« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月に作成された記事

2009年6月29日 (月)

ぼくの妹・第11話最終回「兄と妹」

颯(長澤まさみ)のところから九鬼(千原ジュニア)が姿を消して数日後。

大学病院で診察中の盟(オダギリジョー)のところに電話が入る。

箱根の旅館からだった。

妹さんが一人で宿泊していて、部屋に閉じこもったまま泣いているというのだ。

自殺を心配した旅館側がなんとか盟の名前を聞きだして連絡してきたのだった。

驚いた盟が旅館に到着すると、元気そうな・・・ふてくされた颯が待っていた。

旅館の豪華な食事をつまみながら、「お兄ちゃんが私と九鬼さんの仲を壊した」と盟に再びぶつぶつ文句を言う颯だったが・・・。

やがて旅館で知り合った庭師に教えられた花の話へと話題が変わっていく・・・。

そして、時折、笑顔が弾ける。

颯の新しい恋のはじまりだった。

・・・。

(敬称略)

.

10話の感想で、颯にも九鬼にも感情移入できなくて、でも盟の気持ちはよくわかると書きましたが・・・。

最終回を途中まで見て気付きました。いまさらですが・・・。

颯が新しい恋人を盟に紹介しているシーンを見ていて、「盟は一体何人の男性をこうやって紹介されてきたんだろう?」と思ってしまい・・・。

あら?もしかして、弁護士の瀬川と、九鬼と、庭師の築山に関しては、視聴者である私も一緒にふりまわされたってこと?と。。。

.

そういえば、どうして不倫なんかしてるのよ~とか、借金の多い人じゃない~とか、マザコンっぽいわよ~と思ってハラハラして見ていたんですよね。

盟の心境と一緒だ・・・。

このドラマって、盟と一緒に颯にふりまわされよう~!っていうのが目的だったんですね。

そう結論が出たら、妙に笑えて仕方なかったです。

.

颯・・・。

次から次へと結婚相手、みつけすぎっっ!

それも数珠つなぎ・・・。

結婚願望の強い世の中の女性ってこんなんなのかな。

しかも、出逢う人、出逢う人、高確率でつきあってる・・・。

有り得ないですよね、普通、こんなの。

まあ、ドラマだからなんでしょうけど・・・。

.

そう思いつつ、築山のマザコンが確定的になり・・・。

またまた、颯に呼び出されてる盟。

診察中でも、指が骨折してても、一切気遣ってもらえない盟を不憫に思っていると・・・。

.

颯のウェディングドレス姿を見せられて、感動して目を潤ませている盟の表情で・・・。

思いがけず、私の涙腺が決壊。

あの表情だけで、大泣きしました。

不意打ちで泣かされた~~。

お兄ちゃんだけに見て欲しかったって・・・。かわいすぎるっ。

.

肝心の大事なことは決められない颯。

もうね、結婚相手はお兄ちゃんに決めてもらいなさい。

.

突然、ホテルで築山を紹介されて、「ねえ、どう思う?」と繰り返し聞かれる盟がおかしくてたまらなかったです。

「どうってわからないよ・・・、会ったばっかりだから・・・」

それしか言えまい・・・。(笑)

.

結局、人生は旅。

颯は、築山との結婚をとりやめ、もう男はこりごりで、しばらくは一人で花畑を切り盛りしていく・・・らしい。

盟は、大学病院で働きながら、土日に田舎の診療所に通うという日々を送っていくらしいです。

この兄妹はずっとこんな感じでいくんですね。

.

変に納得できた最終回でした。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

MR.BRAIN・第6話「美しき多重人格者」

幼い頃のかなこ(仲間由紀恵)の写真から現在25歳の予想画像ができあがる。

それを見た九十九(木村拓哉)と林田(水嶋ヒロ)はそれぞれ驚く。

殺人現場に集まった見物人の中などにいたというのだ。

九十九は林田や和音(綾瀬はるか)を誘い、かなこの監禁場所があった島根を訪れる。

そこで彼は実験としてかなこの監禁場所に和音を閉じ込める。

食事して戻り、監禁場所を開けると中から凶暴化した和音が飛び出してくる。

彼女は怒鳴り散らして、九十九達を追いかけるのだった。

.

九十九は、1時間ほど閉じ込められた和音がこうなるのだから、15年閉じ込めれたかなこの精神が破壊されていてもおかしくはないと言う。

また、監禁場所にはテレビがあり、彼女はそれで情報を得ていたようだった。

九十九からその報告を受けた丹原(香川照之)は、最近ニュースに登場したかなこの関係者が次に狙われるだろうと推理する。

丹原はその関係者が参加する同窓会会場に駆けつける。

.

かなこはその関係者を射殺した後、警察に逮捕される。

そして、かなこが本当に多重人格であるかどうかの見極めが重要となってくる。

・・・。

(敬称略)

.

これは・・・かわいそうだ。

15年ぶりに監禁場所から出て、青い空を見上げているかなこの横顔。

胸が一杯になりました。

.

多重人格にはなってなくても、15年、監禁されていたことは精神に異様なゆがみを与えているはず。

かなこの今後はどうなるのか。

そこらへんまでフォローしてほしかったです。

.

今回の和音の変貌ぶりはすごかったですね。

オリャ~~!!!ですからね。(笑)

.

さて、来週は初回に登場した海老蔵さんが再び!

.

どんなことが起こるんでしょうね。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月27日 (土)

BOSS・第11話最終回

警視総監・大山(津川雅彦)が誘拐される。

絵里子(天海祐希)たちは大山を乗せた車を追いかけるが、誘拐犯、高倉(反町隆史)らは車をかえて逃亡に成功する。

.

警視庁の上層部では、警視総監誘拐の主謀者は反政府組織「黒い月」。

そして大山と共に野立(竹野内豊)も誘拐されていることも報告される。

.

一方、裏金汚職を独自に捜査していた小野田(塩見三省)が路上で発見される。

何者かに体を4ヶ所刺され意識不明の重体。

小野田と連絡をとっていた片桐(玉山鉄二)は、絵里子たちに彼は裏金汚職の証拠をつかんだため、黒い月のメンバーに刺されたに違いないと報告する。

.

絵里子たち対策室メンバーがそれぞれに手がかりを持ち寄ると、裏金に関わっていたのは野立で、それを隠蔽するために大山を誘拐したのも野立・・・。

すべてが野立の仕業であることを示していた。

.

絵里子は、上層部の情報を得るために、屋田(相島一之)を対策室に招き入れる。

そして、自分達は野立が裏切り者であることを前提に捜査していることを打ち明ける。

・・・。

(敬称略)

.

野立、「黒い月」の一味じゃなくて良かったですね~。

これで続編にも野立が出て、あのおチャラケなキャラを炸裂させてくれそう。

.

でも屋田の手前、野立を「黒い月」のメンバーとしながら、野立と大山を救出しようと動いていたなんて。

絵里子は屋田をまんまとだまして、彼を通して「黒い月」をコントロールしていたんですね。

すごく凝ったストーリーでした。

.

対策室のメンバーも大活躍だったし。

有能だってことを証明してみせました。

.

警視総監を誘拐してどうするんだろうって思ってたんですけど、警察につかまっている「黒い月」メンバーと交換させるためだったんですね。

でも、どうして高倉は釈放されたメンバーを殺したんでしょう。

つかまっていた幹部たちは屋田の正体を知ってるから、屋田が高倉に殺させたのかな・・・。

高倉は不思議な人ですよね。まだ隠してる部分がありそう。

「黒い月」のメンバーなのに誰も信じなくて、幹部や仲間を次々殺してしまうし。

なんだか一人、別の目的をもって「黒い月」に潜入していたみたい。

ただ、今回は黒幕、屋田のあぶり出しがメインになっちゃって、その陰に隠れる形になってしまった感じがするんですけど。

もしかして、続編が決まっていてそちらにも登場?

「すぐに会う」とか絵里子に言っていたので、そういうことなのかも。

.

私は野立はシロだろうと思っていたせいか、絵里子が屋田を対策室に招いた途端に、この人が犯人だ~って気づいてしまいました。

だから、自分的にはサプライズが少なかったのが残念。

屋田を招かなかったらよかったのに・・・。

でも、種明かしのところとか、今回はすごく楽しかったです。

.

絵里子はほんとにカッコいい。

野立大好きの若井が、最後には絵里子に惚れてしまうし。

続編があったら、ボスに対する岩井の反応が楽しみ♪

真実は絵里子の影響を受けまくって小ボスになっていってますね。(笑)

.

やまむ~も養毛剤云々を通り越して、抜け毛が武器になってましたね。(笑)

あれが武器できたら、怖いものなしです。

花形は新人でかわいいイケメン君で、片桐は無口で頼りになるイケメン。

眼福でした。

.

それから野立。

ライバルを油断させるために、あんなに軽いキャラを装ってるのかな~なんて思ったこともありましたが、200回以上合コンをしてる本格派だったなんて。(笑)

いつの間にか、野立が大好きになってました。

絵里子との掛け合いが特に好きでした。

今回も、サイン。

走り去る車からの野立のサイン。それにきっちり気付いた絵里子。

絵里子の「(車の中の野立が)笑ってるからさ、相当ヤバいんじゃないかと思った」というセリフ。

二人の語られていない信頼関係まで伝わってきてとっても好きでした。

.

6話あたりでは、「サマンサタ~バサ!」は恥ずかしそうだったのに、どんどん突き抜けていった感のある竹野内さん。

三枚目に開眼したんじゃないかと・・・。

最終回にむかうほどに、楽しそうに壊れてたし。

もっともっとこれから三枚目を演じてほしいです。

BOSSの竹野内さん、周りのみんなが素敵だって言ってるんですよね。

私もそう思います。lovely

.

最後に、絵里子と池上浩はこれで終わり?

絵里子の表情が一瞬で女らしくなるのが好きでした。

.

あと、こそ泥の平助さん、最高!!!

.

おしゃれで楽しいドラマでした。

続編、ありそうなんで待ってま~~す!!!

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月24日 (水)

【映画感想】オオカミの誘惑(韓国)

田舎で父親を亡くし、再婚した母の元で暮らすため都会ソウルにやってきたハンギョン(イ・チョンア)。

妹や弟とも仲良しになり、カンソン高校へと転校する。

でも転校早々、学校で評判の男子ヘウォン(チョ・ハンソン)に恋され、他校の評判の男子テソン(カン・ドンウォン)からも田舎が同じために「姉さん」と強烈に慕われる。

ソウルにやってきていきなりモテ出した自分の状況にハンギョンは面食らうばかり・・・。

・・・。

(敬称略)

.

オープニングのスタッフロール?っていうのかな、あれがあまりにもカッコよくて、「おもしろいゾ~」という匂いがプンプンしてた作品。

案の定、もってかれました。

めちゃめちゃおもしろかったです。

特に前半!!

このキャラだと私はチョ・ハンソンさんが好きだな。(笑)

.

まあ、この映画の売りはチョ・ハンソンさんやカン・ドンウォンさん、イケメン俳優二人の共演なんでしょうけど、私はというと、二人から想われるヒロイン、イ・チョンアさんにさらに目が釘付け!

もうかわいくて、かわいくて。

美人系でもカワイイ系でもなく、愛嬌のあるタイプ。

なんでこんなにモテるんだと不思議でもあるんですが。

仕草や表情、全体の雰囲気がイヤミがなくてかわいくて、魅了されます~。

映画を見ながら、何度「かわいい~♪」とつぶやいたことか。

彼女、この役ははまり役です。

.

いきなりモテはじめて、二人からやきもちを妬かれる存在になってしまうハンギョン。

自分の状況の急激な変化にまったくついていけず、オロオロする彼女がかわいい。

そんな激動の中(笑)でも、優しさと思いやりを忘れないところもいい。

ヘウォンの男っぽさと、テソンの繊細さもよく表現されてます。

ヘウォンとハンギョンのキスシーンもこれまた素敵なんです。

師匠~、彼もキス上手ですね。(笑)

と、まあ、3人の良いところが満載。これもDVDが欲しくなってしまう映画です。

.

私としては、「猟奇的な彼女」の上をいくぐらい好きな作品です。

.

おすすめ度:★★★★★

.

☆ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

ぼくの妹・第10話「最後の手術」

九鬼(千原ジュニア)が盟(オダギリジョー)の病院にやってきた。

もちろん、颯(長澤まさみ)の望みどおり盟に手術をしてもらうためだ。

颯は検査に付き添い、甲斐甲斐しく九鬼の世話をする。

そんな颯のもとを訪れ、相談相手になってくれたのは岡山からきた看護師、機美だった。

.

颯や機美に見守られ、九鬼は盟の手術を受けることになる。

6時間に及ぶ手術の間、颯は一心不乱に自分が将来、家族と住みたいと思い描いていた家の絵を描く。

密かに九鬼と暮らしたいと願っている家だった。

その絵が描き終わらないうちに、看護師は颯を呼びにくる。

慌てて手術室に駆けつける彼女に、盟は晴れやかな表情で、「大丈夫だと思う」と告げてくれる。

颯は感極まって、盟に抱きつき、何度もお礼を言うのだった。

・・・。

(敬称略)

.

なんていったらいいのか・・・。

手術は無事、成功。

九鬼は「すべてをリセットしたい」と言い置いて、退院した翌日から行方をくらましてしまいました。

.

盟に「妹をよろしく頼む」といわれて重荷になったのか・・・。

この期に及んで姿を消すなんて・・・呆気にとられてしまいました。

盟の言葉は「親」として当たり前。

あんなに必死に看病する妹を見ていたら、九鬼と幸せにと祝福もしたくなりますよね。

ああ、なのに・・・。

自分が花畑をしたいというわけじゃなくても、颯がやりたいなら一緒にやろうでいいじゃないかと・・・。

颯は盟にすべて兄のせいなんて文句を言ってましたが、当り散らしてるとしか思えませんでした。

というより颯もわかっているんですよね。

出て行ったのは九鬼の意志なんだから・・・。

.

九鬼ってわからん人だ・・・。

.

このドラマで一番、感情移入しやすいのは盟なんですよね。

盟はわかる。

でも颯もちょっとわからないし、九鬼はまったくわからない・・・。

.

それと・・・。

盟はようやく理事長の娘との縁談を断りました。

で、岡山の診療所に週2回、通うことになりました。

.

ところで、あのコマの折り紙。

ちょっと折ってみたくなってネットで探したんですがわからず。

公式HPに折り方を載せておいてくれたらうれしいのに。。。

.

さて、来週は最終回。

どんな結末をむかえるんでしょうね。。。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・クイズショウ・最終回「本間の巻・真実が明かされる時」

ザ・クイズショウの最終回。

予定では神山(櫻井翔)が自分の犯した罪を懺悔するものだった。

だが、生放送が始まった途端、神山は本間(横山裕)を本日の解答者として指名する。

「私にはやるべきことがある。あなたに真実を伝えること」だから。

神山の言葉に、本間は不服そうにしながらもステージ上にあがる。

.

本間の夢は、「神山悟に罪を償わさせること」。

.

真実を求めて、神山は本間に出題しはじめる。

.

(敬称略)

.

みなさん、

世の中には生きたくても生きられない人がいる。

もしかしたら死んだ方がラクだと思う人がいるかもしれない。

.

でも、生きてる限り、人は笑うことができる。

生きている限り、人は泣くことができる。

生きている限り、怒ることができる。

そしてなにより生きている限り、

夢に向かってあがくことができるんです。

.

・・・だから、本間。

おまえは生きろよ。

生きて罪を償え。

そりゃ、生きる方がつらいよ。

でも、幼なじみとして言う。

お前は生きろ。

生きて、また夢にあがけよ。

それがお前に与えられた使命なんだ・・・。

.

.

すごく見応えある最終回でした。

キレイにまとまったし。納得しました。

.

誰も悪い人はいない・・・そんな結末でした。

.

それと、夢をかなえることができなかった美咲の思いをぶつけるように、本間はそれぞれの解答者に「あなたの本来の夢はなんだったんですか?」と問い続けていたんですね。

今までの解答者のことが放置されたままで終わらなくてよかった~。

知りたかったんです。この答えが。

.

本間が美咲を殺してしまう理由がちょっとわからなかったんですが、神山のサプライズでズドンときて、本間に贈る言葉でジーンときて・・・最後のひなげし畑でポロポロ泣いてしまいました。

警察に出頭する本間の表情は爽やかで、神山という親友に救ってもらったこともうれしかったことのひとつだったんだろうと思います。

.

録音したテープや美咲の手紙は、依田が以前から持っていたものなんですから、もっと早く彼が本間に見せることもできたはず。

でも、真実を知れば本間は死ぬ。

本間を救うためには神山に託すしかないと思ったんでしょうね。

.

神山サプライズ・・・。

美咲が本間を好きだとわかったあとの、神山サプライズが悪意のあるものじゃなくて、よかった。

大きなボタンのかけ違いにはなったけれど、悔やんでも悔やみきれないものかもしれないけれど・・・。

.

ところで、最後の最後に名前が出てきた篠井英介さん演じる依田。

彼は銀河テレビ会長、本間の父の第一秘書だったんですね。

.

最終回、楽しませてもらいました。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年6月21日 (日)

MR.BRAIN・第5話「美しき多重人格者」

前回の続きは・・・。

弁護士殺しの犯人は八木(東儀秀樹)でした。

八木が優(佐藤健)の記憶障害を利用して、罪をなすりつけたみたい。

.

5年前、西崎という男が洋館に不法侵入した。

その男に襲われている純(木村多江)を守るために優は男を殺したのだった。

純は弟の罪を隠すために死体を捨てようとする。

だが、その様子を八木に見られてしまう。

それ以来、八木に脅され、純は優の作った曲を渡していたのだった。

5年、八木の言いなりだったんですね。

八木は、今度はこの姉弟を利用して自らの殺人もなすりつけようとしたんですね。

.

そして、もうひとつの事件がはじまる。

都議会議員、松下百合子が事務所で体に何発も銃弾を撃ち込まれて殺される。

死体は犯人によって毛布がかけられている。

また、犯人は現場に居座り、コンビニ弁当を食べていたという。

.

遺留品に残された指紋とDNAを調べると、秋吉かなこ(仲間由紀恵)の名前が浮かぶ。

彼女は15年前に誘拐され、その後行方不明のままだった・・・。

そして、殺された松下は誘拐された当時、かなこの小学校の担任だった。

誘拐の被害者であるかなこが、今度は加害者に?

捜査一課は騒然となり、九十九(木村拓哉)の協力をあおぐことになる。

・・・。

(敬称略).

.

ちと、変則的な構成で、気が抜ける・・・。wobbly

.

脳のロマンの話。

扁桃体のほかにまたありましたね~。

.

「前にあったこととか、昔にあったこと。

よく忘れちゃったりするじゃないですか?

例えば、好きな人の顔とか、名前とか、何を話したとか、

どんな楽しい時間を過ごしたとか。

.

でも、実際に偶然そういう人に会うと、自然とふわっと笑っちゃったりするんですよ。

人を好きになった気持ちはおぼえているんです。

どうしてそういうことが起きるかというと。

脳には海馬と大脳新皮質以外に記憶をためておく隠しポケットがいっぱいあるんです。

誰かに愛されたり愛したって記憶。

一番、純粋な記憶は脳の一番深いところ、

大脳辺縁系っていうところに閉まってあるんです。

最後まで忘れないように。」

ロマンチックな話です。

.

ところで、仲間由紀恵さんが後半から登場。

多重人格だとか。。。

.

九十九は、美人はブスに見えて、ブスが美人に見えるのか・・・。

1話を見て、単に太っている女性が好みなんだと思ってました。

どっちなんだろ・・・。

考えてみれば、九十九自身のキャラはほとんど披露されてませんね。

自宅も、こだわりやクセも・・・。

バナナ好きくらいしか・・・。

だからかな・・・あんまり愛着がわかないキャラなんですよね・・・。

.

私が好きなのは、断然!丹原です。(笑)

.

さて、誘拐の被害者が加害者に。

どうなるのか。

来週も見ま~す。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年6月19日 (金)

BOSS・第10話「テロ組織、黒い月(前編)」

絵里子ら対策室メンバーは上層部によって謹慎させられ、生活安全課の補佐の仕事をしていた。

.

そんな中、片桐(玉山鉄二)は東亜日報の記者から、警視庁の裏金汚職問題についてたずねられる。対策室の謹慎はそれが関係あるのでは?と。

片桐は記者の言葉が気にかかり、独断で彼や元上司である小野田(塩見三省)と連絡を取り始める。

.

ゴミ箱連続爆破事件を担当していた真実(戸田恵梨香)と山村(温水洋一)は、玲子(吉瀬美智子)から爆弾のタイマーに使われた時計から絵里子(天海祐希)の指紋が出たと聞かされる。

対策室全員が驚愕する・・・。

絵里子は連続爆破の重量参考人として、真実と花形から事情聴取を受けることになる。

.

取調べの最中、あらたな爆破事件が。

今度は死傷者が出てしまう。

絵里子はそれを聞いて、時計は恋人の池上浩(丸山智己)にあげたものだと言い、実際に爆破に関与しているのは彼の弟健吾だろうと真実に打ち明ける。

健吾は5年前、法務大臣に重傷を負わせたテロ事件の実行犯として逮捕された。

彼は関与を否定したが実刑判決を受けた。

その後、健吾の所属していたとされるテロ組織「黒い月」は、幹部が逮捕。組織は解散したという。

その健吾は、先月刑務所を出所していた。

・・・。

(敬称略)

.

.

「誰だあ~~!おばはんって言ったのは!

この口かっっ!!!」

小学生の頬をつねりあげる絵里子。おもしろ~~い。

冒頭の絵里子と野立の金パチの真似も大笑いしちゃったし。

楽しいったら~。。。

.

いや、そうじゃなくて・・・野立が黒幕???

うそでしょう~~・・・・。

そんなキャラじゃなかったのに・・・。

せっかくいいキャラだったのに、これで終わり?

.

野立と上層部との関係を見てると、屋田とか丹波の方が怪しい雰囲気を漂わせてるんですけど・・・。

野立は、要所要所の表情が黒幕って感じじゃなくて、何かを探ってる感じなんで違うんじゃないかと・・・。

.

ところで、裏金問題と「黒い月」・・・この2つの中、「黒い月」の爆破テロ事件の方が今回はメインですよね。

.

大山警視総監は綱紀粛正を掲げている。

5年前、「黒い月」を壊滅状態に追いやったのが大山警視総監。

恨みはあるかもしれないけれど、警視総監を拉致してどうするんでしょう・・・。

大山警視総監と「黒い月」はつながりましたけど。

.

それと、裏金問題。

大山警視総監になってから、会計課監査室は裏金問題を取り上げるようになる。

不正な金をプールしていたと思われる予算運営部は目をつけられ使えなくなり、不正を働いている上層部はあらたにプールする部署が必要になった。

そのために作られた新しい部署が絵里子の対策室。

その対策室を立ち上げたのは、野立参事官補佐。

一応、裏金と野立がつながりました。

この裏金を野立が「黒い月」の資金源にしていたってこと?

.

でもね、この裏金関係はすべて記者側からの情報で、野立がほんとに絡んでるかどうかまではわからないですよね。

野立を陥れようとしてるのかもしれないし。

野立が、対策室を使って裏金がプールされていることに気付いて、黒幕をあぶりだそうと何かを仕掛けたのかもしれないし。

仕掛けたのなら最初に野立の名前が出てくるのは必然だし。

.

誰かと会うと言っていた小野田は襲われて倒れてました・・・。

会って話を聞くと全体像がはっきりすると言っていたような。

彼を襲った人は犯人か、それにつながる人ですよね。

.

絵里子がすぐに野立を敵とみなしたのもおかしい。

同期なんだし長年知っているんだし・・・。

もしかして絵里子も演技してるとか?

.

全然、わからない・・・。

今のところ、野立で辛うじて、黒い月と裏金がつながってるだけ。

それもバレそうになったから?組織を壊滅させられて恨んでるから?

警視総監を拉致してどうするんでしょう・・・。ううっ・・・。

.

完全に放置状態になってる池上浩&健吾兄弟がどう絡んでくるのかも気になるところ。

.

来週の最終回は15分拡大。

どんな展開になるのか、すごく楽しみです。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年6月16日 (火)

MR.BRAIN・第4話「記憶障害のピアニスト」

ピアノの音がうるさいという隣人の苦情で警察官が洋館に向かうと、中には血まみれでピアノを弾く住人、中川優(佐藤健)がいた。

床には凶器と思われるナイフが落ちており、別室には刺殺された男の死体が。

丹原(香川照之)と林田(水嶋ヒロ)の問いかけに、中川はポケットからメモを取り出し、「多分・・・」と答える。

そのメモには「アトリエ ぼくが殺した」という文字が書かれていた。

彼はそれを見て自分の行動を確認したようだった。

.

警察へと連行される途中、駆けつけてきた彼の姉、純(木村多江)が慌てふためいて丹原たちに説明する。

「そんなはずない!弟は記憶障害なんです!」と。

.

姉の話では中川は7年前に脳内出血で倒れ、そのことで記憶障害に。

事故の前の記憶はあるものの、新しいことはまったく憶えられなり、1時間ほどで忘れてしまうためメモを取るのが習慣になっているのだという。

洋館で殺されていた被害者は、弁護士で姉の婚約者だった。

婚約者について中川はメモに「姉を苦しめている」と書いていた。

.

「記憶障害の人間に人を殺せるのか?

人を殺すには憎しみの積み重ねがないと。

次に会った時に会ったことさえ忘れてしまっている人間が人を殺せるのか?」

丹原は九十九(木村拓哉)のところへやってくる。

・・・。

(敬称略)

.

一話完結じゃなかった。来週に続く・・・。

.

中川は以前の記憶はあるんですね。

姉は中川をかばってる気がする。

弟が殺人をしたと聞いて驚いていたし、逮捕されたときも弟への配慮が丁寧だし・・・。

あの八木と言う人がかかわってくるんでしょうね。

まあ、全然わからないまま終了したんで、来週を待ちます。

.

今回は科警研メンバーが活躍。

仕事と顔ぶれがわかるようになってきて、おもしろくなってきました。

.

それと、いつもは林田がやってくる科警研に丹原が。

バナナを持って。

意外と九十九と気があいそうですね。

ちょっとした表情がおもしろい丹原です。

やっぱ山椒みたい。(笑)

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

ぼくの妹・第9話「告知」

九鬼(千原ジュニア)の肩こりがなかなか治らず、他の病気を心配した颯(長澤まさみ)は、早朝にレントゲン写真を持って兄の盟(オダギリジョー)のマンションを訪れる。

他の病院の医師ではなくて、兄に診てもらうのが一番だと思ったためだった。

すがるように写真を見せる颯に、盟は九鬼の主治医は友人の医師で、彼から先に写真を見せられていたことを打ち明ける。

そして、盟は颯に九鬼が肺がんであることを告げる。

病名に衝撃を受け、しばらくトイレで号泣する颯・・・。

数分後、トイレから出てきた颯は毅然として、今後どう対処すればいいのかを盟にたずねるのだった。

そして、颯は九鬼に手術を受けさせるためにマンションを飛び出していく。

・・・。

(敬称略)

.

九鬼が盟のもとで手術を受けることをゴネただけの1時間だったような・・・。

颯の向こうにアニキが見えるって・・・。

兄に頼ったことに嫉妬したのか・・・。

あれほど対立していた盟に今更頼れないでしょうけど・・・。

.

颯に家を飛び出され、寂しくて3日ももたず九鬼が折れました。

ここらへんの話を聞いていると、九鬼って気持ちがすぐに里子から颯へと変わったんだな~と驚かされます。

.

九鬼は誰からも必要とされてない自分・・・なんて言ってましたが、櫻井爺さん、里子、颯と関わろうとしてくれる人は絶えずいるわけで・・・。

気持ちがこんなに負の方へ向いていても、愛してもらえてるんだから幸せな人なのにね。

颯を愛しているんでしょうし。

盟は医師として必要とされているだろうけれど、人として愛されているとか愛しているという気持ちはまだもてていないのでは・・・?

それはこれからかな・・・。

理事長の娘と岡山の看護師さん、どっちかを選ぶのかな。

.

それと、最後のあのロミオとジュリエット状態。

マンションの部屋前まで行ってるのに、なぜ九鬼は口で「戸山医大へ行く」と言わないんでしょうね・・・。

どうして叫ばないのか不思議で仕方なかったです。

マンションの中には入れず、外でウロウロ。フェンスによじのぼって叫ぶっていうのならわかるけど・・・。

颯と九鬼が絆が見えたシーンで素敵だったんですけどね・・・。

.

九鬼は盟のところに行くと決めたようです。

盟が手術しそうですね。

あの看護師さんも病気のことになると親身に颯を励ましてくれるし。

颯は九鬼とハッピーエンドになるのかな。

ドラマもクライマックスに突入、来週もみますよお~。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ザ・クイズショウ・第9話「MC神山の巻」

今回のクイズショウの解答者はMC神山(櫻井翔)。

番組が始まると、本間(横山裕)がスタジオに乱入してくる。

そして、今回の解答者は普段この番組のMCをつとめている神山だと告げる。

プロデューサーとして復帰したばかりの冴島(真矢みき)や他のスタッフは本間の意図がわからず混乱する。

だが、冴島はスタッフの反対を押し切り、番組の続行を宣言する。

神山の夢は「すべての真実を知ること」。

ザ・クイズショウは本間がMCをつとめ進行していく。

やがて、神山、美咲、本間の関係があきらかになっていく・・・。

・・・。

(敬称略)

.

見応えありました。

グングンひき込まれました。

.

3人は小学生からの幼なじみなんですね。

高校の卒業記念に3人でシナイ湖のキャンプ場に遊びにきた。

そして翌日、遊覧飛行へ。

本間はなぜか暗い声で飛行機に乗るのを拒否。

他のメンバーで小型飛行機に乗り込むが、エンジントラブルで湖に墜落。

美咲や神山は湖に投げ出される。

美咲は神山に助けられたものの、長時間、意識不明で湖に浮かんでいたため植物状態になってしまう。

神山が美咲のお腹の金属片を抜いたことが死因じゃなかったんですね~。

.

そして本間は、事故の前に神山が美咲に告白して、「他に好きな人がいる」とフラれていたことを番組で明かしてしまいます。

どうしてそんなことをするのかと思っていたら、そっちが死因につながる理由だと本間は思っているようで・・・。

彼は、神山がフラれた腹いせに美咲の人工呼吸器の酸素マスクをはずし、死なせてしまったと思ってるみたい。

そして、美咲を殺して自らも病院の屋上から飛び降りたと。

神山はそれを否定しますが、次々と蘇ってくる記憶は自分が美咲を殺したことを示唆しているようで・・・、番組中に愕然となる。

.

でも、「クイズショウ」の終了後、蘇ってきた神山の記憶には、別の光景が・・・。

神山が病室を訪れた時、すでに美咲の酸素マスクははずれていたこと。

そして、神山が何かの気配を感じて屋上へ向かうと、そこには今にも飛び降りようとしてる本間がいたこと。

あらたな記憶で・・・どんでん返し。

あれじゃあ、本間が酸素マスクをはずして、自殺しようとしていたみたい。

ほんとに本間がしたのか・・・。まだまだ二転三転しそうですね~。

今回の映像で、神山は背中から落ちていたことから、本間を助けようとして自分が落ちてしまったか、本間に突き落とされたか・・・ですよね。

.

本間は、神山がすべてを知っているとずっと記憶を蘇らせようとしてきましたが、神山の記憶がもどったとしても、すべての真実を知ることはできないかも。

本間と美咲の間に何かあったなら。

二人の間に隠された何かがあれば、神山がどんなに記憶と取り戻しても謎は謎ですものね。

その謎は来週、最終回に判明するんでしょうね。

.

来週の解答者は本間ですね。きっと。

MC神山はもう本間の操り人形ではなく、しっかりと自分の意志のもとに動いてますから、来週の展開がとっても楽しみです。

.

神山が8年の眠りから覚めた時、本間はほんとにうれしそうにしていたんですよね。

でも記憶喪失になっていることを知り、今のような冷酷な感じになってしまった・・・。

そこらへんの理由も知りたいです。

あと、コインと手紙もまだまだ謎ですね~。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月12日 (金)

BOSS・第9話「誰にも言えない・・・秘密の顔」

絵里子(天海祐希)たちは警察の代表として慶政大学心理学部教授、西名(生瀬勝久)が主催する「こども家庭支援ネットワーク」の聴講する。

西名は自身も虐待を受けてきた経験から子供達を虐待から救う活動をしていた。

.

その後、猟奇殺人が起きる。

被害者はトラック運転手、柏原。自宅で20ヶ所以上、刺され発見される。

絵里子は真実(戸田恵梨香)、花形(溝端淳平)ととも現場にむかう。

他のメンバーからの捜査報告とともに、絵里子は犯行には衝動性と冷静さの両方があることから犯人は複数だと推測する。

そして、父の虐待で悩んでいた柏原の息子が捜査線上に浮かぶ。

息子は、西名が開設している「虐待SOSサイト」に相談していた。

絵里子は再び、西名のもとを訪ねる。

・・・。

(敬称略)

.

西名の家で弟が出てきたところで、二重人格だってことがわかってしまった・・・。

どうしてわかったんだろう・・・。despair

多分演出なんでしょうけど。

.

今回はメンバーみんなが捜査して手がかりをつかみ、殺人が起こり、また手がかりをつかみ~と、活躍するシーンが多かったですね。

最後の絵里子の謎解きとのバランスが良かったです。

二重人格と気付かなかったら、一番バランスのいい回だったんじゃないかと思います。

.

あと、野立と岩井が急接近!

いやあ~、岩井とヤマム~のいるエレベーターに野立が乗ってくるというシーンがありました。

大喜び♪

岩井は野立が乗ってきたのでうれしくて、「何階でしょうか?」と即座に聞く。

「6階で~」と野立。

うれしそうに、「はい。かしこまりっ!  lovely 」とエレベーターのボタンを押す岩井。

↑この「かしこまり」が異様にかわいかった~♪

野立の背後でうっとり首筋の匂いを嗅ぐ岩井。

「ええ匂いやあ~」という言葉にゾクゾクしたのか、キロっと後ろの岩井を気にする野立。

それに気付いてさりげな~く、ええ匂いをヤマム~の養毛剤の香りにすりかえる岩井。

ニマニマしてしまうシーンでした。

お気に入りシーンですわ。

岩井&ヤマム~が好き。

野立っちがそれ以上に好き!

今回も「釣りに行こうよお~」とナンパしてましたが、もうナンパなシーンがないと物足りなくなってます。

野立っちキャラにはまってるってことですね。

.

ヤマム~がなぜ自分と岩井が対策チームに選ばれたのか不思議だと言ってましたが、何かの伏線かな。

それとも、今後ヤマム~&岩井の大活躍が待ってるのか~!

.

それと、片桐と玲子も急接近。

シュークリームをずっと持っていき続けてるのって片桐だけみたい。

1話とかだとみんなが持って言ってたのに。

玲子のところでシュークリームの中身だけをスプーンで食べる片桐。

今回から甘党全開。

「自分、不器用なんで・・・」と言いつつ、しっかり玲子と仲良しとは・・・。

あまりの効率の良さに、野立っちがすねそう。(笑)

.

絵里子は自分が警察官だと彼氏の池上に知られ、それから連絡が取れない。

新しい恋を探すんだと懲りないヤマム~に、「デートになんか行かせない!」と一喝してましたね。

.

ところで、前回は絵里子のところに電話がかかり、今回は池上に電話がかかり・・・。

何か二人の間で動いてるのか・・・どんな展開?

この先、どうなるの??

池上は「近いうちにちゃんとしようと思ってる」って言ってましたけど・・・。

ようやく絵里子と彼氏の話になりそうで、楽しみ~♪

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (6)

【映画感想】百万長者の初恋(韓国)

財閥の3世であるカン・ジェギョン(ヒョンビン)はワガママのし放題。

ある日、自分の財閥が経営する高級ホテルにいると女の子が声をかけてくる。

彼は、彼女が援助交際の相手でも探しているのか思い、冷たく追い返すが、女の子は意味ありげに彼をみつめるだけ・・・ふいと姿を消すのだった。

.

18歳の誕生日。その日からジェギョンは亡き祖父の莫大な遺産を正式に相続し、より豪勢な人生を送れるはずだった。

有頂天だった彼に、弁護士はある田舎の高校を卒業しなければ、遺産は相続できないことを告げる。それが祖父の遺言だというのだ。

今まで自由に使っていたカードも停止。

ジェギョンは百万長者になるべく、渋々、田舎の高校へと転校する。

.

そして、そこでガソリンスタンドでせっせとバイトする女の子と再会する。

彼女はイ・ウナン(イ・ヨニ)と言い、ジェギョンの田舎の高校のクラスメートでもあった。

・・・。

(敬称略)

.

これも良かったです~。

タイトルが少女マンガ風なのでもっとお茶目な感じかと思っていたら、結構、落ち着いたひとつの世界ができていて浸れます。

ジェギョンって、冷たくて傲慢な感じの青年なんですね。

でも、田舎に行って、ほのぼのとした雰囲気にどんどん感化されていって、イイ奴になっていくんです。

最後には恋する優しい男に大変身。これが見ものです。

転校したてのころは、わざと退学になろうと一番体の大きな生徒にケンカを売るんですが、その生徒の家族に「男の子はケンカして大きくなるんだ!」と感謝されてしまうんです。

それで「あの家族は天使か・・・」と言葉も出ない状況に。

もう大笑いしました。

.

そして、やはり一番の魅力はウナン。

優等生の美少女。あの涼しい目元でじっとみつめられるとつい引き込まれます。

彼女の目力に魅了されて、ジェギョンが引っ張られて恋していく過程が素敵に描かれてます。

この二人もすごくお似合いですね。

ヒョンビンさんもイ・ヨニさんも他の映画で見てみたいです。

.

おすすめ度:★★★★★

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

【映画感想】八月のクリスマス(韓国)

ある街角で小さな写真館を営む青年ジョンウォン(ハン・ソッキュ)。

やってくるのは地元の人ばかりだ。

ジョンウォンはそれぞれの人の人生を垣間見ながら淡々と静かに時間を過ごしていた。

自分の中で進行する病の存在を受け入れながら・・・。

.

彼はいつも朗らかで笑顔を絶やさない。

写真館をのぞく人に、ふっとあたたかい笑顔を投げかけるジョンウォン。

そんなある時、その写真館に若く元気な交通取締員タリム(シム・ウナ)がやってくる。

彼女は店が閉まっていたので2時間も外で待っていたのだと、怒って美しい顔でふくれて見せるのだった。

・・・。

(敬称略)

.

有名は映画ですよね。

今回、ようやく見ましたが、もうおすすめ!としか言いようがないです。

一言でいうと味わいのある深い映画。

私は・・・ものすごく共感というか、共鳴してしまいました。。。

ジョンウォンの生き方に。

.

ぜひ、見てみてください。

.

おすすめ度:★★★★★

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

【映画感想】同い年の家庭教師(韓国)

大学2年のスワン(キム・ハヌル)の家は、父親が失業し、母親がフライドチキンの店を営み生計をたてていた。

スワンは母親のきつい命令で、自身の学費を払うべく家庭教師のアルバイトをしていた。

だが、すぐに生徒達ともめ、バイトを首になる日々。

「こんなことで学費を払えるの?!」

怒り狂う母親はあらたに4ヶ月の家庭教師の口を紹介する。

相手がお金持ちなため、4ヶ月分の学費を払ってもらえるらしい。

いい話に飛びつくスワンだったが、バイト先にいたのは、ケンカが強く勉強がまったくできない不良青年ジフン(クォン・サンウ)。

ジフンはさっそくタバコをふかして、スワンに凄んでみせる。

聞いてみると、ジフンはスワンと同い年、高校を2回も落第したため、いまだに高校生をやっているらしい。

前途多難・・・スワンは顔をひきつらせる・・・。

・・・。

(敬称略)

.

ラブコメなんですが、うまくまとまっていて中だるみすることなく、楽しませてくれます。

もうほんとにおもしろい!

「家庭教師」なんていうタイトルなので、10代向けラブコメかもと不安だったんですが、そんなわけでもなく、広い年齢層で楽しめますよ。

ジフンのお父さんがおもしろいし。スワンの弟もおもしろい。

スワンが垢抜けない庶民的な・・・でも大人の女性としての魅力を発揮してます。

とても都会の女子大生には見えない。それが見る方の年齢を制限しない理由になってるのかも。

.

なので借りてきたDVDを何回もリピしてしまいました。

こういう明るくて、どこまでも楽しいラブコメっていいですね~。

DVDが欲しくなっちゃいました。

主演の二人はすごく相性が良さそう。化学反応がおこってる気がしました。

.

クォン・サンウさん。

彼はもうほんとに昔のワンパクな男の子の雰囲気を備えた俳優さんです。

このやんちゃな役柄はピッタリですね。素直にカッコいいです。

それと裸になるとマッチョすぎてちょっとビックリ。ものすごく体を作ってるんですね~。

女優さんより胸が大きいな~なんて思っちゃいましたよ。(笑)

キム・ハヌルさん。

彼女は「僕の彼女を信じないでください」でも主演されていた方。

2本見ると、この彼女の独特の演技が女優としての持ち味なんだとわかりました。

こういう女優さんなんですね。コメディ抜群!

「のだめ」に見るようなキモカワ系の魅力がほんのちょっぴりあって、つい引き込まれてしまう個性派女優さんです。

もっと他の作品も見たくなってます。

.

おすすめ度:★★★★★

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

ぼくの妹・第8話「九鬼の病」

颯(長澤まさみ)を駅で見送った後、盟(オダギリジョー)は櫻井(大滝秀治)のお骨を郷里の寺まで届ける。

彼はそこでパニックに陥ってる診療所の看護師、機美と出会う。

急患がいるのに、診療所の医師は病気で入院中。一人で対処しないといけないというのだ。

彼女は盟が医師だと聞きつけると、有無も言わさず手をとり患者のもとへと走り出すのだった。

急患は過換気症候群で、盟は応急処置をしてその場を立ち去る。

だが、数日後、大学病院の理事長から呼び出され、その診療所の医師として週に2日でも来てはもらえないかという依頼があったと聞かされる。

また、盟を口説き落とすため、機美が東京まで説得にやってくるという。

.

九鬼(千原ジュニア)と暮らすため盟のところを出た颯だったが、九鬼が肺ガンである可能性が出てくる。

他の病院で撮った九鬼のレントゲン写真を偶然、盟が見てしまう。

盟は颯に会うが、彼女を前にして何も言えなくなってしまう。

・・・。

(敬称略)

.

新キャラ登場。

あの機美看護師・・・まとわりつきすぎで、ちょっとウザイですね。(笑)

でもああいう押しかけタイプに弱い男性なら大喜びなんでしょう。

理事長の娘と機美はよく似たタイプですよね。

というか盟が自分の意志をはっきり言わない人だから、グイグイ責めるしかないのかもしれないけれど・・・。

.

颯はほんとにガッツがありますね。

さっそく農園を買い取って、花を増やしていくって。

九鬼の病気が気になりますが・・・。

.

颯が九鬼のところへ戻ったとき、折り紙で風車を作っていて、何を言うでもなく二人で吹いて遊ぶ様子にほのぼのしました。

無邪気に笑う颯に、つられて九鬼も笑っていて、こんな風な幸せの中で暮らしていくんだな~と思えました。

でもね、二人には借金が・・・。

盟には900万返しちゃったし。

どうも颯も九鬼も借金を気にしてないところがすごいなあ~と感心します・・・。

それで、見ている私が気にしてるのも・・・すごいなあ~と(笑)。

.

さて、盟はなぜ颯に九鬼の病気を言わなかったんでしょうね。

いろんな気持ちが渦巻いてそう・・・。

どうなるんだろう・・・ぼくの妹。

来週もみますよ~。

.

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 8日 (月)

土曜ワイド「内田康夫サスペンス 福原警部」

先週は久しぶりの沢口靖子さんの「鉄道捜査官」。

今回はなんと!石塚英彦さんの「福原警部」。

どちらもはずせないので、「ザ・クイズショウ」を録画して、リアルタイムで見てました。

.

「まいう~」の石塚さんが2時間ドラマの主演。

バラエティの出演が多い石塚さんだから、どんな感じになるんだろうとワクワクしてたんですが、殺人事件が起こっての捜査会議で、ひとりお弁当をモグモグ・・・。

「まいう~」顔・・・。

イヤな予感が・・・。もしや、2時間ずっと食べてるつもりか・・・と。

そして今度は、お腹がいっぱいになったら、その場で居眠り・・・。

まるで信楽焼きの置物のように・・そのままの体勢で居眠り。

上司は居眠りしながら、推理してるんだっていうの・・・!

ものすごい優秀な警部なんですって。

.

たっ、耐えられない・・・。 shock

いくらなんでも・・・こんな設定・・・。はじめて・・・。 crying

.

でも、1時間経過したあたりから、居眠りが減りはじめ・・・。

なんと!時には他の刑事の先頭をきって走りはじめたんです・・・福原警部。

走ってる  run 姿をみて、オオ~~!とうれしい私・・・。

ドラマ鑑賞のハードルが下がってるじゃない!!weep

.

ま、そんなこんなで脱落しかけながらも福原警部を最後まで見届けました。

推理部分より何より、やはり福原警部に釘付けの2時間でした。

.

居眠りシーンをなくしてくれたら、石塚さんの福原警部はもっとみたいです。

.

そして!視聴率が、16.5%ですって。

すご~~い。

好評だったようで・・・。

グルメ restaurant も満載でしたし。

みなさんも、きっといろんな風に楽しまれたんでしょうね。happy01 riceball

.

2時間ドラマへの新規参入、新しいキャラ登場はうれしい限りです。

.

.

※この作品は内田康夫さんの「死線上のアリア」の「優しい殺人者」からのドラマ化だそうです。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・クイズショウ・第8話「冴島プロデューサーの巻」

前回の放送事故の責任を取らされ退職させられた冴島プロデューサー(真矢みき)。

今回のザ・クイズショウの解答者は彼女。

夢は「銀河テレビへの復帰」。

クイズの問題は、8年前の「シナイ湖小型飛行機墜落事故」についてのものだった。

冴島はたまたまシナイ湖近くにいてその事故を目撃、カメラをもって現場にかけつけたのだった。

その後、救助活動の際、管轄が違うと言う理由で美咲(水沢エレナ)の救助が遅れたことを追求。冴島はそのことでジャーナリストとして賞を受けていた。

.

だが、そのとき冴島は視聴者の同情を買うため、ことさら美咲の秘密を暴き、悲劇のヒロインに仕立てあげた。

神山はクイズの問題とともに美咲の記憶を蘇らせていき、冴島を責めはじめる。

自分の(番組の)ためなら人の秘密を暴いてもいいのか・・・。

美咲のことだけでなく、それは今まで本間が突っ走り、冴島が黙認してきた「ザ・クイズショウ」の方針、そのものに問いかけるものだった。

.

神山の問題は冴島の一人娘、美野里のことになる。

本間は秘密を暴かれることがどんなものなのか、冴島自身に味わわせようとする。

・・・。

(敬称略)

.

ということは、今まで本間がしてきたことは、冴島へのあてつけ?

.

1話から7話までの解答者たちの関係が、同じ小型飛行機に乗っていたからというだけではないはずですよね。

何かもっとあるはず。

でないとよくわからなくなる・・・。

.

冴島は最後の信念のもとに答えを言い、神山はそれを受け入れました。

そして見事、夢を叶え、銀河テレビ、復帰となりました。

ようやく神山の良心が出てきました。

.

あと、ずっと続いている謎については。

小型飛行機が湖に落下した後、投げ出された美咲を救出したのが神山。

彼は美咲の腹に突き刺さった破片を抜く。それを目撃した本間。

その後どこかから飛び降りる?神山と、6年後に目覚める神山。

神山が目覚めた時、素直にうれしそうな本間。

それがどうしてこんな本間に?彼が一番・・・謎。

まだ真相はパズルのようにバラバラ・・・。すべてのピースがおさまるのはまだ先のことのよう・・・。

.

本間は悪意に満ちてますね。復讐心からなんでしょうが。

あの悪意、どうも見ているとシンドクなってきました。sad

ドラマの狙いどおりなんでしょうが、彼だけ鬼気迫ってますよね。

.

ラストのクイズで冴島の味方をして本間を裏切った神山。

本来、本間より彼の方が数倍しっかりしてそう。

本間の悪意がどうやって浄化されるのか。

それを楽しみに来週も見たいと思います。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2009年6月 7日 (日)

MR.BRAIN・第3話「透明人間の正体」

大学病院内で教授が殺される。

校内は即座に現場検証のため一部院内立ち入り禁止となる。

捜査にあたったのは刑事丹原(香川照之)と林田(水嶋ヒロ)。

殺害現場の出入り口はひとつだけ。

二人は院内に設置された監視カメラで手がかりを探ろうとするが、扉が開閉するものの犯行現場前の通路に犯人と思われる姿がまったく写ってはいなかった。

林田は「・・・これって・・・犯人は透明人間なんですかね?」

呆れる丹原。

.

そこへ不審者を確保したという連絡が。

丹原と林田が駆けつけると、そこには九十九(木村拓哉)の姿が。

「すいませんでした。僕がやりました」

意外な言葉に丹原は「ちゃんと説明しろ~!」と怒り狂う。

・・・。

(敬称略)

.

あらすじ、ねずみちゃんのところまで書くべきか迷いましたが・・・。(笑)

なんといっても、ねずみを差し出されて、ハウ~と失神せんばかりに絶叫する丹原が最高におかしかった!!!

冒頭のこれでもってかれた~。大笑いですわ。

九十九の走り方もおかしかった!

変な走り方だと思ったんですわ。ねずみを追っていたと知り納得しました。(笑)

.

透明人間ということでしたが、防犯カメラには死角があったんですね。

犯人がカメラの角度を変えていたという。カメラから指紋も出てました。

で、教授殺しの犯人は彼に恨みを抱いていたベテラン医師、千原の犯行でした。

でも千原はその後起こっためぐみを襲い記憶喪失にしてしまった犯行は否定する。

.

めぐみは若手の優秀な医師で彼女の婚約者、和久井に襲われたのでした。

彼女が捜査に協力しようとしていたのを和久井が阻止したんですね。

めぐみは千原が医療会社からワイロを受け取っており、それが教授にバレて殺害に及んだと思いこんでおり、警察に打ち明けようとしていた。

でも、実際にワイロを受け取っていたのは婚約者の和久井で、ワイロのことを警察にいわれるとそこから自分の名前が出てくるのを恐れたから。

和久井は千原の犯行を目撃、彼のやり方をなぞり、めぐみを殺そうとしたのでした。

ここらへんはよくある話でしたが・・・。

.

今回の解決編は脳のお話がいろいろ。

こっちがおもしろかったです。

特に最後の扁桃体が活性化する話。

愛するものを見たときの脳の反応。

考えるよりもさきに無意識に扁桃体が反応してしまうという。

「愛」と呼ばれる感情の正体ではないかと言われているそう。

興味深いです。

.

だからって、和久井がめぐみを殺せなかった理由とか言いますが・・・。

でも説得力ないっす。愛する人を傷つけていてはね・・・。

めぐみと和久井の反応範囲の大きさ?色?は違うと思う・・・。

ちょっと前にやっていたNHKで脳の話を思い出しました。

男性脳と女性脳についての。

あれ、いい番組でした。このドラマの終了時あたりに、再放送すればいいのに。

.

それと、しりとりは脳をリフレッシュさせる効果があるらしい。

頭の使いすぎで疲れた時はいいんですって。

やってみよう~~。

.

さて、来週は佐藤健くん登場!楽しみです。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年6月 6日 (土)

ミナミの風情「大阪新歌舞伎座(なんば)」

大阪のミナミ。

南海なんば駅に隣接する高島屋大阪店から外に出ると、左手に見えるのが大阪新歌舞伎座。

(↓高島屋前から撮りました)

821

.

.

.

.

.

.

.

幼い頃、高島屋に連れてってもらうと、この光景がありました。

ミナミというと、私には高島屋の洋風の外観と、この新歌舞伎座のお城のような建物が一対になっています。

道頓堀の派手さより、この2つが私のミナミのイメージでした。

.

大人になって、母のお供でお芝居を見たことも。

座席がみつからなくて、この中をウロウロしたこともありました。

.

でも、建設より50年が過ぎ、老朽化。

新歌舞伎座は、上本町の近代的な建物の中へ移転するそうです。

その後は、この古風な建物は取り壊されるのではないかと・・・。

.

移転の話を聞いたのは数年前。

でも、ウソでしょ?なんとかなるはず・・・そう思ってきて、とうとうこの6月で最終公演も終えようとしています。

同じような外観の建物が建つなんてことはもう有り得ないでしょうね。

お金がかかりそうだし・・・。

しかし50年で建物って老朽化するのかな。

それならいっそ宮大工さんに建ててもらったら?なんてヤケッパチなことまで思っちゃいます・・・。

.

ミナミの風情。

消えてほしくない建物です。

822

.

.

.

.

.

.

.

(↑こちらは道路を挟んで正面から。新歌舞伎座の前には広い通りがあり、公演がある時には開演を待つ人達でいつもいっぱいになります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

BOSS・第8話「片桐の過去」

暴力団幹部が射殺されるという事件が起き、絵里子達、対策チームが捜査を担当する。

その幹部の体にあった銃弾から、3年前に使われた拳銃だと判明。

持ち主は龍千会幹部の谷本、現在、指名手配中だった。

片桐(玉山鉄二)はその名を聞いた途端、表情を曇らせる・・・。

.

絵里子達(天海祐希)は、谷本のマンションを探し出すが、谷本は逃走。

後を追う絵里子らの目の前で彼は何者かに射殺されてしまう。

絵里子と共に周辺で狙撃犯の手がかりを探していたいた片桐の携帯が鳴る。

「どう?

目の前で人が死んで、何もできない気分は。

これからまだまだ人が死ぬよ。片桐・・・。

どうせ、まだ撃てないんだろ?」

事件は、片桐の過去を知っている者の仕業だった・・・。

・・・。

(敬称略)

.

どの部分のウィッグ?どの部分って・・・。happy02

絵里子、おもしろ~い。。。

野立は・・・ヤマム~が大好きなんですね。いじりすぎ。(笑)

絵里子と野立のやりとりってほんとおもしろい。

会議室に呼び出されて、絵里子でグイっとみつめられて、ついネクタイをゆるめて白状する野立。

絵里子には相当、弱いみたい。

.

片桐の過去は・・・。

直属の上司の命を受け、ヒットマン谷本の逮捕にむかって反撃され発砲。相手を死亡させてしまう。

でも、谷本と思われた男は、警察の動向を探るために仕向けられた別人・・・。

上層部はその責任を片桐ひとりに負わせ左遷させてしまう。

このことがあってから、片桐は誰も信じなくなり組織を信用しなくなったと。

だから、残業しないで、きちっと帰ってたんですね。

.

以前は責任を押し付けられた片桐でしたが、今回はきちっと絵里子が片桐をかばってくれてました。

花形の小野田への抗議には、「うるさい!黙れ!」だし。

カッコいい~~~。。。絵里子。

ここらへんはもう性別を超えたすんごい魅力がありますわ。

.

狙撃犯は死亡した「別人」武藤の恋人(?)、菜々美。

彼女は事件をうやむやにした関係者全員を殺すつもりだったんですね。

ヤマム~は完全に利用されてたと・・・。

ヤマム~に婚約者だと紹介され、呆然となる岩井がおかしかった。

完全にボッタクられてるやん!とハラハラしてるのも。

岩井って意外にもいいヤツキャラ炸裂してましたね。

でもヤマム~、彼女にかなり散財してそう。

.

絵里子が警察官だと知った彼氏。

連絡がつきません・・・。

そろそろ彼氏関係のお話になってくるのかな。

楽しみですわ。

と思いつつ予告を見ていたら、生瀬さん登場。

1話完結のお話のような・・・ね。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年6月 3日 (水)

【映画感想】ラブストーリー(韓国)

大学に通うジヘ(ソン・イェジン)は友達のスギョンの頼みで、演劇部の先輩サンミン(チョ・インソン)へのラブレターの代筆をしていた。

自分にとってもあこがれのサンミン。

ジヘは自分の想いを押し隠しながら友達の恋を応援していた。

そんなある日、母チュヒ(ソン・イェジン二役)の海外旅行中、彼女が大切にしている箱を見つけ、中にはいっている手紙を読みはじめる。

そこにはたくさんの代筆された手紙が・・・。

昔、母は・・・ある青年(チョ・スンウ)と恋に落ちていた。

30年の時を隔て、若かった母の切ない恋と、自分の恋が重なり合っていく・・・。

・・・。

(敬称略)

.

これは・・・。

もう・・・。

.

韓国映画・ドラマファンの師匠である友人にすすめられたこの映画。

でも、はじめはまったく泣けないんですね。

ああ、とうとう私も、高校生とか大学生の恋には泣けない年になったか・・・と、しみじみ思わされたんですが・・・。

最後、号泣させられました。

ダダ~~ crying  ←こんな感じ。

で、自分のあまりの泣きっぷりに笑ってしまいました。

良かったですぅ~~。

すごく良かった。

ぜひ、見てみてください。おすすめです。

.

初恋だったと終わりにはできない想い・・・。

若くても、一生に一度の恋をすることがある。

その想いは一体どこへ彷徨うのだろう。

いつか、きっと・・・あなたのもとへ。

こんな感想です。

.

また、この映画も友達関係がとてもいいです。

友達への思いが深いんですよね。

どこまでも優しい眼差しで二人を見守っている青年がいるんです。

その存在に癒されます。

.

この映画の原題は「クラシック」。

古典的な雰囲気漂う映画です。クラシックの名曲も使われてますね。

「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン監督の作品です。

この監督の作品、要チェックですわ。

感動率高しです!いいです。

.

ありがとう!教えてくれて。

.

おすすめ度:★★★★★

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【映画感想】彼女を信じないで下さい(韓国)

女詐欺師ヨンジュ(キム・ハヌル)は天才的な演技で同情を買い、仮釈放の身となる。

彼女はさっそく姉のもとへ行くために、列車に乗る。

そんな彼女の向かいの席に座ったのは、真面目な田舎の薬剤師、ヒチョル(カン・ドンウォン)。

彼は恋人に贈るために用意した大事な婚約指輪をヨンジュの見てる前でスラれてしまう。

ヨンジュは一瞬のことに言葉を失う。

青年は気付いてない・・・でも、このままだともしかして指輪を盗んだのは一番近い場所にいる私だと疑われない?

事件に巻き込まれると、仮釈放を取り消されてしまう・・・。

ヨンジュはとっさにスリのあとを追い指輪を取り返すものの、その間にヒチョルの列車は出てしまい・・・。

指輪を持っていては、完全に今度こそ、私が盗んだと思われる・・・。

捨ててしまうわけにもいかず、途方に暮れたヨンジュはヒチョルの住む田舎町を訪れる。

指輪を置いて立ち去ろうとするのだが、ヨンジュの名演技が効き過ぎて、ヒチョルの大家族に恋人として歓待され、抜け出すことができなくなってしまう。。。

・・・。

(敬称略)

.

おもしろかったです。

ヨンジュの演技がうまくて、家族なのにヒチョルは全然信じてもらえないという・・・おかしな悲劇が繰り広げられます。

田舎なので噂はどんどん広がり、親戚から近所の人まで加わってみんながヨンジュの味方に。

もう笑えます。ものすごく。

その上、大家族の中で巻き起こるいろんな騒動もあって、ヨンジュはどんどん田舎の暮らしが好きになっていくんですよね。

お話はベタなんです。

でも、笑って、泣かせて、ほのぼのさせてくれて、大満足です。

おすすめ映画です。

.

おすすめ度:★★★★☆

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

【映画感想】連理の枝(韓国)

コンピューターソフトの会社を設立し、見る間に急成長させたミンス(チョ・ハンソン)。

若くて大金持ち、その上ルックスもいいとあって寄ってくる女性は多数。ミンスは何人もの女性と浮名を流す毎日だった。

.

ある日、雨の中、車を運転していると、バスを待っているヘウォン(チェ・ジウ)の美しさに目を奪われてしまう。

ミンスはそんな美しい彼女を送り届けるが、そこは自分も検査入院するはずの病院だった・・・。

・・・。

(敬称略)

.

はじめから病気モノだとDVDの裏の解説でわかっていたので、泣く準備をして観はじめたんですが・・・。

コメディ色が強くて、大笑いさせられます。

特にミンスの親友ギョンミンが「お笑い担当」になっていて、笑いの渦。

ヘウォンの親友スジンも「癒し担当」で、ほのぼのさせられます。

.

もちろん、ヘウォンとミンスの恋は切ないんですけど・・・。

でも号泣させられるという感じではなく、抑えぎみになってます。

それより、それぞれの親友とのつながりが強くて、あたたかくていいです。

うらやましくなってしまいます。

.

悲恋モノというのかな、でも、コメディもしっかりあって、楽しませてもらえました。

.

お話の展開に関してはいろいろあるんですけど、でも見てよかったです。

チェ・ジウさんがキレイだったし。

.

あと、最初の方のキスシーンが、すごく素敵でした。

プレイボーイのミンスらしく情熱的で、でも彼もときめいてしまってヘウォンと共に一気に恋に落ちる感じが出てました。

やっぱ、映画とかドラマでは、キスシーンは大切ですよね。

.

ちなみに「連理の枝」を調べてみました。きちんと辞書に載ってました。

夫婦または男女の深く睦まじい契りのたとえ。(広辞苑より)

らしいです。

付け足すと、一本ずつ立っていた木がお互いの枝を絡ませ、寄り添うようになり、やがて一本の木のようになっていくこと、みたいです。

ラブラブの言葉ですね。

.

おすすめ度★★★

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

ぼくの妹・第7話「妹の旅立ち・・・」

櫻井(大滝秀治)の容態が急変する。

担当医からは、もうあと数時間といわれ、盟(オダギリジョー)は九鬼(千原ジュニア)に連絡を取ろうとする。

九鬼は櫻井の実の息子で、最期にひとめ親子の対面をさせてやりたいと思ったからだった。

だが、九鬼の携帯はつながらず、盟は仕方なく妹の颯(長澤まさみ)に連絡する。

九鬼の居場所をたずねる盟だが、颯には、「今日は花市で花を売ってるはず。私が行ってあげたいけど・・・お兄ちゃんにもう九鬼さんと会うなって言われたし、私達、もう関わらない方がいいと思うの」と冷たく電話を切られてしまう。

櫻井に付き添うため病院を離れられない盟は、ひとりで彼を看取ることを覚悟する。

その時だった。

病院の廊下に九鬼があわられる。

颯が九鬼のところへ行ってくれたようだった。

盟は九鬼に櫻井が実の父であることを伝える。だが、それを聞いた九鬼は動揺し櫻井に会おうとはせず病室の外で最期を看取ると花の市へと戻っていく・・・。

.

九鬼を病院へと送り出した颯は、花売りに精を出していた。

元々接客業が得意の颯。

寄ってきたお客に花の育て方を楽しそうにアドバイスするだけで、九鬼の作った花は次々と飛ぶように売れていくのだった。

・・・。

(敬称略)

.

颯は戻ってきた九鬼の話を聞いているうちに、そのまま一夜を共に・・・。

ええ~~~!と驚きましたが、「私がそばにいないと寂しいでしょ?」と繰り返し聞く颯に、逆に颯の寂しさがにじみ出ているような気がしました。

大体、自分の寂しさを埋めてくれる人をずっと探しているようですものね。

.

二人の関係を知った盟は、理事長の娘から900万を借りて九鬼に渡し、「これ以上妹に近づくな」と颯を強引に連れ去るが・・・。

颯は盟をもとから去る。

九鬼とととも花を売って生活して行きたいと希望に満ちて・・・。

颯が去っていくのを見送りながら寂しそうに、もう一度、颯は戻ってきてくれるだろうか・・・と思ってる盟を見て、彼もまた妹離れができてない人なんだとようやく気付いてしまいました。

大体、彼氏ができると、兄をビシッと切りすぎません?颯・・・。coldsweats01

頼りにされたり、捨て置かれたり・・・ちょっと盟に同情します・・・。

.

それと・・・。

お~~~い!!!

誰か、盟兄ちゃんの900万円を気にしてやっておくれ!!!despair

誰から借りたのか、返せるのか、聞いてやってよおおお!!!

颯ちゃん!!

それに九鬼は先に颯から100万借りてるじゃない。兄妹から1000万出てることになるんじゃ・・・。

颯は、恋と、花を売るという生きがいをみつけて、ウキウキ。

兄ちゃんのことなんて頭にないし・・・。

.

それに、櫻井のお骨を持って瀬戸内まで行っておきながら、電車で帰るって・・・。

盟がお骨をもっていくのは流れ上わかるけど、颯が帰るのは・・・。

一応、九鬼の父親なんだし、お寺にお骨を渡すまで見届けて、九鬼に伝えてあげてもいいと思うのだけれど。

櫻井の手帳を遺言だといって九鬼に渡したくらいなのに・・・。

そんなに一刻も兄と離れたいのか・・・。sad

.

たしかに、颯ならお花屋さんもできそう。

お金を貯めるのが目的じゃなく、人がちょっとでも幸せを感じられる仕事をしたいってことで、いきがいもみつけちゃったみたいだし。

九鬼は難しそうな人だけれど、裏方で花作りをして、颯が愛嬌で売ってお店繁昌って感じになりそうだしね~。

颯と九鬼が、兄のお金をどうするのか興味がありますわ。

.

.

来週の予告を見てると、またまた急展開みたい。

楽しみにしたいと思います。

.

★ランキングに参加しています。よろしくです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »