« BOSS・第4話「悲しみの復讐者」 | トップページ | ぼくの妹・第4話「事件の真相」 »

2009年5月11日 (月)

ザ・クイズショウ・第4話「インチキ占い師の巻」

ザ・クイズショウの解答者はカリスマ占い師・祐天寺ノッコ(浅野ゆう子)。

ノッコの夢は独自で編み出した「十二支のパワー」を世の中に知ってもらうこと。

.

カリスマ占い師の番組を作りたい銀河テレビにとって彼女は特Aランクのゲストだった。

プロデューサー冴島(真矢みき)もピリピリ。

ノッコは前もって問題を教えられているため、堂々とステージに現れる。

2問目、3問目と答えの解説まで余裕で語るノッコだったが、問題が進むにつれて「インチキ占い師」であることが暴露されていく。。。。

.

「あなたの本当の望みはなんですか?」

「私は信じられる人が欲しい。

そして、私もその人のことを心から信じたい。

私は孤独から脱却したいの。

・・・叶えられるわけないわよね。それは・・・私の問題だから。

すべて私が悪いのよ・・・」

「先生、あなたの夢を叶えますよ。

それが、このザ・クイズショウですから。

私は信じますよ。あなたを。

この場所で自分自身と向き合ったあなたを信じます。

ですからあなたも信じてください。この私を」

(敬称略)

.

今日のは、携帯小説家の巻のと同じノリでしたね。

ザ・クイズショウという番組の中で、化けの皮をはがされて胸の中に押さえ込んだ本当の望みを叶えてさせてもらう。

苦悩して毒を吐ききってことをこちらが見届けた気分になって、不思議とちょっと爽快感があります。

このドラマは神山と解答者のやりとりが醍醐味ですが、毎回見応えがあります。

大半が二人芝居ですものね。

今日のノッコと神山のやりとりもとても良かった。

(渡部篤郎さんとかにも出てほしいなあ~。)

.

神山の表情は、まるで操られたマリオネットもののよう。

あの・・・ぬるり、つるりとした顔の皮膚感が人形のものっぽくて、摩訶不思議な雰囲気を漂わせてますよね。

その上、あれ?と疑問に思うような表情がまったくないです。表情も完璧に構築されてる感じです。

.

途中、事前に教えられた内容と問題が違ってきたのに驚いて、ミック・ジャガーが答えの問題じゃないの?などとノッコが神山に聞きなおしていたのにはビックリ。

でもこれは序の口で、どんどん身も蓋もない状況になってしまうんですけど。

コールドリーディングの件では、二人の絶妙のボケとツッコミがありましたね(笑)。

.

しかし、ノッコも神山の過去に絡んでいるんですね。

本間は何を考えているんでしょう。

秘密を暴露して失脚させていることには変わりないけれど、本当の幸せを手にすることは構わないようで。

復讐をしてるという感じでもないような気がしますね。

.

★ランキングに参加しています。良かったら押してくださいね。

人気ブログランキングへ

|

« BOSS・第4話「悲しみの復讐者」 | トップページ | ぼくの妹・第4話「事件の真相」 »

2009年春ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・クイズショウ・第4話「インチキ占い師の巻」:

« BOSS・第4話「悲しみの復讐者」 | トップページ | ぼくの妹・第4話「事件の真相」 »