« ぼくの妹・第9話「告知」 | トップページ | BOSS・第10話「テロ組織、黒い月(前編)」 »

2009年6月16日 (火)

MR.BRAIN・第4話「記憶障害のピアニスト」

ピアノの音がうるさいという隣人の苦情で警察官が洋館に向かうと、中には血まみれでピアノを弾く住人、中川優(佐藤健)がいた。

床には凶器と思われるナイフが落ちており、別室には刺殺された男の死体が。

丹原(香川照之)と林田(水嶋ヒロ)の問いかけに、中川はポケットからメモを取り出し、「多分・・・」と答える。

そのメモには「アトリエ ぼくが殺した」という文字が書かれていた。

彼はそれを見て自分の行動を確認したようだった。

.

警察へと連行される途中、駆けつけてきた彼の姉、純(木村多江)が慌てふためいて丹原たちに説明する。

「そんなはずない!弟は記憶障害なんです!」と。

.

姉の話では中川は7年前に脳内出血で倒れ、そのことで記憶障害に。

事故の前の記憶はあるものの、新しいことはまったく憶えられなり、1時間ほどで忘れてしまうためメモを取るのが習慣になっているのだという。

洋館で殺されていた被害者は、弁護士で姉の婚約者だった。

婚約者について中川はメモに「姉を苦しめている」と書いていた。

.

「記憶障害の人間に人を殺せるのか?

人を殺すには憎しみの積み重ねがないと。

次に会った時に会ったことさえ忘れてしまっている人間が人を殺せるのか?」

丹原は九十九(木村拓哉)のところへやってくる。

・・・。

(敬称略)

.

一話完結じゃなかった。来週に続く・・・。

.

中川は以前の記憶はあるんですね。

姉は中川をかばってる気がする。

弟が殺人をしたと聞いて驚いていたし、逮捕されたときも弟への配慮が丁寧だし・・・。

あの八木と言う人がかかわってくるんでしょうね。

まあ、全然わからないまま終了したんで、来週を待ちます。

.

今回は科警研メンバーが活躍。

仕事と顔ぶれがわかるようになってきて、おもしろくなってきました。

.

それと、いつもは林田がやってくる科警研に丹原が。

バナナを持って。

意外と九十九と気があいそうですね。

ちょっとした表情がおもしろい丹原です。

やっぱ山椒みたい。(笑)

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

|

« ぼくの妹・第9話「告知」 | トップページ | BOSS・第10話「テロ組織、黒い月(前編)」 »

2009年春ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MR.BRAIN・第4話「記憶障害のピアニスト」:

« ぼくの妹・第9話「告知」 | トップページ | BOSS・第10話「テロ組織、黒い月(前編)」 »