« エンゼルバンク・第3話「女の敵は女?屈辱がプライドかベテランOL運命の選択」 | トップページ | 女刑事・音道貴子 凍える牙 »

2010年1月31日 (日)

週刊きなこ庵:1月編25-31日&ちょっと龍馬伝

土曜日ってドラマが多いですね~。

ブラマン、左目探偵、それに今週は凍える牙・・・。

映画のハッピーフライトはすっかり忘れた。。。

おもしろそうだと思ってたのに・・・。

といいつつ、他に「週刊きなこ庵」で書くことがな~い!

すでに廃刊か・・・。いやまだ来週は続けます。

あっ、あった!

今週はミニバラを3鉢、購入。

今年はこれをどんどん増やしていきますよお~。

.

.

で、龍馬伝・第5話 「黒船と剣」

.

黒船がやってきて・・・途方に暮れた幕府は、はじめて全国の藩主に意見を求める・・・。

日本中がわさわさ動き始める感じがものすごく感じられた5話でしたね~。

.

龍馬(福山雅治)と桂小五郎(谷原章介)との会話も、見ていてワクワクしました。

黒船がやってきて鎖国を解けという・・・、

わしはどうしたらいいのかわからんから本を読んでいるという桂。

龍馬はこんなときに剣術の稽古などしていていいのだろうかと自分の悩みを打ち明ける。

そんな龍馬に真顔で、剣を捨てるということは武士じゃなくなるということだぞ!自分で考えろ!と叱る桂。

龍馬は思わず言葉をなくす・・・。

緊迫感あふれていて、ああ、幕末だわ~と感動しました。

でも、どこか今にも通じるものがあるような気もしますね・・・。

みんなが多かれ少なかれ日本の行く先を不安に思っていたりしますものね。

.

今回は、佐那(貫地谷しほり)の兄(渡辺いっけい)がおかしかったです。

佐那の部屋にやってきた兄がものすごい真剣な顔で、

「おまえ、わしに隠していることがあるだろ」とたずねる。

「え?」びっくりの佐那。

「おまえ、龍馬に俺の好物のきんつばをあげただろ!!!」

そこまで聞いた私は、どっひゃああ~~~!そんなことで問い詰められるのかい?と笑っていたら、続きがあって、

「お茶を習い始めたのも、縫い物をはじめたのも龍馬が好きだからだろ?」と重ねて質問。

自分の気持ちがわからないと佐那が答えると、それは恋なんだ~!坂本ならいい!よし応援してやる!!!と、踊るようにピュ~~~と消え去る兄。

時折、佐那と龍馬のやりとりをそっと見ていた兄ですが、恋をしたことがない妹の心の変化に先に気付き喜んでいたなんて。

あまりにいいお兄ちゃんで感激しました。

.

龍馬伝は大河が好きじゃなかった私でも見やすいです~。

噂に聞いていた竜馬の実家のニャンコ、みつけました!!

三毛猫~。でも1秒も映ってないですよね・・・。

なんであんなにちょっとだけなのよお~?

.

さて、1月も今日で終わり。

明日からは2月。まだまだ寒い季節が続きます。

でも冬は好きなんですよね~~。。。(笑)

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

|

« エンゼルバンク・第3話「女の敵は女?屈辱がプライドかベテランOL運命の選択」 | トップページ | 女刑事・音道貴子 凍える牙 »

きなこ庵日記」カテゴリの記事

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊きなこ庵:1月編25-31日&ちょっと龍馬伝:

» 福山雅治『龍馬伝』第5回★龍馬、黒船に混乱「私の心はここにはありません」 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』第5回:黒船と剣  風車を巨人だと思い込んで戦いを挑む騎士ドン・キホーテ(安売り店ではない方)のように、龍馬も”黒船”を前に混乱し、自分を見失う・・・・。  前回も書きましたが、江戸時代の人々にとって”黒船”は、映画『インデペンスデイ』にでてくるエイリアンの巨大宇宙船並みのインパクトだったのかもしれませんねぇ。  江戸幕府にとっても、新型インフル来襲に備えた去年の厚生労働省よりも、随分深刻だったに違いない・・・。 【 英語−オランダ語−日本語 】  黒船側と会談する幕... [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 12時35分

« エンゼルバンク・第3話「女の敵は女?屈辱がプライドかベテランOL運命の選択」 | トップページ | 女刑事・音道貴子 凍える牙 »