« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月に作成された記事

2009年11月30日 (月)

外事警察・第3話「囮(おとり)」

「何をすればいいの?お金くれるんでしょ?」

愛子(石田ゆり子)は住本(渡部篤郎)の無礼を詫びにやってきた陽菜(尾野真千子)にそう切り出す。

陽菜からそれを聞いた住本は、できるだけの援助をしろと命じる。

それは金銭的援助で愛子が後戻りできないようにするためだった。

.

愛子の夫、誠一(二階堂智)は病院に入り、高額な治療を受けることになる。

愛子は公安の協力者となり、ジュリオの携帯の記録をコピーするために外国人バーへと潜入していく。

彼女はなんとかジュリオの目を盗んでコピーすることに成功する。

.

官房長官、村松(余貴美子)はアメリカ大使館員、コンラッドの仲介で国際的警備会社スペード社の支社長と対面していた。

支社長は今度行われる国際会議の警護にスペード社も参加させてほしいと言う。

「会議は日本の警察が威信をかけて警備しますから心配はいりません」とやんわりと断る村松。

自室に戻った村松は警察庁警備局長、有賀(石橋稜)を呼び出し、警備は万全かと念を押すのだった。

コンラッドの言葉が松村の脳裏をよぎる・・・。

「アメリカはあなたが初の女性総理になると思ってる。

大事なことはすべての情報をあなたが握ることだ・・・」

.

そんな折、住本の協力者だったニケが行方不明になる。

ニケがFISHに拉致されていることは明らかで、住本はニケの妻を警察で保護させ、自分の家族も実家へと避難させる。

周辺に危機が迫る中、愛子の潜入で得たコピーにはたいした情報がないことが判明、住本を落胆させる。

どうやらジュリオは重要な人物に電話する時だけバーの奥の部屋に入り、携帯のSIMカードを入れ替えて連絡しているらしい。

それを知るには奥の部屋に侵入し、そのSIMカードを探し当て、コピーしてくる必要があった。

再び、愛子を使おうとする住本。

陽菜は危険すぎると住本に反発する。

住本は陽菜を通さず、直で愛子に会いにいく・・・。

.

誠一は最新の手術を受けたにも関わらず、状態は一向に良くならない。

愛子は日増しに絶望していく・・・。

そんな愛子に再び潜入を頼む住本。

「怖いの・・・。・・・自分が怖いの。

ほんとは何もかも投げ出してこの人から逃げ出したい、心のどこかでそう思ってる。

・・・私、楽しんでる。

この人の介護から解放されてあなたから命じられた危険な行為を楽しんでる。

恐ろしい・・・。

自分の醜さがおそろしい・・・。」

「醜くなんかない・・・。

毎日、語りかけても何もこたえてくれない。

永遠に続くかと思うような日々。

なぜ自分がこんな目にあうのか。これほどの罰を受けることをしたのか。

いつしか、この人さえいなくなってくれればと願い、いっそ殺して自分も死のうかと考え、そんな自分に怯える。

誰だってそうなる。

それを責められるヤツなんてどこにもいない・・・。

・・・望むなら終わらせてやる。。。

・・・あんたは俺を恨めばいい・・・」

住本は誠一の首を絞めようとする。

その手を止める愛子。

愛子は再びジュリオのバーを訪れることを承諾する・・・。

住本には愛子の苦しみがよく理解できた。

彼の父も植物状態で、母が発作的に父の首を絞めようとしたのを目撃したことがあったからだ。

それを見た住本は母のために父を殺そうとした・・・。

いちはやくそれをみつけた母は住本を「なんて子なの!」と罵り突き飛ばす。

その母の反応は大人になってもなお彼のトラウマとなっていた・・・。

.

ジュリオのバーに潜入した愛子は、体を張って彼を薬で眠らせる。

そのスキに奥の部屋へと侵入、SIMカードを探し出しコピーに成功する。

愛子は慌ててバーを出て行く・・・。

その後姿をジュリオは眠ったふりをして見ていた。。。

.

愛子は住本にコピーを渡す。

「一緒にしないで!

私、思ったことないから。あの人に死んで欲しいなんて、一度も思ったことない。

私、信じてるから。あの人が蘇るって!」

その愛子の言葉は、住本に再び母を思い出させた。

.

愛子はつぶやく。

私は住本に利用されているんじゃない・・・私が利用してるのよ・・・。

.

SIMカードからジュリオはFISHから指示を受け、メンバーに伝える役割を担っていたことがわかる。

(敬称略)

.

.

今回もおもしろかったです。

愛子の心情がとても丁寧に描かれていたし。

住本と彼女の気持ちのやりとりも、よくわかりました。

.

今のところは住本と愛子は同様の闇を知っていて、若い陽菜はその思いに触れることができずに隅へと追いやられてるという感じですね。

でも、陽菜がきっと愛子を救おうとするんでしょうね。わからないけど。

理事官の倉田が陽菜に接近。

彼のスパイになって住本の情報を知らせてほしいと・・・どうなるのかな。

.

倉田が住本をものすごく警戒してるってことはわかるんですけど、彼のどんなところに対してかはまだわからないですね。

今のところは、住本に魔物らしさは感じないです・・・。逆に深い情が見えたりして・・・。

.

今回、村松に会っていたコンラッドは、前回は有賀にCIAの情報を渡してましたよね。

多方面から日本政府に働きかけてるという感じかなあ。

.

あと、奥さんに危険な仕事をしてるということがバレました。

何の仕事かはまだ内緒。

住本は彼なりに家族を愛してるんですね。それだけはわかりました。

奥さんはいきなり危険な目に遭わされそうになって、キレてましたが・・・。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年11月28日 (土)

アンタッチャブル・第7話

衆議院議員補欠選挙には、与党政民党から元都知事の武士沢が、希望党からは元メダリスト瀬名が立候補する。

また、日本福祉募金振興会は新党、地球党を旗揚げし、永倉代表(寺島進)が名乗りをあげる。

.

遼子(仲間由紀恵)は樫村編集長(田中哲司)を殺しておいて知らぬ顔で政界に進出しようとしている永倉を忌々しく思う。

それで編集長の資料にあったゾマニア共和国緑化事業を調べようとする。永倉代表の名前を広めた募金振興会の最初の事業だからだ。

.

その週刊アンタッチャブル編集部に遠山(要潤)がやってくる。

樫村にかわってあらたに編集長に就任したというのだ。

スポンサーである永倉の意向であることは誰の目にも明らかだった。

.

遠山はさっそく、父親と共に武士沢と瀬名の秘書に接近。

数日後、武士沢と瀬名が女性と密会している写真が週刊アンタッチャブルに掲載される。

そのスキャンダルは政民党と希望党には大打撃となり、選挙は断然永倉に有利に状況になる。

.

さらに、遠山は遼子にヒミコ倶楽部に潜入して、ゾマニア共和国の緑化事業について調べろと命じる。

ママの未知子は、遼子に自分も記者だったことを打ち明ける。

そしてゾマニア共和国の緑化事業で取材に行った恋人の消息を一緒に突き止めてほしいと頼まれる。

遼子と未知子は手を組んで、駐ゾマニア共和国大使、牛丸に接近する。

牛丸はゾマニア共和国の土地は永倉の手で意図的に汚染され、それを緑化することによって彼は名声を得たのだと証言する。

未知子の恋人はすでにこの世にはいなかった・・・。

遼子が席をはずし、彼女の恋人の詳細が語られそうになった途端、未知子と牛丸は共に爆弾で殺されてしまう。

.

洸至(小澤征悦)と鷹藤(佐藤智仁)が遼子のいる爆破現場に駆けつける。

遼子は爆破で壊れ8時を差したままの時計と、手製の爆破装置が転がっているのを見て凍りつく。

自分の両親が亡くなった現場と同じだったからだ・・・。

鷹藤はそんな遼子に「気持ちがわかる・・・」と意味深なことを言う。

.

遼子が自宅に戻ると、遠山に匿われているはずの美鈴(芦名星)が待っていた。

遠山の父親が電話で話している会話を聞いて仰天して飛び出してきたという。

彼は未知子と牛丸の密会場所を誰かに伝え、爆死させるのに手を貸していたというのだ。

その上、遠山の父親は狂信的な募金振興会の会員だった。

美鈴はその父親の電話での会話を携帯に保存していた。

.

遼子は美鈴の保存した動画を公表しようとする。

だが、美鈴は何者かに襲われ、携帯を奪われてしまう。

携帯のことを知っていたのは鷹藤と遼子、洸至、片山の4人だけ・・・。

.

遼子のところに遠山から電話が・・・。

美鈴から携帯を奪ったのは遠山だった。

遠山は遼子に彼の身に起こった真実を語り始める。

「会社が倒産して希望を失った親父が募金振興会に入会したのが悪夢のはじまりだった・・・。

セミナーで洗脳された親父は、貯金を使い果たし、借金までして幹部の信頼を得ていった。

あそこは恐ろしい組織だよ。

だから僕はそれを世に伝えようとした。

そんな時、名なしの権兵衛から最初の脅迫が入った」

遠山が遼子に名なしの権兵衛から届いたファックスを見せる。

【父親と美鈴、週刊アンタッチャブルの記者の命を守りたければ、

私の指示に従え。

名なしの権兵衛 】

「・・・そして実際に美鈴の妹が殺された。

それからは名なし権兵衛の奴隷だった。

週刊アンタッチャブルの編集長になり、与野党を陥れる記事を書いた。

それはすべてみんなの命を守るためだった。

それなのに、親父は殺人にまで関わっていたなんて・・・。

僕はこの録画画像をインターネットで流そうと思う。

世の中に募金振興会と気球党の怖さを伝えようと思う・・・」

遠山の車から突然父親が出てくる。

「事情が変わった。史郎、美鈴さんの携帯をよこせ。

名なしの権兵衛さんがそれを待っている」

遠山は父親を説得しようとするが・・・。父親は遠山を刺してまで携帯を奪って逃走する。

遠山は刺された体で、遼子と共に父親を追うのだった。

「・・・怖いんだ。

誰かが僕を名なし権兵衛に仕立てたまま殺そうとしてるんじゃないかって。

そいつこそが名なしの権兵衛かもしれない」

.

やがて父親はあるホテルに入る。

遠山と遼子が追いかけてそのホテルに入ると、そこにはなぜかすでに洸至と片山、鷹藤が姿が・・・。

父親のいる部屋へ向かう5人。

だが、その5人の前でその部屋も爆破される・・・。

.

遠山の怪我は全治一週間。軽症ですんだと洸至に報告する遼子。

そんな遼子に洸至は言う。

「調べたら、おまえの身近な存在で不思議な過去をもつ男がいた。

俺たちの親の事件の一ヵ月後、同じような爆破で家族を亡くしている男・・・。

梨野俊一。親戚の養子になって今は鷹藤俊一と名乗っている」

「鷹藤くんが・・・?」

.

衆議院議員補欠選挙で、永倉が初当選する。

(敬称略)

.

.

すごいんですけど!

おもしろすぎっ!

.

名なしの権兵衛は誰なんでしょう。

ここにきて兄の普通に捜査してるシーンなんかが出てきて、怪しさが中くらいに。(笑)

鷹藤くんも8話でクローズアップされてくるなら、そんなに怪しいというわけでもないのかもしれない・・・。(笑)

一体、誰なんでしょう。名なしの権兵衛。

まあ、やはり一番怪しいのは兄には変わりないんですけど。

.

変わったドラマです。

一番悪いのは永倉でそのことはもうわかっているのに、実行犯?の名なしの権兵衛をみなんで探してるっていう・・・。

普通は黒幕が誰かわからないものなのに。

名なしの権兵衛が誰だかわかった後、永倉まで追求されないと、募金振興会の闇というか会員達もそのままなんですよね・・・。

.

今回は遠山の回でしたね。

遠山、めちゃめちゃ魅せてくれました。

そういえば、あのテレビ特番がダメになってから遠山の動きが鈍くなってたんでした。

なぜ募金振興会を名指しで批判する記事を美鈴に書かせたのか不思議でしたが、こういう事情が裏にあったんですね~。

遠山は陰ながら名なしの権兵衛に脅されていたという・・・。

遠山が名なしの権兵衛じゃないかと疑わせておいて、実は脅されて動かされていたなんて。

非常におもしろい展開でした。

その手があったか~~!って感じ。

アンタッチャブルの記者の命まで守ろうとしたなんて、いい人だ~遠山。

遠山が亡くならなくて良かった~~。ホッとしました。

.

鷹藤はどんな風に募金振興会に関わっているんでしょうか。

彼が名なしの権兵衛じゃないとは思いますが・・・。

逆に親を殺された彼なら、一人で調べてそう・・・。

.

それと、なぜ遼子が遠山の恋人きどりになっているのか、その事情もちょっとわかりましたね。

泥酔したまま寝て、朝に遠山がコーヒーをいれていてくれていた→絶対に何かあったはず→つきあってる・・・という流れなんですね。

一応は何かしらの根拠はあったわけです。(笑)

遼子と脅されていたことを打ち明けている遠山はいい感じでした。

記者仲間として信頼しあう仲だってことがわかったし、これならお似合いかも。

遼子、がんばれ~と、ちょっと応援したくなりました。

まあ、ダメでも鷹藤くんもいるしね。

.

あと疑問が。

どうして、遠山の父がいるホテルを洸至や鷹藤が知っていたんでしょう。

次週、このことを疑問に思って遼子が洸至に聞いてくれるといいんですけど。

.

もうひとつ、名なしの権兵衛に脅されたといいつつ、永倉代表とも会ってるんですよね。遠山。週刊アンタッチャブルのスポンサーだから当たり前?

永倉と名なしの権兵衛の力関係ってどうなってるんでしょうね。もしかして名なし権兵衛の方が上だったりして・・・。

.

ほんと、すごくおもしろくなってきました!!!

それもどんどん、加速度的におもしろくなってきてます。

最終回を見たあと、振り返ってみたら、どの回もすごく大事だったと思わされそう。

.

今になってですが、見ていない人にもぜひ見てほしいです。

このドラマ、大当たりかも!

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年11月27日 (金)

ROMES・第7話「真実」

成嶋(大倉忠義)と砂村(安田章大)は爆破スイッチを持った葵(国仲涼子)をみつける。

葵は閑野の娘(美山加恋)が移植手術のため渡米するのを阻止しようとしていた。

それは自分の弟と同じ目にあわせてやりたいという一心からだった。

移植が叶わず亡くなった弟の弔問に来た後、閑野(草刈正雄)は自分の娘の病室を訪ね、「お前でなくて良かった・・・」そうつぶやいた。

それを偶然聞いた葵の心に復讐心が芽生えてしまったのだ。

成嶋は葵に言う。

「それでなんになる?

閑野流斐は死に、子供たちは罪の意識を背負いながら生きていく。

弟さんは復讐を望むような人だったんですか?

あなたの弟はなぜ死んだのか。それは誰にもわからない。

そんな答えの出ない問題をあなたはいつまでも抱き続けるんですか?

あなたは自由になるべきなんだ。

その努力もしないで、決してみつかることのない答えを探し続けて。そんなのただの自己満足です。

あなたはその苦しみから抜け出して、壁を乗り越えるべきなんです」

葵は爆弾のスイッチを押すことができずにその場で泣き崩れる。

.

一方の貝田(矢島健一)も桜ヶ丘大学病院の子供たちと警察によって捕まえられる。

.

爆破の危機を脱して、湾空内に安堵感が漂う。

.

そんな中、成嶋にヒンデル社から紅茶が届く。

缶の中には壊れたチェスのコマ・・・。

その上、チェスの棋譜を羅列し、最後に「大舞台で会おう」と書かれたメールも。

成嶋はそれらを見た途端、デイビスからだと直感する。

.

また葵は、今回の事件は何者かによってすべてメールで指示されていたと供述する。

.

砂村は成嶋がつぶやいたデイビスという男の事を梶谷(池田鉄洋)に聞きに行く。

梶谷は自分の推測も加えて、調べたデイビスのことを話してくれる。

デイビス教授。犯罪科学とセキュリティシステムの権威。成嶋の恩師。

デイビスはヒンデル社からロメスの開発を依頼されていた。だがやがて彼は国際的なテロリストとつながりをもつようになり闇に染まっていった・・・。

そして突然の失踪。

その後、政府を相手にした脅迫や盗難、テロ行為に関与しているんでは?と言われている。

そのデイビスは3年前にアイルランドで死んだという話もあるが未確認。

慕っていた恩師の変貌に成嶋のショックは計り知れないものがあっただろうと梶谷は言うのだった。

.

主要8カ国首脳会議が開催される。

湾空のサミット対策警備会議では、万全の体制を取ろうとするが・・・。

成嶋は各国首脳の受け入れを別の空港にと提案する。

現段階では首脳陣をサポートをしきれないと成嶋は説明するが周りには相手にされない。

.

成嶋の思い悩む様子に砂村は少しでも助けになりたいと話しかけるが、彼は心を閉ざしてしまっていた・・・。

そんな成嶋のもとに「君の助けが必要だ」というカードが届けられる。

そして、成嶋は死んだはずのデイビスの姿を湾空で発見する。。。

(敬称略)

.

.

今回からが最終章に突入って感じですね。

あの女神の盗難も今度の葵の件もすべてメールで指示されていたこと。

何者かに誘導された結果だった・・・ということはデイビスが仕掛けていたってことなんでしょうか?

とにかく葵がまだ登場しそうなんでうれしい。

ロメスチームが男性ばかりで華がなくって。(笑)

.

ところで、貝田の扱いが簡単でしたね・・・。

結局、前回で終わったあきこも。

彼らも今後、何か役割があるんでしょうか。あきこは死んでるけど。

.

最終章に突入。お話も佳境に入ってこないといけない来週。

盛り上げてきてくれるのか、いや盛り上げてきてくれい!(笑)

期待をこめて見たいと思います。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月26日 (木)

新型インフルのニュース

新型インフルエンザのニュースが連日流れてますね。

.

ところで、ず~~っと思っていたことが・・・。

あのインフルエンザのニュース映像。

必ず腕に注射針をグサっと刺す映像が使われますよね・・・。

それも何度も何度も・・・グサッ、グサッと。

ニュースの間、注射する映像のオンパレード。

.

見るたび、ヒョオ~・・・痛そうっ! bearing  と顔をしかめてるのは私だけ?

オゾゾ~~と背筋がソヨソヨするし・・・。(笑)

.

できたら別の映像も流して欲しいもんです。bearing (笑)

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

ライアーゲーム2・第3話「17ポーカー」

中堅戦は太陽の国の秋山(松田翔太)が2ゲームを奪う調子の良さ。

だが、負けている菊池(眞島秀和)はこの2ゲームの内容を見て、ジョーカーを操る必勝法を探り出していた。

ボクサーだった菊池は試合中、相手のパンチをかわすため、人並みはずれた動体視力を身につけていた。それで、カードの並びを探り、ジョーカーの位置を知ることができたのだ。

.

3ゲーム、4ゲームと続けて、勝利をおさめていく菊池。

秋山の負けが続いて、直はタイムの間に月の国のメンバーに話す。

「ここで勝負したら事務局が儲けるばかり。自分たち、太陽の国が勝てばその賞金を月の国に渡して誰も損をしないようにするから」と。

菊池はその提案に乗ると言い出す。

「自分の手を悪くしたので、俺たちを信用してくれ」と言うが。

それは罠で菊池は秋山からまた1ゲーム勝利する。

.

だが、次の6ゲームは秋山が勝利する。

自信満々の菊池は自分の有利は変わらず、秋山の勝ちはたまたま起こったことだと気にかけなかったが・・・。

中堅戦の勝敗が決まる最終の7ゲーム。

やはり秋山が勝利する。

自分の負けが確定して、崩れ落ちる菊池。

「なんて運のいいヤツなんだ・・・」

そういう菊池の言葉に秋山は17ポーカーの必勝法を語り始める。

・・・。

「お前は動体視力を使ってジャーカーの位置ばかり探っていた。

だが俺は17枚、すべてのカードを操っていた。

今度は目だけじゃなくて、頭も鍛えるんだな、菊池」

.

次はいよいよ大将戦。直がゲームに挑戦する。

(敬称略)

.

.

すごいんですけど・・・秋山。

17枚のカードの並びを20パターン近く頭で読んでいるなんて・・・。

賢すぎる・・・。

.

菊池のすごさなんて、はるかに凌駕してるじゃないですか!

ほんと頼もしい・・・。

.

直がなんと言っても、さりげなく自分の作戦の中に組み入れて利用しちゃうし。

シーズン1もほんと頼もしかったけど、そんな彼はシーズン2でも健在です。

.

菊池に種明かししてみせた後のいたぶるような残酷な笑顔がなんとも秋山らしい・・・。

歯止めがかからないくらい才気走ってますよね。カッコいいぞ!

.

さて、次は直。

ほんとに戦えるの?

どんな風に秋山と福永が助けてくれるのかが楽しみ。

それとも福永は・・・彼の本領発揮で裏切るのか・・・。(笑)

とにかく楽しみです。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年11月24日 (火)

東京DOGS・第6話「潜入捜査で絶体絶命」

由岐(吉高由里子)の記憶が少し戻る。だが、彼女は神野との関係をたずねる高倉(小栗旬)に何もいえなくなってしまう。

高倉の父を殺した神野が自分の恋人だったことがわかったからだった。

.

特殊捜査課では、強盗で取り調べた者の話から、近く神野の組織が大きな麻薬取引を行いそうだと予想する。

調べてみるとやはり取引があり、相手は室井組と判明する。

時間がないことから高倉は室井組に潜入捜査をすることに、それにムリヤリ参加するマルオ(水嶋ヒロ)・・・。

.

やがて、高倉とマルオは室井と対面することに成功する。

二人は室井に麻薬の取引があるなら自分たちにも流してほしい頼む。

室井の命を救ったこともあり、高倉らは取引日時や場所を教えられる。

室井の口からは神野らしき人物の話も出て、いよいよ緊張感が漂うが・・・。

.

高倉から詳細を報告され取引先を見張る益子(東幹久)と堀川(勝地涼)。

だが、それはウソの情報で彼らは室井の手下に捕まってしまう。

「俺たちを裏切っていないのなら刑事達を始末してみろ!」

室井にそう迫られて、二人は益子たちを東京湾に沈めるフリをする。

それでようやく室井の信頼を得るのだった。

.

本物の取引がはじまる。

麻薬取引が成立し、その現場をおさえる特殊捜査課。

だが、神野だけは取り逃がしてしまう・・・。

.

後日、聞き込みで鈴江(志賀廣太郎)が神野を追って日本に来ている裏切り者がいるという情報を拾ってくる。

その裏切り者、甲斐崎(水上剣星)の写真を見て驚く高倉とマルオ。

由岐のバイト先で吉村という名前で働いていた男だった。

彼も由岐から神野の情報を得ようとしていたのだった。

.

由岐は潜入捜査から無事戻った高倉に自分が神野の恋人だったことを告げる・・・。

(敬称略)

.

.

今回もおもしろかったです。神野関係は全然進んでないけれど・・・。

.

お豆さんって・・・関西だけの言い方じゃないんでしょうか・・・。

飴ちゃんとか、お芋さんとか、関西以外では通用しないと思ってたんですけど。

ちょっとビックリしました。

・・・。

.

何気に重要な手がかりを拾ってくる鈴江。

もしかして・・・何か今後、役割があるのかな。ミサも有能そうだし。

益子と堀川はダメダメ担当なのかな。

特殊捜査課が前面に出てきておもしろくなってきました。

.

今回のママ電話もいい感じ。

「ママね。病気なの~。韓流スターにはまちゃって~」

「え?いまさら?」

なんか自分に言われてるみたいで・・・。coldsweats01

最近韓国ドラマを見始めたので~。

.

韓流スターで盛り上がる高倉家。

一緒になって盛り上がる妹の彼氏に、「なんでお前がここにいる?」と言わずに黙ってビンタする高倉。

おもしろ~~。大笑い!今回一番笑ったシーンでした。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年11月23日 (月)

外事警察・第2話「協力者」

ラモン・バラガスを協力者にした住本(渡部篤郎)。

ラモンは「FISH」のことを話そうとするが、その直前で何者かに殺されてしまう。

だが、住本はそれで「FISH」が本物のテロリストだと確信し、捜査に本腰をいれる。

.

そんな折、官房長官から9月3日、テロ対策国際会議が東京で開催されると発表される。

.

住本班はラモンの身辺を捜査する。

ラモンが狙っていた爆発物検知器は今回の国際会議の会場で使われることが判明。

また彼の持ち物から地下銀行があるとみられる個人経営の専門店が数店、浮かび上がる。

住本は協力者ニケにどの店が地下銀行になっているのかを探らせる。

.

また、陽菜(尾野真千子)には、ラモンがよく顔を出していた外国人会員制バーの雇われ店長、ジュリオを見張らせる。

住本はそのバーがテロ組織の拠点かもしれないと睨んでおり、バーの奥の部屋を探りたがっていた。

陽菜はジュリオの身辺調査をしはじめる。

.

やがて、陽菜はジュリオのお気に入りの理容店があることを知る。

その店の理容師は下村愛子(石田ゆり子)と言い、ジュリオが彼女に好意を抱いているのが明白だった。

陽菜は下村愛子を知っていた。

3年前、交通課にいた時、交通事故があった。

愛子は軽症ですんだが、夫は以後、植物状態に。彼女は店をやる傍ら、夫の介護をしていた。

事故後、自暴自棄になった彼女を慰め理容師としての仕事を再開させたのが陽菜だった。

陽菜は自分が住本に選ばれ異動になった本当の理由を知る。

それは陽菜を使って下村愛子を「協力者」にするためだった。

住本は最初からそのつもりで陽菜にジュリオを探らせたのだった。

外事をはずれた五十嵐からも、住本は狙った人物はどんな手をつかってでも「協力者」にしてしまうと聞く陽菜。

彼女はどうせ愛子を巻き込んでしまうなら、自分が担当するのが一番いいだろうと腹をくくる。

陽菜から下村愛子を「協力者」にしたいと言い出された住本はその手順を指導しはじめる。

.

ニケの働きで、地下銀行を運営しているのがバルケスの経営する店だと判明する。

また、ラモン、ジュリオと共にいた男も判明。住本班はその男が「FISH」だと推測する。

.

バルケスが金を用意して出かける。

「FISH」に接触するかと緊張が走る住本班。

表の班に邪魔されながらも尾行を続ける彼ら。

だが、「FISH」から指示を受けて行動してるバルケスはうまく尾行を巻き、住本班を混乱させる。

やがて「FISH」は逃げ、バルケスのみ確保する。

だがバルケスは取引相手の名前すら知らなかった。

.

CIAへの人物紹介で「FISH」と見られる男の素性がわかる。

カリム・クレメン。実行部隊としてテロ組織を渡り歩いた男だった。

大物を取り逃がしたことにショックを受ける住本・・・。

手がかりを失くし、頼みの綱はジュリオだけになる。

.

陽菜は愛子に近づいていく・・・。

愛子は陽菜のためにジュリオのバーへ出かけ、その内部の見取り図を書いてくれる。

ジュリオから遊びにおいでと誘われていたし、陽菜の親切にお返しがしたいと言って。

だが、詳細まではわからず・・・。

.

住本は陽菜と共に愛子のところへ出かけ、「協力者」になってほしいと頼み込む。

ジュリオのバーはテロ組織の拠点になってる可能性があり実態を把握したい。そのために彼から信頼されており怪しまれずに情報をとれる愛子に協力してもらいたい。謝礼も払うしボーナスも・・・夫の医療費や店の借金返済に使って欲しいと・・・。

騙していたのかと怒る愛子に、住本は開き直る。

「近所でも評判のおしどり夫婦。不運な事故で意識がもどらない夫につくす妻。

演じるのも疲れるでしょう?

あなたは泥沼の不倫で会社にいづらくなった。

結婚後その男と再会して焼けぼっくいに火がついた。

それを知った旦那はショックだったでしょうね。

旦那の運転中に男から電話があった。

嫉妬した旦那とその携帯の取り合いになり、彼はハンドル操作を誤り事故を起こしてしまった。

もとはといえば、あんたの責任だ。

あんたは大それた事をいくらでもできる女なんだ!

夫の介護に打ち込むのが罪の償いだと思ってるんですか?

それは自己満足だ」

.

警察に戻った陽菜は住本にくってかかる。

「どういうつもりですか?

なんであんなこと言うんですか?

すべて台なしじゃないですか?」

住本は陽菜を睨みつける。

「この3年間、彼女が何に苦しんできたのかわかるか?

借金でも介護でもない。

自分の抱えてる闇だよ。

心の奥底にたまった泥をみんな吐き出させて、全部飲み込んでやれ。

それができなければ玉(協力者)を使う資格はない!」

(敬称略)

.

.

おもしろかったですね~。

すごく細やかで丁寧に作られてます~。

.

それになんて言うんでしょう・・・大人のドラマ。

石田ゆり子さんもこういう役は珍しいんじゃないでしょうか。

「大それたことをいくらでもできる女」

なかなか聞かない大人のセリフですよ。

住本にそう言われる愛子は底が知れない雰囲気が漂っていて素敵です。

.

住本も子供の頃、誰かのクビを締めようとしたことがあるようで・・・。

そんなシーンがありましたね。だから、愛子の心の奥底の闇を察することができたんでしょうね。

住本のいろんな面ももっと見たいです。

.

初回もそうでしたが、外事4課の尾行はドラマの見せ場のひとつになってますね~。

尾行が巧みで、ドキドキします。

警備企画課の倉田は住本を見張れって言ったのに、滝沢係長はテロリスト確保の邪魔をしただけでしたね。

手柄を横取りしたかったのか・・・。どうなんだか・・・。

.

住本の妻は夫がウソをついていることに勘付いているみたい。

そっちの方が、なんだか頼もしさを感じてしまいます。(笑)

問い詰めない彼女。

意外と怖い女性なのかもしれないですね~。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2009年11月22日 (日)

アンタッチャブル・第6話

遼子(仲間由紀恵)と鷹藤(佐藤智仁)は、美人姉妹演奏家として有名な一条春果(櫻井淳子)、千夏(雛形あきこ)のコンサートに訪れる。

それは名なし権兵衛からファックスが届いたためだった。

「美人姉妹の音楽協会賞受賞のウラに大きなスキャンダルの火種がある。

名なし権兵衛」

二人の演奏を聞いた遼子と鷹藤はさっぱり良さがわからない。

だが、会場にいたファン達は演奏に陶酔し、次々と失神して倒れるのだった。

.

春果、千夏姉妹は、一年前、ロシアの世界的指揮者ザイコフスキーに演奏を絶賛されたことから今日の人気を博するようになった。

同じように取材をしていた遠山(要潤)もたいして上手でもない演奏なのに熱狂するのはおかしい、観客のほとんどはサクラなんじゃないかという。

遼子と鷹藤が調べると、コンサートには同じ客が毎回100名もきていた・・・。

遼子は姉妹の元を訪れ、そのことをたずねるが相手にされない。

.

そんな時、姉妹が住むマンションの管理人が、遼子らに防犯ビデオの映像を見せてくれる。

ちょうど一年前、姉妹がザイコフスキーと音楽協会賞選考委員長を部屋に招き入れる映像だった。

さらに、同じマンションの政民党の薮谷議員、希望党の窪園議員とも親密な関係であるという情報も教えてくれる。

遼子は姉妹が彼らを誘惑して賞を得たことを記事にしようとする。

だが、樫村編集長(田中哲司)はそれにストップをかける。

これには遼子だけでなく編集部は不満たらたらだったが、その後姉妹は驚きの会見をする・・・。

岸川議員の辞職を受けて行われる衆議院議員の補欠選挙に、政民党からは春果が、希望党からは千夏が出馬するというのだ。

.

樫村は大喜びで、保留していた遼子の記事に政治家2名のことを加筆し、週刊アンタッチャブルに掲載する。

姉妹はこの記事のために音楽協会賞の受賞を取り消されてしまう。

さらに、マンションの住人は管理人をはじめ、連日マスコミに登場し、二人がいかにだらしのないかと吹聴する。

姉妹の評判はどんどん落ちていく。

鷹藤はそれに不信感を募らせる。

マンションの隣人のことなんて普通は気にしてないものなのに・・・と。そして、この一連の動きは与野党のイメージダウンを狙ったのでは?と推測する。

.

それを裏付けるように城之内(酒井敏也)の調べでは、一条姉妹のマンションは永倉(寺島進)の所有物件で、住人は募金振興会の関係者だらけだった。

.

やがて、藪谷議員と窪園議員はマンションから不自然に飛び降り・・・。

与野党は一条姉妹の公認を取りやめる。

その後、名無しの権兵衛から贈られたシャンパンを飲んで、姉妹も毒殺されてしまう。

.

しばらく連絡がとれなかった樫村が遼子の前に現れる。

樫村は遼子に募金振興会が一条姉妹を使って与野党を陥れた資料を手渡す。

募金振興会は与野党を罠にかけて自分たちが旗揚げする新政党への期待感を煽ろうとしたのだった。

樫村が永倉HDの言いなりになってしまった最初の事件、暴力団詐欺もほんとは永倉が仕掛けたものだった。永倉は自分の慈善活動を宣伝してくれる週刊誌が欲しかったのだ。

最近、その真実を知った樫村は陰で永倉の周辺を探っていたのだった。

「永倉は慈善活動の裏で国政にまで食い込んでいた。

明日発売のアンタッチャブルにこの記事を載せろ!」

そう言って樫村は再び姿を消す。

樫村はひとり永倉社長を見張っていた。

いつか名なしの権兵衛と接触するだろうと考えて・・・。

.

遼子と編集部員は樫村の資料をもとに永倉や募金振興会の裏の顔を暴く記事をかく。

記事は無事入稿され、翌日、週刊アンタッチャブルは店頭に並んだ・・・。

だが、募金振興会の会員である印、「虹のバンド」をした者たちに根こそぎ買い占められてしまう。

そして、突然テレビに出演した樫村は事実無根の記事を書いたことを謝罪する。

その後、彼は溺死体で発見される。

.

洸至(小澤征悦)から樫村の死を聞き、衝撃を受ける遼子や鷹藤だったが・・・。

警察の調べでは、遼子らに姉妹の情報を流した張本人の管理人は、なんと国民ジャーナル副編集長、遠山の父親だった。

彼は募金振興会の熱心な会員だった。

遼子の中で遠山への疑惑が広がっていく・・・。

.

テレビでは永倉が緊急会見を行っている。

新党、地球党を旗揚げし、衆議院議員補欠選挙に候補者を出すと・・・。

(敬称略)

.

.

話が募金振興会にもどってきて良かった。coldsweats01

これ以上、あらたな組織が出てきたら、ついていけません・・・。(笑)

しかし、一話一話の話より、募金振興会VS遼子達の方が断然おもしろいですね。

話が緊迫してきました~~!

そろそろこちらのお話だけにしてもいいんじゃないでしょうか。

永倉の組織にはたくさんの会員がいるみたいですし、遼子はどうなっちゃうのか・・・。

忍び寄る怖さがありますね~。

.

「食事をしたらもう結婚」と暴走してる遼子はとってもおもしろい!

恨みノートも復活したし、これからも遼子キャラは炸裂してほしいですわ。

.

ところで、鷹藤もなんだか怪しくなってきましたね~。

鷹藤にはこのまんまでいてほしいんですよね。

遼子を支える存在で。ああ、裏切る姿なんて見たくないですわ。

.

その前に、今度は遠山の身に何かが起こりそうですが。

.

とにかく次回を楽しみに待ってま~す。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年11月20日 (金)

ライアーゲーム2・第2話

24連装ロシアンルーレットで福永(鈴木浩介)の勝ちは確定的だった。

だが、直(戸田恵梨香)はタイムをかけ福永を呼び寄せる。

自分の勝ちが見えているところで、ゲームを邪魔された福永は納得のいかない様子。

そんな福永に直は言う。

「福永さん、ここは引き分けにしてください」

このゲームは結局は事務局を儲けさせるだけ・・・。

秋山さんと私がきっちり勝ちますから。

「そんな話に俺は絶対にのらないからな!」

とんでもないと断り、ゲームにもどろうとする福永に、直はポツリとつぶやく。

「ここを引き分けにした方が、福永さんがもっと確実に大儲けできるのに・・・」

ゲームが再開され、直のその言葉が福永の脳裏に呪文のようにちらつく・・・。

「もっと・・・儲かる・・・大儲け・・・」

福永はその根拠も聞かずに、「大儲け」につられ引き分けにしてしまう・・・。

.

次は17ポーカー。

太陽の国は秋山(松田翔太)が登場、月の国は菊池(眞島秀和)。

菊池は谷村(渡辺いっけい)やエリー(吉瀬美智子)が唸るほどの経歴の持ち主だった。

「これは・・・秋山が負けるところを見られるかもしれない」

・・・。

(敬称略)

.

.

初回とはうって変わって、ものすごいザッとしたあらすじに。coldsweats01

.

今回、おもしろかったのは、福永が「大儲け」っていう言葉だけであっさり勝負を引き分けにしてしまったこと。

福永らしさ爆発でした。

福永は以前と全然かわらないですね。

今回は直に裏切られてましたけど。(笑)

.

直、かしこくなりましたね。

なんか自分だけがついていけてないような寂しさが。(笑)

.

でも17ポーカーはおもしろいですね。

実際、トランプでやってみたらはまりそう。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ROMES・第6話「罠」

車のトランクから深川アキコ(星野真理)という女性の死体が発見され、運転していたまゆ子(川村ゆきえ)が警察に事情を聞かれる。

まゆ子はその女性は自分のいとこだと言い、荷物が多く車を貸してほしいと言われた、だが、約束の場所には彼女は来ず、トランクに彼女の死体があった・・・と話す。

成嶋(大倉忠義)はロメスの映像から彼女が事件に関わっていないことを確信する。

実際、アキコは貝田(矢島健一)に殺されていた。

.

成嶋は砂村(安田章大)に会いにいく。

成嶋はロメスメンバーの中に内通者がいると彼に告げる。

アキコが貝田に危険をしらせたのは、ロメスが彼を監視していることを知っていたから。それはロメスチームしか知らないものだった・・・。

.

砂村も成嶋に桜ヶ丘大学病院のことを伝える。

その病院には閑野の娘、流斐(美山加恋)が入院していた。

成嶋は桜ヶ丘大学病院の事をロメスで調べる。

すると、9月20日にその病院の車が臓器運搬で滑走路に進入しているという記録が。

.

成嶋は滑走路のメンテをしている航空安全協会の桜井を訪ねる。

桜井が言うには、その日、誘導灯が故障で全部消えてしまい、いくつかの飛行機が湾空に降りれなかったという。

高額なロメスを導入し、人件費を削ったために起こったことだと言われていた。

成嶋は閑野(草刈正雄)に詳細をたずねる。

閑野はもちろんそのことを憶えていた。

臓器を乗せた飛行機が降りれずに、桜ヶ丘大学病院で死亡した青年がいた・・・。真田汰嘉。

成嶋は黒部が提出したロメスメンバー身辺調査から、その青年が八坂葵の弟であることを突き止める。

.

その少し前、葵はロメスに細工したあと、バックヤードに潜む貝田に会いにいっていた。

彼女は彼を車に乗せ、すでに湾空外へ逃れていた。

.

閑野のところに貝田から電話がかかる。

「1億円、払わなければ今夜、湾空のすべての飛行機はどこにも飛び立てなくなるぞ」

「・・・わかった。条件をのむ」

閑野は娘、流斐の病状が悪化、アメリカでは移植のドナーもみつかっており、その夜、早急に渡米することになっていた。

.

成嶋はロメスメンバーに葵が内通者であったことを伝える。

さらに、その原因になった誘導灯の故障はいきすぎた合理化が原因。それを推し進めたのが閑野専務であることも・・・。。

今夜、その閑野の一人娘が移植手術を行うため渡米する。

飛行機が飛びたてなければ、弟を失くした自分と同じ気持ちを味わわせることができる。

成嶋は葵が湾空に何か仕掛けてくるとすれば今夜だと予想する。

そして、すでにそのための細工をロメスにしているはずと解析を急ぐのだった。

やがて、結果が出る。

葵らが狙っているのは、旅客機誘導のレーダー室だった。

.

葵と貝田は湾空内に侵入し、それぞれ決めた場所に爆弾を仕掛けていく。

成嶋と砂村は、そんな葵を発見、追い詰める・・・。

(敬称略)

.

.

どうしてバックヤードにロメスが入ってないのかしら・・・。高価だから?

.

それと、お悔やみに訪れた閑野は葵に会ってるはずなのに、湾空で働きはじめたのを知らなかったってことなんですね・・・。

.

葵がエースだったことは予想どおりでした。

でも、まゆ子とアキコがいとこだったなんて、ビックリ。

それと、桜ヶ丘大学病院にいた熊田君たちが汰嘉のことで、閑野に復讐したいと思っていたなんて・・・、これにもビックリ。

だって、流斐は同じように病気で苦しんでいるのにね。

そういえば、流斐は病院には友達はいないって言っていたような・・・。

子供同士の接触がなかったんですね~。

最後、流斐のために貝田をとめようと、熊田君たちも湾空にやってきていたようでしたから、思いなおしたみたいですけど。

.

そして、今回も梶谷には大笑い!

砂村を犬扱いしちゃうなんて。

あと、航空安全協会が年配が多く、手書きの日誌が書かれていたこと。

桜井はお菓子の袋を2つ開けて、ポリポリ食べながらそれを調べていたこと。

パソコンなら一発なのに・・・という成嶋の思いが聞こえてきそうでした。

そばで見ていた成嶋があまりののんびりした様子に呆然としていたのもおかしかったですね~。

桜井はいい味出してます。安全協会は癒しの空間ですね。

すっごく楽しい気分になりました。(笑)

.

来週は成嶋が湾空にやってきたデビッド教授のことも出てきそう。

楽しみです。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年11月18日 (水)

東京DOGS・第5話「家出少女の口説き方」

由岐(吉高由里子)は無事戻る。

堀川(勝地涼)と吉川【甲斐崎】(水上剣星)の3人で飲んでいたらしい。

ほっとする高倉(小栗旬)とマルオ(水嶋ヒロ)。

.

由岐は医師西岡ゆり(ともさかりえ)の診察を受ける。

ゆりは高倉らに、恋人が目前で殺されるのを目撃したから記憶を失っているんじゃないかと話す・・・。

高倉は由岐に本当はすべて思い出していて、隠してるんだろうと詰めよる。

由岐はカッとなって「いい加減、私のこと信じてよ!」と高倉を平手で頬を叩いてしまう・・・。

マルオは一生懸命、由岐を慰めるが・・・。

.

特殊捜査課では家出少女の保護を口実にして売春斡旋の捜査をすることに。

少女の名は松尾玲子(近野成美)。売春斡旋の噂のあるモデル事務所にかくまわれているという。

また、その事務所は麻薬斡旋の疑いもあり、課長の大友(三浦友和)は高倉に神野が絡んでいる可能性もあると告げる。

.

高倉とマルオはさっそくモデル事務所に出向く。

社長の三島(風間トオル)は、玲子の両親から家出の捜索願が出ていることを聞くと、あっさり彼女を引き渡す。

二人は玲子から何か情報を聞きだそうとするが、事務所からモデルデビューを果たしたい彼女は答えようとはしない。

.

鈴江(志賀廣太郎)は玲子の恋人だと思われるスカウトマン、安藤が怪しいという。

渋谷や原宿で十代の子供相手に薬物の売買をしているのだ。

あまりに堂々と売っているために背後にもっと大きな組織があるのではと、特殊捜査課は安藤を泳がすことにする。

.

一方、大友課長は高倉には宮田の方の捜査をしろと命じる。

単独で捜査しようとする高倉にマルオは手を貸そうとするが・・・。

高倉はいやがる・・・。

高倉は宮田の手帳にあった中尾に接触する。

中尾は組織から足を洗いたがっており、神野の情報を流すかわりに自分を保護してくれと頼み込んでくる。

「神野を裏切ったのはアニキ(宮田)を殺したやつ。アニキはそいつを探しにきたんだ」と宮田殺害犯の手がかりを話す。

さらに、中尾は自分の組織と新宿を拠点にしてる組織が川崎で取引をするという情報も。

.

そのころ、甲斐崎もその取引の話を聞きつけていた。

「そこに行けば神野が来るんじゃないか・・・」

.

高倉とマルオから安藤が麻薬の売買をしていると聞かされた三島は、麻薬と事務所の関係を強く否定する。

その矢先、益子と鈴江が目を離した隙に、安藤は薬で意識不明の重体に。

.

高倉は中尾に指示された取引場所にひとりむかう。

心配したマルオもそこへ駆けつける。

だが、取引は行われず、中尾が撃たれ横たわっていた。

中尾は「あんたに情報を流したことがバレてしまった」と言い残し息絶える。

同じようにやってきていた甲斐崎は神野の仕業だと言う。

.

三島は玲子を夜中に呼び出す。

車で玲子をどこかへ連れて行こうとするところを阻止する高倉とマルオ。

三島は警察に目をつけられた玲子を自殺に見せかけて殺そうとしていた。

安藤も彼の仕業だった。二人は彼を逮捕する。

.

モデルデビューの夢を利用され落胆する玲子をなんとか励ます高倉。

その不器用さに苦笑いするマルオ。

玲子は警察に協力を申し出、安藤の容態も快方に向かう。

.

翌日は高倉の父の命日。

高倉はマルオと由岐にそのことを話す。

父は釣りが好きで神野に撃たれた日も山に釣りに行っていた。神野の背中は今もはっきり覚えてる・・・と。

高倉は神野の情報が欲しくて焦って由岐を傷つけたことを謝る。

.

由岐の記憶がまた少し戻る・・・。

記憶の中の由岐は、男性からプレゼントをもらいうれしくて抱きついていた。

「神野・・・さん・・・」

由岐はその場に倒れ意識を失う・・・。

(敬称略)

.

.

今回は普通におもしろかったです~。楽しかった~♪

.

高倉は相変わらず細かいところでおもしろさを発揮してます。

マルオのキャラがようやく描かれ出してきたというか。

親しみがもてるようになってきたのも良かったです。

表情もいろいろ出てきたし。

高倉みたいに表情で笑わせるようになってきて良かったです。happy02

.

今回は、高倉が由岐やマルオに心を開きました。

マルオが高倉を構うようになったせいかな。

高倉とマルオが協力し合うと、見やすくなってきてうれしいです。

.

相棒のパロディにはビックリ。

紅茶ガブガブって・・・大笑い。

.

今回はママの電話より、それに反応して「大丈夫なのか?」を連発、「忙しそうだな~」と気遣う中尾がおかしかったですね~。

ママ電話をうざいという方が多いみたいですが、私は益子に親離れされる苦悩を語られる方がうざいです~。(笑)

特殊捜査課のメンバーが動き出してきてうれしいんですが、あれはほどほどにして欲しい・・・。

.

前回、メインにきたミサですが、今回はまたまた元通り。大友の言いなり。

あら~、ミサに変化はないのね~と思っていたら、はじめて自分の見解と大友の見解が一致して、ニカッと笑うシーンが。

マルオがつられてニコ~と笑ってましたね。

.

ところで、中尾を殺したのは甲斐崎ではないようで、神野の手先?

高倉サイドから情報がバレたんでしょうね。

警察内部に裏切り者?神野の協力者?

.

それから、由岐は神野の恋人?

由岐は今は高倉が好きみたいなのに。

複雑な心境に陥りそうです。

.

オープニングもエンディングも映像がカッコいいです。

主題歌の「ふたつの唇」、いい曲~ヘビーローテンション中です。

来週も楽しみに待ってます。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年11月16日 (月)

外事警察・第1話「テロリスト潜入」(全6話)

その男に、騙されるな。

世にしられざる警察が存在する。

街に深く潜行し、決して姿を見せない「ウラ」と呼ばれる特殊班。

警視庁公安部外事4課住本班。

スパイ天国と言われる日本で対国際テロ秘匿捜査の精鋭部隊。

(公式HPの解説より)

.

(敬称略)

3ヶ月前。

ここ数年、世界で起こったテロで重要な役割を果たしたと言われているのがコードネーム「FISH」。

その「FISH」が日本に潜入しているという情報がCIAからもたらされる。

ガセなのでは?という公安部外事4課、住本(渡部篤郎)に警察庁警備局長、有賀(石橋稜)は言う。

「例の会議が開催されることになれば・・・日本は彼らの格好のターゲットだ」

.

SATの訓練を見学する内閣官房長官、村松久美(余貴美子)。

有賀は、これを機に「警察は国際テロの脅威に備え準備しないといけない」と訴えようとするが・・・。

「日本はテロの標的にはなりえないわ。

だから、国民のプライバシーを脅かすようなあらたなテロ法など必要ないし、公安外事の予算削減の見直しも必要ない」と村松は一切、聞く耳をもたない。

.

豊島南署の松沢陽菜(尾野真千子)は突然異動を命じられる。

異動先は公安部外事4課。住本班。

陽菜はさっそく住本について現場に出る。

この日の監視対象はゴルビア大使館三等書記官ラモン・バルガス。

.

ラモンは食事のあと、住本班の目の前で車をぶつけてしまう。

翌日、その相手と会うラモン。

相手は谷村テックの谷村社長だった。

.

谷村テックは社長自身が開発したイオン式ガス漏れ探知機を発明。それで年商12億の企業へと成長していた。その後、爆発物検知器の開発にも成功。

だが、ガス漏れ探知機の設置場所である集合住宅で死者1名、負傷者3名を出す事故が。

原因は不明だったが、これを機会に業績が悪化。

負債額は3千万円。倒産の可能性が高いと言われていた。

谷村は連日、資金繰りに奔走していた。

.

谷村テックの爆発物検知器は、部品の一部を解析すればセンサーに引っかからない爆発物をつくることができるという。

ラモンはそれを目当てに谷村に車をぶつけたのだった。

.

住本はラモンの情報をもたらした自分の「協力者」のニケにもう一人の方も調べてほしいと依頼する。

「敵は大きい。日本の警察はテロリストを逮捕できるんですか?」

ニケの問いかけに住本は苦笑する・・・。

.

ラモンは、谷村の現状に同情するフリをして爆発物検知器の現物を売ってほしいとお金を渡す。

勝手に国外に技術提供はできないんだと断る谷村。

ラモンはさらに自分は外交官なので空港もノーチェック、あなたには迷惑がかからないと食い下がるのだった。

.

一連のやりとりを聞き、住本は谷村を利用することにする。

谷村がラモンに爆発物検知器を売り渡せば、無許可で軍事技術を提供したものとして逮捕できる。そして、同時にラモンを確保しようというのだ。

陽菜はそのために谷村を犯罪者にするのかと反発するが、そうなるかどうかは谷村次第だと一蹴される。

.

ラモンは再度、谷村と交渉しようとする。

「うちの技術は人を救うための技術。それを世の中に証明したい」と苦境に立たされても技術者の誇りを失わない谷村は、ラモンの提案をきっぱりとはねつける。

「うちの技術が欲しければ正規のルートで申し込め!馬鹿にするな!」

.

そんな折、谷村テックにベンチャーファンドから投資の話が持ち込まれる。

「うちの技術は一級品、これでわが社は立て直せる!」

谷村は大喜びするが・・・。

ベンチャーファンドからの投資話が立ち消える。

落胆し、再度追い詰められた谷村は、ついにラモンと連絡を取ってしまう。

「うちの技術が欲しければ、5千万現金で用意しろ・・・」

.

その受け渡しの場所で谷村は逮捕され、ラモンも同行を求められる。

.

住本は、田村と名乗りラモンと対峙する。

「あの金はどこから出ていたのか、どの国から出ていたのか。

調べさせていただきます。

まさか、お国から出ているわけではないでしょう?

外交官がテロリストの片棒を担いでいたら、家族はお国で暮らしていけるのか。

・・・お友達にならないか?守ってやるよ」

住本はラモンをあらたな「協力者」にする。

.

陽菜は住本にたずねる。

「志願していたわけではないのに、なぜ私が公安に?」

「人の弱みにつけこんで、不幸を利用する。それが俺たちの仕事。

イヤならもとの部署にもどればいいだけだ。

お前は、自分から性犯罪担当を志望したんだろ?

性犯罪担当なら警察組織でも女が食い込みやすいと思ったんだろ?

この仕事に向いてるよ、お前は・・・」

住本は陽菜の野心を見抜いていた・・・。

.

心が荒んだと公安外事を辞めて行く五十嵐が、陽菜に忠告する。

「ひとつだけ忠告しとく。あいつは信用しないこと」

.

住本が公園のベンチにお金の入った封筒を置いてゆく。

それを取りにあらわれたのは・・・ベンチャーワールドの男。

最終的に谷村を追い込んだ男は、住本が雇ったのだった。

.

.

おもしろかったです。

今回は外事課がどんなところなのか、あとメンバー紹介の回でした。

でも、かなりいろんなことが盛り込まれていました。

じっくり釘付けの初回でした。

住本の全貌ってまだわからないですが、かなり壊れた雰囲気をもっているのでこの先のお話がすごくなりそうですね。

.

しかし、ベンチャーワールドの男は住本が雇っていたなんて・・・。

彼の怖さをにじみ出てましたね。。。

.

そんな住本を疎んじているのが、倉田警備企画課理事官(遠藤憲一)。

外事4課の係長、滝沢を使って住本のことを探らせてました。

倉田は警察内の綱紀粛正を担当しているらしいです。

住本はロシアを担当していたときに悪い噂があったためとか。

.

それから住本の少年時代のシーンもありました。

あと、有賀は住本の父に貸しがあるみたい。

.

今後、どう絡んで来るのか楽しみです

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2009年11月15日 (日)

アンタッチャブル・第5話「盗聴された女」

美鈴(芦名星)の部屋にあった死体は美鈴の妹のものだった。

.

鷹藤(佐藤智仁)の知らせで現場に駆けつけた遼子(仲間由紀恵)は、菅原の言い残した言葉「あんたの身近な人間」が気になる。

鷹藤は不審な動きをする城之内(酒井敏也)が犯人なのではないかと言い出し、遼子はこの件を調べようとするが・・・。

.

アンタッチャブルの編集長はアイドル彩香とJリーガーの交際発覚の件を取材しろと命じる。

テレビでは、その二人が出演。交際発覚したのは占い師マーサ(三浦理恵子)が暴露したせいと訴えていた。二人の交際を知っていたのは彼女だけだったからだ。

番組に出ていたマーサは否定し、犯罪コメンテイター楠田(中村獅童)は他の存在をほのめかすのだった。

楠田は全国規模の探偵養成学校を経営する楠田エージェンシーの代表。

楠田にひと目惚れした遼子はいそいそと取材に出かけていく。

.

楠田は遼子らを連れて、彩香のマンションに出向き盗聴器を発見する。

それを見た遼子は美鈴の部屋も調べてもらうことに。

そして、そこでも盗聴器が発見される。

楠田はとても協力的で、城之内の自宅前から電波が出ていたと教えてくれる。

その上、城之内と菅原は熱心なラボネイチャリングの会員だったことが判明。

ラボネイチャリング。

エコ商品を販売することで活動資金を得ている環境保護団体。

そのラボネイチャリングから出てくる城之内を目撃して遼子と鷹藤は彼への疑いを深める。

.

遼子は取材のついでにマーサに占ってもらうことに・・・。

マーサは、遼子に楠田はあなたの運命の人と言い切る。

喜ぶ遼子だったが、その後、両親の不幸な死に言い当てられ仰天する。

両親は遼子が中学生の時、放火され焼死。犯人はまだ捕まっていなかった。

犯人を見つけるために刑事になった洸至、真実を知りたくて記者になった遼子・・・だった。

.

占いの直後、遼子に近づいてくる楠田。

遼子の誕生日を一緒に祝いたいと言われ、彼女は有頂天になる。

「できる男はやることが早いわね~」

.

遼子の過去を知っていたマーサ。急に遼子をくどきはじめた楠田。

遼子は自分の過去を編集長に話したことがあった。鷹藤はそれを知り、楠田に編集部を盗聴されているのではないかと疑い調べ始める。それは的中し、彩香の時と同じ盗聴器がみつかる。

編集部には名なしの権兵衛からファックスが届く。

「深入りはよせ。傷を負いたくなければ  名なしの権兵衛」

.

遼子と鷹藤は城之内に菅原との関係をたずねる。

彼と菅原は、ラボネイチャリングの環境保護に心酔していたときの仲間だった。

城之内はすぐに脱退したが、最近、菅原からラボネイチャリングのために大きな仕事をすると聞いて止めようとしたがダメだったという。

そのため、せめて真相究明をしようとひとりで調べまわっていたのだった。

鷹藤は城之内の無実を信じ、引き続き彼の身辺を調べると言い出す。

.

遼子は楠田と約束したホテルに行く。

だが、そこで楠田から城之内が怪しいという話を聞き、鷹藤が心配になる。

遼子は鷹藤に電話するが、それには城之内が出て・・・。

慌てて鷹藤のもとへかけつける遼子。

・・・二人はラボネイチャリングの前で張り込んでいた。

.

遼子は城之内からラボネイチャリングの役員リストを見せられる。そこにはマーサと楠田の名前があり、二人が長年グルであったことを証明していた。

楠田は探偵学校の卒業生に盗聴させ、その情報を提供し、マーサはそれを占いに利用していた。

さらに、ラボネイチャリングは国政に出る準備をしており、楠田はその有力出馬候補になってるという。

ラボネイチャリングの政党に出資する慈善団体の中で一番資金を出しているのが永倉の日本募金振興会。

ラボネイチャリングからすると最も影響力をもつ募金振興会への誹謗中傷は許せない。

だから、楠田が美鈴の妹の殺害したのだろうと城之内と鷹藤は言うのだった。

.

そんな時、遠山(要潤)から美鈴と連絡が取れないという電話が。

遠山は電話では東京をはなれていて美鈴のところに駆けつけられないと言いながら、実のところ、東京の永倉HDのビルの前にいた・・・。

.

そんなことは知らず、美鈴の入院先に駆けつける遼子達。

美鈴は城之内と鷹藤に保護されるが、病室に残った遼子はやってきた楠田に襲われる。

「あなたの身近な人間に美鈴殺害を依頼されました。

あなたのことは依頼されていないが私の判断で殺すことにします。

依頼者は、名なしの権兵衛。

事件の真相をもみ消そうとする人間が名なしの権兵衛だ・・・」

遼子の問いかけに次々と答える楠田。

遼子のところへ戻った鷹藤が楠田と乱闘になるが、力及ばず・・・。

楠田は遼子の兄、洸至(小澤征悦)に射殺される。

.

時を同じくしてマーサが自殺する・・・。

.

遼子はもちろんこの事件を記事にするが、またまた編集長によって削除される。

「うちのスポンサーである永倉HDの募金団体に疑惑が向けられるような記事は載せられない!」

.

遼子は、永倉HDはラボネイチャリングの実態を知らないで資金を提供してるに違いないと永倉に会いに行く。

だが、永倉にはまったく相手にされない。

その帰り、名なしの権兵衛のファックスの送信元であったコンビニが永倉HDのビル内にあることをみつける。

そして、そこに編集長がいた・・・。

名なし権兵衛は編集長?

遼子は彼を疑いはじめる。

(敬称略)

.

.

ラボネイチャリングという組織が増えて、ややこしくなってきた~・・・。

ドラマ内でも表にして説明されてましたが、あれがなかったら頭の整理できませんでした(笑)。

.

名なしの権兵衛と永倉HD、その下の日本募金振興会、そこから多額の資金が流れているラボネイチャリング・・・。

そして、ここが政党をつくって国政に出ようとしている。永倉も政治的発言が増してきてる・・・。

.

しかし、遼子の洞察力はどうなったんでしょうね・・・。

口元の微妙な動きで見破れるんじゃなかったのかな・・・。

楠田にひと目惚れするんじゃなくて、怪しいと疑いをもって近づく方がよかったかも。その後、くどかれてふらふら~の方が彼女らしいかも。(笑)

.

今回、「身近な人物」っていうので、まず疑われたのが城之内。

城之内は菅原と知り合いで独自捜査をしていただけだったんですね。

疑いが晴れて、今度は編集長を疑う遼子。

兄が断然怪しいと思うのだけれど・・・。

遼子が信頼しきってる兄を疑うのはもっともっと後のことですよね。

そりゃあ~。

.

それより、鷹藤は遼子のことが好きなんですね。

でも彼もちょっと怪しかったりして、今後の展開が楽しみです。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年11月14日 (土)

こたつはもうとっくに出してます

ブログネタ: こたつ、もう出した?参加数

.

もうとっくに出しました。

10月半ば頃だったでしょうか。

ぬくぬく~~。

そのせいで、運動しようなんて思わなくなってしまいました。

入ったら、出られないコタツです。

「コタツから出ないでする体操」なんて本が出たら買ってしまいそう。(笑)

.

今月はでも、映画を見たいんですよね。

「笑う警官」と「ゼロの焦点」。

この2作品が気になって・・・。

評判のいい方を見にいこうか、両方見ようか、迷ってる最中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

ロメス・第5話「接近」

駐車場の不審車が突然爆発。

様子を見にいった砂村(安田章大)は脳震盪をおこして倒れる。

現場に一番に駆けつけた成嶋(大倉忠義)は、周囲には意識不明の重体と報告し、砂村をこっそり湾空内の秘密の場所に連れていく。

.

再び、専務の閑野(草刈正雄)に脅迫電話がかかってくる。

「やあ、閑野専務。こちらが本気だってことわかった?

また近いうちに。楽しみにしていてくれ・・・」

.

緊急警備会議では、駐車場で使われた爆弾も前回と同じ、成田闘争で使われたものと報告される。

.

成嶋は湾空内に潜む砂村に、ロメスの1ヶ月のデータを先入観なしで調べ、犯人に結びつく人物を突き止めてほしい」と極秘の調査をさせる。

成嶋に信用されていたことに驚きながらも、砂村は時間をかけコツコツと人物をチェックしていく・・・。

.

一方、大友の職場を訪れた日高(古舘寛治)は、彼から20年以上前の貝田(矢島健一)の写真を渡される。

日高からそれを受け取った成嶋は、さっそくロメスに貝田の顔を入力する。

.

湾空フーズの筑森(草野イニ)が、砂村の調査にひっかかる。

あまりにも頻繁に子供と一緒にロメスの画像に登場していたからだった。

彼は大の飛行機や空港ファンで、空港が仕事がしたいと機内食を作る部署で働いていた。

砂村は隠れ家を抜け出して、その筑森に会いに行く。

筑森は、同じ趣味を持つ展望台で知り合った熊田翼をいう男の子を従業員パスがないと入れないバックヤードまで入れて案内していた。

桜ヶ丘大学病院を退院したばかりの子で元気づけたかったと言う。

砂森は湾空内を案内するツアーの名簿に、何度もその病院の名前が出てきたことを思い出す・・・。

「桜ヶ丘大学病院の人が湾空のことを知ろうとしている・・・偶然か・・・」

砂村は病院を訪ねる。

病院は空港近くにあるので優先してツアーに参加させてもらっているとのことだった。

だが、ツアーに参加した個別の患者の状況については教えてくれない。

「病院に入院してる子が事件に関わっているはずないか・・・」

子供と爆発がどうしても結びつかない砂村だった・・・。

.

そんな頃、湾空を監視しているロメスがレベル3の警告音を発する。

成嶋が入力しておいた貝田のデータがヒットしたのだ。

爆弾魔の貝田が空港に侵入した!

警備チームは騒然となる。

その後、偽爆弾を仕掛けた女(星野真理)も湾空にやってくる。

女は湾空内に潜入している仲間、エースから貝田の面が割れていることを教えられ貝田を逃がしにきたのだった。

女は貝田と接触し、二人でロメスの監視が届かないバックヤードへと潜り込む。

その上で湾空内の仲間に携帯で助けを求める。

「お願い、助けて!あなたしかいない・・・」

.

その電話の相手はまゆ子(川村ゆきえ)だった・・・。

.

しばらくして、湾空の出口で行われていた検問場所で、ロメスが再び警告音を発する。

車のトランクに偽爆弾の女がいたのだ。

だが、女はすでに死んでいて、車を運転していたまゆ子がその光景を呆然と見ているのだった。

(敬称略)

.

.

今までのゆるさは何だったんだってくらい5話はおもしろかったです!

まさに目が離せない展開!

5話で魅力爆発って・・・。どうなのよ。。。

でも、うれしい!

全9話なんで、これから後半にむけて盛り上がってきそうです。

.

と、見た直後の感想はこうなんですけど・・・。

.

記事を書くのに見直していたら、事の真相もエースが誰かもがわかってしまった・・・。

ヒントがね。多すぎですよ。

来週またまたどんでん返しがあるんだろうと思います。期待しています。happy01

.

犯人サイドは、DH、センター、キャッチャー、エースと呼び合っているんですね。

湾空潜入者はエース。途中参加で本物の爆弾を使いはじめたDHが貝田。

女はセンターだったかな・・・。

.

成嶋に信用されていることを知って、がんばりすぎちゃう砂村。

あんまり何度も隠れ家を抜け出すので、ちょっとヒヤヒヤしました。

でも、成嶋の期待には応えてますね。

.

今回も笑わせてくれたのが、梶谷と桜井でした。

梶谷は成嶋のファンなのか・・・。(笑)

成嶋の企みはすべてわかっていて、黙っていてほしければご飯をおごれと。

それにきなこのお姉ちゃんもつけて・・・なんて。

きなこのお姉ちゃんと聞いて私のアンテナがピキピキと。

「いや~やっときなこちゃんがいっぱい見られるの?梶谷は猫好きかあ~?」と思ったら、きなこ空港長の世話をしてる本物のお姉ちゃんだった・・・。

おもしろくない・・・。(笑)

犬の訓練士だけれど、猫も大好きなら笑えるのに。

お姉ちゃんを前に食事に誘おうとして、途方にくれてる成嶋はちょっと良かったです。

.

桜井の百羽鶴。砂村のために急いで折ったと・・・。

いいキャラだわ~。出てくると癒されます。。。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年11月11日 (水)

ライアーゲームシーズン2・第1話「壮絶な騙しあい、ゲーム再開」

ライアーゲームから2年。

再び神崎直(戸田恵梨香)のもとにライアーゲーム4回戦の招待状が届く。

もうゲームには参加しないと決めていた直だったが、事務局の谷村(渡辺いっけい)に他のプレーヤーを救ってやれるのは君だけと言われ、悩んだ末にゲームに参加することになる。

.

一方、海外を放浪していた元天才詐欺師、秋山(松田翔太)が帰国する。

彼のもとにはエリー(吉瀬美智子)が訪れ、4回戦に誘うが・・・。

「俺は主催者に会いたくて、あのゲームに参加した。

それを遂げた今、もうゲームに興味はない」とエリーの誘いに見向きもしない秋山。

だが、さらに続くエリーの言葉に気が変わる。

「神崎直さまは出場しますよ。

前回、あなたが会ったのは単なる主催者の一人にすぎません。

あなたはまだ、このゲームの本当の正体を知らない・・・」

.

第4ゲームの会場にやってきた直は秋山と再会する。

そこには、2年前にゲームを戦った福永(鈴木浩介)もいた。

.

また、第4ゲームの他会場では、葛城リョウ(菊池凛子)という秋山と面識のある謎の女性も参加していた。

.

4回戦がはじまる。

プレーヤーは6人。

二つのチームに分かれ、秋山、直、福永が太陽の国。

西田(荒川良々)、菊池(眞島秀和)、妙子(広田レオナ)が月の国となる。

それぞれの手元に用意された1億5千万円のうち、1億円をチップに変えゲームに使い、残りはボーナスとしてもらえるという。

ゲームは24連装ロシアンルーレット。

1対1の戦いで、3発ずつ装填し、発砲する。

実弾が出ることはなく発砲音が鳴ったら、その人の負けとなる。

負けると相手国に5千万円を支払う。すなわちチップ50枚。

パスもでき、そのときはゲームの場に1枚のチップを出す。

相手もパスする時はさきほどの2倍のチップを払う。あとは倍の数のチップを置いていき、5回続けてパスが宣言されると「流れ」となる。

※空砲だった場合、勝ったので場のチップはその人のものとなる。

※発砲音がした場合、負けなので場のチップとさらにペナルティーのチップ50枚も払わないといけない。

.

直と西田で、リハーサルが行われる。

リハーサルなのに、直は発砲音を鳴らし続け、どんどんチップを取られていく。

負けは2億円ちかくなり、直はこれが本番だったら・・・と怯えるのだった。

.

リハーサルが終了し、落ち込む直に、秋山は「お前のおかげでいろんなことがわかった」とニヤリと笑ってみせる。

「ええ?でもこのゲーム、運だけが頼りじゃないですか!!」

という直に、

「このゲームも結局はライアーゲーム。

ただの騙しあい。

このゲームは必ず勝てる!」

かつて、ライアーゲームを勝ち続けた天才秋山はそう断言する。

.

本番がはじまる。対戦は福永と西田。

福永は心理戦を仕掛けていく・・・。

彼のペースに巻き込まれ、おもしろいように翻弄される西田。

「実は俺には見えているんだよ。玉のありかがっ!!!」

「なぜだあ~~!!」

半狂乱になる西田だった。

.

ゲームの様子を見ていた秋山は、直に言う。

「このゲームには、付け入る隙がある」

秋山は直に説明してやる。

3発の弾を連続でいれること。

そしてそれを相手チームにも聞こえるようにつぶやいておいたこと。

相手も同様にすれば、3発を正反対の位置にいれない限り、偏った6発の弾の重みでリボルバーの銃身がずれ、弾が密集してる部分が下半分にくる。

拳銃は上から発射していくので、前半は空砲になるのだと。

秋山同様そのことに気付いていた福永は、それで8発目まで空砲で勝ち続けることができたのだった。

だが、弾のある下半分にくると、どちらも撃たず硬直状態になってしまうと秋山は予測する。

そして、この先、福永がどうするのかが見ものだと。

.

その下半分にきて、福永は西田に撃たせるためにある仕掛けをする。

隠し持っていた鉛筆の芯を削り、それで拳銃に火薬のような汚れをつけ、弾がそこにあるように思わせたのだった。

それは見事にはまり、西田は発砲音を響かせる。

連帯で負債を抱えることになる月の国チームはたまらず休憩をとる。

.

だが、直は気付く・・・。

「もしかして、あたしたち、取り返しのつかないミスを犯してしまったのかも・・・。

あたしたちはとんでもない罠にかけられているんです・・・秋山さん!」

.

控え室の多数のカメラでゲームや直らの様子を見ていたエリーに谷村はたずねる。

「どうして、あの連中はそんなに秋山と神崎直にこだわるのか・・・」

「赤いリンゴがそろうことを期待してるんでしょう・・・」

.

福永と西田のゲームが再開する。

直の言葉を裏付けるように、雲行きがかわりはじめる・・・。

.

(敬称略)

.

.

はじまりました~~~!!

シーズン1の脚本は古谷和尚さんでしたが、今回は黒岩勉さんという方なんですね。

.

ちょっと雰囲気が変わるのかなと心配していたんですが、シーズン1と同様、はまりそうです。

ゲームがはじまると、ルールを頭に入れようと必死の私・・・。

なかなか理解できず・・・。coldsweats01

.

でも、引き込まれてしまいました。あっという間の1時間ちょっとでした。

おもしろいです!

.

特に福永がまったく変わってなくて、相変わらず迫力満点だったことが良かった。(笑)

これからもっとあのキャラは炸裂しそうだし。楽しみ。

秋山の相変わらずの天才っぷりもカッコいいし。

.

直はなんだかちょっと成長した?

リハーサルでパニックになってたのはおもしろかったけれど、本番では一番最初に罠に気付いてたようで・・・。

秋山より直の方が先に気付くなんてこと、有り?(笑)

ゲームがどうなるのかワクワクしますね。

.

さて、リハーサルの直後から、すでに強烈な騙しあいがはじまっていたこのゲーム。

秋山と福永は抜け目がなさすぎ!

頭の回転の速さにビックリするばかりです。

.

リョウはまだ誰かわからないし、赤いリンゴもまったくの謎。

ライアーゲームの本当の主催者は誰なのか。

などが気になるところですね。

.

それと、シーズン1のときは、公式サイトにもゲームのルールが詳しく書かれていたんですが、シーズン2はそんな解説がまったくありません。

第4ゲームの月の国チームの俳優&キャスト名さえ紹介がない・・・。

どうしちゃったんでしょうね・・・。

できるだけあらすじにルールを書いてみましたが、わかりにくかったらごめんなさい。coldsweats01

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009年11月10日 (火)

東京DOGS・第4話「宿敵からの挑戦状」

望月パンに、「製品に毒物を混入されたくなければ一億円を出せ」という脅迫状が届く。

犯人の手口から田村(板尾創路)という男が浮上する。調べると彼は1ヶ月前に出所、現在行方不明だった。

大友課長(三浦友和)は以前、彼を逮捕したミサ(大塚寧々)に捜査を任せる。

田村は企業脅迫事件を次々と成功させ、若者の間ではちょっとしたヒーローだった。ミサは自身の結婚が破談になっても田村逮捕に執念に燃やしのめりこんだのだった。

そして、その時の反省か以来、彼女は事件とは距離を置くようになっていた。

.

高倉(小栗旬)とマルオ(水嶋ヒロ)はミサの指揮のもと、捜査を開始する。

一億円の受け渡しがはじまる。

が、失敗。

一億円は取られなかったが、かわりに望月パンは毒入りパンをスーパーに置かれ、自社製品の回収をはじめることに。

.

その騒動がテレビで放送され、田村がミサの前にあらわれる。

田村は自分の関与を否定する。アリバイもあった。

.

念のために田村以外の線も捜査していた高倉は、望月パンに内定を取り消された大学生たちがいることをみつける。

その一人が1億円の受け渡し現場にいたことも。彼らは田村の手口を徹底的に模倣していた。

犯人らのいる大学にむかう特殊捜査課のメンバーたち。

.

由岐(吉高百里子)のガードを命じられていた堀川(勝地涼)も喫茶店での大学生の噂話から犯人らを知り、大学へと駆けつける。

.

犯人らが逮捕される。

それを見届けた堀川は即効で由岐のいる喫茶店にもどるが・・・。

そのころ、由岐は記憶を少し取り戻し、そのことを吉村(水上剣星)に告げていた・・・。

.

深夜、宮田の死体が発見される。

由岐を監視している吉村は、ボスである神野を裏切っていた。

神野の命令で裏切り者探しをしていた宮田は吉村に捕まり殺害されたのだった。

「そろそろ、状況を煽って潜伏してる神野をあぶりだす作戦に出よう」

.

大友から神野の組織の幹部、宮田が日本に入国していることを聞いて、密かに捜査していた高倉は落胆する・・・。

(敬称略)

.

.

今回は笑いどころが少なかったような・・・。

いつも冒頭、食べ物ネタで笑いをとろうとしてるんですね。今頃気付きました。

.

今回のママの電話は「オレオレ詐欺」。

「奏ちゃん、振り込んでいい?」っていう電話。

意外性があって、ウケました。(笑)

.

強烈に浮いている存在なんで、今まであえて触れなった妹の彼氏ですが、今回はお風呂上り姿で登場。

さすがに触れないわけには・・・。(笑)

高倉の言うとおり、ほんと彼は何者なんでしょうね?

彼の存在にオチはあるのか。(笑)

.

神野関連で動きが出てきたので、こちらがメインになってくるといいんですけど。

本編がゆるゆるなんで、引き締まってきて欲しいもんです。

でも、普通の刑事モノじゃないしなあ~。

そのわりには笑いが少なくなってきてるのが心配だし。。。

ブツブツつぶやきながら、来週も見たいと思います。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年11月 8日 (日)

携帯、いらないかも

ブログネタ: 携帯メール、何時までならOK?参加数

.

携帯メールは午後11時までですね。

朝は午前8時すぎくらいから。

.

でも、友達がほとんどいないので、メールもあまりしないし、来ることもないですね。

.

ブログネタじゃなくて、自虐ネタになっちゃいますけど・・・。(笑)

.

メールを無視されたこともあるんですよ。

女性の知り合いから。

いつまで待っても返事が来なくて無視されたことに気付いたという・・・。

え?私、嫌われてたんだ?と、ビックリしましたが・・・。

鈍いんですよ、はい。 coldsweats01

.

私は遅れても返信は律儀にする方なので、

こういうのはかなり凹みます。

もうこちらからメールはできなくなりますね~。当たり前か。

.

あと、1往復のメールのやりとりの後、返信ナシとか、

メールの中で尋ねたことを無視されたりとかもよくあります。

なんかすごいでしょ・・・。

.

きままで人づきあいが悪いからそうなるのよ~と言われそうですけど。coldsweats01

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

傍聴マニア09・第3話

今回、北(向井理)はキャバクラ嬢にストーカーで訴えられた男の裁判を傍聴する。

だが、男、田浦はストーカーではなく、自分たちはつきあっていたのだと主張する。

弁護士と検事の意見が真っ向から対立する否認事件となる。

.

傍聴後、北は傍聴仲間の美和(南明奈)と山野(六角精児)に、初めての否認事件で、無罪になるかも!と興奮して知らせる。

だが、美和は、「無罪なんて刑事事件で1%もない。無罪の可能性を残して起訴するわけない~!」と言い放つ。

そして、美和と山野も傍聴に参加し、ストーカー裁判がはじまる。

弁護人から語られる二人の仲は、田浦が恋人だと勘違いしてもおかしくないものだった。

証言台に立った相手の女、桃花は質問に答えるうち、田浦への本当の思いを話し始める。

・・・。

(敬称略)

.

.

北と一緒に、「これはお客だな~」いや、「つきあってるって思っても仕方ないか~」と、私の気持ちも揺れました。(笑)

まったく北と同じ感想。

北のつぶやきのとおり、一緒の道を歩いていたのに、やがて別の道を歩くようになった・・・それだけのような気がしました。

ただ、別れ話はしっかりしないといけないですね・・・。

田浦は、彼女から距離をおかれた理由を聞かせてもらって、終わりにできたみたいです。

最後の方はほんとにストーカーになってましたから・・・これで終われて良かったのでは。

.

短い時間のドラマなのに、裁判での証言をじっくり描いてくれたので、田浦、桃花、どちらの心情の変化にもついていけました。

.

否認からはじまり無罪になるかもっと言われていた事件ですが、結局は田浦が桃花の訴えを認めて、終わったということですよね。

.

裁判が終わった後、北らの前で鉢合わせする田浦と桃花。

ここで、桃花が悪女に豹変したらどうしよう~とチラッと思ったんですが、そのまま田浦の前から去っていく~っていう普通の終わり方で良かったですわ。

.

美和の相手、誰なんでしょうね。

フケ専って・・・。きっとお父さんとかじゃないのかな。(笑)

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アンタッチャブル・第4話

週刊アンタッチャブルに無断で日本福祉募金振興会と闇の組織がつながっているという記事を掲載した美鈴(芦名星)。

彼女は自分の身を守るためにも、一流誌である国民ジャーナルに移籍するといい、編集部を去っていく。

国民ジャーナルで遠山(要潤)と仕事をするという美鈴がうらやましくて仕方ない涼子(仲間由紀恵)・・・。

だが、編集長はそんな涼子に、俳優、雨宮翔と人気女子アナ、小池雫の密会をスクープしてこいと命じる。

.

ゴシップの取材に不満いっぱいの涼子だったが、遠山や美鈴が日本福祉募金振興会の闇を暴こうとする緊急報道特番「闇社会が日本を侵食する」の制作にかかわっており、その司会を小池が担当すると聞いて俄然やる気を出す。

また、日本福祉募金振興会は永倉HDの傘下だったが、同じ傘下に杉の子育英会もあった。

涼子が杉の子育英会のおかげで大学を出ることができたと言うと、カメラマンの鷹藤(佐藤智仁)も同様の援助を受けていたことがわかる。

そのため、涼子は日本福祉募金振興会が闇の組織だという遠山らの告発記事が信じられないのだった。

.

鷹藤が食べ物を買いに出た後、涼子が雨宮のマンションの前でひとり張り込んでいると、小池と歌手の鮎原ミクがやってくる。

雨宮と小池と鮎原の三角関係をカメラに収めようとした矢先、男、菅原(原田龍二)が現れる。

男は涼子を含めた彼ら4人を人質に取り、雨宮の部屋に立てこもる。

そして、自分が起こしている人質事件をテレビで生中継をさせる。

.

その生中継は延々と続けられ、遠山と美鈴が準備していた報道特番は中止になってしまう。

報道特番が中止になったと聞き、あきらかに安堵した表情の菅原。

彼はその後、涼子を逃走用の人質として残し、他の3人を解放する。

.

涼子は菅原の言動を見て、彼の目的がわかってしまう。

「さっき、あなたの言葉に違和感を感じるって言ったでしょ?

それは美鈴さんの部屋にペンキで書かれていた脅しの文句と同じ内容だったからよ。

私、わかっちゃったんですけど・・・。

私が週刊アンタッチャブルの記者だと知ったときのあなたの怒りも。

服についてるペンキの意味も、犯行の目的も・・・」

涼子の言葉は図星のようで菅原は黙り込む。

「あなたの目的は特番の放送を中止に追い込むこと。

小池アナを人質に選んで。

ひょっとして募金振興会を悪く放送されることを止めたかったんですか?

名なしの権兵衛について何か知ってるんですか?」

菅原がようやく口を開く。

「・・・人間は必ずしも自分の意志で行動するわけじゃない。

身近な人間をあんた、裁けるのか?」

意味深な言葉だった。

.

逃走しようと涼子を連れて部屋から出る菅原。

そこへ拳銃を持って駆け込んでくる涼子の兄の洸至(小澤征悦)。

この場をうまく逃げて、子供の未来のためにがんばると言っていた菅原は洸至を見て、「約束違反じゃねえか!」と怒鳴り、一人、もといたマンションの部屋へと逃げ戻る。

後を追いかける洸至の部下、片山(辻谷嘉真)。

ばらくして部屋から銃声がする。

洸至や涼子が部屋に入ると、死んでいたのは菅原だった。

片山の証言で菅原は自殺と断定され処理される。

.

涼子は、闇の組織が募金振興会だという情報のソースを教えてほしいと遠山のもとを訪れる。

だが、彼はあれはガセネタだったと苦笑いする。

その上、美鈴の国民ジャーナル入りの話を消えてしまったと言う遠山。

涼子はそれを聞いて、ほくそえむが・・・。

遠山が何者かの圧力に屈したのだったら、美鈴を守ってくれる存在はもうどこにもないのだった。

.

鷹藤は美鈴のマンションを出てきた城之内(酒井敏也)を目撃する。

不審に思って、美鈴の部屋に入っていく鷹藤。

落書きだらけのその部屋は一段と荒らされ・・・。

部屋の奥に、刺殺された女性の死体が転がっていた・・・。

(敬称略)

.

.

怪しいでしょ~~~!!!!!

普通に兄が!!!

相手の表情のわずかな変化を見逃さない洞察力にすぐれた涼子がなぜ気付かないの?

菅原は、「あんたの身内」とか、「約束違反」だとか言ってるじゃない。

兄のことじゃないかしら?と思わない?

少なくとも、菅原の言葉に疑問を持ち続けるもんでしょ?

だって、美鈴の部屋の落書きの内容を覚えていて、菅原の言葉と類似してることに気付くくらいの記者なのに・・・。

.

その上、菅原の自殺もおかしいじゃない。

もみあって発砲、菅原死亡ならわかるけれど。

自殺って・・・。

菅原には子供がいると聞いてる涼子が自殺をすんなり受け入れるなんて・・・。

これだって継続取材してもおかしくないのに・・・。

自分のまわりに関してはとことん鈍い設定なのかな?

.

それと、遠山と美鈴の関係が切れたことに単純に喜んでたけど、そうなったら美鈴がどうなるかまで想像できるでしょうに。

遠山が圧力に屈して募金振興会から急に手を引いたとは思わないのかな。

.

なんか見ていて、ヒントの大きな旗が立っているのに、涼子はわざと気付かないようにしてる気がしてならない。

涼子が気付かないことにフラストレーションがたまって仕方ないんですけど・・・。

これって私だけ???

腑に落ちないですわ。 gawk

.

ところで、今回で濃厚になったのは、

闇の組織が募金振興会で。

兄の洸至は名なしの権兵衛かもしれないということ。

それと菅原とグルだった可能性アリ。

部下の片山は一味なのか違うのか・・・今のところわからず。

洸至もきっと杉の子育英会から援助を受けていて、永倉の言いなりになってるのかも・・・。

城之内も怪しい動きをしてるけど・・・これはどうなんだろ・・・。

.

ラストに出てきた美鈴の部屋の死体ですが、あれは美鈴自身かはまだわからないですね。顔も映してなかったし。

.

うう~ん、なんとも涼子のことが理解できなくなってきましたが、今後がより楽しみにもなりました。

それと・・・鷹藤がちょっと頼もしくなってきましたね。

.

来週も見ますよ~!納得できないけれど・・・。(笑)

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ココログのブログネタに参加してみました

たいやきはどこから食べるか。

ドコモにもこういう質問をするCMがありましたが・・・。

.

私は頭からじゃなく、

しっぽからじゃなく、

パカッと真ん中で割って、餡がいっぱいの、

ハラワタからいただきます。smile

.

たいやきのおいしい季節になってきましたね~♪

japanesetea

.

ブログネタ: たいやきはどこから食べる?頭から?それともしっぽから?参加数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

ROMES・第4話「疑惑」

爆発騒ぎがあり湾空の警備が強化される。

だが再び、湾空を閉鎖しろという脅迫状が届く。

成嶋(大倉忠義)は、前回の脅迫状との内容や爆弾の仕掛け方の違いから、犯人は2組、もしくはグループが仲間割れしたのではと推理する。

.

また、緊急警備会議では爆弾がかつて成田闘争で使用されたものと類似していると報告される。

その爆弾は空港職員の自宅の爆破に使われ、犯人である大友は服役を終え、材木店で働いており、貝田は行方不明だった。

.

そんな折、警備センターの日高(古舘寛治)は肺の病を抱えており、成嶋の提案を受け休養に入る。

彼は、以前成田で働いていたことがあり警察関係にもコネがある。なので、この休養中にひとりで貝田を調べると成嶋に伝える。

日高の抜けた席には葵(国仲涼子)が入り、ロメスを触れる権限を得ることになる。

新人同士、ライバル関係にあった砂村(安田章大)は葵に先を越されてショックを隠せない。

.

その上、成嶋が黒部(渡辺裕之)に依頼していた内部調査の結果では、砂村の母親が成田闘争に参加、逮捕歴もあるということが判明する。

砂村は成嶋からそのことを聞かされる。

そして彼から信用されていないことを知り、さらに落ち込むのだった・・・。

.

何かと心配してくれるまゆ子(川村ゆきえ)に砂村は打ち明ける。

自分は何かを守る仕事にあこがれていたが、採用試験では全部落とされた。母親のことが関係しているかわからないが、湾空で採用されたことは心からうれしいことだったと。

砂村にかける言葉もみつからないまゆ子だったが、そのかわりに成嶋に直訴しに行く。

「もっと砂村さんのことを信じてあげてください!!」

だが、成嶋は、「人を信用はしない。人間は絶対にミスをする。信用するのはシステムだけ」と平然と言い切り取り合おうとしない。

.

翌日、砂村は元気を取り戻して出勤する。

「自分を信用してもらうしかない」

.

その夜、湾空内の駐車場に一台のワゴン車がやってくる。

ロメスが反応し、砂村はさっそく様子を見にいくが・・・。

彼が近づいた途端、乗っていた男は逃げ、車が爆破される。

砂村はその衝撃でふっとばされる・・・。

(敬称略)

.

.

ものすごくまったりしたテンポで進んでいっています。

みんなが一歩ずつ前に進んでるって感じ。

.

今回おかしかったのは、まゆ子の抗議に成嶋、タジタジっていうシーンかな。

こういう展開、懐かしい。

昔のドラマには結構ありましたけど、今は皆無ですよね。(笑)

まゆ子の天真爛漫な感じが出てました。

人を信用しないというだけあって、成嶋は距離を置いて近寄らせないところがあるんで、まゆ子にからまれてる姿は新鮮でしたわ。

ただ、ハルとか梶谷とかいるんで孤独な天才って感じには全然見えないけれど・・・。

成嶋はもうちょっとチャーミングさが欲しいですね。切なさなんかも。

大倉くん自身は素敵なんだけれど。(笑)

.

池田鉄洋さん&柄本佑さんの出番が少なかったのがちょっと残念。

でも、この二人も怪しいわけで、今後もお話にからんでくることを期待しています。

.

猫のきなこと犬のハルの出番も少なかったな~。

きなこなんて一瞬のみ。空港長なんだからもっと出してくれ~~~!

2匹は、かわいいわあ~。 (笑)

.

来週は日高が危険な目に遭いそうですね。

砂村はどうなったのか。

来週も見ま~す。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月 4日 (水)

秋ドラマ、こんな感じになってます

今夜は午後8時まで、今日は木曜日だと思いこんでました。

ROMESだわ~と思って、テレビをつけたら「ためしてガッテン」がはじまって、ようやく水曜日だってことに気付きました。

うう~~ん・・・。

.

それで・・・、今日のMBSの「スターの恋人」は13話だったんですけど。

12話って放送したのかな・・・。

急に主人公の二人が親密になっていてビックリ。

特番とか祝日で、ものすご~~く不定期放送になってるんで、もしかして見落とした?

まあ、仕方ないか。

お昼枠、深夜枠はタイマー録画で失敗ばかり・・・。

ここんところ、いろんなドラマを見落としてるしなあ~。。。despair

.

.

こんなボケボケな私ですが・・・ついでにダイエット報告。

今のところ、リバウンドはなし。

ウォーキングやジョギングは、見事に3日坊主で終わりました。

どうしたら、歩いたり走ったりするのを習慣にできるんでしょう・・・。

ジョギングを趣味にしてる人って尊敬します。

私なんて寒くなって、ちょっとした運動さえさぼってるし。

いけませんわ・・・。

ジリジリと体重が増えそうな予感 sweat01

.

.

ところで本題に。

秋ドラマです。

.

今、見てるのが、

相棒8

東京DOGS

アンタッチャブル

傍聴マニア09

ROMES

浅見光彦、の6本。

多分、最後まで見続けると思います。

.

不毛地帯とJINは録画し続けてます。

JIN は特にブロガーさん達にもめちゃめちゃ評判がいいですね。

.

11月半ばからは、ライアーゲーム2と外部警察がはじまりますね。

楽しみ。

.

私の見ているドラマはどれも視聴率があまりよくないみたい。

なんとか挽回していってほしいもんです。がんばれ~~!

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

東京DOGS・第3話「仲間の悲しき逮捕」

暴走族時代の後輩シゲオ(矢崎宏)に頼まれてマルオ(水嶋ヒロ)と高倉(小栗旬)は、彼の祖父母が営む食堂にやってくる。

店が暴力団に脅されていてなんとかしてほしいというのだ。

二人が店についてすぐにやってくる男たち3人。

高倉とマルオが彼らを捕まえるが、逃げた一人が翌日、射殺体で発見される。

問題を抱えていたシゲが行方不明になっており、彼が殺人の容疑者になってしまう。

.

シゲを弟のようにかわいがっているマルオは捜査方針に反発し、必死に犯行時刻のアリバイを探りはじめる。

マルオはシゲがアルバイトをしているクリーニング店の木内(鈴木亮平)に会いにいく。

木内はマルオとシゲの先輩だった。

だが、確かなアリバイはなく、ますますシゲが怪しくなっていく。

・・・。

.

一方、由岐(吉高由里子)のところには姉の恵理(浅見れいな)がやってくる。

二人で一緒に幼い頃の写真をみるうちに昔の記憶を取り戻し始める由岐。

由岐は恵理と心を通わせ安堵する。

だが、恵理は田舎に帰る間際、「あなたがアメリカに行ったのは私のせいなの。でも、その原因を思い出してほしくない・・・」と意味深なことを言う。

由岐は恵理の言葉に驚くが、高倉やマルオにそのことを伝えようとはしないのだった・・・。

(敬称略)

.

.

鯵フライ定食には笑った~。

お祖母ちゃんは耳が遠くて、高倉の鯵フライ定食の注文を理解してくれなくて・・・鯵の塩焼き定食ですね~なんて言って。

鯵が同じだからいいかと妥協する高倉がおかしかったです。

.

それと最後のクリーニング店での子守。

ベろべろばあ~が全力で顔がちょっと怖い~。

赤ちゃん、大泣きさせてるし。(笑)

接客は苦手でマルオにすがるような目をして助けを求めて。

ボケの高倉はめちゃめちゃいい味出してますね。

すごくおもしろくて、すっかり高倉のファンになってます。

.

警視庁にもどったマルオが、木内から連絡がくるといえば、特殊捜査課全員で座って静かに待つなんて・・・。

大笑い。みんなのこういうノリも好きです。

.

暴力団の事務所で暴れた高倉に、親分が。

「ウチはヘルパーはやってませんよ」

へルパー?ヘルパーって????

しばらくして、やっと夏ドラマ「任侠ヘルパー」のことだと気付きましたよ。

わかんないってば~~~!(笑)

.

「奏の言うことなんて気にしちゃだめだよ。

人間の心、0だかんね。

あいつの体、絶対に緑色の血が流れてるよお~」

由岐のこのセリフ、とってもかわいかったですね。

慰められて思わずキスしようとしたマルオに、

「調子のるんじゃねえよ!」とビンタしてましたが・・・。

マルオと由岐はこんな感じですね~(笑)

.

今回の高倉ママの電話は2本。

豚汁はタイミングばっちり!

パジャマはその後がなかったですね。

ママがどんなのを選んだのか見たかったな~。(笑)

高倉はママの電話を必死で隠してますが、マルオに知られるのも時間の問題。

ママと電話で話し始める日も近いか・・・楽しみです。

.

ただ、本編のお話は、もうちょっとひねりが欲しかったですね。

私でも捜査課で木内が被害者の名前を言った時に気付いてしまった・・・。

もしかして、ひねったら東京DOGSらしくないのかな・・・。

.

とにかく高倉がおもしろいので、来週も楽しみにしています。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年11月 2日 (月)

11月12月は一年で一番好きな季節♪

xmas

美容院に行ってきました。

カット&パーマ。

長さは長いまま、たくさんすいてもらいました。

はあ~、軽くなった~。

しっかりしたウェーブへアにしたかったんですけど、最近は弱めにあてるのが主流みたいで、乾くとどうしてもまっすぐになってしまいます。。。

きついウェーブにするとおばちゃんパーマになっちゃうか・・・。(笑)

クリスマスも来ることだし、ヘアスタイルをロマンチックにしたかったんですけど。(笑)

.

カットしてもらいながら美容師さんとアメドラの24の話で盛り上がりました。

やはり見たドラマの話ができるのって楽しいです。

.

日本列島に寒波到来。

テレビでも紅葉の話題が多くなってきました。

木々も冬への身支度をはじめているんですね~。

今夜は大阪も冷え込んできました。。。

.

いつも訪問させてもらっている猫ブログの猫ちゃんたちは、もうすでにみんなヒーターのそばで、アンカの上で、ぬくぬく。

飼い主さんの愛情もいっぱいもらって、目を閉じてトロン~としてる表情を見ると、こっちまで癒されます。

.

クリスマスツリーを飾りました。

好きな季節ができるだけゆっくり過ぎていくように願ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

傍聴マニア09・第1、2話

傍聴マニア09は期待どおりのドラマでした。

おもしろい!

初回は野球延長で、ドラマの後半30分の録画がとれてなくて見てないんですけど・・・。

でも、第2話もおもしろかったので視聴決定です。

深夜なので、録画して見続けます。

.

北森夫(向井理)はフリーターで盗聴券をとるためのバイトをしていた。

裁判所前で傍聴券をもらうだけ、その内部には興味をもつことさえなかった。

.

だがある日、裁判所に入っていくかわいい女の子を目撃する。

ミニスカートからみえる長い脚に見惚れ、その後を追ってついに彼も裁判所の中へ・・・。

そこはまったく見知らぬ世界。

おどおどする北だったが、さっそく熱狂的な傍聴マニアの山野(六角精児)に声をかけられる。

「裁判の傍聴は誰でもできる。傍聴したい裁判を選んで法廷の扉を開ければいいんだ!」と教えられた北は交通事故の裁判を傍聴することに。

扉の向こうには、山野とあの女の子がいた。

女の子は美和(南明奈)といい、将来検事になるために法学部に通う大学生だった。

顔見知りになった3人は、その後、いろんな裁判を傍聴することになる。

.

(敬称略)

.

いまのところ、1話完結みたいです。

おもしろいです。

.

まず、傍聴マニアならではの視点からの法廷選びがおかしかったりします。

でもその後、裁判がはじまると、グッとそれに集中。

被告人の細かな事情を垣間見たり、弁護人の弁護テクニックに感心したり。

とにかく裁判を身近に感じさせてくれます。

.

また、傍聴初心者の北の心の声が、視聴者の思いを代弁してくれます。

北の疑問に、うん、うん、そうそう!と頷いたり、

怒りに賛同して、ほんと!なんて男なの~~!と憤慨したり・・・。

裁判慣れしている山野と美和が北の素直な感情を受け止め、なだめたり、解説してくれたりします。

.

たまに裁判中に、暗転して3人の寸劇が挟まれたりもします。(笑)

これも引くようなものではなくて、より理解が深まって楽しめます。

.

裁判ドラマというと、弁護士モノ、検事モノなどがありますが、傍聴席からのモノははじめて。

この視点からのドラマ、見る価値アリです。

.

.

あと、キャラの説明を少し。

.

公式HPを見ると、

北は、フリーター歴4年。

素直で優しい性格。普通の感覚の持ち主。ペットはカメ。

.

美和は、検事を目指して司法試験を受けようとしている女子大生。

法律の知識は豊かで勉強のタメに傍聴に通っている。

いつも分厚い六法全書を持ち歩いていて、北と山野がHな話でもしていると、それで頭を叩きます。(笑)

ストレス発散はバッティングセンターに行くこと。

.

山野は、熱烈な傍聴オタク。いろんな裁判を傍聴し、ファイルに記録している。

職業と家族構成などは謎。パフェが好き。

検事、弁護士、裁判官に知り合いが多い。

.

コメディーになりすぎず、人間臭さを描いているのがこのドラマのいいところ。

.

3話からでも充分楽しめますから、興味をもった方は見てみてください。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »