« 毎年恒例の花火大会 | トップページ | 7月DVDドラマ「私の名前はキム・サムスン」 »

2009年8月 3日 (月)

官僚たちの夏・第5話「コンピューター産業」

※「官僚たちの夏」は感想のみです。(敬称略)

.

今回はコンピューター産業。

2話でテレビ開発から締め出された中小の会社が「電子計算機」の開発に取り組んでいて、今度はその分野がアメリカの巨大コンピューター企業の日本進出の圧力に怯えることに。

話は続いているんですね。

.

このころは日本のコンピューター産業はまだまだで、アメリカのとだと「エレファント対モスキート」といわれるくらいの差があったそう。

これは大型コンピューターのことなのかな。。。

.

先が見えない日本のコンピューター産業に銀行は融資もしてくれず。

風越(佐藤浩市)は競輪の収益金の一部を開発費にあてることにする。

こんなところに競輪が出てきてビックリ。

.

そんな中、風越は日本のコンピューター産業を守るため、市場開放を求める巨大なアメリカコンピューター企業IDNの副社長と交渉をはじめる。

交渉は庭野(堺雅人)の奮闘で成功。

一応、日本に有利な条件で引き出す。

あの通訳はとってもヤな感じでしたが、うまく退出してくれて。

あれは彼女の計算?わざとやったのかな。

交渉後の爽やかな笑顔を見てたらそう思ってしまいました。

.

こうやって守られた日本のコンピューター産業がその後どんな経緯を経て、今にいたるのか、知りたかったです。

.

来週は環境問題がからんできそう。

楽しみです。

.

.

☆ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

|

« 毎年恒例の花火大会 | トップページ | 7月DVDドラマ「私の名前はキム・サムスン」 »

2009年夏ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/45793765

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚たちの夏・第5話「コンピューター産業」:

« 毎年恒例の花火大会 | トップページ | 7月DVDドラマ「私の名前はキム・サムスン」 »