

投稿: とわ@きなこ庵 | 2010年2月22日 (月) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊きなこ庵2月編15-21日&ちょっと龍馬伝:

» 「相棒 season 8」第16話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
誘導と確認行為。 第16話『隠されていた顔』 [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 22時53分

» 「龍馬伝」第八話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
立ちはだかるのは身分の壁と吉田東洋。 第八話『弥太郎の涙』 [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 22時54分

» 福山雅治『龍馬伝』第8回★炸裂!!吉田東洋「ワシは天才」 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』第8回「弥太郎の涙」  坂本乙女こと”寺島しのぶ”さん、第60回ベルリン国際映画祭・最優秀女優賞(銀熊賞)受賞、めでたい!!  今夜も、少ないセリフで大きな存在感を示していました。  さすが、龍馬の姉ですぞ!! 【 弥太郎親子、ズタボロ 】  今回は、1856(安政3)年が舞台。  庄屋の島田が田んぼに引く水を独占し、怒った弥太郎(香川照之)の父・弥次郎(蟹江敬三)が庄屋とトラブって、ボコボコにされる。  四国って、今でも地形的な問題から水不足が生じてダムが干上が... [続きを読む]

受信: 2010年2月22日 (月) 11時40分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第8回 「弥太郎の涙」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
岩崎弥太郎が幕末において、 いったい、如何なる役割を演じたのか? いったい、何を成し遂げたのか? と訊かれると、 きっどさんの乏しい知識においては 「??、う~ん、特に何も。。。」 としか答えようがない。 で、どさくさ紛れに、龍馬亡き後の海援隊を掠め取って... [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 01時48分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第八回『弥太郎の涙』 [徒然”腐”日記]
昨夜メール更新しようと思って楽天に送信したのに受信してなかったんだか何なんだか表示されず結局更新を断念・・・・・・・・我が家の夕飯のよせ鍋の画像だったからね、別に良いんだけど・・・・・・いつの間にか下書き保存用のボタンも無くなって益々使いにくくなってま...... [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 12時58分

« 左目探偵・第5話 | トップページ | ブラッディ・マンデイ2・第5話 »