« BOSS・第2話 | トップページ | ぼくの妹・第2話「妹の不倫」 »

2009年4月26日 (日)

ザ・クイズショウ・第2話「ケ-タイ小説家の巻」

今回の解答者はケータイ小説家・ミカ(美波)。

彼女の夢は「新作小説をドラマ化、1年間放送してほしい」ということ。

.

中高生のカリスマとして君臨し、小説家としてだけでなくモデルなど活躍の場を広げているミカ。

彼女は熱狂的なファンを従えてスタジオにやってくる。

MC神山(櫻井翔)が颯爽と登場し、「ザ・クイズショウ」の生放送がはじまる・・・。

.

神山は、いつものように毒舌でミカの小説をけなしつつ・・・。

やがて出題は彼女の亡くなった母に関することへと集中していく。

ミカは死期の迫った母に小説家になった自分を見せたくて、持ち込みをしていた出版社の社長(神保悟志)とある取引をしていたのだった。

答えに窮するミカに、「(ウソをついても無駄)私はあなたのすべてを知っています」と不敵に笑い、真実の答えを引き出そうとする神山。

神山の最後の問いはこうだった。

「あなたのケータイ小説、ほんとにあなたが書いているんですか?」

その質問にスタジオにやってきたファンは騒然となる。

・・・。(敬称略)

.

.

このドラマ、先がどうなるのかまったく想像がつかなくて、ハラハラさせられます。

そこが魅力になっているんでしょうね。

.

ミカは本間のメッセージを聞き、夢を「自由に自分の小説を書きたい」に変更。

今までの小説は社長が書いたものであることを告白。

テレビで謝罪し、見事、夢を叶えました。

つくりあげられたカリスマから解放され、すっきりした気分で契約を取り交わすミカ。

.

「ザ・クイズショウ」では、主に犯罪を暴くのかなと思っていたら、こういうのもあるんですね。

初回を見て、ずっと後味の悪い終わり方をしていくんだと勝手に思い込んでいたので、とても意外でした。

ウソを暴いて、浄化させていく、そんな感じなんですかね。

次に何がくるのかも予想がつかないです。

.

「ミカさん。

それが嘘で固められた人生でも、あなたが夢を目指す姿勢に偽りはなかった。

あなたは今日、多くの読者を失いました。

けれども同時に、夢を手にいれることができたんです。

そう、夢は生半可な思いでは手にはいらない。

あがいた末にようやく見る権利を与えられるもの。

犠牲を払ってやっと手にいれられるもの。

それが夢なんです。」

神山がこう語って「ザ・クイズショウ」は終了しました。

来週はどんな思いが語られるでしょうか・・・。

.

そして、どうやらミカも幼い頃、神山に遭っていたことがある模様。

かといって、彼女は何か罰を受けたわけではなく・・・。

本間がなにを目指しているのかは、まだまだ謎です。

.

来週も楽しみです!

.

|

« BOSS・第2話 | トップページ | ぼくの妹・第2話「妹の不倫」 »

2009年春ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100520/44790287

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・クイズショウ・第2話「ケ-タイ小説家の巻」:

» 「ザ・クイズショウ」 第2回  [トリ猫家族]
 さて、前回の安藤康介(哀川翔)が出演した「ザ・クイズショウ」は視聴率32,0%をたたき出し、全局トップの数字だったらしい。 田所編成局長(榎木孝明)に「これからもこの調子で頼むよ」と言われ、 複雑な思いをかみ締める冴島P(真矢みき)・・・・  そして....... [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 18時33分

« BOSS・第2話 | トップページ | ぼくの妹・第2話「妹の不倫」 »