« ライアーゲーム2・第8話 | トップページ | 週刊きなこ庵:1月編11-17日&ちょっと龍馬伝 »

2010年1月15日 (金)

エンゼルバンク~転職代理人・第1話

海老沢(生瀬勝久)「自力で転職を成功させている人の割合は45%、

他の半分以上の人がなんらかのエージェントの力を頼ってる」

.

これ、ほんとなのかな?知らなかった~。みんな自力だと思ってました。

ドラマは結構、おもしろかったです~。

井野真々子はあの「ドラゴン桜」の英語の先生なんですね~。その彼女が転職代理人になって活躍するという。

このドラマは「ドラゴン桜番外編」って感じの位置付けになってます。

.

その転職エージェントのひとつ、ライフパートナー社の海老沢は”転職のカリスマ”と呼ばれ多くの転職を成功させてきていた。

勢いで英語教師を辞めてしまった井野真々子(長谷川京子)は、友達の勧めでその海老沢の転職セミナーに参加・・・。

そこで、海老沢に気に入られ「転職代理人」のアルバイトをすることに。

真々子が担当するのは35歳主婦、弥生(奥貫薫)。

9時~5時残業なし、事務職の正社員で年収500万円以上を希望していた。

海老沢はそんな彼女に「条件に合う会社などない、あなたの価値は0だ」と言い放つ。。。

.

32歳で教師を辞めてしまった真々子も海老沢から同様のことをいわれており、彼女は弥生に同情しきり・・・。

話を聞くと、弥生は横暴な夫と離婚調停中。早々に就職し、その年収が500万円以上なければ娘を取られるという。

真々子は俄然、弥生に肩入れしはじめる。

英語の特訓をしたりして必死を就職させようとするけれど、結果は不採用。

くじける真々子を海老沢は畑に連れていき、一日農作業をさせる・・・。

.

農作業をしてる時の真々子は生き生き楽しそう。

おじさんとでも対等にしゃべってる様子が気持ちよかったです。物怖じしないタイプなんですね~。

.

真々子が事務所に戻ると、田口(ウエンツ瑛士)が弥生の就職先を紹介してくれる。

その会社は今度、野菜のインターネット販売を始めるにあたって新規で人を採用しようとしていた。

さっそく真々子は田口、弥生の3人で面接を受けにいく・・・。

でも、子供の事情で急に会社を休まれては・・・と主婦の採用を渋る面接担当官にぶち切れる真々子。

面接官に啖呵を切って・・・案の定、不採用に。

.

反省しきりの真々子のところにやってきたのは数日前に農作業をさせてもらった農場のおじさん(小野武彦)。

おじさんはその会社の会長で、優秀な人材の確保を海老沢に相談していたのだった。

おじさんは真々子との会話から、野菜の購入層は主婦。その主婦にいろいろなことをアドバイスできるのはやはり主婦なのではないかと思いたち、一度は断った弥生を採用することにしたという。

.

弥生は見事就職に成功。

子供とともに新しい生活をスタートさせることができるように。

また、真々子も本人には文句はあるものの、晴れて海老沢チームに就職が決定する~。

.

.

う~ん。

なんといっても年収550万円が実現したことにビックリ。

ブランクがあって残業なしの事務職で年収550万円っていいですね~。

海老沢というエージェントを頼るとそんな条件の仕事もみつかるということなんでしょうね。

誰でも頼みたくなりますね。(笑)

.

今回、真々子は海老沢の手のひらでうまく踊らされただけのような・・・。

海老沢のところにやってきた人材を求める会長と就職先を探してる弥生を結びつけただけですから。

ハードルの高い条件を出さざるを得ない主婦を、その主婦であるということを売りにして会社に押し込んだんですから。

やっぱり海老沢の手腕ですわ~。

.

海老沢は、結婚、出産した女性が再びもとの会社に戻れるよう、主婦の再就職モデルを構築したかったと言ってました。

優れた人材の流出を防ぐために。

そして、真々子を自分のチームに採用したのは、海老沢が抱いている例の計画のためだそうです。

ニヤ~~っとキモカワ風味で笑ってましたよ。海老沢。(笑)

.

人として真っ当なことを訴え続ける真々子は結構好きです。

楽してないでがんばるところも。

「海老沢さんに君の価値は0だと言われて、

年を取るたんびに自分がダメになっていく気がして・・・。

でも人生は一度きり。

他人の決めた価値に従って生きることなんかないんですよね。

自分の意志で、自分自身が変わらないといけないんですよね。

仕事を変えれば、人生は変わる。

だって、働くことは生きることだから」

まっすぐな女です。真々子。(笑)

.

はじめは冷たそうな雰囲気だった海老沢チーム。

でも飲み会で個性が見えてきて。

田口は特に第一印象は冷たそうなのに、実はすごくいいヤツ・・・。

小さな時からいつもみんなのためにと一生懸命だった真々子。

でも、それは自分だけで気付いたら誰も賛同してくれる人はいなかった・・・。

けれど・・・どうやらここには賛同してくれる人たちがいるようで・・・。

真々子にとっていい出会いだったみたいです。

彼女の転職先は。

.

さて、今後もこうやっていろんな立場の人たちの転職を応援していくんでしょうか。

次回はどんな人が登場するのか楽しみになってます。

.

見続けるかどうかはあと2回くらい見てから決めたいと思います。

※ちょっと視聴率が低かったみたいで驚きました。おもしろかったんですけどね・・・。

.

.

ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

|

« ライアーゲーム2・第8話 | トップページ | 週刊きなこ庵:1月編11-17日&ちょっと龍馬伝 »

2010年冬ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンゼルバンク~転職代理人・第1話:

» 「エンゼルバンク〜転職代理人」 第1話 [トリ猫家族]
 何か結構おもしろかったかも・・・テンポも良かったし・・・ いろんな転職パターンが見られるのも楽しそう・・ ハセキョーには相変らず興味が持てないが、悪くないよね?(←スマン) 何といっても生瀬さんがいい・・ 何気に器がでかそうで、この男ならやってくれそう....... [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 20時18分

« ライアーゲーム2・第8話 | トップページ | 週刊きなこ庵:1月編11-17日&ちょっと龍馬伝 »